2月22日はカレー記念日

カレー記念日

骨密度 抱きしめられると 心配だ

2月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

カニ、好きなのである。

 

僕がまだ二十代の頃、谷川俊太郎さんが『日本語のカタログ』という詩集を出した。その中の一編に、いろんな職業の人たちになりきって詩を書く、という詩があったように記憶している。

 

確か、その一つに漁師が書いているというものがあり、「カニを捕るのは得意なんだけどさ、カニって言う字が書けないんだよな。ケニになったりしてしまう。だけど、カニっていう漢字は書けないけど、おいら母ちゃんのこと、好きだよ」みたいな詩だったように思う。思うのだが、いま手元に詩集がなく、本当にうろ覚えなので、まったく自信がない。もしかしたら、そんな詩すら存在しないかも知れないけれど、そんな詩があったように記憶している。

 

以来、僕はカニを目の前にしたときに、『蟹』という漢字を思い浮かべてしまうのである。もし、谷川俊太郎さんのその詩がなかったとしたら、幻の詩に翻弄されているだけなのだけれど。

 

それにしても、蟹という漢字はどうして、あんな字なのだろう。解る虫と書いて、蟹。確かに、あのややこしそうな形状は、何かを解っているのだ、と言われたら信じてしまいそうなくらいに奥深い形状である。

 

というわけで、今年もカニの季節が到来したのである。と言っても、僕はそんなにぜいたく者ではないので、カニすきをむしゃむしゃ食べたいというわけではない。あの「こうばこ」と呼ばれる松葉ガニのメスが大好きなのである。

 

産地によって、いろんな呼び名があるらしいけれど、僕が子どもの頃、僕が住んでいた地域では確か「セコガニ」と呼んでいたと思う。東のほうでは「こうばこ」と呼ぶらしい。

 

この「こうばこ」がうまい。身体全体はオスとは比べものにならないくらいに小さい。だから、脚を一本一本鍋にくぐらせてカニすきをする、という食べ方には向いていないと思う。何杯かをまとめて茹でて、ハラの卵を食べ、甲羅を開けてミソをすする。そして、脚なんぞはガシガシとしがんでエキスをむさぼるのである。しかも、一杯じゃ少ないので、それを何杯か繰り返す。腹がふくれるという感覚はあまりなく、濃厚なおやつを食べているといった案配なのである。

 

そんなカニを食べると、「もう、今年もわずかだなあ」と気持ちが引き締まる。年明けに、あんなにも決意していたあの仕事はちゃんとできただろうか。今年中にやり遂げると言っていた、あんなことやこんなことは成し遂げただろうか。カニの脚を二本ほどまとめてガシガシしがみつつ、ふとそんなことを思うのである。

 

そして、さらにふいに思い出すのが、これまでに知り合った人たちの中で、「カニが苦手なんです」と言っていたあんな顔やこんな顔だ。いま一緒に仕事をしているデザイナーのヤブウチくんは「カニは嫌いじゃないんですが、ミソは苦手です」ときたもんだ。「ミソこそカニだ!」と僕が豪語すると「カニ好きはみんなそう言いますね。でもなあ、あの濃い味がどうにもこうにも」と、うんざりしたように答えるのである。

 

カニが苦手だというほとんどの人が、「カニミソが苦手」という。こちとら、瓶詰めのカニミソなめながらご飯を食べられるのであるが、正直、あの混沌の味の良さをどう表現していいのかわからずに、「そうか、残念だなあ。カニの甲羅の中には小さな宇宙があって、その宇宙のなかにこそ、人の喜びや悲しみがあるのだ」などと、得体の知れない戯言を放ってみたりするのである。

 

そして、カニミソ苦手派はこうも言うのである。「ミソが苦手だというと、カニ好きの人が悲しそうな、哀れそうな顔をするのが嫌なんです」と。それはすまなかったと僕は思う。しかし、安心してくれ。少なくとも僕は、カニミソ苦手派とカニを食べることが嫌いではない。なんなら、端正な味を醸す脚など、カニミソ嫌い派にくれてやる。その代わり、カニミソをくれれば良い。うまいカニミソ一杯分なら、脚を丸ごとくれてやってもかまわない。

 

そこまで、僕のカニミソ愛は果てなく広がっていくのである。なぜ、そこまで僕はカニが、しかも、ミソ近辺が好きなのだろう。わからない。わからないけれど、カニは「解る虫」と書いて、そこに鎮座ましましているのである。谷川俊太郎さんの詩に出てきた漁師のように「蟹」という字が書けなくても、きっとカニのうまさはわかる。あ、そうか。それで、解る虫なのか! いや、う~ん、違う気がする。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • カミュエラ

    こんにちは。
    この記事を読んで「蟹」という漢字が、自分にとっては読めても書けない字だということに気が付きました。恥ずかしー。これからは間違いなく書けそうです。ありがとうございます。(笑)

    私も、カニミソをくれるなら脚など全部くれてやる派です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カミュエラさん
    かにみそ、おいしいですよね。
    昨日、鳥取に行った時、お土産に
    「蟹味噌バーニャカウダ」を買いました。
    まだ、食べてないんですが、
    見つけた瞬間に「おおっ!」と声を上げてしまいました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.82 「よもじ猫」オープン&猫の日 に寄せて

50代、男のメガネは

魂を手渡したのかもしれない。

これ、買った!

高級コンデジ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

年相応 : いちごのバルサミコ酢和え

わたしをライブに連れてって♪

♪わたしがおばさんになっても・・・♪

今週の「どうする?Over40」

2月22日(木)、猫の日にはじまります。四文字熟語と猫のコラボ「よもじ猫」

黒ヤギ通信

憩いのひと時を~バレンタインのプチギフト

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

みんなのブローチコレクション~大人ガーリーなゆみるさんの場合

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No25】おみくじの凶が怖くてたまりません。

なんかすごい。

クリスマス飾りの謎

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

これ、入るかしら?

vol.45 ドラマの感想で失礼します

いどばた。

穴に落ちたことありますか?

四十路犬バカ日和

バンコクお犬さま環境調査 〜動物病院〜

絵手紙オーライ!

先生とのお別れ。。。

あの頃、アーカイブ

【エピソード19】主婦ミツコさんの幸せ生活      (昭和40年代)

KEIKOのでこぼこな日常

雪の日にはこんなことが…

昭和乙女研究所

お年玉でお買いもの

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

ラジオブースから愛をこめて

上司に捧ぐ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up