1月19日はカレー記念日

カレー記念日

好きなだけ 餅食べられたのは いつの日か

1月19日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

出前チチカカ湖

第156回 思い出すたびに笑 ってしまう。

異国の春 沖浜 忍さん

つまみ:
しかし、深刻な状況を生きてるよね、わたしたち。
経験がないからピンとこないけど。
精神をやられたくないので
最優先に近い自衛策は
「どうでもいいことを考える」です。

前回のチチカカ湖もわりとその路線だったけど第二弾。
発想が短絡的でゴメン。
というわけで、このお題にしてみました。

最近ではなんといっても「クイズ脳ベルSHOW」の西村知美。
歌詞の穴埋めで、村田英雄の「王将」の2番の
「愚痴も言わずに 女房の小春作る笑顔が○○○○…」ってのに
なんと答えたか!(ちなみに答えは「いじらしい」)



マジメに答えていたのが印象的でした。

まゆぽ:
あははー。退屈な日々ですが、笑かしていただきました。
つまみちゃんがよく呟いてる番組だね、脳ベルSHOW。
西村知美って素晴らしい人材だわー。
想像力が正しい方向に発揮されてると思う。

笑いって、その場の状況や登場人物のキャラとかが
絶妙にはまって生まれるものだから、うまく説明するの難しいよね。
西村知美っていう予備知識があってこそな部分があるじゃん。
と、説明する前に言い訳してるんだけど、

昔、女友達4人旅をした時のことです。
まり子ちゃんは松雪泰子似の絶世の美女で、
大企業の広報ウーマンでした。
かっこよくて、女子がみんな憧れる系の女です。

その日の朝はあいにくの雨降りで、
私たちは旅館の傘を借りて散歩に出ました。
傘は黒くて大きい長傘。
歩くと傘から足が生えてるみたいに見えるなあと思っていたら、
まり子ちゃんが突然、茂みにスタスタと入っていって、
しゃがんで言いました。

「しいたけ」。

それだけなんだけどさ、
ツボに入って笑いが止まらなかったことを
何十年も経っても覚えてるエピソードでした。

たんぽぽ 佐藤 知津子さん

つまみ:
情景が浮かぶからねえ。あるある、そういうの。
まり子ちゃんが絶世の美女なのがポイントだよね。

音声シリーズではさ大昔、まだ二十代前半ぐらいのときのことなんだけど
職場の人たちと飲み会の二次会かなんかでスナックに行ったの。
カラオケが歌える店。で、
ちょっときどり屋の、いけ好かないフルタさんが、
さだまさしを入れたわけ。

さだまさしといえば「雨やどり」「関白宣言」って頃。
こっちとしては、フルタさんごときがどっちを歌おうがどーでもいい、
つまんねーなとシラケた顔でいたわけです。

でも、始まってすぐに「ん?んん?!」と食いついた。
ヘンなのよ、なんか。
で、よく聴いたところ、「関白宣言」のメロディで「雨やどり」を歌ってたの。


記憶が定かではないけど、スナックなので、画面がなくて
歌詞カードを見て歌ってたんだと思う。
それで起きた奇跡。

おまえを嫁に もらう前に~♪のメロディで
あれはぁまだ 私が神様を~♪と歌ってて明らかにおかしいのに、
酔っ払ってて気づかない。
ええかっこしいが、何食わぬ顔で必死に字余りに歌詞を当てはめてるの。

笑った笑った。途中まではすごい頑張ってたんだけど
さすがにこりゃ違う!と気づいて終息。
もう、おかしくておかしくて、
私が翌日いろんな人に吹聴しまくって
後世に語り継がれるネタになりました。

しばらく、「関白宣言」も「雨やどり」も真顔で聞けなかった。
今も思い出すたびに吹き出しそうになります。

まゆぽ:
笑える笑える。
フルタさんのこと知らなくてもおかしいんだから
フルタさんの気取り屋っぷりを知ってたら
語り草になるよねえ。
何回も語って、何回も笑っちゃうね。

知らなくても笑える路線で言うと、
だいぶ前にTwitterのタイムラインに流れてきた
下のネタがわたしのツボでした(勝手に引用してごめんなさい)。

「いつだかTwitterで見かけた、お母さんが携帯を家に忘れて養豚アプリの豚が死んじゃうから電話で豚に餌あげといてってお父さんに電話して、お父さんは太り気味だった息子叩き起こしてご飯あげたって話好き」

今、コピーしても笑っちゃう。

笑いってその人その人のツボがあるから
お笑いの世界が深いんだろうね。
わたしは狙ってとる笑いが割と苦手なんだけど、
つまみちゃんが挙げてくれた2案件は素直に笑いました。

皆さまの日々にも
くっだらない笑いがいつでもありますように!

鯉と少年 橘高 和江さん

byまゆぽ&つまみ

お悩み相談から引き続き、「布イラスト」の画像は、布絵作家・佐藤知津子さんとお弟子さんの作品です。(HPはこちらです ⇒


出前チチカカ湖 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    このたんぽぽの布絵いいなあ。たんぽぽ、綿毛、青い空。とならないところが。私の心象風景のつぼにはまりました。たんぽぽが、等間隔で同じ背丈で並んでいるところも好き。人が見ていないところでも、自然のサイクルはどんどんまわってるんだなあ。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    Janeさん、ありがとうございます。
    たんぽぽ、すごくいいですよね! わたしも大好きです。

    知津子さんのご両親の遺骨が納められている
    教会の納骨堂の前に飾られているそうです。

    シンプルなのに、心に迫ってきますよね。
    Janeさんがおっしゃるように、
    この逼塞感のある日々の心象風景なのでしょうか。

  • okosama

    つまみさん、まゆぽさん、こんばんは

    近所のお店での出来事です。
    床に貼られたテープに従い、ソーシャルディスタンスを守って、ティッシュボックスをレジ台に置き、バーコードを通してもらい、テープを貼ってもらったところ、支払いをすませたばかりの前の人が、私のティッシュボックスを掴んで持って行こうとしはったんです。

    気になる事があって立ち止まっていたら、そばに箱を置かれて、買ったような気がしたんやろなとは思いますが、ソーシャルディスタンス台無し(笑笑)

  • Jane

    納骨堂。納得です…。
    散っていく人の生命も自然のサイクルなのですね。
    遠目に見たら月の満ち欠けのようにも見えました。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    okosamaさん、どんな場所、どんな状況でも笑っちゃいますねー。

    引きこもっている時だけに、
    一度笑い出してしまうと止まらない、
    しかも人に伝染します。
    間違ってティッシュ持ってちゃおうとした人も
    きっと笑い出しちゃったんでしょうねえ。

    似たようなシチュエーションで、
    「あら、申し訳ございます」と言ってしまった人のことを思い出して、
    1人でさらにウケました。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    Janeさん、深い読み!

    たんぽぽの種に亡くなった人の魂が宿って飛んでいき、
    またどこかで芽吹いてほしいという願いかも、
    と負けずに深読みしてみました。

    つまみさんもこの布絵に注目したJaneさんの慧眼に
    「さすが!」と思ったそうです。
    そして、毎回内容のくだらなさを温もりある作品ですくってくださる
    知津子さんに感謝、とのこと。
    はげどうでございます。

  • つまみ

    つまみ

    Janeさん
    今回の布絵に抱いた感想がほぼ同じで嬉しく思いました。
    そして、納骨堂に私も納得。
    心象風景って、明るかろうが、そうでなかろうが、「在る」ことが人を豊かにするのだなあとあらためて思いました。
    たとえば、逼迫したりネガティブな状況でも、それが在るのとないのでは、ダメージが違うっていうか。
    上手く言えませんけど。

    okosamaさん
    深刻だったりする状況が下駄を履かせる可笑しさもありますよね。
    昔、オスマン・サンコが、葬儀の焼香に行って、作法がわからないので前の人のマネをして抹香を食べたって話も笑っちゃった。

    まゆぽさん
    「はげどうでございます。」ってなに?

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    激しく同意  でございます(汗)。

  • ぬのえ

    janeさんありがとうございます。

    まゆぽさんつまみさんも加わってとてもレベルの高いコメント、面映ゆいです。

    20年くらい前の作品、その時の感情がどうであったか分かりませんが、心象風景でない作品はないですよね。
    納骨堂ができたのは5年前、絵を掛けたのは1年前。制作した時には思いもよらないことですた。
    作品の題名は「風はどこから」聖書の中に出てくる「風はどこから吹いてきてどこへいくのか誰も知らない」からとりました。

    今回。この絵を選んだのはまゆぽさんのコメントにある「日々の閉塞感」かもしれません。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    ぬのえさん、きた〜!

    作った方から作品の背景や思いを聞けて
    とてもうれしいです。

    コメントくださったぬのえさん、
    きっかけを作ってくださったJaneさんに感謝感謝。

  • つまみ

    つまみ

    ぬのえさ~ん、こんにちは。
    いつもいつもありがとうございます。

    ぬのえさんとお仲間たちの布絵を差し挟んでもらえる、と思うと、どんなことを書いても、ギリギリ下品にならないような安心感があって、伸び伸びとした気持ちで、まゆぽさんとのやりとりができます。
    本当に感謝しております。

    「心象風景でない作品はない」、確かにそうだなあとあらためて思いました。
    文章もそうですね。
    どんなことを書いても、心象風景はにじみ出るような気がします。
    にじみ出ないような文章はつまらない、とも思います。
    今の心象風景を反映した作品を、未来の自分が振り返ることができるのであれば、たとえ閉塞感がいっぱいでも、そこにかすかでも希望が描きたいです。
    そして、頑張った自分や世界を讃えたい…なんちって。

  • Jane

    ぬのえさん

    そうですか、たんぽぽに注目しがちですが、題名は「風はどこから」なのですね。目には見えないけれど、綿毛を飛ばしているのはたんぽぽというより風ですよね。深いなあ。

    綿毛の傘部分が主に分けて二種類の形があったり、右から3番目のたんぽぽの綿毛部分が、丸いレースがめくれた下から個々の綿毛が見えているところ、右から4番目のたんぽぽの茎の白い線などの細かいところも、地面に蠢くちょっとおどろおどろしい(私がそう感じるだけかもしれませんが)水玉模様も好きです。

    素敵な作品を見せていただいてありがとうございました。

  • 爽子

    爽子

    こんばんは〜。
    記事もコメントもめっちゃ面白かった〜。
    たんぽぽの綿毛が飛ぶところ、いつも、絵手紙に描いてみたいな、、と思っています。

    聖書の言葉も、いいですねえ。
    じんわりと。

  • つまみ

    つまみ

    爽子さん、こんばんは。
    本当に、このたんぽぽの布絵にまつわるコメント、心に沁みますよねえ。
    時期もあるかもしれまんが、まるで、美術館に行って、最初はふつうに作品だけ見て、その後、音声ガイドでその作品の解説を聞いたら、作品が前と違って感じられる、みたいな。
    あ、ヘンな文章になっちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

ザッツ・エンタテインメント

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

絶対女王

猫No.82  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

絶対女王

猫No.82  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up