8月8日はカレー記念日

カレー記念日

つつがなく 一日終われば 万々歳

8月8日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

東向島の猫(本文とは関係ありません)

 2週続けて猫の話で恐縮です…。

 半月くらい前の話だ。

 日が暮れると、どこからかみゃあみゃあと猫が鳴く声が聞こえるようになった。
声は、近いようで、どこから聞こえてくるのかはっきりと特定できない。
隣のマンションの植え込みからのような気もするし、庭の先にある、前の家との境あたりのような気もする。それとも、路地に出た向かい側、隣家の生け垣のあるあたり…。

 ここのところ、うちにごはんを食べにきている猫がいて、その猫(暫定シロちゃん)が数日来ない。どこかで引っかかって、身動きが取れなくなって、助けを求めているのではないだろうか…。
そう思ったら気になって、かすかな声が聞こえるたびに、窓をあけて耳をすます日々が続いた。
夜、何度か外に出てみたが、するとたちまち鳴き声はやんでしまう。
私が出てきたことを感づいて、息をひそめるくらいには、近くにいるということだ。

 いちにち、またいちにちと経って、とりわけ鳴き声の大きい日があった。その声の様子からして、どうも、どこかで子猫が生まれたのではないか、とオットと話した。

 心配していた件のシロちゃんは、その日の夕方姿をあらわして、なぜかごはんは食べずにすぐどこかに行ってしまった。ほっとした反面、もしかして、シロちゃんが子猫を産んだのでは…という可能性にいきあたる。お腹が大きいようにも見えなかったが。

 その夜は、オットが寝たあとに、ひと仕事あって遅くまで起きていた。
10時くらいから、鳴き声がいよいよ大きく、断続的に聞こえるようになり、気になって仕事が手につかない。何度か懐中電灯片手に外に出て、あちこち見て回るが、収穫なし(仕事をしろよ)。


そして、夜中の12時を回るころ、じけんは起こった。

ちょうど窓から庭の様子を見ていた。(だから仕事をしろよ)
すると、にわかにガサガサと音がして、うろんな人影が、うちの庭に侵入してくるではないか。

 最初は、隣のおじさんと思った。鳴き声が気になって、見に来たのかな。
が、違う。もっと若い、小太りの男だ。懐中電灯を片手に、上下のパジャマを着ている。

 まともな人間なら、ここで「どろぼう!」と叫ぶところだ。
しかし、パジャマを着て、懐中電灯びかびかさせた小太りのどろぼうっているだろうか…。
と、そこまで思ったか知らないが、そのとき私が警察をよぶかわりに何をしたかというと、ガラッと窓を開けて、「猫ですか?」と聞いた。


するとパジャマの人はぽかんとして私を見つめ、「お、わ、ね、」と謎の言葉を発すると、それから、「すみません、じつは猫が逃げちゃって」と言った。

やはり、この鳴き声をききつけて、もしや逃げたうちの猫ではと探しにきたらしかった。
逃げたのはつい数時間前。
白黒でおなかが白い。年は6さい。

 数時間前か…。
「あーじゃあ、ちがうかも。鳴き声は何日か前からずっとなんです。」
と言うと、
「ああー、そうですか、や、子猫の鳴き声っぽいって聞いたんで、違うかもと思ったんですけどやっぱりちがうか」と落胆した。
でも、念のため見ていいですか?
もちろんどうぞ。

 その人がお礼を言って去り、庭に静けさが戻ると、ほどなくまた鳴き声が聞こえるようになった。
引き続き窓から様子を見ていると(だから仕事を…)、隣のマンションの敷地や、表の通りから、懐中電灯の明かりがちらちらともれてくる。明かりの数はひとつではない。

きっと家族総出で、まだ探し続けているんだ…。

 10年前、ちょうど同じ梅雨の時期、ティーちゃんがいなくなったと思って、毎晩探し歩いた。そのときの絶望的な気持ちを思い出す。

おびえて隠れているにちがいない一匹の猫を、近所中の無数の隙間や植え込みの中から見つけ出す、その途方のなさ、無力感。

 さっきのパジャマのひとに、連絡先とかちゃんと聞いておけばよかった…。
そう思ったら、また気になって気になって、とうとう自分も懐中電灯を手に外に出てしまった(仕事…もう何も言うまい…)

 家のある路地から車のとおる道に出ると、ちょうどうちの前にあたる家のわきに、女の人が座り込んでいるのが見えた。右手に、チュールを持って、家と家の隙間の奥を凝視している。
きっとさっきのパジャマの人の妻だ。
近づいて「どうですか」と聞くと、その人は、特におどろいた様子もなく、すがるような目で私を見て、
「この奥から鳴き声がするんですよね。」と言った。

 今考えてみると、真夜中に見も知らない人にやおら「どうですか」と話しかけるというのは、少々常軌を逸した行為であると言わざるをえない。
しかし真夜中に赤の他人の家の前に座り込んでいるということも、同じくらい変なので、おたがいさまと思ってもらいたい。つまりは非常事態ということである。

 そこで、「わたし奥の家のものなんですけど、さっきたぶんだんなさんと思いますけど、探しににいらして、ちょっと話したんですけど、」
と、この鳴き声は、探してる猫じゃないかも…、ということを話した。

その人は、
「やっぱりそうかー、子猫かなって私も思ったんですけど。」
と言って、
「もう、ふたりともパジャマで出てきちゃって」と笑った。

言われてよく見ると、彼女もパジャマ、というか、そこまでわかりやすくないけど部屋着だ。
わかる、わかるよ!!ふたりで、ふふふと笑う。

 うっかり網戸が少し開いていて、そこから出てしまった。慌ててつかまえようとしたが、こちらの方向に逃げていってしまって、姿を消したのだという。外に出るのははじめて。性別は雌。知らない人にはちょっと臆病、でも気は強くない。

猫の特徴をいろいろ聞いて、
「うちはわりと猫の通り道になっているから、見かけたら連絡します。連絡先とか交換しませんか?」と言ってみた。

すると彼女は、「はッ携帯を家に置いてきてしまった!取ってきます!」
と言うが早いが、止める間もなく走っていってしまった。

ああー!電話番号を口で言ってもらったらだいじょうぶだったのに…!そして家はそんなに近いのですか…?!

 走っていく後ろ姿をみて、10年前、きっと私もこんなふうに必死だったな、と思う。いろんな人に声をかけてもらって、ありがたさと不安とで、ぺちゃんこになりそうだった。まあ、ティーちゃんの場合は、家の中にいたわけだけど。

 そのときの気持ちがよみがえって、泣きたいような気持ちになる。
しかし、ふと我に返ると、彼女が走っていってしまって、まよなかに、人んちの前にひとり取り残される私。不審者は私である。

 やがて走って戻ってきた彼女と(ほんとうに近所だった)、ラインを交換しあい、猫の写真も送ってもらうなど、やりとりをかわす。
すると突然、先ほどまで彼女が見張っていた家の奥で、ざわざわと何か動くような気配がある。

事態が動くか…
ふたりで息をのんで暗闇を見つめる。

…はたして、現れたのは、例のパジャマの夫であった。

 完全なる不法侵入、不審者すぎる行為である。

「ええー、あんな奥まで入っちゃって…」
と彼女がつぶやいたので、私も、「めちゃくちゃ入り込んでますね…」と言って、二人で「大胆すぎないか」と笑った。
それでも、誰かあやしんで出てくる気配はなかったので、意外と気が付かないもんなのか。

 そういや考えてみたら、さっきうちの庭に入るためにだって、うちの門をあけて、10mくらい敷地内を歩いてこないといけなかったはずなので(うちはいわゆる旗地というやつ)、ずいぶんハードルの高い侵入だった。よう入ってきたよなあ。

 あとでこのことを話すと、オットをふくめ皆一様に
「えー!無断で入ったらそれだめじゃん」と言う。

そりゃあダメに決まってるけど、しょうがないじゃん。猫がいなくなったんだから。真夜中に、ピンポンならすわけにもいかないし。

と思うのだが、今のところ誰からも共感を得られない。

 猫のゆく道に国境なし。
私は、パジャマの夫がうらやましい。
私も、猫がいなくなったとき、ちゅうちょなく他人の敷地に入れる人間でありたい。

 そして、翌朝彼らがラインで知らせてきたことには、猫は3時に、自力で帰宅したそうである。
えらいぞ!猫!

 後日、義母と電話をしたとき、この話をした。
すると義母はひととおり話を聞いたのち、オットに「で、あなたはこんなことが起きてるのも知らずに寝てたってわけ?」と冷やかに言い、続けて「You, brave girl. 真夜中に外に出るのはおやめなさい。そして、侵入者に話しかけないこと!」と私を一喝したのだった。

き、気を付けます…。

 しかし、件の猫のなきごえは、その日を境にぱったりとやんでしまった。
危険を感じた母猫が、どこかへ移動させたのかもしれない。シロちゃんもそれ以来姿を見せないようになった。やはり彼女が母猫だったのだろうか…

無事でいてくれているといいのだが、気の毒なことをしてしまった。もう安全なので、戻ってきな、と伝えたい。

台湾の猫(本文とは関係ありません)

**********

【展示のお知らせ】

7月15日(月)〜7月31日(水)
11:00〜17:00(会期中無休)
青梅市小曽木の古民家ギャラリー「わあす」
(青梅市小曽木1-3396 TEL 0428-74-4573)

毎年ギャラリーで夏におこなっている「ガラス展」の一画をお借りして、祖父の人形約45点を展示しています。

都内では貴重な、茅葺き屋根の古民家を改装したギャラリーです。
オーナーは、私も小さい頃から家族ぐるみで仲良くさせてもらっている方で、祖父とも懇意だったので、いろいろ楽しいお話も聞けると思います。
地元多摩地域ではじめての展示となり、建物の雰囲気とあいまって、素敵な展示になりました。
電車とバスを乗り継いで、ちょっと行きにくいところにありますが、近くに温泉や、おいしい洋食屋さんやパン屋さんのある、素敵なところです。
小旅行気分で、ぜひお出かけください。

ギャラリー「わあす」ホームページ →

猫もいますよ!

By はらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    これはすごいお話!短編小説のようでした。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    Janeさん

    いつも嬉しいコメントありがとうございます!

    今思い返してみると、なんだか白昼夢のような気がします(真夜中だけど)
    人って、とっさに思いがけないことをするものですね。

    シロちゃんですが、最近ふたたび姿を見せるようになりました。
    ということは、シロちゃんの子じゃなかったのか…。
    真相は藪の中です。
    あいかわらず警戒心が強くて、そばには近づけないですが、ガラス越しにあいさつだけはしにきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月9日(金)~18日(日)までお休みします。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.27 中島族讃歌

50代、男のメガネは

映像を作りたい、という言葉。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料夏祭り企画:突撃ミカスの晩(昼)ご飯 #1

黒ヤギ通信

猛暑でくらくら

カレー記念日 今週のおかわり!

聖子ちゃん ともに歩みし 40年

絵手紙オーライ!

微笑む仏

これ、買った!

ほっこりライトを買った!

OIRAKUのアニメ

第20回 氷菓/Free!他

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム

ワクワクしたら着てみよう

こんな時こそ好きなこと!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

日々是LOVE古着

妙な使命感

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

平身低頭

猫No.91  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

平身低頭

猫No.91  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up