1月22日はカレー記念日

カレー記念日

断捨離の 本は増えども 物減らず

1月22日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

今年もあと残りわずかになり、言っても詮無いとは知りつつ、つい「早い!早すぎるぞ!」と天に向かって毒ついて、その唾がそのまま自分に降りかかって思いのほか濡れそぼっているつまみですが、みなさんお元気ですか。

今年最後の【月刊★切実本屋】です。最後とあらば、「2019年 印象的だった本」を何冊か発表してお茶を濁そう…と思っていたのですが(なぜ、それが「お茶を濁す」なのか自分でも不明)、ここに来て、自分的には超ド級の不思議な小説を読んでしまったもので、あっけなく宗旨変えしました。
その小説とは、原田ひ香さんの『母親ウエスタン』です。

トラックの運転手をしている健介は、妻を病で亡くします。妻との間には、小学四年生を筆頭に3人の子どもがいて、義母の協力で子どもを育てることになるのですが、義母は腰が悪い上に、健介の仕事も忙しく、彼は日々の生活に心身をすり減らしています。

そこに現れたのが広美という女。彼女は健介の行きつけの定食屋の店員ですが、恋愛などの情の探り合いも経ず、いつのまにか健介の家に入り、献身的に子どもたちの面倒を見るようになります。とまどう健介でしたが、とまどうままにその不思議な状況を受け入れ、広美が家にいることに疑問を抱かなくなった頃、彼女は前触れもなく姿を消すのです。

そのエピソードと並行してもうひとつの話が綴られます。

祐理とあおいは大学生のカップル。勉強もアルバイトもマジメな祐理でしたが、突然、学校に来なくなり、バイトを増やすようになります。不信感を抱いたあおいが聞いても理由を話そうとしない祐理。思い余ったあおいは、彼を尾行し、その謎を解明しようとします。

そんなふたつの話がどこに行くのか。

読み進むと、徐々に、どうも広美は「母親を必要としている子どもたちを積極的に探しては世話をし、しばらくすると去っていく」人間だと判明します。そう、タイトルはあの西部劇「シェーン」由来じゃない?と気づくのです。

それはわかっても、彼女の不可解な行動の理由まではなかなか明らかになりません。まるでこちらの推理の邪魔をするかのように(?)擬似母広美のエピソードが新たにどんどん積み重なり(時系列は前後する)、交錯し、少しずつ広美の人物像が浮かび上がってくる…ような、こないような…煙幕を張られた気分のまま、物語は終盤にもつれ込んで行きます。

今まで、いろんな小説を読んで、いろんな登場人物を見てきたけど、広美は変わってる。ホント、変わった人物だわ~。

中盤、主要な登場人物のひとりが広美の人柄を語ります。それで彼女のすべてが語られたとは思えないものの、そこに私は妙なリアリティを感じました。
曰く
いい加減な人だし、高尚なところもまったくないが、悪い人ではない。目の前のことしかわかろうとしないし、信じていない。たいていのことは、まあいいや、という感じに、どうでもよくなってしまう。

確かにそう。母親が必要な子どもをほおっておけず、強引に母親役を買って出、一定の期間は、実に実に献身的に子どもの世話をするのに、状況が落ち着くと急に姿を消す…その繰り返しで、彼女は20代からの20年を生きてきたのでした。

子どもたちから見れば、擬似母の広美は、それまでの絶望的な状況から救ってくれて、安定した、母親の愛情を教えてくれた人なのに、彼らが昇り始めたハシゴを突然外してもしまうわけですから、違う種類の絶望や残酷さをもたらす人物ということになります。

広美はいったい天使なのか悪魔なのか普通の人なのか…。彼女に救われ去られた子どもたちはその後、どんな風に彼女を思い出し、どんなポジションにどんな彼女の像を置いて成長するのか…。

いやはや、こんな設定の小説、いろんな意味で斬新過ぎて、得体が知れなさ過ぎて、興奮してしまう!

どうして広美が自分の意思でそんな生活を送るようになったのかが解明されるシーンはもちろんこの小説の山場ではありますが、読んでいくうちになんだか、そんなのはどうでもいいかも、と思うようになり、そんな自分がちょっと意外でした。

人がやること、そもそも生きること、に、必ずしも説得力ある理由が必要なのか、本当に理由なんてあるのか、という根本的な思いを読者(私)に抱かせる小説って、もしかしてすごくないか?という読後感にまだ浸っている現在です。

ちなみに、この小説を読むまで、原田ひ香さんのことは知らず、小説家で原田といえばマハ、と思っていましたが、これを読んで、原田といえばひ香、になってしまいました。ひ香さん、まだ読んでいない小説がいっぱいあるので嬉しい。楽しみ。

それにしても、マハにひ香、「原田」姓の小説家は名前が個性的過ぎる!

そんなこんなで、来年も【月刊★切実本屋】をよろしくお願いします。

by月亭つまみ

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    いやあ、さすがつまみさん。「ひ香」さん、一瞬「行正り香」さんと間違えてしまいましたが、存じ上げませんでした。
    さっそくポチりました。今から読むのが楽しみです。

    年末の今になってから、今年my bestと思うような書物に出会いました。濱野ちひろさんの「聖なるズー」という作品です。寝る前の読書が習慣にはなっているのですが、視力と集中力の低下を含む加齢のせいか、全然作品に集中できなかったり、途中で投げ出したりしてしまうことが増えました。でも、この作品はいやおうなしにぐいぐい引っ張りこみます。多様性ということを考えても目の前につきつけられるとうろたえてしまうようなテーマを扱っていますが、それでも読んでいくうちにかき乱され混乱する自分になぜか心地よさを感じています。

    来年も、つまみさんの紹介する本を楽しみにしています。

  • まんぷく

    はじめまして、つまみさん
    原田ひ香さんの話題でしたので、思わずコメントを書いています。
    ほとんどすべての作品を読んでいます。癖になります。

    もともと脚本家出身の方のようで、冒頭からグイっと掴んで、連れて行ってくれる感じがたまらないです。
    取り上げるテーマも荒唐無稽のようでいながら、わかるわかるというところを感じさせるのがとても面白いですね。。

    原田ひ香さんと、垣谷美雨さんの作品は、どちらも女性ではの視点で、読書メーターやブクログでも話題になりやすい女性作家さんかな。

    新刊が出たら読まずにはいられないツートップです笑。

  • つまみ

    つまみ Post author

    kokomoさん、そうそう!
    私も行正り香さんと混同して、原田り香さんかと思ってました、しばらく。
    ポチってくださったのですね。
    ひ香さんに代わって、お礼を申し上げます!?

    kokomoさんのmy best、検索したところ、なかなかハードなテーマですね。
    私も、読んでいくうちに、自分を思いがけない場所に連れて行ってくれる活字が好きなので、読んでみたいです。

    本の紹介を楽しみだとおっしゃってくださって、本当にうれしいです。
    こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします!!

  • つまみ

    つまみ Post author

    まんぷくさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    そうですかそうですか。
    原田ひ香界の先輩なのですね。
    脚本家出身の小説家は、自分が提示する世界がクリアかもしれませんね。
    それは「わかりやすい」ということとはちょっと(だいぶ?)違って、描くモノを考えていく中で、人は案外、一貫性なんてないんだよ、ということも書いていくことがリアリティで、ささいな日常や、気まぐれや、そっち行っちゃダメでしょって方に時に行ってしまうこと、も含めた、混沌としたものがクリアに書けるというか。
    わかりづらくてスミマセン。

    垣谷美雨さん、まったく存じ上げず。
    読んでみます!

    本の紹介そることの醍醐味は、こうして、倍返し(?)のように、いろいろな本を教えてもらうことなんですよねえ。

    これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

ものづくりと恋愛

ミカスの今日の料理 昨日の料理

普通の食パン: きゅうりとハムのサンドイッチ

OIRAKUのアニメ

第28回 映像研には手を出すな!

わたしをライブに連れてって♪

仕事も私も、崖っぷち,今年も面白がっちゃいましょう♪

今週の「どうする?Over40」

「おしゃれ会議室」再開!今週金曜日からスタートします。

黒ヤギ通信

ラッキーチャーム

カレー記念日 今週のおかわり!

いつのまにか 決まりが変わると なんか不安

出前チチカカ湖

第153回 引っ越しの思ひ出

なんかすごい。

正月の仕事もんだい

これ、入るかしら?

vol.65 連載7年になります

絵手紙オーライ!

あけましておめでとうございます。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.31 わたし、落ち着いて半人前なので

これ、買った!

小さな日本画買った!

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

日々是LOVE古着

ファスナー考

いどばた。

こだわりの家事について語りましょう。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

非之商品

猫No.18  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

非之商品

猫No.18  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up