12月6日はカレー記念日

カレー記念日

似たような 毎日が好き ほっといて

12月6日はカレー記念日

あまから

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.61 開き直りにも似た諦観、と二度書いてる。

今まで、本屋さんになりたい、本屋さんで働きたいと思ったことはない。本を読むのも、読みたい本が醸し出す気配も、好きだが、商品として陳列されている本の中で働くことには魅力を感じなかった。

そうカミングアウトすると、なんだか自分の底の浅さとか安っぽさを露呈させてしまう気がするが、しょうがない。所詮、自分の「本に対する思い」なんてその程度だからなあという開き直りにも似た諦観もある。

が、『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』(辻山良雄/著)を読んだら、そんな今までの気持ちが少し変わった。いや、もしかしたら、徐々に変わっていたことに気がつかなかっただけかもしれない。

東京の西、人も羨む(!)中央線の荻窪にあるTitleは稀有な本屋だ。全国には、店主の思いが詰まった個性的な本屋は数多あるだろうが、中でもTitleは特別な気がする。辻山さんの意思を反映した店のしつらえ、選書、並べ方、手入れ具合もさることながら、本に対する思いを届ける言葉を持っていて、それを的確に表現し、伝えることができることがとても大きいと思う。

Titleに行って、ああ、ここは自分にとって格別な本屋だと思った人は多いと思う。私もそうだ。いつまでも居たい、そしてまた来たいと思わせる小規模な本屋、実は私にはあまりない。一周して店の雰囲気や傾向を掴んだ気になり、安易にジャッジして出てきてしまうことも多い。小規模だからこそ、より感じる品揃えというフィルターに、圧というか、居心地の悪さを感じてしまうこともままあるのだ。

Titleはちがった。まるで、店内にある本すべてが自分を待っていてくれたような、まだこんなに読む本があると思えたことで、店に入る前より自分が豊かになったような、気がした。そして、本屋に居ながら、自分の現在の仕事場である学校図書館の棚の配置や見せ方、特集本や図書だよりやイベントについて思いを馳せたりもした。

だが、そんなスペシャルな体験も、時間が経つと印象が希薄になる。Titleは家から遠いので、出向くには東京23区を横断することになる。そしてコロナ。どうしても足は遠のき、もう何年も行っていない。そして、記憶が薄れた頃、この本を読んだ。そしてむしょうにTitleに行きたくなった。

この本は、出版社のwebサイトで掲載された文章の書籍化だ。文体はおしなべて静謐だ。読み始めた当初は、実際に店で辻山さんを見たときに感じた「平常心オーラが強過ぎて、逆にこっちが平常心でいられない」という印象を思い出したが、読むほどに、フラットさに隠れていた文章の瑞々しさが心地よくなった。そして、一見変わり映えのしない日常を流すことなく地道に続け、平易な言葉を誠実に紡ぐことでしか行き着かない唯一無二の場所があるのかもしれないと思った。

本に対する思い、両親の闘病と死、顧客のエピソード、東日本大震災の被災地でのこと…どの文章も心に沁みたが、「わたしにはなにもないから」という章が特に心に残った。

自分の作った本を置いてほしいとやってきた女性に、作品の足りなさを感じて断る、その言葉のなんと的確で、ゆえに残酷なことか。そんな言葉を発しつつも、断った相手から表題の言葉を返されて胸にこたえた辻山さんは、章の最後をこう締めくくっている。

【自分には何もないと思う人生は、リアルな苦労を抱える人生よりも軽いのだろうか。(中略)なにもない自分を見続けた先には、何か待っているものがあるのだろうか。それがわからなくてもわたしたち後ろめたきものは、知りぬいている退屈な自分とともに今日も生きていくしかない。】

世界がコロナ禍と称される状況になって以降の、小売店店主としての苦悩や逡巡、その中にも希望の光を感じること、なども率直に記されている。同じくコロナに言及したエッセイで最近読んだ、文筆業界隈の女性数人による往復書簡の中の、コロナ禍の日々での内省的文章より百倍よかった…って、どさくさに紛れてディスってしまったので、ちょっと薄い字にしてみた。

でも「信じて疑わなかった日常から突然切り離されてしまった」とか言われてもなあ。凡庸過ぎるにも程がある。少なくても、非常事態宣言明け直後から電車に乗って人との接触の多い仕事に行くという「日常」を再開した自分や家族には響かないぞ。もっといえば、自己憐憫に浸ってもいいが(当初はみんなそうだったし)、そこに、不安と恐怖を覚えつつ使命感を持って各方面の現場の最前線で働いている(現在も過去形ではないのがツライ)人々に心を寄せる何かが少しでも感じられればまだしも、とも思った。

そんな風に思ってしまう自分はつくづく現場至上主義なのだなあと、これまた、開き直りにも似た諦観を抱いている2022年中秋の名月イブイブだ。

by月亭つまみ


Amazon

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

ユニクロでダッフルコートを買い、「老女学生風」をめざす。

黒ヤギ通信

メラビアンの法則②

カレー記念日 今週のおかわり!

年末も めりはりなしで 平常で

絵手紙オーライ!

花かんざし 「まねき」

50代、男のメガネは

出町柳、ふたばの豆餅。

OIRAKUのアニメ

第76回 ONI~神々山のおなり

ミカスの今日の料理 昨日の料理

小心者の想像力:フェンネルのペースト

昭和乙女研究所

「ダリヤ アコちゃんおしゃれセット」の取材がありました

出前チチカカ湖

第185回 使わないもの・使えないもの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

おすすめネイルとダウンコートは必要か問題

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第50回 なぜ姉妹を持つ友人が多いのか問題に対する浅い考察

かわいいちゃん

冬支度

山あり谷あり再婚ライフ

片付けるって難しい

なんかすごい。

シルバーさんの庭仕事

いどばた。

この冬の乾燥にはコレダ!

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

合点承知

猫No.5  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

合点承知

猫No.5  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up