11月20日はカレー記念日

カレー記念日

右ひだり 横断歩道 親連れて

11月20日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

大きな会社の笠智衆。

 

 

最近、取材で大きな会社に行くと、少し寂しくなる。

 

大きな会社と言っても、ほら、あのなんというか、六本木ヒルズに入っているとか、そういう会社じゃなく、インフラとかやっていて、役所のような堅牢な自社ビルを持っているような会社。もちろん、創業して百年とかそういう歴史を持っていて、終身雇用が大前提で、若手社員にいやがられながらもちゃんと社員旅行に行っているような、そんな会社である。

 

そういう会社に行くと、僕はいつも小津安二郎の映画に出てくる笠智衆を思い出してしまう。岩下志麻扮する娘に、帽子をひょいとあげて、「それじゃあ、父さん行って来るよ」と言い、娘に「いってらっしゃい」と見送られるあの笠智衆である。

 

昭和三十年代。僕がまだ生まれたか生まれてないかの頃の、映画の中で見る会社の人たちは、みんなちゃんとスーツを三つ揃いで着て、帽子をかぶって会社に出勤している。そして、まだ日の高い時刻に仕事は定時を迎えて、たまには焼き鳥屋に立ち寄って、ほどほどに酔っ払って、「いやだわ、父さんったら」とか言われ「いやあ、同じ部隊にいた誰それ君にばったり会ってしまったんだよ」とか答えながら、娘にスーツを脱ぐのを手伝ってもらって、よたよたと眠りにつくのである。

 

人間、朝の8時半頃から5時頃まで一生懸命働いたら、もういいじゃない。あとは、好きにしていいじゃない。その時間にどれだけ頑張って働くかと言うことが大事なのであって、それ以上に何かを望まなくたっていいじゃない。

 

もちろん、望んでもいい。だけど、望まない自由だってあったはずじゃない。でも、今の世の中はそれを許さない。インフラなどを扱っているような、こう言っちゃなんだけども、既得権ビジネス的な仕事をしているところ以外は、かつての大企業だって、生き馬の目を抜くような現実の中にさらされている。

 

そんなことを考えていると、いまの時代に笠智衆が生きていたら、本当に定年まで穏やかに暮らせていたのだろうかと思ってしまうのだ。小津映画のなかで、笠智衆が仕事のできる男を演じているのかどうかはわからない。でも、ちょっとした中間管理職に見えるし、若手にも慕われるいい人に見える。そんな人のいい笠智衆でも、もし今の時代に生きていたとしたら、よほど運よく既得権ビジネスに食い込んでいる会社に入社していなければ、きっと生きていけないんじゃないか。生きていたとしても、きっとものすごく苦労したんじゃないだろうか。そんな想像をするだけで、僕は泣けてくるのだ。

 

そこそこうまい定食屋が生き残っていけない国が幸せな国なわけがない。僕はそう強く思う。生き残るために、大きなところと合併して、社名を変えて生き残りを図る。そんなややこしいことは、本来のビジネスとは違う。経営という名のマネーゲームには辟易としてしまうが、でも、それを無視して今の時代を語ることはできないのだろうと思う。

 

小学校や中学校、僕がお手伝いしている専門学校だって、学生が在学中から「世の中に出たら」という言葉で脅かして、なだめすかして、社会人としての教育をしようとする。でも、本当は社会人になってからの苦労は社会人になってからすればいいのだ。だけどね、それでは潰されるほどに、世の中は厳しい。寛容ではない。優しくない。思いやりもない。それはわかっている。だけど、だからといって、そんな世界に送り出すために、「世の中に出たら」と急かすように促成栽培するくらいなら、一緒に悲しみの未来を見つめながら、「今を楽しめ」「今も真剣に生きろ」と寄り添って呟いてやりたい。

 

もしかしたら、そんなことをいま言ってくれる先生や上司や政治家がいたら、その人は笠智衆にとてもよく似た優しい目をしているのかもしれない。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • カミュエラ

    ほんとに厳しい世の中ですよね。
    昔はよかったなんて言うつもりはありませんが、「いやだわ、父さんったら」みたいに「しょうがないわねえ」的に許してもらったり大目に見てあげたりする余裕が、誰の心からも失われてきていますよね、残念ながら自分も含め。

    これからますます厳しくなりそうな今の世の中で、我が子たちは生き延びていけるのか・・・・
    庇護され何不自由なく生活している今、現実の社会の厳しさを話したところで彼らに響くはずもなく、まったく現実味もないようです。
    強くなってほしいと願いつつ、母として笑顔で彼らを肯定し続けるしかないと思う今日この頃です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カミュエラさん
    今が駄目で、昔が良かった、と僕も思わないのですが、何から何まで自己責任で、と言われてしまう状況にはとても大きな違和感を抱きます。
    うちの子どもたちを見ていると、子供は子供でこの現実の中で喜びや可能性を見出して、頑張っていくのだと思いますが、やっぱり親としては不安になりますよね。
    人が人として、穏やかに暮らせる毎日。
    金儲けがしたい、という人は必死に働いて、いやまあ、そこそこでいいよ、という人はそこそこ働く。
    そんな普通の暮らしはどうすれば実現するのだろうと思う、今日この頃です。

  • はしーば

    笠智衆みたいな上司がいたら、いや、上司じゃなくても身近な人であやれば誰でも。
    きっと毎日、キリキリ、あくせくしていても、優しげな微笑みを思い浮かべては、どこかでふっと。
    あー、いいなぁ。

  • uematsu

    uematsu Post author

    はしーばさん

    僕、ほんとに笠智衆さんが大好きなんです。
    近所の古本屋さんにでも、上司にでも、隣の会社にでも、
    笠智衆さんがいれば生きていける気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

明日から新連載「わたしをライブに連れていって♪」がはじまります。

黒ヤギ通信

冬とコタツと年賀状

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ネイル、どうしてますか?⑤~爪のケアしてますか?~

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.22】息子の帰省が苦痛です。

なんかすごい。

隣家の子ども

50代、男のメガネは

フィンランドにいる小津安二郎の息子

これ、買った!

360度歯ブラシ、買った!

着まわせ!れこコレ

2wayの甘い罠

ミカスの今日の料理 昨日の料理

冬が始まるよ : 湯葉汁

ただいま閉活中

(57)長年スタンバっていたアレ

これ、入るかしら?

vol.42 over40お食事会に着たワンピ

いどばた。

やめたいのにやめられないものは何ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.7 「小説の漫画化」についてのダブルスタンダードな見解

四十路犬バカ日和

バトー、海を渡る。

あの頃、アーカイブ

【エピソード17】元武士の息子の経済事情

KEIKOのでこぼこな日常

スポーツ観戦

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

ラジオブースから愛をこめて

私のカズオさん

ワクワクしたら着てみよう

まじですか?鈴木京香登場にワクワク〜♪

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up