7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シマ島の2年目は、モヤモヤから始まった。

みなさま、こんにちは。「じしょうくみこ」とか「じょじょうくみこ」とか「しじょうくみこ」とか巷であれこれ呼ばれておりますようで、まあわたくし大変心の広い人間なので何と呼ばれようがいいのでございますが、とりあえず正しい道をお示ししますと

 

じじょうくみこです。

 

 

リピートアフターミー? 

 

じじょうくみこです。

 

 

アンダスタン?

 

 

じじょうくみこです。

 

 

ノーバディバット

 

じじょうくみこです。

 

そんな心の広いじじょうくみこではございますが、体のキャパは狭かったようで先週はあっさり風邪をひいてしまいました。特に忙しいわけでも疲れているわけでもないのに風邪で倒れるというのは、なかなかションボリするものですね。そんなわけで、再開2回目にして早くもお休みしてしまい大変失礼いたしました。

 

 

サンマも高くてションボリですね

 

さて。

この1年間、人生で経験のない慌ただしさに見舞われたわたくしですが、なぜそうなってしまったのか説明するために、少し時間を巻き戻してお話しいたしましょうか。しばしおつきあいくださいませ。

 

遡ること1年半前、ちょうどシマ島に移り住んで2年目に突入したころのことです。離島生活1年目は東京とはまったく異なる日々に緊張感しかありませんでしたが、季節が1巡するとシマ島がどういう島で、どんな人がいて、どんなサイクルで動いているのか様子がつかめてまいりました。

 

特に、島のスーパーでのバイトは効果絶大でした。生鮮食品から惣菜、日用雑貨、家電、土産物まで何でもそろう島いちばんのスーパーなので(といっても広めのコンビニレベル)、ほぼ全島民が来るようなお店。それだけに店に出ると「あんたはどこの娘かね?」と来る人来る人に呼び止められ、しかも島の人は100%名乗らないので、誰だかわからない人と会話し続けるという離島スキルも身につきました。

 

そうしているうちに店の外でも声をかけてもらえるようになり、「島の人に顔を覚えてもらおう」というミッションはどうやら成功した模様です。しかも船の欠航率が高いシマ島では、ひんぱんに物流がストップします。その環境が長らく続いた結果、

 

スーパーに食べ物が並んでいるとうれしい→スーパーに食べ物を並べてくれる人がいるとうれしい→スーパーで働く人はいい人

 

というよくわからない3ステップで、ナゾのポイントアップ現象が発生。そのおかげなのか、ホールにいると「いつもありがとうね」「大変だけどがんばって」と毎日のように声をかけられ、用事などでしばらく休んでいると「風邪でもひいたのかと心配していたよ」「最近見ないから気になってて」なんて心配してくれたりして

 

ジーン………(´;ω;`)

 

なんだかんだいっても、気にかけてもらえるとうれしいものです(どこの誰だか知らんけど)。

 

義父母となるザビ男のパパママとのつきあい方もつかめてきたし、体調も少し落ち着いてきて、ようやく島の暮らしに慣れてきたなーという実感が湧いてきた2年目。唯一の誤算だったのが

 

シマ島の人はキャラが圧倒的に濃ゆい

 

ということなのでありました。

 

濃い。とにかく濃い。顔も濃いが、中身も濃い。胸やけしそうに濃い。ここで書くことすらはばかられるほど濃い(どんなだ)。とにかく個性を磨くなら海外に行かずにシマ島に来たほうがいいよと、おすすめしたいぐらいの強烈さ、破天荒さ。こんな面白い人たちがこんな小さな島に生きていることに、感動すら覚えるくらいでありました。

 

けれど、島の外に出回る情報は透き通った海、青い空と満点の星空、都会にはない島時間、といったたぐいのものばかり。もちろんそれは嘘ではないけれど、でもなんかなあ。シマ島の本当のよさって、そこじゃないんじゃないかなあ。いつしかそんな気持ちが湧いてはモヤモヤするようになっていました。

 

シマ島のことを書いてみたい…。

 

それは本当に久しぶりの、強烈な飢餓感でありました。

 

フリーライターとして東京で20年近く活動していましたが、わたしのように得意分野のないライターは年齢とともにジリ貧の一途。多くの仲間が足を洗い、わたしは派遣仕事でかろうじて食いつないではいたものの、ライター仕事が減る→書いてもなかなかOKが出ない→ますます仕事が減る、という負のスパイラルが長らく続いておりました。もうダメかもしれない、でもやめたくない、という気持ちが行ったり来たりぐるぐる、ぐるぐる。

 

そんなときに出会ったのが、ザビ男でした。

 

今や場所を選ばず仕事ができる時代ですが、シマ島のIT環境は壊滅的で、とてもじゃないけどリモートワークなんてシャレオツな働き方は無理。そして自分が「離島にいてもわざわざ依頼したい」と思わせる特別なライターでないことはわかっています。後ろ髪をひかれる思いはありましたが、家族という大事なものが見つかったわけだし、あきらめるにはちょうどいいタイミングだったんじゃないか、と自分に言い聞かせながら海を渡った次第です。

 

まさか「書きたい」という熱い思いが、こんな風に湧き上がってくるとは夢にも思わず、そんな自分にビックリしてしまいました。

 

このすばらしく泥臭くて、クセありまくりで、厄介だけど惹かれずにはいられないシマ島の人たちのことを書いてみたい。そのためには、もっともっと島の中に入り込みたい。いろんな人に話を聞いて、同じ空気を吸ってみたい。文献に残っていない、ナゾだらけの文化を紐解いてみたい。そのためには、今のままじゃダメだ。

 

抑えても抑えてもこみあげる熱い思いをもてあましながら始まった島民2年目は、ある男性との出会いによって思いもよらない方向へと舵を切ることになったのでした。

 

 

おかしいな、崖しか見えない

 

長くなりそうなので、今週はこのへんで。それではみなさま、また来週お会いしましょう。それまで崖のところでお待ちしています。

 

(つづく)

 

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

 

*「崖のところで待ってます。」セカンドシーズンは12月末までの毎週日曜更新です。

ファーストシーズンのバックナンバーをどうぞ→


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    お帰りなさいませ。
    ご快癒の由、嬉しい限りです。

    さて、心待ちにしていたシマ島ストーリーの再開、もはや冒頭から波乱の様相しか想像できませんが、煽りですか(笑

    またもや、身を捩って次週を待つ日々が始まったんですね。
    う、嬉しい・・ひーっ!←今日は1/4ほど捩ってます。

  • okosama

    じじょくみさん、こんばんは!

    引っ張りますねぇ。
    それも、崖シリーズの醍醐味(笑)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    お返事遅くなりましてすみません! 
    改めまして、ただいまです(^ ^)

    スローライフってなんですか、という感じの怒涛の日々を送っておりますが
    「なんだ、あおりかよ」とがっかりさせられるようにがんばりますw

    >>okosamaさま

    こんにちは! 遅くなりましてすみません〜〜〜!!

    ネタがありすぎて、何から書いていいのか探り探りやってますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陰日向組

猫No.31  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陰日向組

猫No.31  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up