12月16日はカレー記念日

カレー記念日

映画館 尿意襲来 中座なり

12月16日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

母岳大噴火 : スペアリブの煮込み

 今日はちょっと重い話。
なので、極力軽い調子でお話します。
 
先日久しぶりに母岳が大噴火を起こしました。
さっきまで普通に話していたのに、なんとなく雲行きが怪しくなってきて
「ああ、もう終わりにしたい」
出たー!!
この「終わりにしたい」発言、噴火注意報です。
発令されたらきっと来る。

 
<来る、きっと来る…>

これはヤバいなぁと思っていたら
「待ってたって終わらないんだから、自分で終わらせる。
死ぬ!!」
はい、注意報が警報に変わりました。
しかも特別警報な。


<居住地域に甚大な被害を及ぼす…切迫している状態>

さぁ、こうなったら手が付けられない。
「死ぬ」と言って、薬がありそうな場所を片っ端から漁り出します。
母の頭の中には『自死=薬の大量摂取』という図式があるようです。
刃物、と思わないでくれるのはまだありがたい。
さりげなく薬の引き出しの前に立ちはだかったりして
なんとか薬に手を伸ばさせないようにするのですが、
それがまた母は気に入らない。
「私には引き出しを開ける自由もないのか?!どけ!!」
私に掴みかかります。
この辺りまではよくあるルーティーン。
これが「よくある」っていうのすごいけどね。

 <世の中、素敵なルーティーンばかりではなくってよ>

ところが、この日の母はルーティーンをはるかに超えていました。
掴みかかりながら、私に罵詈雑言を浴びせかけます。
「家に居ても親のために何をするわけでもない。
この役立たず!」
極めつけは
「ぶっ殺してやる!」

ああ、もうダメだ。
母の目を盗んで、ケアマネージャーさんにメッセージを送りました。
「手が付けられません。今日は特にひどいです。
ショートステイは明後日からですが、
明日からに変更できませんか?
私、手を上げてしまうかもしれません」
そう、これまでの経験からしても、
なんとかやり過ごせば母の噴火が収まることは分かっている。
ダメなのは私でした。
明日になれば母は自分が噴火したことなど忘れて
ケロッとして笑うのでしょうけれど、忘れることができない私はきっと
「人をあれだけ罵っておいて、ニコニコ笑ってるんじゃいなよ。
バーカ、バーカ!」
と、自分の感情と折り合いを付けられずに煩悶するに決まっている。
もう夜の8時を過ぎていましたが、ケアマネージャーさんは
「今すぐ行きます!」と返信をくださいました。
ただ、他人が介入することで火に油状態になるのは避けたかったので
「なんとか耐えます」とお断りして、
ショートステイのスケジュールを前倒ししてもらいました。

自分で布団を敷いて横になったものの、
母はしばらくは布団の中で大声を上げ続け、
突然「眠れないので薬をください!」と叫んで薬を飲んで
コトンと眠りました。
今までの騒動からしたら拍子が抜けてしまうほどあっさりとね。
翌日のショートステイにも、これまでにない程機嫌行く出かけて行きました。
憑き物が落ちたかのように。

母が噴火する度に、私は心底途方に暮れます。
「助けてください。助けてください」と思いながら
事態が収まるのを待つけれど、
一体誰に助けを求めたらいいのかがわからない。
で、結局、普段ろくに信じてもいない神様に祈っちゃったりする。
確かに、介護者や患者をサポートしてくれる組織やシステムはあるものの、
活動時間は決まっているし、定休日もあります。
本当に緊急の事態や、御しがたい強烈な感情に突然襲われた瞬間、
そう「今」を救ってくれる人、システムはないものか。
公的なものじゃなくとも、介護者同士の互助的な連携でもいい。
と、そんなことを私はずっと考えています。

少し重めのことを考えてしまう時は、献立を考えたり、ましてや
食事の支度をするのも億劫になります。
ただ、煮込み料理は別。
コトコトと時間をかけて煮込む料理は、火にかけてしまえば手がかがらないし
湯気の上がる鍋を眺めながら心を落ち着かせることもできます。
そこで、今日の一品は『スペアリブの煮込み』です。
じっくり煮込んだ肉は柔らかくなって骨からもほろりとはがれ、
とても美味しくなります。
ポイントは、「弱火でじっくり」。

              『スペアリブの煮込み』

 

  1. スペアリブに軽く塩コショウをします。
  2. 深めの鍋で油を熱し、1のスペアリブを焼きます。
  3. スペアリブに軽く焼き色がついたら、ひたひたに水を加えます。
    砂糖、酒、みりんも加え、沸騰したら限りなく弱火に近い中火にして
    蓋をして煮ます。
  4. 時々中をのぞいて、あくをすくってください。
  5. 5分ほど煮たら、醤油と少量のお酢を加えます。
  6. 蓋をして、ひたすら煮込みます。
    あくまでも弱めの火でじっくりと。
  7. 肉が骨からはがれかかったような状態になれば出来上がり。

「助けてください」と思いつつも、
ひょっとしたら誰かに助けなんて求めたらいけないのかな
と思うこともあります。
私、甘えてるのかな?と思うことも。
でも、自分のことはもちろん、
どこかに私と同じように途方に暮れている人がいるのかと思うと
やはりなんとか助け合える方法はないものかと考えてしまいます。

ミカスでした。

スポンサーリンク


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ぺいたお

     ミカスさん、こんにちは。
     10年前、義母が狂気と正気を行き来していた時期を思い出しました。いっそ行きっぱなしでいてくれたほうが楽で、行き来の落差についていけず、その言葉に翻弄され、頭に血も昇りました。
     だけど、実の娘に対しての方が、もっと激しい落差をみせていたことも思い出しました。義姉は強い責任感をもってあたっていましたが、「もうだめと思ったときが何度もあった」と、思いを吐露していました。
     そして、さらにさかのぼると、義母は義父の認知の衰えに、ほぼ一人で奮闘していたのでした。
     なにかできたらいいけれど、なにもできなくて、すみません。
     もうミカスさんは知っていることでしょうが、その言葉はミカスさんとは一切関係がありません。その言葉は病気に向けられたもので、必死にお母様はたたかっているのだと思います。

  • ジェーン

    アメリカに住んで数年になるものです。実の両親も義理の両親も他国におり、親の介護には関わっていませんが、うちは夫がエンペラーです。高齢や病気でそうなっているわけではなく、外では人格者、成功者で通しています。料理が気に入らないから裁判だ、子供が言うことを聞かないから警察だ、と騒いで料理を床にぶちまけたり椅子を投げたりするレベルです。私はアルツハイマーまたは精神疾患のある義父と住んでいると思うことにしています。今週後半はサンクスギビングで誰も客が来ない代わりに夫がずっと家にいるので地獄ですが、死んでいるつもりで受け流します。私の記憶力も落ちてきてわりとすぐ忘れられます。噴火、本当にそうですよね。うちはブーフーウー、と夫が鼻息荒くするのが噴火数秒前の警報です。ミカスさんの文にも、料理の紹介にもとても助けられています。

  • ミカス

    ミカス Post author

    ぺいたおさん
    お話くださって本当にありがとうございます。
    ご家族皆さん大変な思いをされたでしょうね。
    そして、お義母さん自身も旦那さんへの対応で辛い経験をされていた。
    切ないですね。

    おっしゃるように、こちら側にいる時とあちら側にいる時の落差が辛いですね。
    常にあちら側にいるのなら、それはそれで悲しいけれど、病気なのだとはっきりと自分の気持ちを切り替えることができます。
    でも、こちら側でしっかりとしていられる姿を知っていると、罵声を浴びせられるたびに「あぁ、この人は私のことをこんな風に考えているのか。私はこんなにも嫌われているのか」と思ってしまうんです。
    こちらの精神が崩壊してしまいそうになるなります。

    母に認知症の診断がおりた時、お医者さんが私に「一番側にいる人の接し方が重要です。あなたが否定ばかりすると、お母さんはあなたのことを敵だと感じて攻撃するかもしれません」と言いました。
    たまたまそれを聞いてしまった母は泣きました。
    お医者さんは「こんな事を聞かせてしまってごめんなさい!僕が出来るだけのサポートをしますから」と必死で謝ってくれましたが、母にとってはショックだったのでしょうね。
    結局、攻撃するようになってしまいましたが(笑)

    認知症による周辺症状自体を完全に抑え込むのは難しいことですが、介護者の精神的負担、特に緊急なものに対応できるサポートを何とか作り出せないものか考えてしまいます。

  • ミカス

    ミカス Post author

    ジェーンさん
    ああ、ジェーンさんも大変な状況の中にいらっしゃいますね。
    認知症の家族については、よく「病気なんだから」と言われますし、自分でもそう思うことでなんとかごまかそうと思ったりもします。
    でも、やっぱり辛い。
    ジェーンさんの旦那さんの場合、病気ではなくご本人の性格に起因しているのですよね。
    それはそれで辛いなぁ。
    ジェーンさん、大丈夫ですか?
    といって、私に出来ることがあるのかどうかわからないけど、心配です。
    全てをぶっちゃけて話せる相手はいますか?
    私のへっぽこ記事でも多少の救いになれば幸いです。
    何があったら、記事に関係なくてもかまいませんので、オバフォーのアドレス宛へのメールにぶちまけてくださいね。
    もしかしたら、このコメントを書くことで嫌なことを反すうするような思いをしてしまったかもしれませんね。書き込んでくださってありがとうございます。
    絶対に頑張り過ぎないように。耐え過ぎないように。

  • Tompei

    ミカスさん、はじめまして。
    お母様の話題を読ませていただくたびに身につまされ、共感し、励まされており、コメントを書きたいと思いながら今日に至りました。
    認知症と思われる症状が徐々に進んでいる90歳の実母に向き合うと、ひどく消耗し、感情を抑えられずに叱りつけてしまうことがあります。後で自己嫌悪に陥り、反省するんですけど、その時はどうしようもない。「噴火」に比べれば些細なことなのに情けないかぎりです。
    「助けてください」というお気持ち、わかりますよ。何のお力にもなれないけれど、ここに書くことで、ほんの少しでも気持ちが楽になっていますように。そういう気持ちを分かち合って支え合う場所があったらいいですね。
    うまく気分転換しながら、なんとか踏ん張って乗り切りましょう。美味しいものに癒されながら。これからも記事の更新を楽しみにしています。

  • ミカス

    ミカス Post author

    Tompeiさん
    はじめまして。
    自己嫌悪、痛いほどわかります。
    Tompeiさんは、介護のしんどさを話すことができる相手はいますか?
    噴火に比べたら些細なことと仰いますが、それでも積み重なっていけばご家族は疲弊しますよね。
    あまりご自分を責めないようにしてくださいね。
    私も、ここに記事を書くことで少しずつ発散していきます。
    Tompeiさん始め皆さんからコメントをいただいたこと、とても心強く思っています。
    Tompeiさんも決して無理をせず、辛い時はいつでもコメント欄に書き込んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

じじょうくみこの崖のところで待ってます

彼女はウソを愛している、たぶん全力で。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人に似合う赤口紅を探して~②

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.23】ほれっぽいのか、 自意識過剰になりやすくて困ってます。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.8 今年の読書で思う「病を得るということ」

50代、男のメガネは

ねこのマロン、まとわりつく。

これ、買った!

ヒートテックの“腹巻き”買った!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ミカスの今日の料理 昨日の料理

大人の特権 : 圧力鍋でぶり大根

ただいま閉活中

(58)夜の閉活

今週の「どうする?Over40」

「ただいま、閉活中」は、今夜7時公開!メルマガは、ブラックフォーマル。

これ、入るかしら?

vol.43 over40のヘアカラー

いどばた。

冷えを解消する知恵を出し合いませんか?

あの頃、アーカイブ

【エピソード 18】寿退社と指輪〜昭和のOL事情〜

わたしをライブに連れてって♪

行きたい けど行けない乙女心

黒ヤギ通信

にゃん子先輩の手作り猫カード

四十路犬バカ日和

バンコク犬連れ家探し奮闘記 〜前編〜

絵手紙オーライ!

出かけなければ出会わない。

KEIKOのでこぼこな日常

あなたの鼻は大丈夫ですか?

ラジオブースから愛をこめて

radikoと深夜放送

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

なんかすごい。

隣家の子ども

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up