12月3日はカレー記念日

カレー記念日

かぶってる 幼稚園ぶり ベレー帽

12月3日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

三つ子のたましい

年をとったらこわいものがなくなって、いろいろ楽になるのかと思っていたら、緊張やのくせはまったくなくならないことがわかった。

図書館で働いていると、意外にも人前で何かする機会がけっこう多い。
日々のおはなし会はともかくとして、季節毎の行事や、学校に出向いてクラス単位で行うブックトークなど、児童図書館員にとっては基本の業務なのだが、いちいち、いちいち緊張する。

いったんはじまってしまえば楽しいし、まあまあちゃんとできる(と思う)。
しかし始まる前のドキドキといったらどうだ。まるで発表会で出番を待つ子どもである。そこに慣れとか成熟という名の堆積はないのだろうか。

といって、なるたけやりたくないというわけではない。依頼がくれば、はいはーい!と言ってでかけていく。そのうえ、研修や勉強会にも参加して、そっちは、大人相手にブックトークの実演だの、お話(ストーリーテリング)だのをやるので、なおさら緊張するのである。

肝っ玉の小さいやりたがりというのは、ひとことでいうとばかなんじゃないだろうか。
面白かったー!といって終わった後に残るのは、緊張性頭痛のみ…。

そう、40歳を過ぎたあたりから、緊張がわかりやすく身体の不調としてあらわれるようになってきた。
それをはっきりと自覚したのは7年前、今の職場に採用されたときである。
4月1日、緊張して初出勤した私は、うっかり頭痛薬を忘れた。その結果、頭痛が過ぎて吐き気をもよおし、休憩時間にこっそりトイレで吐いていた。
それまでは、緊張していても、体力と高揚感で乗り切っていたものが、年をとってきて体内に保ちきれなくなったのだな、と実感した。たかが転職でどんだけ緊張してんだよと思うが、そこはどうかほうっておいてほしい。

そして、40代後半にさしかかろうとする今、あらたに自覚したことは、わたし、緊張すると咳が出る!
先日は、研修でおはなしを語ったさい、急に声がガラガラになって出にくくなり、そのまま乗り切ったが往生した。本番(研修だけど)でそういうことになったのは初めてだったのでおののいた。

ストレスを感じると、胸のあたりがつまったような感じになって、空咳がでる。
そのことに思い当たってみると、研修期間中、自分に発表の機会があって、順番に当てられるときなど、確かに、わたしひんぱんに咳をしている!わー!

後日、この発見を職場の先輩に話したところ、
「えー、気づいてなかったの。はらぷよく咳してるよ。最初の頃からそう思ってたよ。」
とあっさり言われた。
えーーー!そうだったのか!なくて七癖、新たな自分を発見した。

思いおこせば、子どもの頃、ピアノコンサートなどに連れていってもらうと、演奏中に必ず咳がでるのが悩みだった。
これは空咳じゃなくて、喉のへんなほうにつばが流れてむせて苦しいあれである。
あんまりなんども起こるので、そのうち自分で症状を分析して、右側に入った場合、早期に対処(こまかく定期的につばを飲み込む等)すると、苦しくて涙はでるが、あまり周りに迷惑をかけず収束するが、左側に入った場合は、対処の甲斐なく見苦しくむせてえずく結果となるので、できれば早々に席を立つべしと学んだ。これは高校生くらいまで続いた気がする。

そして、関連して記憶がよびおこされたのは、小学5年生のときに起きたできごとである。
その日は、当時仲のよかったAちゃんの家で、もうひとりの友だちMちゃんと3人で遊んでいた。
Aちゃんの家は共働きで、昼間家には大人がいなかったので、私たちはよくAちゃんの家を遊び場にしていた。こっそりお父さんの本棚にある『ゴルゴ13』のエッチなシーンをめくって背徳を味わったりしていた。

そして、その日はどういうわけか、歌合戦をしようということになったのだった。
居間のテーブルをステージにして、ひとりずつ一曲歌うこと、となった。

私は、とんと歌謡曲にうとい子どもで、当時流行っていた光ゲンジの歌など、なんとなく周りに合わせて口ずさんだりしていたが、ほんとうは一曲まるまる知っている歌などひとつもなかった。いやだ、やりたくないと一応異議申し立てをしてみたが、何かとおミソな子どもだったのでその意見は一蹴された。

まずAちゃんが歌い、Mちゃんが歌った。そして、私の番がやってきた。
私は、往生際悪くステージ(テーブルだ)に上がるのを拒んだが、「順番だからね」「みんなやったんだから」「ひとりだけやらないなんてずるい」(←どういう論理…)と押し切られ、しぶしぶステージ(テーブルです)に上がった。
ステージは高く、立つと足がすくんだ。
わたしは膝を曲げ気味に、歌い出しとサビの部分はかろうじて知っている「ガラスの十代」を仕方なく歌い出したのだが、なんと、声がしゃがれて全然でないのだった。
歌い続けようとすると、むせて咳が出てしまう。
AちゃんとMちゃんには「そんなふりしたってだめだからね」「ちゃんと歌って」とおこられたが、それまでは普通にしゃべっていたのだからまあ無理ない話だ、しかし出ないものは出ない。
いたたまれない時間が過ぎて、AちゃんとMちゃんは興ざめし、そのまま歌合戦はうやむやに終わった。声はそのうち元に戻った。

ときどき思い出しては、あれなんだったんだろうと思っていたことも思い出した。
そうか、昔からそういう兆候はあったのだ。
大きくなったらカラオケとかもちゃんとできるようになったから、すっかり忘れていた。
ノミの心臓だましいおそるべし。

緊張やストレスがのどにきやすい体質ということだったのか。
記憶が線でつながって、よかったような、知りたくなかったような…。

総合すると、うまくできないかも…と思うとそうなりがちなので、解決策は、なるたけ練習するといいということになる。
あと、大きくなって、いざとなりゃ「あらー。ごめん。水のむね。」とか言って臨機応変に場をつなげることができるようになったので、これは大人になってよかったことと思う。

よゆうのよっちゃんのポーズ

byはらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • AЯKO

    私はそういう場であなたを見たことがないせいか(会うの休みの日だし)、咳は気づかなかったよー。小5の歌合戦の思い出、聞くだけで緊張するわ、、、。
    でも年とっても緊張に慣れないというのは私も同じで、妙に早口になってしまうし、その場に行く前の動悸が最近凄いんです。布団の中でも考え出すとドキドキが止まらない。
    人が一生に打つ心臓の鼓動は決まってるというから、寿命縮んでるんじゃないかと心配になったり。
    舞台に立つのが仕事の人とか、フィギュアスケートの選手とか本当凄いよね!

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    AЯKOさん

    こんばんは!あわわ、お返事が遅くなりました!
    コメントをいただいたお知らせがここ数ヶ月メールで来ないなあ、と思っていたら、いつのまにか迷惑メールに振り分けられていたことが判明、ちょこちょこチェックしようと思っていたのにまたうっかりしてしまいました。

    そうだよね、AЯKOさんと働いていたときはそういう業務はしてなかったし、今は楽しい遊びのときしか会ってない(笑)
    しかし子どもってときどきほんとうに残酷ですよね…大人の社会やさしくてありがたいよ…。

    AЯKOさんでも緊張するのかー。なんだか安心します。
    ほんと、何年分寿命が減っていることか…。
    でも、昔やっていたピアノや声楽はほんとうにダメだったので、今の仕事は緊張しても楽しめるだけ、少しは向いているのかな、と思うようにしています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

zoom会議 慣れたふりして 疲れるよ

絵手紙オーライ!

爽子、山頭火に出会う

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

50代、男のメガネは

背中がピリピリするのです。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

元気だとは限らない:小さな器

OIRAKUのアニメ

第58回 ミラベルと魔法だらけの家

今週の「どうする?Over40」

冬には冬の楽しみ。くっついて温もる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第39回 極私的死生観?

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

日々是LOVE古着

プラスチックもオールドなら

出前チチカカ湖

第174回 知らない方がシアワセだった!?

なんかすごい。

きおくのわが町

いどばた。

カラオケで歌うなら何を歌いますか?

昭和乙女研究所

高橋真琴の文房具

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はるか彼方の空の下、じじょうくみこは生きてます。

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑥それも相続

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

庭先哀愁

猫No.43  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

庭先哀愁

猫No.43  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up