4月24日はカレー記念日

カレー記念日

ナプキンを 買うか買わずか 決めかねて

4月24日はカレー記念日

ミカス

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

最近、映画見た?

第3回 「ファーナス 訣別の朝」・「ジャージー・ボーイズ」・「猿の惑星 新世紀(ライジング)」・「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」

cinema

 

◆今回の映画 (作品名は公式サイトにリンクしています)

ファーナス 訣別の朝

「どうする? Over40」読者のみなさま、こんにちは。
イラストレーターの小関祥子です。

ここのところ、仕事や10月23日から始まる展示の準備にかかりきりで、
第2回目の更新から、すこし間があいてしまいました。
ようやく目処がついてきたので、うきうきと行ってまいりましたよ、映画館に。

「うわーい、ひさしぶり(とは言っても、あくまで当社比)に映画が見られる!」
と浮き立つ気持ちで出かけたはずが、
見終わって映画館から出てきた私はどーんと打ちのめされ、
すっかり暗い気持ちに……。

その映画のタイトルは「ファーナス 訣別の朝」。

いやいや、決して見たことを後悔はしていないですし、
こうしてこの場で取り上げるくらいですから
「絶対に見たほうがいいよ!!」と思うすばらしい映画だったのですが
それでもねえ、なかなかにハードで、重たく、厳しい作品でした……。

こんな前置きをしながら、あえてこの作品を紹介するのはなぜかといいますと
上映していた映画館がね、休日の昼間だというのにガラガラだったんですよ!!

「こりゃあいかんぞ」と勝手に義憤に駆られているわけなのであります。

 

◆映画のあらすじ

「ペンシルバニアの田舎町ブラドックは、
ファーナスから昇る白煙がたちこめていた。
ラッセル(クリスチャン・ベイル)はこの町で生まれ育ち、
年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。
イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた
弟ロドニー(ケイシー・アフレック)のことは心配だが、
貧しいながらも恋人リナ(ゾーイ・サルダナ)とのひと時に
ささやかな幸福を見出していた。
しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく…。」

(公式サイトより)

※溶鉱炉のこと

◆◆◆

 

輝かしい人生ではないけれど、
見る人によっては、泥まみれの、
地を這うような暮らしかもしれないけれど、
もしかしたら本人も胸の内に
何かしら澱のような思いを抱えているかもしれないけれど、
それを吐き出すこともなく、ただ黙って、日々を送る。

そんな主人公ラッセルの姿は、特別なものではありません。
わたしたちのごく身近な隣人のような、
状況によってはわたしたち自身のような
いわば「こちら側と地続きの人生」を送っている人物です。

心配ごとや不安感、ままならないことがあっても、
それらを背負って人生をなんとか続けていけるのは、
なじみのバーで飲む一杯のアルコールや、
顔見知りと交わすちょっとした会話、
家族とのありふれたやりとり、
そして自分の体にそっとふれる愛する人の手。

そんなささやかなことごとが、命綱のように
自分を「こちら側」につなぎとめているからだと思うんですよ。

ラッセルも、そういう「命綱」をいくつか持っていたはずでした。
けれど、ある出来事が起きた夜をきっかけに、彼が握りしめていた
それらはどんどんぷつりと断ち切られていきます。

そして、自分が手にしていた小さな幸福やささやかな日常が
偶然や幸運が重なりあって、薄氷の上に成立していたということに
気づかされてしまうのです。
気づいたときには、もうすでに取り返しがつかない事態になっているというのに。

この断ち切られ方がねえ、なんていうか、うまいんですよ。とっても。
「ああ…そうなっちゃうよね……」と、まったく無理がなく配置されているんです。
まるで、実際の人生に起きる不条理のように。

最後、「こちら側」に自分をつなぎとめるものをすべて失ったラッセルは
ある決断を下しますが、もはやそれは「そうするしかなかった」わけで。
もうそれは、他者が「いい」「悪い」を言えるようなことではないんだよなあ……。

つい、ラッセルのことばかり書いてしまいましたが、
ケーシー・アフレック(ベン・アフレックの弟!)演じるイラク帰りの弟ロドニーもまたよかったです。
優しいのだけれど、同時に弱くて、
でももういい大人だから素直に胸の内を明かすこともできなくて。
ああ、弟って、下の子ってこういう感じよね……と
長女のわたしはぎゅっと切なくなりました。

とても、映画館に足を運びたくなるような紹介ができたようには思えませんが、
見るのと見ないのとでは、絶対に見たほうがいいよ、と言いたいですし、
わたし個人のことを言えば、こういうつらく重い物語は
「映画を見るしかなくなる」映画館で見ないと、つい逃げたくなってしまいまして。

だからこそ、映画館で見ることをおすすめしたいのです。

 

 

◆こちらもおすすめ!◆

ジャージー・ボーイズ

「シェリー」などのヒット曲で知られるポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の栄光と挫折の物語…というと、
見なくてもなんだかわかったような気持ちになってしまいますが、それは大きな間違い!!

なぜなら、これはあのクリント・イーストウッドが監督した映画だから。一筋縄でいくわけがありません。

わたし、イーストウッドが監督した映画を見るたびに、
最初に思っていたのとは違う出口に連れてこられたような感覚になるのですが、
それは自分が思っていたよりもはるかに高みにあり、そして深い世界なんですよねえ。

イーストウッドはおそろしいおじいちゃんですよ、本当に……。

女性ボクサーとトレーナー(ミリオンダラー・ベイビー)、ザ・アメリカのがんこじじい(グラントリノ)、
子供を誘拐された母親(チェンジリング)、孤独な権力者(J・エドガー)と、
作品ごとにまったく異なるタイプの人物や物語を扱うイーストウッド翁ですが、
ひとつ共通しているものがあるとしたら、それは人間に対するおそろしいまでに深い理解度のように思います。

とはいえ、今回は原案がミュージカルですので、音楽の使い方がとにかく見事。
上質なポップミュージックが物語を軽やかに彩り、ミュージカルならではの日常と非日常が溶け合うような感覚もたっぷり楽しめますよ。

 

 

◆こちらもおすすめ!◆

猿の惑星 新世紀(ライジング)」

名作「猿の惑星」の前日譚として作られた前作「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」の続編。
治験の結果、高い知能を持って生まれ、科学者によって愛情深く育てられた
チンパンジーのシーザーは猿たちと一緒に生きることを選び、猿による社会を形成していました。

そんなシーザーたちと、感染症の爆発的流行をきっかけに滅亡しかけている人間が、
偶然出会ってしまうところから物語は動き出します。

縦横無人に森や都市の空間を動きまわる猿たちのアクションは新鮮で迫力に満ちていますし、
敵対しあうもの同士に芽生える理解と友情というモチーフは、
今世界のあちこちで起きている争いの構造をどうしても思い起こさせます。

そして、これは自分も多少「つくる仕事」をしているからかもしれませんが、
すでにそれで完成している過去の作品に連なるものを、なぜ今あえてこの時代に作るのか、という
厳しくも逃れられない問いに対して、この映画の作り手たちはとても誠実に向き合ったのだなあと思います。

多くの人に見てもらうエンターテイメントとして成立させながら、その時代に作る意義をきちんと打ち出す。
エンターテイメントとしての映画をわたしが愛してやまないのは、そういう強さを秘めているからなんですよねー。

 

◆こちらもおすすめ!◆

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

ハードな印象の映画、男くさい映画が続いたので、今回ご紹介する映画のしめはこちらで。

多幸感に満ちた、見終わった帰り道は確実に世界がすこし違って見えるような、キラキラしたすてきな作品です。

主人公ティムは21歳になった年、
父親から自分たち一族の男性はタイムトリップの能力を持っていることを打ち明けられます。
真面目で優しいけれど気弱なティムがまっさきにその力を使ったのは、自分の恋愛を実らせるため。

そうか、これはそういうラブコメなんだな~と思って見ていたら、
最終的にはとんでもないところに連れていかれてしまいました。あ、イーストウッドの映画とはまた違う意味で。

「時と人」というモチーフは、小説でも映画でも繰り返し登場しますが、
どうにもならないものだからこそ、つい人は惹きつけられてしまうのでしょうねえ。

二度と戻らないからこそ、もう一度戻れないかと切望してしまうし、その美しさがまばゆく見えてしまうんだよなあ。

タイムトリップの能力を使うことで得られるもの、結局得られないものの描きかたも優しく、切ないですし、
ティムの最終的な選択に至る布石の配し方も見事。

とにかくすばらしい出来の脚本が、どんどん進んでいく物語に見る側の気持ちを心地よく乗せてくれますよ。

 

 


 

 

小関さんの詳細なプロフィールやお仕事はこちら→kittari-hattari

 

スポンサーリンク


最近、映画見た? 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

KEIKOのでこぼこな日常

傘、ついてきてくれないかしら!

今週の「どうする?Over40」

ゴールデンウィークがパッとしなくても大丈夫!懐かしさの「核」は意外に地味だ。

昭和乙女研究所

真似したアイドルはいましたか?

眉毛に取り組む。

アイブロウサロンデビュー!その前に育毛から始めました。(桜子)

ラジオブースから愛をこめて

音の編集はたのし♪

いどばた。

あなたの使っている年代物はありますか?

なんかすごい。

子どもの絵

これ、買った!

美味しい玄米買った!

50代、男のメガネは

「検索しない」が流行っている。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカス、カナダへ飛ぶ : 突撃、カナダの朝ごはん

ゾロメ女の逆襲

閑話休題 前口上

着まわせ!れこコレ

れこコレ春のハン省祭り

ただいま閉活中

(51)アッチェレランドからリタルダンドへ

これ、入るかしら?

vol.38 よそゆき小物ふたたび

あの頃、アーカイブ

 エピソード10★大きな店から小さな店へ。

四十路犬バカ日和

バトーと私の老いじたく

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.15】探しものが見つかりません。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up