9月23日はカレー記念日

カレー記念日

読み切れない 車内ニュースが すぐ次へ

9月23日はカレー記念日

れみまる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第11回 今は 心にあの人が

見るからに頭が良くて、はしゃがずうろたえず口から泡など飛ばさず、その場の雰囲気に呑まれず、でも空気は乱さず、情緒が安定していて、多くを語らず、とはいえ言うべきことは言い、聞き上手で、節度もセンスも洗練も先見の明もあるのに謙虚で、あてこすらずやっかまず、批判されても平常心で、常にマイペースに見える人が…

苦手だ。

なぜなら、自分が、見るからにうすらぼんやりしていて、はしゃぎうろたえ口から泡を飛ばすほど興奮しがちで、その場の雰囲気に弱く、情緒は乱気流で、しばしば盛り気味に話し、でも言うべきことは言えず、興味がない話は聞いていないのがすぐにばれ、節度もセンスも洗練も先見の明もないのに傲慢で、あてこするわやっかむわで、批判されようものなら大騒ぎし、常に人のペースに左右されているからである。

ブレないポリシー(らしきもの)を持ち、どんな苦境に立たされても前向きなことを言ったり書いたりする聖人君子のような人を見かけると、反省する以前に、「嘘くさい」「そんなわけないだろ」と思う私は、間違いなく心が汚れている。

さらに言えば「こういう、陽の当たる場所が正しい場所だと信じて疑わない人たちが、自分のような日陰者(死語?)を生きづらく、息苦しくするのだ」とさえ思う。ホント、やなヤツだな、私。

やなヤツ道まっしぐらでさらにさらに開き直ると、意見の違う他者を「人それぞれだから」と一見尊重するように扱う人はたいてい冷酷無比だと思う。いや、冷酷無比でいいのだ。「何言ってんだ?こいつ」と思う相手にいちいち取り合わないのは、不愉快を回避し、ムダに人生を錯綜させないための最良の方法だと思うから。

でも、「人それぞれだから」と「バカをいちいち相手にしてられっかよ…知らんがな」はほぼ異音同義語なのに(極論!)、前者は人間ができて見え、後者は器量が狭いととられる。両者に違いがあるとしたら、冷酷さや無関心すら自己プロデュースにスライドさせる狡猾な能力があるか否かじゃないか。われながら本当に極論だけど。

世の中の、正しくないことやネガティブな物言いへの不寛容さが度を越している気がする。息苦しい。同時に、不寛容以前の「興味なし!」なのに、寛容を装う人も増殖中のように思う。

何かっていうと、謝罪会見とか降板とか謹慎…などという十三階段に人(や企業)を追いやる「民意」という圧力と、意見が違うと見るや、突如、脳内に設置した幻想のハシゴを上り、高みの見物のように達観をきどるのって、真逆ではなく、同類だと思ってしまう。自分を安全な場所に置いているという意味で。

自分の考えを述べる、何かを表現する…は当然として、ある種の空気感に加担することも、人を傷つけることはもちろん、自分が傷つくことをも覚悟してやるべきことだと思うのだ。

自分にできているかはどうかは別として、この3月に発売されたMOOK『いつも心に樹木希林』を読んだ今、なぜかそんなことを思って暮らしている。

真面目かっ。

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    ここ『こういう、陽の当たる場所が正しい場所だと信じて疑わない人たちが、自分のような日陰者(死語?)を生きづらく、息苦しくするのだ』、やっかみ道ここに極まれり!笑
    樹木希林本、あまりに話題になっているので敬遠していましたが、読んでみようと思います。あっ!まんまとおススメに乗ってしまった!

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん!
    介護という、正誤の概念を語ることすら笑止千万な場所でアップアップしとりますよぉ。
    介護が手ごわいのは、やっかみ道が発動しづらい、ある種の「明解な正誤論」で回っている世界だからかも。
    介護者が下した決断を、周囲がどんなに肯定し、そもそも介護者に選択の余地がなかったとしても、その決断に誰よりも「正誤論」を当てはめてしまうのは、介護者自身なんですねえ。
    たとえ、常日頃、「正しい場所なんてくそくらえ」とか言ってる輩でも(^^;)

    あ、つい、いただいたコメントとは関係ないようなことを長々書いてしまいました。

    樹木希林本、いっぱい出てますね。
    ご本人はさぞや不本意かと。

  • okosama

    ある種の「明解な正誤論」、分かります!思うところは色々お有りだとお察しいたしますが、まずはご自分の健康第一に!

    私ごとですが、母の介護は後手後手に回ったので、88才の義母の介護は、近くにいる私の判断で、先手先手を取っています。しかし、義母は、まだそこまで人の世話になるほどではないと思っている節が…。食器棚に洗ってない食器がしまわれてますよ、お義母さん。

  • アメちゃん

    ああ、樹木希林のムック本。
    先日、以前勤めてた会社の社長から
    「ハイ。これあげる」って頂きましたー。
    あーー樹木希林、あまり好きじゃないんだよなーって思いながら
    とりあえず、大好きな市原悦子さんとの対談と
    最後の方のエッセイ(タロット占いの話)をちょっと読んで
    「女のライセンス」という題のエッセイで
    「子供を産んだことのない女ってのは・・・」
    って行で、ぱたりと本を閉じましたよ。

    私は、努力して頑張ることが正しいと信じてる人がニガテかなぁ。
    自分自身が頑張って努力して、目標を達成してきたのを認めすぎるあまり
    そうじゃない人、頑張らない(頑張れない)人やノンビリ生きてる人を
    「努力が足らない。頑張るべき。」と言うのはね、ちがうよなぁって。
    頑張ることが正しいと思われる社会も、息苦しいですよね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、さぞや的確な先手必勝作戦を遂行なさっているのだろうなあ。

    私は、実母の介護(とは言えない闘病中の付き添いと、それ以前の独居生活に対する自分の冷淡さ)に後悔しかないです。
    だから義母は…ということではないのですが、70代で死んだ母親がもう20年生きていたら、こんなもんじゃなかっただろうなという視点でたまに義母を見ることがあって、自分で「だからなんだ?」と突っ込んだりしております。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。

    そのエッセイ!私もその一行に「えっ!」と思ったひとりですが、続きを読んだらなんだか妙に納得してしまいました。
    自分が正しいことをしてるとも言ってるとも思っていない、という前提で読むと、らしいなあと。
    加藤登紀子さんとの対談で「妊婦がふんぞり返って歩くのを見るのが大嫌いだった」と言っていたりするのも含めて(^^;)

    「努力が足りない。頑張るべき。」と強い目で言う人の前からは、そおっと、そおっと気づかれないように離れます。
    自分がその人の視界からといなくなったと見るや、ダッシュして逃げます!?

  • kokomo

    またまたつまみさんのおススメにのっかって、樹木さんのムック本を注文してしまいました。樹木さんの言葉、というよりは、橋本治さんとの対談が収録されているみたいなのでそちら狙いです。

    連休中は仕事と子供達の送迎の合間に橋本治さんと鷺沢萠さんの著作を読むことにしました。読書は全然進んでいませんが。お二人とも故人となってしまいましたね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    kokomoさん、こんばんは。

    おおっ!のっかってくださいましたか。
    いと、うれしや(^O^)

    橋本治さんとの対談、ホントに頂上決戦(なんの?)という感じがしました。

    鷺沢萠さん、若くして亡くなってしまいましたね。
    そんなにたくさんは読んでいませんが、文章も容姿も、繊細なイメージです。

    故人と個人、同じ読みなのがなんだか意味深です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

クラウド・ファンディング、おすすめ返礼品のご紹介。

カレー記念日 今週のおかわり!

上出来だ 今日もひとつは やり遂げた

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陥没現場

猫No.67  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陥没現場

猫No.67  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up