3月26日はカレー記念日

カレー記念日

苦手なもの 記念日 サプライズ 贈答品

3月26日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.20 2019年は、あることないこと、書くぞ!?

この年末年始は、NHK新大河ドラマ「いだてん」の煽り番組の多さに驚いた。あんまりすごいので、若々しくていなせという自分の中の従来の韋駄天のイメージに、「しつこい」「辟易」「膨満感」という意味が加わりそうだ、加わらないけど。

あられない、まさに関わる人総動員の「いだてん」の番宣攻勢を見ていたら、それに比べて小説はなんて個人的な表現媒体なのだろうと思った。

ほとんど、ひとりの人間によって書かれ、よほどのことがない限り、大々的に宣伝されることはなく、たとえベストセラーになって何百万人に読まれようが、その堪能過程(?)が他者と共有されることはまずない。自分で進まなければ前に行かないし、リタイアしたって誰も文句は言わない。難解な小説を読んでいるときにイチバンしっくりする漢字二文字は「苦行」だったりする…。

苦行ならやめればいいのだが、誰も強要していないのに、意地になって読んだりもする。「こっちの水は甘いぞ」とばかりに、気軽に謳歌できる世界が手招きするけれど、かたくなに行かない。今は、難解だったり屈折していたり枝葉が拡がり過ぎてとっちらかっているけれど、ここを抜けたら、ご褒美のように素晴らしい世界がワタシを待っているに違いない!途中で挫折しなくて良かった、この本を知らずに命を終わらせずに良かった、と思うぐらいの境地に到達できるはず、と。
私、バカなの?

いくら、信頼できる人が褒めている小説だろうが、書き手に実績(あくまでも自分にとって)があろうが、今読んでいるモノが「当たり」である確証なんてないのに、ここまで期待値を上げて、苦行をも背負い込もうとするのも本当にどうかと思うのだけれど、ついつい賭けに出ちゃうんだよね(苦笑)。

なんだかんだ言って、読書が習慣化している人間って、マゾで、懲りなくて、打率の決して良くない快感をいつまでも忘れられない、竹を割ったような…とは逆の、餅をついたような性格の人間が多いのかもしれない。

そんなわけで、餅つき体質(たぶん)の月亭つまみが得手勝手に本についてのあれこれをこねまくる【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】を今年もよろしくお願いいたします。

現在、私は、長年の敬愛作家である飯嶋和一さんの『星夜航行』を読んでいるのだが、読み始めたのは昨年の11月である。上下巻とはいえ、かかり過ぎるだろ!だが、こうも時間を費やすと、もはや、この本を開くことが就寝前15~30分の習慣になり、もうすぐ終わることが淋しいというか、心細い感じすらする。

日本史全般に疎く、戦国時代や安土桃山もその例外ではない自分なので、豊臣秀吉や徳川家康、徳川信康、小西行長、加藤清正、菜屋助左衛門(呂宋助左衛門)などなども、授業や活字などではなく大河ドラマで知った気になっている程度だが、その、ドラマでその役を演じた俳優の立ち姿、うろ覚えのセリフで断片的にしかイメージできなかった今までの自分の戦国時代史(豊臣秀吉は緒形拳、石田三成は近藤正臣、織田信長は高橋幸治、徳川家康は児玉清をまずイメージするという、バリバリ『黄金の日日』世代である)が、『星夜航行』という膨大な活字の羅列によって、一気にいろいろな箇所がつながり、人と時世が奥行きを持ち、ありありとした形で書き換えられるとあらば、2ヶ月という時間は、決して長くないような気もするし、同時に、人海戦術の集大成とも言える大河ドラマに、個人的な作業の帰結が形になった小説はなんら劣ることがないな、などと、ハナっから比べるモノじゃないとはわかっていながら、つい思ったりしてしまう。

特に、この小説のメインとも言える、秀吉がらみの、バテレン禁止令、朝鮮出兵は、描写が克明過ぎて、時々「なにもそこまで!」と思いつつも、これこそが「いだてん」番宣とは違う意味での「しつこい」「辟易「膨満感」という飯嶋小説の飯嶋小説たるゆえんなので(書いてることがかなり意味不明だ)、堪能しなきゃ損損、とも思うわけである。


活字なんて、羅列しているうちに、一人歩きして、書き手も思ってもいなかったような世界が出没して、勝手なことを表現し出してナンボだとも思うわけである。ま、飯嶋さんは違うだろうけど、もしかしたら飯嶋さんもそうかも、と思う方がなんか楽しい。

というわけで、私は今年も、本について、あることないこと、書かせていただきたいと気持ちを新たにした年の始めです。あ…ないことがメインっていうのも楽しいかもしれないな。

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    つまみさん、今年もよろしくお願いします。

    見た見た!いだてんの番宣。あれこそ「何もそこまで!」でしたね(笑)
    やはり『星夜航行』素晴らしいですか!
    上下巻買って置いてあるのに、まだ読んでないという…。そうか、1日15分でもチリツモで読めますね。
    体力と睡眠時間を渇望する新年です。

  • はしーば

    あけましておめでとうございます。

    餅つき体質、ここにも一名おります。

    飯嶋和一さんの本は、「神無き月十番目の夜」がお初でしたが、自分が物語の中に入り込んでしまったような錯覚にぐらんぐらんに酔いました。
    今でもクライマックスのシーンは、この目で見てきたかのように思い浮かびます。

    今年もつまみさんセレクションを楽しみにしていまーす。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、今年もよろしくお願いいたします!

    いだてん、本当に食する前から膨満感でした。
    一応、録画したのですが、まだ見ていません。

    『星夜航行』、緻密さがデフォルトになって、正直、中盤は「なっげえなあ」と中だるみもしたのですが、終盤の現在、またググッと心を鷲掴みにされています。
    私は昔から本を読むのが遅いのですが、最近ますます、なので、okosamaさんはそんなにかからないのではないかと思います。

    ホント、人生の後半は体力と睡眠時間ありき、ですね。
    それがあれば、やっていける気がします。

  • つまみ

    つまみ Post author

    はしーばさん、今年もよろしくお願いします!!

    おおっ!餅つき体質仲間(^O^)

    そうですそうなんです。
    私も、インパクトがいちばんあったのは『神無き月十番目の夜』です。
    あの小説は凄かった!
    血なまぐさいにおいがしてきそうな描写の連続で、私もぐらんぐらんきたことを覚えています。
    人に薦めるときも「とにかく血なまぐさいから読んで」とか言ってましたが、それじゃあそそられませんよねえ。

    はしーばさんのオススメ本も、いろいろ教えていただきたいです。

  • 匿名

    つまみさん

    明けましておめでとうございます。
    飯嶋和一さん、初めて知りました。また探して読んでみます♪
    読書が習慣の人はマゾってわかるような(;´Д`)
    いま、小野不由美「屍鬼」読んでるのですが、ハードカバー上下巻借りたら、まさかの一ページ二段構えの重量に耐えかね、結局全五巻の文庫本借りなおしてるという間抜けな私です・・・。こんなに長くて怖いものをどうして自分は読んでるのかと思います。


  • 凜です。すみません、名前書き忘れてました。

  • つまみ

    つまみ Post author

    凛さん、明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

    飯嶋和一さん、マゾ心をくすぐる作家だと思います(^^;)

    『屍鬼』、うわあ、なつかしいです。
    これと、篠田節子の『神鳥』、坂東眞砂子の『死国』、たぶん全部1990年代だと思うのですが、どれも怖かったです。
    『屍鬼』を読んだ頃は、看護学校の司書をしていたこともあって、全身性エリテマトーデスという病気について調べたりしました。

    どうしてこんな本を必死に読んでるんだろ自分、と思うこと、「あるある!」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも妹と。#2

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

今週の「どうする?Over40」

ガーデン病院(仮名)で国際化と高齢化に遭遇。多様性は、いまここに。

昭和乙女研究所

東京見物

カレー記念日 今週のおかわり!

さまざまの事思ひ出す桜かな

ワクワクしたら着てみよう

ヒグチユウコ展 Circusへ行きました♡

いどばた。

古びたものを交換した話をしませんか。

なんかすごい。

3月に思うこと

50代、男のメガネは

アリバイ横丁でアリバイを考える。

これ、買った!

素敵ファッション本買った

OIRAKUのアニメ

第13回 THUNDERBIRDS ARE GO

黒ヤギ通信

リョーコさんとお孫ちゃんたち①

日々是LOVE古着

モリハナエって?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

花粉症が治ったはなし

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.22 脳福(造語)について

わたしをライブに連れてって♪

忘れちゃうひととき

これ、入るかしら?

vol.57 たまには試着しないと

フォルモサで介護

お通じ

あの頃、アーカイブ

【エピソード30】キクコさんの人生に寄り添う万年筆。

絵手紙オーライ!

木蓮を見上げて

お悩み相談!出前チチカカ湖

【FileNO.36】どの人にどの話をしたか覚えられません。

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

暗闇凝視

猫No.15  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

暗闇凝視

猫No.15  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up