8月21日はカレー記念日

カレー記念日

荷物持つ 夫もいつしか 初老のおじさん

8月21日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」⑨ 〜アウェイな私に恋を運ぶ、キヨちゃん。

ƒvƒŠƒ“ƒg

先日、「じじょう」でググったら「自縄自縛の私」という映画がヒットしました。

 

じじょう=自縄

 

自分で自分のカラダを縛っちゃう女の子の話です。自縄組子的な。セルフがんじがらめ的な。他人とは思えません。ちなみに、ある劇団には「しじょうくみこ」という女優さんがおられます。四條久美子的な。ニックネームは「ジョンヌ」的な。他人と思います。

 

じょうくみこは舞台の上にいます。じょうくみこは崖の上にいます。ポジション的にはポニョと同列です。カラダもポニョっと、じじょうくみこです。

 

ポニョのことより、キヨちゃんであります。

 

前回でも触れましたが、相変わらず婚活に苦戦している今日この頃。それでもめげずになぜ婚活を続けていられるのかなあ、と我ながらちょっと不思議に思ったら、ふとキヨちゃんのことが心に浮かびました。

 

それは、40代前半のこと。当時の私は次々おこる不定愁訴や仕事への焦りなどで、ひどく悶々としておりました。結婚したい気持ちはあったけれど、こんな状況で婚活なんて結婚を逃げ場にするみたいでヤダなって思っていたし、「今さら婚活なんて」という恥ずかしさもあったと思います。「40代の男って面倒くさそう」というネガティブなイメージも強く。要は固定観念でガチガチ自縄組子だったわけですね。

 

そんなある夏休み、実家に里帰りをしました。実家でひとり暮らしをしている母は自分から積極的に外出するタイプではなかったのですが、病気を機にますます家へこもりがちに。そんな母を何かとケアしてくれたのが、近所に住んでいる母のいとこ、キヨちゃん74歳でした。

 

キヨちゃん74歳は人なつっこい女性で、茶道にフラダンスにカラオケにと毎日大忙し。母のところにも頻繁に顔を出しては様子を見てくれるのですが、決して押しつけがましくなく「私が会いたいから、来るの」みたいな柔らかスタンス。母も、そんなキヨちゃん74歳には心を開いているようでした。

 

あ、さっきからなぜ「キヨちゃん74歳」と書いちゃうのかなと思ったら、マカロニほうれん荘の「トシちゃん25歳」と似ているからだと今気づきました。

 

キヨちゃんは私に対しても柔らかいです。うちは田舎ですので、この年で独身の女というのはアウトローなわけですが、キヨちゃんはいつも「いいのよ、結婚したってしなくたって人間が違うわけじゃないし」なんて言ってくれます。私が会社を辞めても、赤貧にあえいでも、仕事が認められても、男子にフラれても、いつも会う時には

 

「くみちゃん、いろいろがんばってるから…ねえ?

 

「ねえ」の一言に愛と配慮とシンパシーを載せ、すべてを包み込むという壮大な包容力。大人の女にしかできない熟練スキルだと、感心するばかりでありました。

 

その夏休み、どういうわけか賞味期限の短いロールケーキをお土産に買ってしまい、母と私は朝からキヨちゃんちへ向かいました。いつもの人なつっこい笑顔で迎えてくれたキヨちゃんと「娘さんたちはお盆に帰ってくるんですか」なんて雑談をしていた時。

 

                             プシュ

 

………プシュ?

 

キヨちゃんがビールを開けていました。

「ちょうどいいわ、飲んでいきなさいよ」

「え、いやでも今まだ朝9時だし」

「だってもう開けちゃったし」

 

キヨちゃんは有無を言わせずグラスにビールを注ぎ、私の前に置きました。

やぶさかではありません。飲みました。缶が空いたところで私たちはそろそろお暇を

 

                            プシュ

 

 

また開きました。注がれました。飲みました。いやいや今日やることありますし、そろそろお暇を

 

                            プシュ

 

 

瞬く間にビール3缶がふるまわれ、朝10時にはすっかりいい気分。やだアタイ酔わせてどうする気?なんつって思っていたら、すかさずキヨちゃんが言ったのです。

 

「くみちゃん、いい人がいるのよ。会ってみない?」

 

そーうーきーたーかー

 

お相手はキヨちゃんのお姉さんの息子、トシオさん。私より少し上の会社員で、転勤で地方を転々とした末、最近地元の本社へ戻ってきたとのこと。ようやく環境も落ち着いたので、そろそろ結婚でも…というところでアラヤダちょうど空いてる子がいたわっつってキヨちゃんの中でピカーンとひらめいたようでした。

 

「いやーお見合いはちょっと」と戸惑う私に、キヨちゃんは「いいのいいの、別にそんな大げさに考えなくてもいいんだし。ひとつの出会いと思えば」見合いの常套句を駆使しながら、ビールを注いでじわじわ攻めてきます。母もこの時ばかりは「トシオくんはいい子だよ。会ってみなさいよ」と強力プッシュ。どうやら母はトシオさんと面識があるようでした。

 

なんせビールです。酔っぱらってます。いろんなことがどうでもよくなってます。

「いっすよー」

返事をした途端、キヨちゃんはスクと立ち上がってテレフォンコール。

「あ、トシちゃん?今からこっち来れる?」

 

って今からかーっ

 

「キヨちゃん!私、Tシャツにビーサンだよ〜」

「いーよいーよ、かしこまらなくて。トシちゃんもラフな格好だから」

というわけで急転直下の「Tシャツ&ビーサン&泥酔見合い」に突入することになったのでありました。

左4c

準備もクソもありません。そもそも酔っぱらっているので事情がつかめていません。母の証言によると「いっすよ、いっすよ」とヘラヘラ笑っていたらしいですが、ほどなくしてポロシャツに短パン姿の「トシちゃん46歳」が現れました。

 

あら

 

なかなかいい感じの好青年です。たぶん。人なつっこい笑顔はキヨちゃん譲りです。たぶん。酔っぱらっているのでよくわかりません。とりあえず挨拶をしたところで「うちの掃除機が壊れちゃったので、家電ショップで買ってきてくれない?」と母。「いいですよ」とトシちゃん46歳。

 

Tシャツにビーサンで掃除機を買いに行くという、なんですかこの斬新な見合い。それでも与えられたミッションは遂行するのが大人です。トシちゃんと私は早速、家電量販店の掃除機コーナーへ。「お母さんは腕の力強い?体が弱いなら、こっちのほうが持ちやすいよ」などと泣かせる気配りをはさむトシちゃん。

 

あらあらこりゃまたどうして

 

ミッション完遂後、2人でお茶しにいきましたが、まあ楽しかったです。終始さわやかな御仁でございました。あんまりいい人すぎて、もしやマザコンか?(母に優しすぎる)、それともゲ○か?(あたりが柔らかすぎる)と汚れちまった大人センサーが作動したことはナイショです。

 

その後、私から連絡することはあってもトシちゃんからしてくれることは一度もなく、あっさりフェードアウト。どうやらトシちゃん的に私はタイプじゃなかったようで、若干シュンといたしましたが、まあこんな機会でもなければ見合いをすることも「婚活アリかもね」と思うこともなかったでしょう。結果オーライ、キヨちゃんグッジョブ。

 

そういえば、母にやもめ暮らしの徳さんを紹介したのもキヨちゃんでした。恋に奥手な母娘にさりげなく出会いを差し出すキヨちゃんは、まちのコンシェルさんならぬオレのコンシェルさんなのでありました。

 

ちなみに母は「残念だわホント残念だわ」と本人以上に残念がっておりました。ふだんは何に対してもクールな母がどうした事かと思ったら、我が家の知られざる過去が明かされることになったのですが……それはまた別の機会に。

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

 バックナンバーはこちら

スポンサーリンク


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

オバフォー、スタート。中島慶子さんの「ワクワクしたら着てみよう」、今週金曜から再開です!

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.4 脊髄反射的やりとり と 茄子の輝き

50代、男のメガネは

自分のことは自分でやります、ということ。

これ、買った!

眼鏡の跡を回避するもの買った!

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ミカスの今日の料理 昨日の料理

将軍様と私の昨今 : 鶏レバーの唐揚げ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~日傘②~

夫婦というレッスン

つばた夫妻は革命をやってたかも、という直観はあながちまちがいじゃなかった。

いどばた。

お化け屋敷は好きですか?

あの頃、アーカイブ

エピソード14★昭和40年代の引っ越し

KEIKOのでこぼこな日常

スマホで「聞く」読書

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.19】家庭的と言われるのが苦痛です。

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

ラジオブースから愛をこめて

ピクルス生活

昭和乙女研究所

夏はアルバイト!?

なんかすごい。

S.M.ソング

ただいま閉活中

(54)閉活総括~健康編

これ、入るかしら?

vol.40 ふくらんだ袖

四十路犬バカ日和

犬だって華麗に加齢!

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up