5月23日はカレー記念日

カレー記念日

お迎えに ぐずる母ひく 手をゆるめ

5月23日はカレー記念日

はしーば

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

世の中、実はお金なんてないのかもしれないぞ。

 

 

世の中、便利になったもんだ。

財布なんて持たなくても、カードが1枚あれば「ピッ」とか「チャリン」とか妙な音がなって支払い完了だ。後に残るのは「払いましたよ」というレシートが一枚。なんなら、そんなのもなかったりする。

 

いやもう便利。休みの日にランニングとかするときにもいちいち財布持たなくても、たとえばAppleWatchがあればそれで事足りる。カードもいらない。便利というか奇妙というか、実感はあんまりないのだけれど、ああ、未来的。

 

クレジットカードの場合もそうだけど、結局、こっちは現金を一切見ないままで「払いました」とか「借りました」とか「返しました」とか「返せてないから今月末にお願いね」とか、そういうことが裏側で行われているわけだ。きっと、たぶん。

 

ただ、そういうことが裏側で行われているだけで、本当は何にも変わっていないのだ。相も変わらずお金は大事なんだよ、と僕たちは教わってきた。教わってきたから、そうなっているもんだと思い込んでいるのだが、え、本当にそうなの?と最近思うのである。

 

実は、そうなっていないんじゃないの疑惑である。ほんとは世の中、お金なんて必要ないんじゃないか説である。

 

お金がね、実はもうどうでもいい世の中がきてたりなんかしちゃったりして、と広川太一郎ふうに言ってみたりなんかしちゃったりするんだけども。だって、お金見てないんだから。現実に見てないものを信じましょう、と言われても疑っちゃうのが人の心ってもんさ。そういうルールになってるんで、信じてくださいって言われてるだけなのは周知の事実。ほら、政治家や官僚はちゃんと国民のために働いてますよ、というのが嘘だってもうみんな知っている。

 

もしも、ですよ。カードをピッとレジ端末にタッチして、「ありがとうございます」と店員さんが言っても、もしかしたらマシン上でそうなっているだけで、実はお金が動いていないということだってあるかもしれない。だとしたら、どうなるんだろう。

 

たまたまその時、マシンが不調でも、あとで「あ、えらいこっちゃ、この数字、ちゃんと動かしといて」みたいな感じで、コンピュータがやるのか人力でやるのか知らないけれども、帳尻を合わせるわけだ。きっと。

 

だったら、もういいじゃない。最初からお金なんて動かさなくても。入金も出金も、数字データを見て確認しているだけなら、もうあるってことで生きていればいいんじゃないのか、と思ったりもするわけだ。

 

もちろん、そう簡単にはいかないとは思うけれど、ものすごく簡単かもしれないと思ったりする。

 

ほら、あと何十年したら、AIが活躍してくれて、人間の仕事が半分くらいなくなってしまう、という話がある。まあ、偉い人たちがこぞって言うんだから、まるっきり嘘じゃないんだと思う。でも、そうなっても人間生きていかないといけないし、仕事がないからってご飯食べないで生きていけるわけじゃない。

 

となると、AIはお金もご飯もいらないわけだから、彼らが働いた分、仕事を奪われた人が仕事をした、ということにすればいいのさ。どうせ、現金見ないでデータで世の中回ってるんだから、AIが頑張ってお金を稼いだ、ということにしてね。そんで、世の中の稼いでいる世帯と稼いでいない世帯をマイナンバーから読み取って、みんなが平均的に幸せな世帯になるための稼ぎをデータとして振り込んでやればいいわけだ。

 

そうすれば、お金は僕らの幸せな暮らしの背後で、データとしてうごめいて、仕事をそんなに必死でしなくてもAIが「あの人の家は最近、ご主人がやる気出してないんだけど、悪人じゃないし、ああいう人がいてこそ、地域のコミュニティが成り立つんだぜ」と判断してくれれば、そこそこ暮らせるだけのお金が振り込まれたりする。

 

「あいつはどうしようもない奴だぜ」と悪名高い人物でも、AIが「だけど、あいつにそこそこお金やらないと、逆ギレして危険な目にあう人が出てくるぞ」と判断すればお金が振り込まれる。どうせ、データ上の話だから、資産何億円何兆円という人の口座から適当に融通すればいいのさ。そんな人たちがお金をチェックするのは死んで相続が始まる頃だ。そして、その頃には別のIT長者みたいな人たちがでてきて、その口座から融通すればいい。

 

そう考えると、もし仮にそんな世の中が来ても、いちばん恩恵を受けないのは、こつこつまじめに「自分の暮らしの分くらいはしっかりと稼がなければ」という人たちで、こういう人たちが大多数の日本は、もしかしたらそういう時代が来たところで、それほどの混乱もなく疑りや嫉みもなくスムーズにみんなが新しい時代に移行するんじゃないのか、という気がする。

 

そんな時代が本当にいい時代かどうかわからないのだけれども、仮想マネーで大もうけとか言ってるくらいなら、みんなで分かち合うほうがまだましだ、と思うだけだ。

 

もっとも、すでにそんな時代が静かに内緒で始まっているのかとも思うのだが、仮にこういうのが失敗するとすれば、それはきっと、バックヤードでお金がぐるぐる回っているふりをしているだけなんだよ、と言っても「そんなぐるぐるしてる仮想のお金でももっともっとたくさんほしいんじゃ!」と叫ぶ欲深い人たちが政治や経済の中枢に巣くっているからだろうな。

 

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

なぜ人は、自分が嫌いな人になるのだろう。

これ、買った!

夏っぽいトート、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

お願い、教えて : レモン蕎麦

今週の「どうする?Over40」

30年ぶりの電話に思う、「寂しさ」のシェア&「よもじ猫」リニューアル

黒ヤギ通信

ペンは強し

四十路犬バカ日和

バンコクより愛を込めて

カレー記念日 今週のおかわり!

寝かせたカレーは美味しいよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美肌のあの人に聞け!②美肌に一番大切なこと

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 28】母親への感情が不穏です。

なんかすごい。

祖父は生きている。

これ、入るかしら?

vol.48 ちょっとへんかしら?

いどばた。

動物を愛でてみましょうよ。

絵手紙オーライ!

お茶でもいかが?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.13 どっちも派!

ワクワクしたら着てみよう

プチプラなのに履きやすいサンダルみっけ〜♡

KEIKOのでこぼこな日常

魔法の杖ではありません

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

足場不安

猫No.4  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

足場不安

猫No.4  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up