2月9日はカレー記念日

カレー記念日

ひっそりと ガードルというのを 処分する

2月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.63 Lilyの好きな花はラナンキュラス

前回の【月刊★切実本屋】からひと月。ひと月前に取り上げたのは津原泰水だが、記事を書いた直後に彼の「幽明志怪シリーズ」を知り、現在ハマりかけている。

宮部みゆきセンセの「杉村三郎シリーズ」の中で未読だった『希望荘』『昨日がなければ明日はない』を立て続けに読み、どっと疲れたのもこのひと月以内のことだ。

そして、最近好きになってきていた柚木麻子『踊る彼女のシルエット』をほくほくして読んだら、今ひとつだったのが先週。

ひと月足らずでも、事程左様に読書界隈はいろいろある。人生、そう簡単には飽きさせてくれないものよ…とここには書いておこう。

今回取り上げるのも、そんなひと月の間に手に取った本だ。『Lilyー日々のカケラー』。著者は言わずと知れた石田ゆり子サマである。

石田ゆり子、通称Lily(って妹だけがそう呼んでいるらしいが)のことをあらためて意識したのは、今から10年ぐらい前に読んだ小林聡美対談集『散歩』だ。もちろん、その前からLilyのことは知っていたし、当時は「奇跡のアラフォー」と呼ばれていたから、今よりエイジング関係(アンチエイジング関係ではなく)に興味を持っていた私にとっても、Lilyの醸し出す…もっとしゃらくさく言うなら、纏う空気は気にならないこともなかった。

でも、所詮その程度だ。芸能人だし、そりゃあ商売道具であるビジュアルの手入れは怠らないのがプロってものだろう、しかも俳優はオファーがあってなんぼ、いかに好感を持ってもらえるかが勝負でもあり、そのためには自然体(「その言葉がいかに不自然か問題」はさておき)に見えることはかなり重要なんだろうなあとゆるく思っていた。

ただ、彼女がミューズ扱いされることで、「このはしご、もしかしたら私も上れるんじゃ?」と彼女と同世代の一般ぴーぽーを勘違いさせるとしたら罪つくりだったりするかもなあ、向こうは一般人じゃないしさあ、でもそれも含めてイメージ産業ってことなのかもねえと、Lilyを軸に、世の中をシニカルに見ていたところも多分にあった気がする。

『散歩』のLilyは、そういう意味ではイメージ産業革命だった。終始、オタオタ、おろおろしていたから。それまでの「King of ふわっとした自然体風」ではなかった。

手元に今はその本がないのであいまいにしか語れないが、その回のメインテーマは犬や猫と暮らすことだった。どうやらLilyはその生活に疲弊気味で、そういう自分に罪悪感を抱えている感じだった。好きで、それなりの使命感を覚え自分で選んだのに情けない、という気持ちを隠そうとはしていなかった。

相手が、小林聡美だというのも理由だったかもしれない。ふたりの力関係や立ち位置はわからないが、小林聡美が相手だからこそ、そういう自分を忌憚なく見せられたのかもしれない。もしくは、いつでも泰然自若としている「自然体界の本物」の聡美さんの前で馬脚を露すくらいなら、最初から白旗を上げて、腹を見せた方がいいと思ったのかも。幻冬舎の本だからなにもかもが出来レース?そんななにもかもがそもそも邪推?

いずれにしても、それまでのLily観がこの本で変わったのは事実だ。以来、彼女が「逃げ恥」でどんなにもてはやされそうが、奇跡のアラフォーが奇跡の50代にランクアップ(?)されようが、ああ見えて彼女は保護犬保護猫活動に熱心で…と信念のヒト扱いされようが、なんなら「意外とちゃんと加齢してる」と同性から指摘されようが、イメージ産業というベールの向こうの生身の人間のあがきのようなものを見せてくれたという一点突破で、私は彼女に多少好感を抱くようになったらしい。さすがに身近な存在とまでは思えなくても、だからといってカスミを食って生きてるわけじゃないなと。

Lily ー日々のカケラー』はせめぎ合った本だ。イメージを大事にしたい周囲と、それを打破したい本人の折衝案っぽい。当然ながら、打破だけでなくイメージを保持し続けたい部分もあるよという本人の意思も見え隠れするので、せめぎ合いは複雑だ。

そんなわけで、従来のイメージに沿った写真と、それを否定したがる文章の二律背反になっている。でも、それがむしろ面白い。その迷いを隠さなかったところこそ、Lilyの面目躍如なのかもしれない。正直でありたいと思う人なのだということは強く伝わってきた。

ただし、本が好き、文章を書くのが大好きと表明しているわりに、この本の彼女の文章は物足りない。ほどほどに的を射た表現はしているけれど、深く掘り下げられていないので、その人ならではの「ならでは感」が伝わってこないのだ。もしかしたら、そんな風にもやもやした気分になるファン(あたしかっ?!)がいることも想定済みの、次に文章主体の本を出すことに繋げた、高度な戦略のフォトエッセイなのだろうか。うがち過ぎ?

挿入されているイラストが可愛くて好みだと思ったら、本人が描いているようだ。写真に添えられた手書きコメントの文字も、達筆過ぎずちょうどいい。添付の愛犬愛猫のシールも愛らしさが絶妙なセレクトなのでもったいなくて貼れないような気がするし、実は、「社会の子どもを育てる」という文言に膝を打った。

やっぱりLilyは盤石かもなあ。ちぇっ!

by 月亭つまみ


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.66 すぐそこにあった「エモい」

50代、男のメガネは

漫画を読み飛ばせ!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

思い出:カネロニ

OIRAKUのアニメ

第81回 金の国 水の国

今週の「どうする?Over40」

あなたの「10年前の自分に言いたいこと」を教えてください。

黒ヤギ通信

歓喜の歌 第0楽章 きっかけ

カレー記念日 今週のおかわり!

いつの間に 仕込んでたのか カレーのモト

出前チチカカ湖

第187回 十といえば?

絵手紙オーライ!

ひさごのちいさな贈り物

昭和乙女研究所

昭和のレコード

かわいいちゃん

バリアフリー

山あり谷あり再婚ライフ

同感したり、されたりで心が軽くなる時

なんかすごい。

時間は待ってくれない

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

いどばた。

今年のクリスマス、なんかします?

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

箱入息子

猫No.neko100  by megu

猫大表示&投稿詳細はこちら!

箱入息子

猫No.neko100  by megu

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up