11月24日はカレー記念日

カレー記念日

あら おや まあ 若い頃なら使わない

11月24日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

パターソンに住んでいるパターソンについて。

 

映画『パターソン』はジム・ジャームッシュ監督の最新作である。アメリカ、ニュージャージー州パターソン市に住む、パターソンという男が主人公。彼は市バスの運転手をしていて、毎日決まった時間に起き、妻にキスをして、発表するあてのない詩を書き、夜は妻の料理を食べて、犬の散歩に出かけて、ビールを一杯だけ飲んで帰ってくる、という毎日を送っている。

 

特に大きな事件が起こるわけがない。起こらないのだけれど、何もない一日はない。大きくはなくても、何かが起こり、何かが影響を受けているのだ。

 

ある朝、目が覚めると、妻が言う。「ねえ、私たちは双子を授かるかも」と。それを聞いてから、パターソンは不思議と街中で双子を見かけるようになる。この映画はそこから始まる。妻からの小さな問いかけがあり、それに影響を受けるパターソンがいる。

 

ああ、そうだな、と思う。そんな風に、誰かから一言聞いただけで、見る世界がほんの少し変わることがある。いままで、双子のことなんて気にしなかったのに、とても気になるようになってしまう。

 

気になった世界がパターソンの内に新たな問いかけを生み、彼はそれを言葉にして新しい詩が生まれる。

 

パターソンはとても無口だ。妻が明るく、快活で、ギターを弾き、創作料理を作っても、パターソンはそんな彼女を微笑みながら眺めている。そんな無口なパターソンを見つめていると、「ああ、そうか。無口だから詩を書くのか」と思い至る。

 

彼はバスに乗り込む乗客や、バスからの眺めをじっと見つめている。同僚の愚痴を聞き、妻の願いを受け止め、バーの壁に貼られたパターソンの英雄たちを眺めている。そして、そんなさまざまな風景や言葉の合間をすり抜け、色づけられ、濾過された言葉を紡いでいく。それは、何かを世に問いかける言葉ではなく、自分自身がそこに止まるための言葉なのかもしれない。

 

パターソンに住んでいるパターソンは、単なる言葉遊びではなく、おそらく、他のパターソン出身者よりも、パターソンのことを考えた時間が長いのかもしれない。もしかしたら、パターソンという自分の名前について考えた時間が、他の町に住んでいるパターソンよりも長かったかもしれない。

 

そんなことを考え始めると、パターソンが詩を書き始めたのは必然とも思えてくるし、パターソンの書く詩が世の中に発表される詩とは少し違う種類のものなのかもしれないと思えてくるのだった。

 

良い映画を見るということは、こういうことだなと思う。人に思いを馳せ、じっと時間を重ねていくことができる。そんな映画こそが良い映画だとパターソンを見終えたあと、しみじみと思うのだった。

 

こちらが寝てしまわないように、刺激を送り続けてくれる映画なんてクソ食らえだ。見る者に自由をくれる映画を僕たちは待望している。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • perako

    植松さん こんばんは。今回のお話はいつもと雰囲気が違いますね。
    いつもの関西のおっちゃんネタと違ってちょっと内容が難しいけど、でもなんとなく分かる気がします。
    (分かる部分があるっていうのかな?)

    見る者に自由をくれる映画かぁー。ダメだ、、私はまだまだ子供、商業映画に飛びついてしまいます(>_<)

  • uematsu

    uematsu Post author

    perakoさん
    「パターソン」、機会があったら、ぜひ見てください。爆笑はないかもしれないけど、クスクス笑う場面は、結構あります。
    なんだか、お隣さんの暮らしを少し覗かせてもらっているようなさりげなさもあって、小難しい映画ではないので。
    で、僕も、ハリウッドのSF大作とか、それなりに見ます。でも、あれだけだと、ちょっとさみしくなってしまいます。

  • 爽子

    爽子

    パターソン、やっと見てきました。
    いつも不幸な同僚がでてくると、つぎは、何を嘆くのか。
    と、聞き耳を立ててしまいました。
    犬が 犬が いい味出してただけに最後のワルサとばつのわるさ。
    絶えず、よそ事が頭に浮かぶたちなんですが、ながいことキスしてないわ~。
    と、何回か浮かびました。

    よかったです。いいのを教えてもらったな。と、素直におもいます。

    ありがとうございました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    爽子さん
    「パターソン」を、みてくださってありがとうございます。
    と、なぜかお礼が言いたくなるような映画です。
    とにかく、登場する人たちがみんな、優しい。そして、価値観が違う人同士がちゃんと共存している。そんなとこが、たまらない魅力です。
    そうですか、キスですか(笑)。

  • いまねえ

    植松さん、時間が経ってしまいましたが
    今日、9/30「パターソン」観てきました。
    私の住む静岡県でやっと今日から公開が始まりました。
    静岡、浜松、沼津の主要3か所なんですが
    一番早い公開の静岡に出かけました。
    (実は今日を10月1日の映画サービスデーと間違えたのですが。。)
    「スマホ」の言葉がでなければ、今の時代と思わないくらい
    ハラハラドキドキもなく、それでも2時間が長くなかった。
    いろいろトラブルは起こるのに誰も怒鳴りあったり
    攻めあったりしない。私、アメリカ人って直ぐに
    怒鳴りあうのかと思っていたんですよ(?!)
    なので寡黙なパターソンに見入ってしまいました。
    最後に、
    笑いを誘ってくれたマービンを演じた芸達者な
    ネリーが亡くなっているとしり残念に思っています。
    更にこの記事がなければこの映画のことを知る機会がなかった、
    そう思うと、植松さんに感謝です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    いまねえさん

    ありがとうございます。
    なんか、自分が配給してるわけでもないのに、「パターソン」を見てくれた人に、ありがとう、と言いたくなってしまいます。
    ほんとにそうですね。誰も怒鳴らない。そして、理解しているかどうかわからないけれども、みんなが互いを許している。、その感覚がとても面白い映画ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

いどばた。

手袋の話をしませんか?

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.78 晩秋のちょっとしたお出かけ

50代、男のメガネは

カフェ小景・そうかい。キミたちは本日、お泊まりなんだね。

これ、買った!

プリオールヘアファンデーション買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

母岳大噴火 : スペアリブの煮込み

わたしをライブに連れてって♪

心の底に隠したライブに「行けない理由」

今週の「どうする?Over40」

明日から新連載「わたしをライブに連れていって♪」がはじまります。

黒ヤギ通信

冬とコタツと年賀状

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ネイル、どうしてますか?⑤~爪のケアしてますか?~

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.22】息子の帰省が苦痛です。

なんかすごい。

隣家の子ども

着まわせ!れこコレ

2wayの甘い罠

ただいま閉活中

(57)長年スタンバっていたアレ

これ、入るかしら?

vol.42 over40お食事会に着たワンピ

四十路犬バカ日和

バトー、海を渡る。

あの頃、アーカイブ

【エピソード17】元武士の息子の経済事情

KEIKOのでこぼこな日常

スポーツ観戦

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

ラジオブースから愛をこめて

私のカズオさん

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up