8月10日はカレー記念日

カレー記念日

猫の名を 息子の名で呼ぶ ボケっぷり

8月10日はカレー記念日

uematsu

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

風と共に去りぬ、でカマド燃ゆ。

いきなり古い話で恐縮ですが、わたしが生まれて初めて夢中になった本はマーガレット・ミッチェルの『風と共に去りぬ』でありました。あれは確か、中学2年のころ。学校の図書室で借りてきた分厚くて大きな単行本を、ちょっと背伸びした気分で持ち帰ったことを覚えております。

 

(あたしったらこんな大人の小説を読んじゃったりするのよ)的なカッコつけで借りたはずが、開けたら最後ユーキャントストップ、ページをめくる手が止まらなくなり、そのまま部屋に閉じこもってほとんど飲まず食わずで読破。読んだ後は数日間、自分がどこにいるのかわからないくらい、身も心も持って行かれて放心状態になったのでありました。

 

gonewith

思えばわたしのオッさん好きのルーツはこれかも

 

 

あの衝撃はいまでもわたしの宝物なわけですが、ああそれなのにわたしったら長らくこのタイトルを

 

 

風と共に去らない

 

 

という意味だと勘違いしていたのであります。

 

 

バカか。ああバカだ。

だって「去りぬ」って。去り「ぬ」って。あまりにクラシックな響きなもので、時代劇でよく聞く「それは殿に申し訳が立たぬ」とか、電車で車掌さんが言う「お忘れ物などございませぬよう」的な否定の言葉だと勝手にイメージしちゃったんですよねえ。レットバトラーは去ってもわたしは去らないわ、生きていくわタラへ帰るんだわってな決意表明かと思っておりました。それじゃ「風と共に去らぬ!」ですよね、全然意味わかってなかったのがバレバレですねトホホ。

 

というわけで、今回は風と共に去るとか去らないとかいうお話。

 

 

kumiko_b

ごんうぃずざうぃん

 

 

シマ島スーパーのバイトを始めて、3ヶ月になろうかというころのことです。

 

はじめこそスーパーを経営するカマド一族に悩まされっぱなしのわたくしでしたが、慣れというのはおそろしいもので、彼らの自由さにもだいぶなじんでまいりました。頭で考えてからでないとできなかった作業も、毎日反復しているうちに自然とカラダが動くようになり。NBK48(ノロい・ぶきっちょ・気がきかない48歳)のわたしでもそれなりに形になってくるものだなあと、改めて人間の底力に感動すら覚える日々。

 

緊張のあまり、お釣りをわたす手が震えていたレジ打ちも、

 

「大丈夫よ。覚えること多くて大変だもんね。落ち着いて、もう一回最初から打ち直してみようか」

 

なんてお客さんに泣けるフォローをしてもらって、どうにかこうにかこなしております。レジに入ってよくわかりましたが、シマ島のひとは本当に優しい。失敗しても誰ひとり怒るひとはいないし、商品が品切れしても「あるもので食べるよ」と笑って帰っていかれます。ザビ男にも感じたことですが、やはり島民は肝が座り方が違う。

 

ただまあ岡本夏生似の副社長夫人、カマドアケミの攻撃は相変わらずで、

 

「くみちゃん、えのきの値段、間違ってるよ」

「くみちゃん、ここはこうやって陳列するように言わなかった?」

「くみちゃん、混んでいたら自分でレジに入ってよ」

 

と毎日毎日くみちゃんくみちゃん呼ばれております。なかには誰かのミスをわたしのミスだと勘違いされることもあり(新人の宿命ですね)、キリキリしたりモヤモヤすることもありますが、

 

「くみさん、ちゃんとレジ入ってるのにねえ」

 

陰でそんな風に励ましてくれるハートウォーミングなバイト仲間がちょこちょこ現れてきたので、あまり気にならなくなってきました( ´ ▽ ` )

 

 

 

ところで。

シマ島に移住するにあたって、いろんなひとから言われていたことがあります。

 

「シマ島の冬はつらいよ。鬱になるひともいるから、気をつけて」

 

夏はごきげんリゾートなシマ島ですが、冬になると暴風が吹き荒れ、どこにも出られず誰も来ない絶海の孤島と化すというのです。その風というのが尋常じゃない強さで、家に閉じ込められて風のゴーゴーというおそろしい音を聞いているうちに精神を病むんだとか。逆にいえば「冬を越したら島民として一人前」として認知されるようで、新米島民としてはいったいどんな冬になるのかと戦々恐々としておりました。

 

ある日のこと。いつものようにバイトに入っていたのですが、朝来たときは穏やかな陽気だったのに、突然スーパーのガラス窓がバリバリと音を立てて揺れ始めました。そしてひとりのおばあちゃんが店に入るなり、興奮気味にこう言ったのです。

 

「吹いたな!」

 

 

シマ島名物、冬の西風がやってきた瞬間でありました。

 

 

 

左4c西風キタコレ

 

 

まっさきに動き出したのは、おばあちゃんたちです。風が吹くか吹かないかというころから次々と入店し、「吹いたな」「ああ吹いた吹いた」と口々に言い合っては、いそいそと食材を買い込んでいくのです。続いて食材確保できないと困る飲食店の仕入れ隊、そして小さなお子さんを連れたお母さんたちがどんどこやってきて、小さなスーパーはあっという間に通勤ラッシュ状態に。

 

この景色には見覚えがある。

ああそうだ、東日本大震災直後の東京だ。

 

あのときもスーパーに長蛇の列ができて、陳列棚からものが消えていきました。ただあのときと違うのは、わたし以外の誰もがこの状況に慣れている、ということ。あわてることなく、でもぬかりなく、風が吹くであろう日数を計算しながら食材を黙々と買い物をこなしていく様子に、島民の静かな熱のようなものを感じたのです。

 

あのときと同じように、最初に品切れしたのはパンでした。島のみなさんは畑で野菜を自家栽培しているのですが、冬に栽培できない葉ものも順番に消えていきました。やがて惣菜が消え、牛乳が消え、乳製品が消え、カップ麺が品薄になっていきました。

 

さあ、ここからがスーパーの腕の見せどころです。早速カマドアケミがやってきました。

 

「くみちゃん、いくよ」

「は、はい」

「バックヤードにある野菜をどんどん袋詰めして」

「はい」

「葉ものは足が速いけど、全部なくなると夕方買い物に来るひとが困るから、様子を見ながら出して」

「はい」

「レタスが切れたら、白菜を多めに出して。1玉と半玉はなしで、全部1/4カットね。棚の手前にダンボールごと積んでいいから」

「はい」

「キャベツは1玉を半分にカットして、ラップでくるんで出してみて」

「わかりました」

「かまぼこは出る? 納豆は?」

「練り物系は売り場にたくさんあったので出ません。納豆は出ます」

「じゃあ納豆だけ出そう」

「へい」

 

 

その日はまさに、戦争でありました。いつもはあまり動かない野菜まで、品出ししたそばからなくなるという驚異のハイスピード。切れては出し、切れては出し、あれないのこれ出るのという問い合わせに応え、帰宅後はあまりの疲れでごはんも食べずにコンコンと眠りました。

 

arasi2

 

 

 

翌日も風は吹き荒れ、外にいると顔が痛くてとても前を向いていられません。風速は25メートル。25メートルってアレですよ、台風が来て「ケガをする恐れがありますので、できるだけ外出は避けてください」って天気予報で言われるレベルですよ。それが数日続くのが日常となれば、そりゃメンタルやられるわ島の冬…。

 

そんななか、いつものように出勤すると、青果コーナーはすっかりからっぽになっていました。まばらにないと不安になる陳列棚も、ここまで何もないとむしろ清々しい。棚ってこんなに白かったんだ、などと考えながら、どこかゾクゾクするような興奮を感じている自分がおりました。

 

バックヤードの冷蔵庫にも、ほとんど何も残っておりません。船は当然、欠航。荷物はしばらく入りそうもありません。さあ、どうするカマド一族!

 

 

 

 

「おっはよ〜♪(´ε` )」

 

 

精肉担当の副社長、カマドナツミが拍子抜けするほど陽気に現れました。肉は在庫が豊富なようで、いつもは適当に並べているミートコーナーが、今朝はびっしりと商品が埋まっています。カマドナツミ、今日は働いている(失礼)

 

いつもはお店がオープンしてからやってくるカマドアキラ社長も、この日は出勤済み。華麗な包丁さばきで魚をさばきながら、

 

「根菜はまだ在庫があるから、それ出して。カップ麺は倉庫から持ってきて。今日の特売は荷物が来ないから延期しますって札を貼って。そのかわり昨日の特売はそのまま特売値段のままにしといて」

 

と次々に指示を飛ばします。カマドアキラがこんなに喋っているところを初めて見ました。

 

本土から帰島するはずだったカマドサユリ社長夫人が、欠航をくらって足止めされたため、店の切り盛りはすべてカマドアケミの仕事。朝一番からいつも以上にくるくる動き回り、でも心なしか、ちょっと楽しそうです。

 

「くみちゃん、根菜を並べられるだけ並べて。品切れしている野菜の棚まで広げて置いてかまわないから」

「はい」

「果物の在庫は?」

「みかんが少しと、りんごはまだあります」

「じゃあみかんは全部出そう。おばあちゃんたちが取りやすいように、手前に低く並べて」

「へい」

「私はカップ麺を倉庫から取ってくるから」

「わかりました。あと、今日はカレーが出るんじゃないかと……在庫がバックヤードにあります、出していいですか?」

「オッケー。あるだけ出しちゃって!」

「へい!」

 

結局、風はしばらく吹き止まず、欠航が続いて食材は4日間も届きませんでした。最終的にはスーパーの棚から食べ物はほとんど消え、

 

「なんもねえな!」

「ないですねえ」

「明日もねえかな!」

「船、来るといいですねえ」

「んだな。明日来るわな!」

「はい!」

 

そんな風にお客さんと笑いあいながら、嵐の日々は過ぎていきました。

 

 

 

カモメ

 

 

カモメ

カモメ

 

 

 

 

5日後。ようやく風がやんで、念願の船がやってきました。

今度は荷物がバックヤードに入りきらないほど入ってきて地獄を見ましたが、流通が当たり前に動く幸せをかみしめると共に、ないならないなりに工夫する楽しさを知った、そんな冬の日。ちなみに「4日も来ないなんて大変でしたねー」とおばあちゃんに声をかけると

 

 

「むかしは10日船が来なかったことがあるんだよ。あんときはヘリで食べ物運んでもらったなあ。それに比べれば4日なんて屁でもねえ。極楽、極楽、温暖化サマサマだべ♪( ´▽`)」

 

 

と言われて島民おそるべし、と改めて畏敬の念を覚えた、じじょうくみこでありました…。

 

それではみなさま、また来週〜。

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週土曜日更新です(2〜4月限定)。

 

最近はいろんなパッケージがあるんですね。読み直そうかな

 

レットバトラーが300円!

 

スポンサーリンク


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    じじょくみさん、こんにちは(^o^)

    「流通が当たり前に動く幸せ」でうるっときましたわ。いろいろ思い出して。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    こんにちは! いつもコメントありがたいでございます〜( ´ ▽ ` )ノ

    もしもお辛い経験を思い出させてしまったら、ごめんなさいm(_ _)m

    でも本当にね、荷物が普通に家に届く、手紙が届く、スーパーに食べ物がある、船が出る、
    そういう当たり前のことが当たり前に動いていることが、
    島に来てからものすごく幸せに感じるようになりましたよー。

  • 島民予備軍

    こんにちは。二度目ましてコメントいたします。
    毎回臨場感あふれるスーパー劇場、緊張やワクワクが伝わってきます。

    私が嫁ぐかもしれない離島も、台風シーズンともなれば船は何日も欠航、
    おまけにスーパーすら無いような小島なので、必要な物は各自ネット等で手配して備えるようです。

    くみこさんのお話を読んでいて、私もそういう「当たり前に物が手に入る」生活をありがたく感じ、「あるもので間に合わせる」力がついてくるのかなーと、ぼんやり想像させられました。
    まぁ離島あるあるなんでしょうね。。。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>島民予備軍さま

    こんにちは!また覗きにきてくださって嬉しいです(≧∇≦)

    スーパーがない島なのですか。本土からの距離感がわかりませんが、
    台風となると船が欠航する前に動かないといけないので
    島民のみなさんの自衛力、かなりのハイスキルだとお見受けいたします。

    大丈夫ですよ、人間には「慣れ」という素晴らしい能力があります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

わたしをライブに連れてって♪

ライブのノリの最適解と長女気質

カレー記念日 今週のおかわり!

海だっけ 山だったっけ なんかの日 (2回目)

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月10日(金)~8月19日(日)までお休みします。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.16 2018上半期 印象的だった本

50代、男のメガネは

初めて買った小説。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おしらせ:夏休みをいただきます

黒ヤギ通信

探偵物語?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

シートパック百花繚乱~どれを選ぶ?

四十路犬バカ日和

環境変化は犬も大変! 〜一難去ってまた一難〜

絵手紙オーライ!

暑中見舞いを描いてみたよ。

あの頃、アーカイブ

【エピソード24】時とともに郵便の仕事も変わるけど…。

これ、買った!

メルカリで水彩絵の具買った!

OIRAKUのアニメ

第2回 SHIROBAKO

KEIKOのでこぼこな日常

あ~!こぼしちゃってもったいない

昭和乙女研究所

夏休みとか70年代アメフトファッションとか

ワクワクしたら着てみよう

自分メンテにワクワク〜♡

いどばた。

うれしい再会にワクワク♪しませんか?

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.30】 同僚のお悩み相談がウザい。

なんかすごい。

あしたうちにねこがくるの

これ、入るかしら?

vol.50 おしゃれ50代ブロガーさん見つけた

フォルモサで介護

介護には終わりがあります。

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

大神降臨

猫No.23  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

大神降臨

猫No.23  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up