9月23日はカレー記念日

カレー記念日

虫の音よ 今年も夏を 生き延びた

9月23日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ 時々 やさぐれ日記 〉 「ああ、ランジェリー。理想と現実のあいだ 」 その二

 

 

――― 先週に引き続き、「ああ、ランジェリー」その二。主婦は届いたばかりの下着を手に脱衣室へ向かう、というところからのつづきです。―――

 

a0006_002319

 

 

「  顔立ちに合った髪型、スカート丈に合った身長があるように、服に合った胸というものがあるはずだ、とファッションのプロの彼女は言う。日本人はこれだけおしゃれになったのに、胸に関してだけは、まだまだベスト・プロポーション神話に惑わされているのではないだろうか。ブラで作り物のような胸にしたところで、少しも魅力的ではない。それより自然な自分の胸のほうがずっと可愛いということに、みんな気づくべきじゃないかしら、と。

   ~ 光野桃 『 ソウルコレクション』 心にエネルギーを補給する40の物語 より ~  」

 

 

脱衣室の姿見の中をなるべく遠い視線で眺めてみる。「ベスト・プロポーション神話」からは卒業済みなので、背筋がのび、胸がひらき、気持ちがこの狭い脱衣室を出て、「外へ」向かうかどうかが肝心だ。まずは不自然さがないかサイズをチェックをする。次に下着の色と自分の肌との対照を見る。上から薄手のものを着て、前 横 後ろの確認をする。

 

不思議なものだ、と思う。「これはいけそうだ」という予感は、だいたい身に着ける前にわかる。その逆もまた同じ。「これはいけそうだ」というやわらかで新鮮な予感が、わたしをすでに「やさぐれ」から立ち直らせてくれている気さえする。

 

一枚の新しい下着を身に着ける。その瞬間、先ほどまでの沈んだ肌が、ほんの少しだけふわっと明るい透明感をとりもどす。新しい下着の上から薄手のブラウスを着る。なぜか、体に軸が通った気がする。これらの変化はごくごくかすかなものだから、わたし以外の誰一人気づくはずがない。そもそもわたしには、下着姿をひとに見せる欲求はない。このあたりは、ジョージさんの連載と 少しだけくみしないところ。

 

その手のことは、美しい姿態に恵まれた方におねがいしたい。これは負け惜しみでもなんでもなく、氷上のスケーターや、陸上のアスリートに向ける快哉とまったく同じ気持ち。

 

それでも。今手にしたこの一枚が、わたしをそっと支えてくれる。代わり映えのしない普段着の下、わたしと外との境界に、この一枚があることが、密やかな、蜜のような、何にも代えがたい「支え」になる。ひとの目も話相手もないお決まりの家事。近所のスーパーでの普段通りの買い物。けれども実は、わたしと同じ体温の、物言わぬ静かな友がすぐそばにいる。わたしのこの内なる(?)変化に気づくひとはいない。それでもわたしは、誰かとゆっくり対話をしたあとのように、深い呼吸を取り戻している。「これはいけそうだ」という一枚に出あえた瞬間、「やさぐれ」はすうっと、どこかへ遠のいていく。少々の出費とともに。

 

a1180_004505

 

下着、といえば思い出す女性がいる。「鴨居羊子」。思い出すとはいっても、子ども時代の母のつぶやきの中でのこと。あの頃、母が鴨居羊子の何を語っていたか、細かいことは忘れてしまった。ただ、何か独特な熱をこめて、「鴨居羊子」の名を口にしていたことだけが記憶に鮮やかだ。

 

大人になって、「鴨居羊子」の著作や彼女の評伝を少し読んだ。戦後の日本の下着文化の開拓者。1950~60年代に活躍した、アヴァンギャルドで魅惑的な女性。鴨居羊子。

 

「 鴨居羊子ってどんな人? カラフルな色・デザイン・素材・キュート、セクシー、ユニセックス──今では当たり前のように手に入るこうした下着を、誰も思いつきもしない時代に投げかけ、時代の寵児となった人。新聞記者から下着デザイナーになった人。下着会社を経営し、絵を描き、文章を書き、フラメンコを踊り、料理を作り、動物と心で触れ合い、寝たきりになった母親の面倒も長くみた、そういう人。天真爛漫で、食いしん坊で、キュートな気持ちを持ち続けた人 ~鴨居羊子コレクション第一巻解説「とびっきりキュートでハスッパな一人の天使」より~ 」

 

当時の女性たちが醸し出した独特のパッションを、子どものわたしは背丈の上30センチくらいのところに感じていたような気がしている。「わたしがわたしであること」を封印されていた女性たちが、殻をやぶって街に出ようとした時代。旧習や揶揄や批判をおそれず、小さくて大きな革命をおこしていった時代。本で読む鴨居羊子は、あの時代の体現者のようにわたしには映る。

 

時は流れ、わたしたちの周りには情報とものが溢れている。あの時代、あるいはそれよりもっと以前、女性たちが起こしたような熱や風が今もまだあるのだろうかと見回してみる。革命後、宴のあと。風の吹く向きの変化。足の指のすきまから、熱を失った砂がさらさらと抜け落ちていくような感覚がある。

 

a1180_004491

 

おっと。またまたはなしがそれた。なんだかんだ言いながら、身勝手なわたしはとにかく、今の自分のこのちっぽけな身の丈と、今の自分の心象にフィットする下着が欲しい。贅沢は言わない。「ほどほど」のものがいい。けれども長いこと、そういうものを探しあてるのには苦労してきた。鴨居羊子の時代より、町にはたくさん下着があるのに。

 

光野桃とそのご友人は、「日本人はこれだけおしゃれになったのに」と今の日本の下着文化にご不満な様子。ファッショニスタの彼女たちの視界に、わたしがいないことは明らかだけれど、今の日本の下着文化に不満があるというところには、ここで小さく賛成の手を挙げる。

 

新聞記者だった一人の女性が、他人がつくったものを批判する側でなくつくる側になりたいと、新聞社をやめて下着革命をおこした。その情熱に憧れる一方で、「ほどほど」を口にするのがわたしの理想と現実。「ほどほど」の現実。「ほどほど」の下着。国産下着メーカーさん。わたしはこんなところが不満です。

 

 

―――「不満」の糸をあとに引いて、やさぐれサヴァラン、本日は失礼します。みなさんは下着に満足?それとも不満?どんな下着が今欲しい?よろしければお聞かせください。そうそう、そもそもみなさん、やさぐれる?やさぐれるとしたらどうやって立ち直る?そんなことも伺ってみたい今日このごろです。―――

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    たくさんの本のご紹介ありがとうございます。
    読みたい本リストに、さっそく入れました。

    体型の悩みもありますし、ココまでは、お金出せない。。。という、個人的なみみっちさもあって、
    「ほどほど」の着地点を探るのは、難しいですね。
    わたしの娘時代は、ブラとお揃いのショーツを身につけるのは至難の業でした。
    輸入物に手を出したら、上下で3万飛んだように思います。
    いつからあんな安価で可愛いセット下着が巷に出回るようになったのでしょうか。
    もはや、サイズの問題で、それらには、縁がなくなってしまっています。悲し

    少し前までは、自分取り戻しキャンペーンで、素敵なレースに食指が動きましたが、昨年あたりから、
    あくまでも肌触りが一にも二にも重要ポイントになってまいりました。
    年とともに、すっかり肌も弱って、締めつけもダメ、チクチクもダメと、気難しいことといったら!

    ブラのカップがあがると、お値段も割増なんです。そりゃー、生地の分量は多いですが、そんなに
    変わるのかしら。ぷんぷん(文句を言うところは、ここではありません。
    スーパーのプライベートブランドのものも、とてもよくできてると思いますが、デブなのでサイズがありません。
    売り場の女性にはワンサイズ下のアンダーを勧められますが、きついのは嫌です。
    快適!それにつきます。
    デザインはとてもそそられるのに、トリンプのブラのワイヤーのカーブが合わずに、全滅です。
    好きなのは、ウイングのレシアージュ、キレイあたりでしょうか。
    レースが豪華なわりには、お値段控えめです。
    アンダーの部分がヘムになってるのが大好きなんですが、全部の要件が満たされてるものは少ないです。
    あと、とてもお安いのに、優秀だと思うのがDHCの全方位に伸びる記事でつくられたブラです。
    サテンみたいに光沢のある生地だし、肌あたりも柔らかでした。
    試着して、じっくり選ぶという優雅な姿勢からは、びゅーんと外れてしまいました。ごめんなさい。つい。

    サラヴァンさん、そうなのそうなの。
    誰にも見せませんが、わたしが一番知ってるのよね~~。
    密かに女優になってみるのよ。うふふ♪て。
    誰にも迷惑かけてないし、ユルチテネ。みたいな感じで。
    でも、Tバックは、ダメでした。局部の違和感にいたたまれず2秒で脱ぎました。
    セクシー系はわたしには遠い夢なのかもしれません。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    爽子 さま。

    すごい!すごい!爽子さまの引き出しがすごい。
    DHCって、下着も作ってるんですね。
    さっそくHPに行きましたが、あら、いま、このページのスポンサーリンクが。。。

    それにしてもすごい。爽子さまの探求心がすごい。
    メモです。メモです。参考にさせていただきます!

    特定のメーカーが特定の理由で合わない!って、わかります。
    わたしはワコールがダメ。カップとワイヤーのかたちが合わない。

    輸入物、うっとりですよね。日本ではお値段がね、がっくりなんですけどね。
    海外の下着屋さんって、上を見れば美術品?というのもありますけど、
    その一方で、え?このお値段で?というのがありますよね。
    ヴィクトリアズシークレットとか。なんで上陸しないんでしょ。

    「ほどほどの着地点」。
    まさにそう!着地したいです!「はなまる!」というところに。

    「密かな女優」。
    だいじ。だいじ。なりませう。なりませう。
    セクシー系はわたしもダメですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ラジオブースから愛をこめて

サウンドストリート

昭和乙女研究所

ファンクラブ入っていましたか?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

季節の狭間の着こなしどうしてる?①~オバフォーメンバーの食事会に何着ていく?

ワクワクしたら着てみよう

インラインで目力アップ~♪

このマンガがなんかすごい。

第2回:話し出したら止まらない

いどばた。

似ていると言われたことのある有名人は?

なんかすごい。

つくるひと、紹介するひと

50代、男のメガネは

台風の夜の後悔。

これ、買った!

マニキュアいらずの爪磨き、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

あなたの平凡は誰かの非凡 : 豚肉の焼いただけ

今週の「どうする?Over40」

今週水曜日、マンガを熱く語り合う座談会「このマンガがなんかすごい」がはじまります。

黒ヤギ通信

【黒ヤギ通信(1)】素敵な材料はすぐそばに~贈り物の包装紙でお礼状

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.5  左利きの自己弁護

ただいま閉活中

(55)閉経総括~エチケット編

これ、入るかしら?

vol.41 コンディショナー不要になってきてしまいました

あの頃、アーカイブ

【エピソード15】高度成長期のサラリーマンライフ

四十路犬バカ日和

シニアドッグの1ヶ月

KEIKOのでこぼこな日常

お皿にお鍋におちょこに…

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.20】ちょっとした体調不良で世をはかなみます。

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up