3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

ピース又吉の芥川賞受賞を批判せずに批評する、のココロ。

image

 

お笑いコンビ、ピースの又吉が小説を書き、それが芥川賞を受賞した。

 

僕の周辺では「ありえない」「もう、芥川賞も落ちたね」など、罵詈雑言に近い言葉が飛び交ったりした。ネットでもしたり顔で「新しい才能だ」ととにかく先に誉めてしまおうとする人以外はかなり評価が低い。

 

僕はピースのお笑いがどのような種類のものなのか、あまり詳しく知らない。そして、このところ、芥川賞受賞作をこまめにチェックしていなかったので、『火花』という小説も手にしていなかった。

 

ところが、昨日、白山にある喫茶店に入ったところ、件の『火花』が置いてあったのである。早速、手にとって読み始めてみるとこれが面白い。まだ四分の一ほどを読んだところなので、明確に何かを言うことはできないけれど、とても確かな文体で、少なくとも力のない書き手が陥りがちな「わかってもらっているはず」という独りよがりな文章には出会わなかった。

 

一読して、初めての小説とは思えない、と感じるものだった。小説好きで、多くの小説作品を読んできたことが、彼の蓄えになっているのだろうし、おそらくお笑いという世界で様々なシチュエーションを形にしてきた、という下地があるのだろう。

 

そう考えると、ピース又吉の初めての小説は「面白いかも知れない」という期待に満ちた迎えられ方をしてもいいように思える。実際に、初出の文學界は創刊以来初めての増刷を出した。

 

しかし、である。小説が好きな人たちほど、ピースの又吉、又吉直樹の『火花』への態度はとても厳しい。「おもしろくないはずだ」「薄っぺらなはずだ」と文学に親しんできた人たちほど憎悪にも似た気持ちを隠そうとしない。

 

これは、きっとあれだ、と僕は思う。沢木耕太郎の父上は、自分よりも年下の小説家の作品を読まない、と決めていたそうだが、あれと同じなのではないかと。

 

結局のところ、自分たちよりも若いお笑い芸人が、小説を書いたことに対して、漱石や鴎外や太宰を敬愛してきた人たちが許しがたいものを感じているのだ。

 

画家の池田満寿夫が映画を撮ったときにも激しいバッシングがあったし、ビートたけしが映画を撮ったときにも、海外の映画祭で賞を獲るまでは過小評価されていた。

 

しかも、驚くべきことに、昨今のWEB上のレビュー記事には「面白くないから途中でやめたんだけど」と読みもせずに5段階評価の2を付けてみたり、「読んでいないんだけど、面白いわけがない」となんの根拠もなく一刀両断していたりする。

 

僕の周囲にいる人たちだって、読んではいないけれど、読む気もしないと、お笑い芸人の小説に拒絶反応を示すのである。

 

そこには「おもしろい、おもしろくない」という評価があるはずはなく、最終的には「どうでもいい」という対象をなかったことにしたい、という態度の表明しかない。または、お笑い芸人に小説を書かせたと言うことに対する批判しかない。

 

しかし、どれだけ嫌ったところで、又吉直樹の小説は世の中に出ているのだし、単行本は増刷を重ねている。

 

若い世代を中心に「なかったことに、したかったもの」は世界に浸透していく。その中には明らかに深みのないまがい物もあるだろうし、もしかしたら、あれやこれやの模造品が混ざっているかもしれない。それを見極めて、きちんと批評をするのが亀の甲より年の功の役割だ。

 

なのに、そんな役割を果たさなければならない亀の甲より年の功の世代は、なぜか若者に対するいらだちばかりを感じていて、批判ばかりで批評をしていない。そのことが気になって気になって仕方がないのだ。

 

ネットですぐに批判が出来る時代だからこそ、僕はきちんと読んで、見て、批判ではなく批評することを試みたいと思う。それが青春真っ盛りを過ぎて、次の世代を客観的に見ることができる年齢に達してしまった人間の責務だと思うから。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • サヴァラン

    サヴァラン

    すみません。
    わたしもまだ「火花」を読んでいないのですが。

    5月放映の「サワコの朝」(つまり芥川賞以前)で又吉くんが
    ざ~っくりこんなことを言ってました。↓

    「2作目はどうやと言われるのはぼくの耳にはほとんど呪い。
    なぜなら2作目は?とぼくに聞いてくる人は潜在的に
    『どうせ2作目はおもろないに決まってる。だから2作目で判断する』と
    思っているとぼくは思っているから。

    でも、そういう性格のあまりよろしくないひとのことが
    実はぼくはそうきらいじゃない。
    でも、そういうひとのために2作目を書こうとは思っていない。

    だから、とりあえず5作書く。
    2作、3作、…5作と書いていく中での2作目と考えれば自由に書ける。
    ぼくは基本的に書くのがいやじゃない。
    書くのが好きなので、これから楽しみ」

    このおしゃべりの前に
    彼は「共感に媚びたくはない」とも言っていて。

    わたしはこれを聞いて
    又吉くんってとても面白いな~と思いました。

    世の中には権威っていうものが潜在的に大好物なひとたちがいて
    そういう方たちにとっては「本ー受賞ー権威」というのは豪華三点盛りなワケで
    そしてまたこういう方たちは、パワーゲームというゲームの愛好家でもあるワケで。

    ああ、又吉くん、彼らを刺激しちゃうよねー
    嫉妬を買うよねー、大変だねーと
    おばちゃんは老婆心で思うワケですが
    上↑の彼の発言を思い出すと「又吉君、さっさと5作書いちゃえ!」と
    うちわで風を送りたいような気持ちでいます。

    だって。
    そもそも文学って「権威」へのかえしっぺ
    でもあったりするわけでしょ??
    なんて^^

    でもまあ
    又吉君のパワーゲーム外しは
    本業の方でも手練の技を磨いているでしょうから
    どうかこのままのれんや豆腐でかわしていって欲しいな、と。

    どんな年の取り方をするか。
    わたしも好々爺好々婆とまではいかないまでも
    いいもんはいい!おもろないもんはおもろない!と
    よく見てよく聞いてから批評できる婆さんになりたいと思います。

    あ。文学界、買ってこよ。

  • uematsu

    uematsu Post author

    サヴァランさん
    ぼくも、その番組を見ました。
    おもしろいですよねえ、又吉。
    「又吉が芥川賞だなんて」と言ってる人の気持ちも
    えらくわかるので、彼の言うとおり、
    5作目まで楽しみに読みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

これ、買った!

ベレー帽、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

半睡半座

猫No.42  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

半睡半座

猫No.42  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up