11月27日はカレー記念日

カレー記念日

疲れかな 加齢か ストレス 全部だな

11月27日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

おかあさんのセブンイレブン

都会と田舎の決定的な違いは夜だなあ、といつも思います。

 

シマ島にはスーパーが3軒ほどありますが、すべて夜7時に閉店します。マクドナルドはおろか、ファーストフードは1軒もありません。ロイヤルホストやガストもなければ、ローソンもファミリーマートもありません。夜7時を過ぎると通りに人影は見えなくなり、飲食店のまばらな明かりと頼りなげな街灯を除けば、シマ島はしんとした暗闇に包まれるのでした。

 

夜ってこんなに暗かったっけ。夜ってこんなに長かったっけ。
僻地育ちの身ではありますが、長年の東京暮らしが身に染みつきすぎて、いまだ夜に外を見るたび「うーわ暗っ、誰もいなっ」と驚いてしまうのであります。

 

 

nightsky

 

 

とはいえスーパーが早く閉まることも、ファミレスやファーストフードがないことも、シマ島に移住するにあたって特には気になりませんでした。そもそもファミレスやファーストフードには行かないほうだったし、必要な食材は開いている時間に買いに行けばいいだけのこと。ないものはない、と思えば意外とあきらめがつくもので、今のところ別段困ることもないのです。

 

ただ、コンビニだけは別。

 

 

コンビニがないことが、ここまで人を不安にさせるとは思いませんでした。コンビニも東京ではそんなに行くほうじゃなかったんです。出先でちょこっとドリンクを買うとか、仕事が忙しいときに弁当を買うとか、料金の振込や銀行ATMの利用に、月に数回行く程度。だからなくても全然平気、と思っていたんです。

 

 

ところが、ですよ。コンビニって行く回数は少なくても、行く目的がいちいち重要だったことに、シマ島に来てから気づきました。コンビニがないということはつまり、光熱費やらなんやらの払い込みはできないし、ATMでお金も下ろせません。予約したチケットの引き換えはできないし、コピーもスキャンもできません。

 

 

もちろん、ないならないで工夫すればいいだけのこと。シマ島には銀行もありませんので、メインバンクをゆうちょに移行して、あとはネットバンキングでOK。コピーやスキャンは複合機を購入することで解決したし、チケットは郵送やウェブチケットを選べばいいのです。払い込みなどは郵便局を使ったり、本土に上京したときにまとめて手続きすれば問題ありません。

 

 

それでも「いざというときはコンビニがある」と思えることが、どれほど安心感を与えてくれていたことか。あったかい食べ物も冷たい飲み物も買えて、朝食から夜食まで、おやつからお酒までそろっていて、下着も日用品も文房具も化粧品も生理用品も買えて、携帯の充電しながら雑誌をパラパラめくったり、チケットを買うついでに「あ、あの人がライブやるんだ」と知ったり、ご飯を食べた後トイレを使って、ついでに最新トレンドまでわかっちゃうなんて嗚呼コンビニって万能すぎる! 

 

 

無くしてわかるありがたさ、親と健康とセロテープ……とコンビニ。

 

arigatayaニチバンのエッヂのきいたキャッチコピー(東海道新幹線・三河安城駅付近)

 

 

無くても平気なはずなのに、なんだろうこの喪失感。ああ、用もないのにコンビニ行きたい。夜中にふらっと、立ち寄りたい。そんな気持ちで頭がいっぱいになったある夜の10時ごろ、ザビ男がひとこと言ったのです。

 

 

「今からセブンイレブンに行く?」

 

 

って、え!え! コンビニあったの!? やだちょっと早く言ってよおおお!!!

 

 

左4c
行かないわけないじゃないですか

 

 

 

ザビ男の言うセブンイレブンは、わたしたちが暮らす集落から少し離れた、もうひとつの集落にありました。

 

対向車もない真っ暗な一本道を抜けてたどり着いたのは、町並みも家の造りもまったく違う、小さな村。朝が早い漁師さんたちが多く暮らしているせいか、うちの集落以上に人の気配はなく、家の明かりもほとんど消えています。思わず息を殺してしまうほど静まり返った、そんな集落の暗闇の中に、ぽつんとひとつ灯る明かりがありました。

 

 

「ここ、島で貴重な、夜まで開いている店。朝7時から夜11時までやってるから、真のセブンイレブンね」

 

 

シマ島ネイティブが「セブンイレブン」と呼んでいるそのお店は、10畳ほどの店内にお菓子やアイス、パンにくだもの、野菜、雑誌、日用品などが所狭しと並べてある商店でした。店内に入ると奥から人の気配がして

 

 

「いらっしゃい」

 

 

60代だろうか、70代だろうか、年齢不詳の女性が現れました。頭に三角巾、胸にエプロンをつけたお母さん然とした小柄なその人は、営業用スマイルでもなく無愛想でもなく、ご飯を食べたりお風呂入ったりテレビ見たりしながらお店も開けてますって感じの何気なさで、レジの前に立っていました。どうやらこのお店、お母さんがひとりで切り盛りしているようです。

 

 

 

7-11

 

 

 

「以前はうちの近所にも夜やっている商店があったんだけど、何年か前にやめちゃって、今はここが唯一の店なんだよね」

 

そう言いながら、ザビ男は「いつものやつ」といった風情でお母さんにタバコを注文しています。スモーカーのザビ男はタスポを持たなければストックも置かない主義で、夜にタバコが切れるたびこのセブンイレブンまで買いに走っているようでした。

 

 

ひと気のないこの村で、観光客もほとんど来ないだろうこんな夜中まで、どうしてお母さんはお店を開けているんだろうか。理由を聞いてみたい気がしますが、理由なんてどうでもいい気もする。たぶんここは、あるだけでみんな嬉しい。たぶんこの先、わたしにとっても。

 

 

お母さんがずっとこのお店を開けていてくれますようにと願いつつ、久しぶりにアイスの買い食いなんかして、店の明かりを背にまた来た暗闇を戻っていきました。

 

 

 

さて。明日もがんばりましょうかね。

 

 

 

nightdrive

 

 

Text by じじょうくみこ
Illustrated by カピバラ舎

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週火・木・土曜日更新です。


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • パプリカ

    シマ島のセブンイレブンのなんと暖かさ!

    闇に浮ぶ希望の光!

    じじょくみさまの文章を読んで
    マルシャークの『森は生きている』
    を想起しました。

    オカアサン は
    12月の妖精の化身(笑)

    『島は生きている』!

    セロテープ
    コピー、さえてます!

    くみこさんの引用に
    コピペ、冴え渡ります!

  • okosama

    そやね。頑張りましょうかね。私も。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>パプリカさま

    こんにちは!お久しぶりです、コメントありがとうございます〜( ´ ▽ ` )ノ

    「森は生きている」、読んだことはないのですが
    なるほど確かにフェアリー感はありましたw
    ほんとにそのお店だけ闇の中に浮かんでいるような感じで
    アイス食っちゃったから5歳くらい年取っちゃったのかも(え?)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    こんにちは!コメントいつもありがとうございます〜( ´ ▽ ` )ノ

    はい、今日もいっちょがんばりましょうか♩

  • はしーば

    最後の写真はシマ島の夜景ですか?

    「じじょくみ、ザビ男のシマ島ぐらし」〜7-11の灯りと天の河〜
    というタイトルで映画撮りたくなりました。
    監督は河瀬直美、指名で。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    こんにちは!コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

    写真はいえいえ、シマ島にこんな開けた道路はないのですが(⌒-⌒; )
    河瀬監督に撮ってもらってカンヌを目指しますかねウヒヒ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

今週の「どうする?Over40」

食べ物という言葉。犬のおやつも、大阪の飴ちゃんも、さりげなく。

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up