12月12日はカレー記念日

カレー記念日

ラテ オレも あったかいコーヒー牛乳だ

12月12日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

何が正しくて、何が正しくないのか。

 

 

横断歩道は、歩行者を守るためにある。ということに何の異存もない。だけど、もともと車と人とが互いに譲り合っていれば、横断歩道なんてなくったって、何の問題もなかったはずだと思う。

 

横断歩道も信号もない道路。渡りたければ、ひょいと手をあげれば車は減速してくれる。ドライバーは「どうぞどうぞ」と合図をしてくれて、歩行者は「どうもどうも」と会釈をして道路を渡る。たったそれだけのことで良かったはずなのだ。

 

ところが、そうは問屋が卸さない。車はどんどん増えて、ビュービュー走ってるし。もし、一台の車が止まってくれたところで、後ろから来た車が歩行者に気付かないと追突されて、歩行者まで吹っ飛ばされてしまう。道路だって一車線や二車線ならいいけれど、車が多いからって都会じゃ四車線六車線の道路もざらじゃない。そうなると、横断歩道や信号がないと危なくて仕方がない。

 

だったら、とこうくるわけだ。だったら、夜の夜中、車が一台だけ通れる車道。そこに短い横断歩道があって、信号まで付いている。通りかかったら赤信号。ふと立ち止まったけれど、右を見ても左を見ても、どっちからも車が来る気配がない。耳を澄ませてもエンジンの音のかけらも聞こえない。こりゃもう安全だ。だって、万が一にだって車にはねられる危険がないんだもん。さて、これ、渡っていいよね。どうなんだろう。目の前のおまわりさんがいると、これでも警笛ならされて止められるんだろうか。止められるんだろうな。つまり、赤信号無視は交通違反だから。

 

ま、大人なので、おまわりさんがいたら僕も信号を守ります。だけど、いなけりゃさっさと渡っちゃう。さてさて、何が正しくて正しくないんだか。

 

正直、大人になればなるほどそのあたりがわからない。というか、もうどうでも良いとさえ思えてくる。正しいとか正しくないとか、そんなことどっちでもいい。もう、好き嫌いだけで判断したい。なんか、いろいろ言われるけど、あんまり嫌じゃないからいいや、とか、すごい気持ちよさげなことをおっしゃるけれど好きになれないからもう仕事しない、とか。近頃、それでいいんじゃないかと思うようになってきた。

 

いや、そうする、という話ではないんだけれど、そんな気分が時折、むくむくと頭をもたげてくる。

 

まあ、人によって違うのだろうけれど、僕自身はなんとなく心地よさを優先したいのに、ルールはきちんと守ってきたぞ、というタイプだったように思う。だけど、こっちがいくらルールを守っても、相手が「それはルール違反だ」と言い出したら、ただただややこしいだけだし、正論だと思っている相手に「それは違いますよ」と言ったところで、何も解決しない。

 

宮本輝が37年間を書けて書き上げた「流転の海」シリーズの完結編「野の春」の中に、わからない相手を論破してはいけない、という話が出てくる。いくらこちらが正論であっても、相手を論破すれば、相手から恨みを買うだけだ。だから、論破してはいけない。論破した瞬間に関係は破綻している、という趣旨の話だ。

 

この一節を読んで、近頃身の回りで起こっている様々なことがストンと腑に落ちたような気になった。いくらこちらが良かれと思って諭そうとしても、論破してしまえば、結局は相手の面目をつぶすのだ。そして、その時、いくら相手が殊勝な顔をしていても、相手の心にはしっかりと論破されたという恨みが残ってしまうのだ。まあ、結局日が経つと「言いくるめられた」としか思えないということなのだろう。

 

最近の頑なな若人たちは特にそんな傾向が強い気がする。だとしたら、そんな彼らと一緒に仕事をするのなら、自分に出来る範囲で、つまり、一車線かせいぜい二車線の道路を選び、信号とか横断歩道に頼らずに、自分の判断で渡れる方法を見つけ、じっくり取り組んでいくしかないのでは、と思うのだ。というか、僕自身はそうしようと決めた。それ以外に僕自身は生きていく道はない。そんな気がしている。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

[ad#ad-1]


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    私も、近頃、正論に近いことを言えば言うほど、関係が破綻するのを実感しています。

    正解なんてない、あるとしても全てあとづけの世の中だから、他者と袖振り合わせながら生きていくためには、ある程度の理性を保つ必要があって、その理性の共通認識が正論かなと思っていました。
    なので、それをやたら振りかざすのは息苦しいけれど、意見が食い違ったり、いくらなんでもそりゃないよという状況になったときは、理性的な判断は大事かと。

    でも、世の中は「感情」を持ち上げます。子どもの頃から。
    気持ちが大事、やる気、気合い、気心、気配り、その気になる…それらとは似て非なるモノもこぞって重要視し、「やりたくない」「気が乗らない」「かわいそう」「とにかくイヤ」「めんどくさい」…なども、個人の場でならともかく、おおやけだったり、仕事や、のっぴきならない局面でも平気で登場させ、理性より上位に置く人、います。

    理性や理屈はわかっているけれど(実はわかってないが)、それでもそれに納得できない感情があれば、それは理性や理屈より人間として正しく、優先させるべき、みたいな。
    そしてそれを論破すると(そりゃあ、カンタンにできますよね)ホント、恨まれます。
    なんなら、その案件には全く関係のない過去のことまで引き合いに出し、攻撃してきます、よより感情的になって。

    っざけんじゃねーよ!
    こっちだって感情だけで勝手にやれるんならやりたいっつうの!

    …あ、感情的になって言葉乱れました。失礼しました。

  • 爽子

    爽子

    なんというか・・・
    どの場面でも、勝ちすぎてはいけないのではないでしょうか。

    論破、スカッとジャパンは一瞬でしかないと思います。

    ああ、意識は低いかもしれませんが快適で楽しく暮らしたいです。

  • uematsu

    uematsu Post author

    つまみさん
    ほんと、最近その傾向が顕著ですよね。
    「気持ちを大切に」「気持ちを最優先に」
    みんながそんなことしてたら、世の中崩壊しますよね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    勝ちすぎというより、相手が「負けた」と思ったら、こっちの負けなんでしょうね。
    ああ、恐ろしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

『山の上の家/庄野潤三の本』を読んで

ミカスの今日の料理 昨日の料理

揺さぶられる : ブロッコリーのかにもどきあんかけ

わたしをライブに連れてって♪

ライブに行けるのに、映画に行けないのはなぜ?

今週の「どうする?Over40」

わたしたちのふるまいは、「憧れたもの、なりそこねたもの」のアーカイブ。

これ、入るかしら?

vol.53 訳もなくウキウキが若さなのかも…

カレー記念日 今週のおかわり!

変わらなきゃ じゃなくて自然に 変わるのよ

絵手紙オーライ!

あったかコレクション

黒ヤギ通信

新しいカレンダー

四十路犬バカ日和

僕、12歳になりました!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

巷で流行のマウンテンパーカーを買ってみたよ。

これ、買った!

試打もせずUT買った

OIRAKUのアニメ

第9回 BANANA FISH

昭和乙女研究所

お正月の着物

ワクワクしたら着てみよう

いろいろと工夫してみました ^^

いどばた。

上を見たり下を見たりしませんか

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第7回 頭がいい、知性、ってなに?

日々是LOVE古着

70年代の柄いろいろ

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File NO.33 タカハシとタナカの呪縛をなんとかしたい】

フォルモサで介護

記録、取るべし。

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

なんかすごい。

本を手渡す

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

張出横綱

猫No.90  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

張出横綱

猫No.90  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up