4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

ああオッチャン百景、鹿児島はやっぱりアツかった(いろんな意味で)。

突然ですが、鹿児島に行ってまいりました。

ぶらり旅が大好物のわたくしではありますが、今回ばかりは完全無欠のノープラン。というのも、たまたまLCC(格安航空会社)で格安チケットが入手できたからであります。どれだけ安いかというとですね、

 

東京-鹿児島 片道3,000yen

 

飲み会なら居酒屋1回分。豪華ランチコースでも1回分。クイックマッサージなら30分。ルクルーゼなら小さいラムカン・ダムール1つ分。ビジネスホテルなら1泊分。激安パソコンなら1台分。エルメスなら買えません。

 

よく考えたら3,000円でいろいろできるのねと今さら気づきましたが、とにかくLCCってメルマガ会員に登録しておくとセール情報が届くんですよ。時には国内路線で片道990円なんてドエラいのをやっていたりしますが、東京で暮らす身にとって往復6,000円で鹿児島に行けるなんて革命以外の何ものでもありません。

 

でもこの手のチケットってどうせ予約殺到するんでしょ? 取りづらい便限定なんでしょ? と思いつつダメ元で申し込んだら、あっさり取れちゃいました。週末便。というわけで週末を利用して鹿児島へ出かけることにしたのです。

 JSkiritani

桐谷美玲がイメージキャラクターに就任した今春は

301円セールなんてのもやってました

 

 

鹿児島といえば、ひとつ思い出があります。

まだ若かりし頃、老舗新聞社のお堅い雑誌で鰹節を取り上げることになり、鹿児島は枕崎に取材に行ったことがありました。取材班は女性編集者、男性カメラマン、そしてライターのわたし。天日干しで昔ながらの鰹節を作っている老舗メーカーにうかがい、製造行程の撮影や職人さんのインタビューを行う手はずになっておりました。

 

駅前に迎えに来てくれた社員さんの驚いた顔を、今も忘れることができません。工房に行っても、社長さんと会っても、私たちを見るなり皆一様に同じ顔をしました。「キョトン、を絵に描いたらこうなるよね」って顔でした。いぶかしく思いながらも工房で取材を続けていると、なぜか現場に地元銀行の方やら商工会議所の方やらが顔を出してきて編集者に挨拶していきます。過去の経験から、地域によってはマスコミというだけでVIP扱いされる場合があることは承知しておりましたが、それにしても随分なセレブ待遇でありました。

 

取材とは無関係のところでクタクタになったので、夜は3人でゆっくりしようと話していたら、「お食事をご用意しておりますので6時にホテルロビーにおいでください!」と社長。あまりの気迫に断れる雰囲気もなく、おとなしく車に乗ってみると、宴会場には社員や職人はもちろん昼間挨拶した銀行マンやら商工会の方やらのオッチャン連中がズラリ勢揃いしておりました。

 

卓上には一升瓶の芋焼酎ドーン

 shochu

 

ところが宴が始まっても、皆さん何やらモジモジしています。奇妙に思って聞いてみると、

 

「オナゴに酒はすすめられませんばい!」(と鹿児島弁で言ったと思う)

 

どうやら彼らは「東京の有名な新聞社様からわざわざ取材が来る! それなら男同士とことん盛り上がるしかないでしょう!」ということで、てっきり男性が来るものだと思いこんでいたのでした。

 

わたしも西の人間なので、オッチャンの戸惑いがなんとなくわかります。うちの地元では、宴会で飲み食いするのは男。料理をふるまって男の世話をするのは女。女性陣が宴席で酒を飲むなんてありえませんでした。男は酒を酌み交わしてナンボ。枕崎のオッチャンたちも、そういう宴会をイメージしていたのではないかと推測されました。

 

ところが、ふたを開けてみると取材陣の3人中2人が女子。おまけに現場を仕切っている編集者はクールビューティ系の美女(もちろんわたしではない)だもんだから、どう接したらいいのかオッチャンたち大混乱。

 

けれど「鹿児島といったら焼酎!楽しみ楽しみー♪♪」と誰よりも喜んでいたのは、美女編集者とわたしの女子陣だったのでした。秘蔵の芋焼酎を目の前に出されて「飲む!じゃんじゃん飲みますよっ!」と2人で酒好き好きアピールをしたのですが、オッチャンたちは「いやいや…」と尻込みするばかり。だったら宴会しなきゃいいのにと思うのですが、接待しないと体裁が悪いというのだからややこしい。

 

結局はカメラマン氏が「わかりました、僕が3人分引き受けますから骨は拾ってください」と男気を見せて全員の返杯を受けまくり、翌日ゲロたらしながら撮影するという惨劇がくり広げられたのでありました。そして、ここではとてもお話できない乱痴気騒ぎを経て、わたしの中の鹿児島は「酒うまい・醤油甘い・男めんどくさい」(失礼)というイメージになったのでありました。

 

shoyu鹿児島では甘くない醤油を総称して「キッコーマン」と言う

 

 

それ以来の鹿児島、しかも初めての観光です。もともとうっかりチケットとれちゃった旅なので、先入観なしで行ったほうが面白かろうと、行き先も宿も決めずに現地へ向かいました。

 

あっさり迷子になりました。

 sakurajima

 

 

鹿児島市内へ着いたものの、右も左もわからない。とりあえず路面電車の停車場に向かい、電車待ちをしていたオッチャンに「この電車は鹿児島中央駅へ行きますか?」と聞いてみました。オッチャンは「行きますよ」と言いました。

 

安心して電車に乗ると、お見合い座席の向かいに座ったオッチャンが立ち上がって車掌さんに何やら聞いています。戻ってきたかと思ったら「鹿児島中央に行きますよ大丈夫ですよ」とわたしに言いました。どうやら念を押して聞いてくれたようです。その後も時々立ち上がっては車掌さんのところへ行き、戻ってきては「行けますよ大丈夫ですよ」「もうすぐですよ」と声をかけてくれます。おお、なんという親切。

 

ところが、電車はどんどん住宅街へとつき進んでいきます。もしや郊外なのでは?という気持ちがよぎりましたが、あれだけ確認してくれたんだしと安心していたら、なぜかオッチャンのほうがソワソワし始めました。オッチャンは立ち上がり、また車掌さんのところへ行きました。そしてクルリと振り返り、わたしを見て

 

○○で乗り換えて。この電車は鹿児島中央には行かないです」

 

あら(笑)

 

どうやらその電車は「鹿児島中央まで行けますよ(途中で乗り換えれば)」という便だったようです。オッチャンはすまなそうに会釈しながら次の駅で降りていきました。さて、どこで乗り換えればいいのやら。車掌さんに聞いてみるかと腰を浮かせると、今度はオッチャンの隣に座っていた別のオッチャンが立ち上がって

 

「このあとはわたしが引き継ぎますよ大丈夫ですよ!」

 

え!

 

まさかの連係プレーでオッチャンは「あと2駅ですよ」「次の駅ですよ」「車掌さんに言えば乗り換え券をくれますよ」「そろそろドアの前に立っているといいですよ」と若干トゥーマッチたいへん丁寧に案内してくれ、わたしはぶじ鹿児島中央駅までたどり着けたのでありました。

 

 nyan
桜島はニャンコだらけでした

 

翌日は秋とは思えないほどの暑さになったので、涼しいところでも行くかと霧島へ。観光案内所ですすめられた、えびの高原へ行ってみることにしました。現地に着くと散策コースがいろいろあるとのこと。観光パンフを見ながら迷っていると

 

「不動池いいですよキレイですよ」

 

知らないオッチャンが通りすがりに教えてくれました。

なるほど不動池ですね、ということで不動池に向かって歩き始めたのですが、不動池へ行くにはいくつかのコースがあることがわかりました。さて、どっちがいいのだろうかと逡巡していると

 

「こっちのコースはわりと楽ですよ、あっちのコースは1時間くらい歩きますよキレイですよ、車ならすぐですよ」

 

またもや知らないオッチャンが通りすがりに教えてくれました。

 ebino

 

スムーズに高原ウォークを楽しんだ後、その日はそのまま霧島に泊まることにいたしました。バス停から宿までは徒歩しかないということで、とりあえずお迎えに来ていた別の宿のオッチャンに「○○ホテルはどちらの方角でしょうか」と聞いてみました。

 

「あそこは歩くとありますよ、よかったらどうぞ」

 

と宿泊客でもないのに送迎バスで送ってくれた!!

 ryoma

霧島は龍馬が日本で初めてハネムーンに行った場所。 

 

 

いやあ〜〜〜

全国に親切な人たちはたくさんいますが、鹿児島のオッチャンの親切レベルはすごいな。さすが薩摩隼人は違うわい、なんて思っていたら、送迎バスの中に別のオッチャンがひとり。宿泊客らしいその人は鹿児島の他のエリアから来られた方のようで、ドライバーさんと話しながらゲスな笑いを浮かべて

 

「昨日の夜は天文館ではしゃいじゃいましてねえ〜〜ゲフフフフフ 😉 」

 

tenmonnkan※ 天文館とは鹿児島市内の歓楽街

 

ああ知っている、わたしは鹿児島のオッチャンの「夜のはしゃぎ方」を知っている。

とりあえず急上昇していたオッチャン株を少し下げておきますね、と思ったじじょうくみこでありました…。

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

※10月25日(土)は更新をお休みさせていただきます。すみません!

 


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • きゃらめる

    どんなはしゃぎ方だろう?さぞかしポテンシャルが上がるお楽しみがあるのだろうな(と、げすな勘ぐり♪)

    20年ぐらい前のこの季節に鹿児島を訪れたことがあります。
    霧島スカイラインのドライブは文字通り霧の中で、レンタカーのハンドルを握る手に嫌な汗をかきっぱでした。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>きゃらめるさま
    おはようございます! いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

    霧島、ドライブにはよさそうですよねえ。特に今の季節はススキも見えて。
    なのに何も見えなかったんですか。。。それは残念(>_<) 富士山を一望できる観光コースを上京した家族のために計画したはずが 芦ノ湖スカイラインで濃霧に富士山どころか1m先も見えず 震え上がったあの日を思い出しました(笑) わたしはバス移動だったので、霧島あまり周遊できませんでした。 交通の便めっちゃ悪いんだもん(^^;) 余談ですが、霧島とか桜島とか、鹿児島はどうして山に島とつけるんでしょうね。

  • ぽち

    わたし、生まれも育ちも鹿児島なのですが、霧島に行くとなったらなんとなく気合が必要です。
    無計画なのに車なしで霧島まで行かれたとは、びっくりしました。行動力が素敵。

    そうか、何で山に島がついてるんだろう(笑)。でも桜島だけは、100年くらい前は本当に島だったのですけど、爆発した時の溶岩で今はつながっているんです。

    鹿児島のおすすめはいろいろありますが、私はどのお風呂屋さんもホテルの大浴場もすべて温泉っていうところが好きです。大人になって泊まった福岡のホテルの大浴場が温泉ではなくて、ものすごくびっくり&がっかりしました。

    おっさんや醤油に懲りずに、また鹿児島にいらしてくださいね。ご一緒できないのが残念です(笑)。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>ぽちさま
    わあ〜鹿児島の方だったのですね!好き勝手書いちゃってすいません(^^;)
    温かいコメントをありがとうございましたm(_ _)m

    そうか、霧島ってそんな所だったのですね。
    なんとなく「鹿児島なら霧島行かないと」みたいな気分があったんですよね。
    いつも黒霧島飲んでるからかな(笑)

    バスの本数がハンパなく少なくて、しかも全てが丸尾起点だったりするので
    霧島神社行っては丸尾に戻り、えびの高原行ってはまた丸尾、と
    短期間のうちにすっかり丸尾通になりました(爆)

    でも全てが温泉!! そこは楽園ですか??
    確かに鹿児島の温泉は本当にすばらしかったです。
    温泉の蒸気で蒸した卵や野菜もうまかった♪

    ちょうど御岳の時期だったのですが、
    ニュースで「鹿児島には火山が11ある」と言っていました。
    火山と共に生きる覚悟のようなものを感じました。
    鹿児島、いいところですね(*^_^*) (醤油は甘いけどw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

非之商品

猫No.18  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

非之商品

猫No.18  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up