5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用  ~それを勇気と誰かが呼ぶ。

 

image 

 

それを勇気と誰かが呼ぶ。

 

 

「死ぬ勇気があるなら、もっと頑張って生きればいい」
その声が体育館に響き渡ると、1000人を越える学生たちの一部から小さな拍手が起こった。

 

中学だったか、高校だったか。僕が通っていた学校での話だ。

 

1年生から3年生までの全員が集まって行われる討論会。議題は確か『自殺について』だったと思う。学校側の意図はわからないが、学生たちは明らかに飽き飽きとしていて、リアル中学生日記みたいなムードの中で身の置き所がない、という居心地の悪さを感じていた。

 

今はどうかわからないのだけれど、こういうときに真面目に討論するのはだいたい女子で、男子は、真面目にやる、ということがすでに恥ずかしい。なんで、そんなことせなアカンねん!と声に出すことだけが自分を主張することだったりするわけだ。

 

しかし、当時の女子はそんなはしたない真似はしない。なんとなく議論が、自殺絶対反対派となんとなく擁護派に分かれる中、せめて自分はどっち側なのかを一生懸命に考えていたりする。そして、いつもの一言がアホアホ男子に向けて発せられる。

 

「真面目にやってください」 
この一言が男子の、ほんまは俺らかってちゃんと考えてるんじゃ、というプライドを傷つける。

 

「うるさい、こんなこと考える奴が頭おかしなって死んでまうんじゃ!」
などと、これまた心にも思っていなかった、でも、なんとなく真理を突いているんじゃないかと思えるような一言を吐いてしまう。

 

そんな中、件の一言が発せられる。

 

「死ぬ勇気があるなら、もっと頑張って生きればいい」

 

こんなことを言うのは、中学でも高校でも、だいたい真面目な女子だったりする。そして、すっかり議論に退屈していた学生たちは、このなんとなく画期的な、なんとなく諸刃の剣的な意見に、すっと引き寄せられて共感してしまう。

 

片や、本気で意見を聞いていた一部の学生たちは、安易に共感しないように、表情を引き締める。そして、ここですっと手を上げる学生が必ず一人いる。だいたい三年生の男子で、だいたい髪を校則ギリギリか、ちょっと破ったくらいに長くした奴で、だいたいもてる。不良でもなく、生真面目でもなく、背もちょっと高くてねえ。スポーツとかあんまりやらないんだよねえ。勉強はすごい出来るってわけじゃないんだが、馬鹿でもない。

 

そういう奴がね、すっと手を上げてね、言うんですよ。

 

「死ぬのに勇気なんていらないだろ?」

 

ってね、言っちゃう。すると、最初に発言した真面目な女子が、かあ〜っと、顔を赤くして、下を向いて黙る。この真面目女子の親友を自称する友だちが「じゃあ、誰でも死ねるんですか!?」なんて、本質とずれたことを言っちゃう。なんとなく、体育館全体が、おお〜っ!とどよめく。

 

こういうのって、いまだに実は解決しないままに生きている気がする。勇気っていったいなんなんだ、とか。優しさっていったいなんなんだ、とか。大人になればなるほど、そこを勘違いしていると思われても嫌だし、ということで、くちをつぐんでしまう。そして、何にも分かっていないように思われるのが嫌で、ちょっと冷ややかに笑ってみたりする。

 

でも、今になって思うのは、その真面目女子もそうだし、ちょい悪な男子もそうだけれど、ちゃんと自分の意見を言った奴が、勇気のある奴だったんだなあ、ということだ。笑ったり、どよめいたりすることでしか、意思表示ができなかった自分たちは、あいつらの足元にも及んでいなかったのだと、いまなら素直にはっきりと言える。

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 花緒

    何だか素晴らしいです!
    結論の部分を読んだ時、思わず「お~!」と声が出てしまいました。
    目からウロコです。
    自分も周りでどよめくだけのタイプだったのですが、うえまつさんのブログを読んで気づかされました、今頃(^^ゞ

  • uematsu

    uematsu Post author

    花緒さん
    最近、学校で教える、ということをしていて、どうしても学生の反応が気になっていたんです。
    そうすると、どんな馬鹿な意見でも、ちゃんと発言する奴の方が偉いんだ、
    という当たり前のことに気付きました。
    というか、気付いていたはずなんですが、あらためて、
    すっと、腑に落ちたというか。今頃(笑)。

  • サヴァラン

    サヴァラン

    以前、ある高校の国語の授業を見る機会がありました。
    夏目漱石の「こころ」の授業だったのですが、
    作品中のKと先生の自殺をめぐって
    「死ぬ勇気があるなら、もっと頑張って生きればいい」と
    先生も生徒もがっちり意見が一致する中
    わたしはその場を退出しました。
    勇気のないヤツです(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    サヴァランさん
    学校の先生の底の浅さというか、
    画一的な物の見方というか、視野狭窄というか
    そういうものを思い知らされることがとても多い今日この頃、
    みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
    自殺を肯定するかどうか、みたいな話になると
    ちょっと抱えられる範疇を超えているのですが、
    せめて、いろんな角度からの物の見方を子どもたちに教えてくれたら、
    と思ったりしますね。

  • サヴァラン

    サヴァラン

    植松さま ありがとうございます。
    学校の先生のご意見というものが
    教師としてのオフィシャルな立場からのものなのか
    一個人としての私的なものなのか
    そこのところをできればはっきりしていただきたいと
    常日頃からお腹に一物抱えながら
    なかなかそれを言い出せない
    勇気のないヤツです(笑)。

  • 中島

    中島

    人が死ぬ時って真の孤独になってしまった時だと思うんです。
    死ぬのは勇気ではなく絶望です。
    苦しみを打ち明けられる相手がいればきっとなんとかなる。
    そうならないよに親は子どもの心に寄り添わねばならないと思います。

    あー 本題とずれてしまってますが思わず書いちゃいました^^

  • uematsu

    uematsu Post author

    サヴァランさん
    建前と本音を使い分けられないと、
    本来のオフィシャルな意見を手に入れられないと思うのです。
    本音を話すことが、イコール正直でいいことだというふうな風潮が、
    蔓延している気がしますね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    中島さん
    本当にそう思います。
    魔が差すことは誰にでもあることで、
    絶望や孤独は、魔が差し込んでくるときの
    すき間を広げちゃうんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

非之商品

猫No.18  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

非之商品

猫No.18  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up