10月23日はカレー記念日

カレー記念日

冬服を 取り出しサイズで 選り分ける

10月23日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第52回 姉弟モノについて考える、の巻

 

片桐はいりと向井理の『小野寺の弟・小野寺の姉』という映画が公開されています。

日本映画専門チャンネルでは先般、市川崑監督が岸恵子・川口浩で撮った『おとうと』が吉永小百合のセレクトで放映されました。

d0117645_16402679
その吉永小百合も数年前、弟役は笑福亭鶴瓶で、山田洋次監督の『おとうと』という映画に出ています。

 

兄弟(兄弟、姉妹、兄妹、姉弟)がモチーフのフィクションは数あれど、その中でも姉弟モノが多い、目立つ、気がするのは私だけでしょうか。

もっと言うなら、上述の『おとうと』や『山椒大夫』に代表されるように、昭和までの姉弟モノは、ある程度定まった悲劇性がお約束だったような。
「弟のために自分を犠牲にする姉」的構図がデフォルトっていうか。

 

不幸な星の下に生まれた、賢くて我慢強くてわりかし美しい姉が、気丈に弟や家族のために頑張る。
そのことを誰よりも知っているのに上手く姉を援護できない・・どころか、姉に心配や迷惑をかけ、それで劣等感を抱き、時に自堕落にもなる弟。
みたいな。
『巨人の星』の明子と飛雄馬もちょっとその流れを汲んでますよね。

明子姉ちゃん

兄弟や姉妹や兄妹だと、もうちょっと雛型にもバリエーションがある感じなのに、姉弟にはこの構図が揺るぎなくそびえ立っている感じでした。

 

 しかし、年号が変わり、それも変化してきました。

そのことをまず顕著に感じたのは、1994年から読売新聞日曜版で始まった漫画『あたしンち』です。

 

舞台は、立花さんという、父・母・姉(高校生のみかん)・弟(中学生のユズヒコ)で構成されている一家で、当初は、母親のキャラが前面に出ていた感じでしたが、徐々に構成員それぞれのエピソードも取り上げられるようになりました。私はみかん&ユズのファンでした。

img_0

いいんだよなあ、この姉弟。
姉弟愛なんて微塵も出さないところが。

だいたい、十代ぐらいまでの異性兄弟・・兄妹・姉弟の日常に、表立った好意などほぼ存在しないんじゃないでしょうかね。
私は兄持ちですが、子どものときは邪魔でしかなかったし、向こうもそう思っていたと断言してもいいです。
夫も、子どもの頃は姉がうっとうしかった、と言っています。
・・サンプル、少な過ぎか!?

 

みかん&ユズがらみでいっとう好きなエピソードは、ユズが友達に「姉ちゃんがいてうらやましい」と言われて心底驚くところ。
思春期の中坊にとって、家庭内に妙齢(高校生)の女子がいるというのは羨望だったりするらしい。

しかしユズに役得感(?)はまるでない。
それを表現するために、彼は友達にこう言うのです。

「ブスだし屁はくせーしハナクソほじってしかもそれを食うんだぜ!」

私はこの誇張っぷりが健全に思え、心洗われました。
よし!それでこそ十代の姉弟だ!と。

 

 

そして時は流れ、『小野寺の弟・小野寺の姉』です。
姉弟の年齢はグンと上がります。

20140910-00000006-wordleaf-0280401d888d5678feceb0f1558ed22fd (1)

映画は見ていませんが、数年前、小説は読みました。
読直後、備忘録に書いた感想の一部をここに貼ります。

 ☆☆☆

西田征史『小野寺の弟・小野寺の姉』を読む。
最近、姉弟の話づいてる。
益田ミリ『僕の姉ちゃん』とか、よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』とか。
このふたつはマンガだし、人物設定の柱以外、特に似てる話ではないのだけれど、私にとって『小野寺の・・』を含むこの3作は妙に「同じ」印象。
それだけ、自分にとって姉弟モノは他とは違う、際立つ色で感じられるジャンルなのか?とも思ったが、よくよく考えるとそうじゃない気がする。
実際、この3作は似てるんじゃないか。

特にこの『小野寺・・』と『僕の姉ちゃん』はよく似てる。
すごくベタで表層的に言えば、「家の中では強気でけっこう毒舌で弟をこき使い振り回す姉。そして、いまどきの言葉だと『草食系』で、思ったことの半分も口にせず、時々文句は言いながらも基本的には姉に従順というポジションに甘んじている弟」だろうか。
表層的とは断ったが、この2作のファンがこの文章を読んだら「うわっつらで括るにも程がある!」と怒られそうだ。

『僕の姉ちゃん』は、シニカルで的確な視点と分析、それを社会ではなく家の中で表現する様子(態度、言葉の選び方、相手が弟だという安心感)がリアル過ぎる姉と、それを絶妙に聞き流し、躱す、善良であたかも全女子(!)の緩衝材的理想の弟、が魅力のマンガだと思ったが、『小野寺・・』は、それにもうちょっと加湿器をあてた感じ、のような。
湿度が違うだけで、もともとは同じ素材、という感じ。

『小野寺・・』は、全ては語られないものの、二人で暮らしてきた歴史とか、双方の双方に対する思い(やり)とか、お互いの仕事や異性のことも組み込み、『僕の姉ちゃん』より社会性と叙情性を加味したことで、終盤はグッとくる話になっている。

 ☆☆☆

a0070_000098

やっぱり、時代と共に姉弟モノは変わってきたのだなあと思いつつ、一方で、もしかしたらそうでもなくて、「姉が弟に関与し過ぎる」のは意外と不動なのかも、と思ったり。

 

今後の姉弟モノの新機軸に期待しようっと。

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」< 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    ちゅらさんの山田孝之はかわいい弟だった。
    あんな迫力ある俳優に成長するとはあの頃は思わなかったな~。

    私は二人姉妹の姉なのですが、友人に弟のいる子が多くて
    何か楽しそうでうらやましかったです。
    かわいい弟をいじりたい女性は多いのではないでしょうか。

  • つまみ

    つまみ Post author

    naoさん、コメントありがとうございます!!

    そうでしたか。
    ちゅらさんの弟は山田孝之だったのですか。
    残念ながら見ていませんが、山田孝之のイメージ、確かにどんどん変わってますよねえ。
    一時期、よく再放送されていた「ランチの女王」の頃と今は別人ですね。
    変貌っぷりでいうと、柳楽優弥と双璧をなすような。
    彼も、YOUとダイハツミラのCMに出ていた人と同一人物とは思えません。

    ああ、naoさんは妹さんがいらっしゃるのですか。
    私は姉妹にあこがれました。
    「かわいい弟をいじりたい」は、私の場合、とにかく「かわいい」が大前提かも(^^;

  • ハラミ

    ハラミ

    今頃、失礼します〜。
    『あたしンち』が好きで、コミックスを買って楽しんでいます。
    (ここ2巻ほど買い忘れてました…)
    ほんとうに姉弟愛とか出さないさっぱりした姉弟関係いいですよね〜。

    みかん&ゆずの学校での友人や恋愛関係(?)がけっこう好きです。
    連載も終了してコミックスも最終巻20巻が出たそうで、また読みたくなりました!

  • つまみ

    つまみ Post author

    ハラミさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます(*^_^*)

    そうなんです、姉弟愛などを出さないところがいいんです。
    そうそう、友達もいい味出してましたよねえ。

    私も読みたくなってきました(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

天地無用

猫No.neko93  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天地無用

猫No.neko93  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up