11月13日はカレー記念日

カレー記念日

失敗を したくはないが せなわからん

11月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

いろんな言葉

<いろんなことば>「喪服どうなさる? 持ってく?」

 

喪服1

Illustrated by 中島慶子

 

「ちょっと兄さん、喪服どうなさる? 持ってく?」

「うむ、持ってったほうがいいかもわからんな」

「そうね、持っていきましょうよ。
 持ってって役に立たなきゃ、こんな結構なことないんだもの」

 

映画『東京物語』より

 

母親の危篤の知らせに、アラフォー長女の杉村春子がシャラリと言う。
小津安二郎の『東京物語』は、
10代で観ると香川京子、20代なら原節子に感情移入し、
ドライな杉村にはたいてい嫌悪感を覚えるものです。
けれども当時、母の住む尾道までは16時間半の旅。
そりゃあ持って行くでしょうよ、と40代の私は思いましたよ。
情がないわけではないけれど、合理性がサッパリと上回る、
人生の経験値があがるというのは、そういうことだと。

                                 by Comet

 

 

スポンサーリンク


いろんな言葉 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • taketsuma

    この映画、見ていないですが、この感覚解ります。
    これが「嫁」となると、更にサッパリしたもんで、葬儀後の義家族の決め事も、
    「もっと将来を見て決めた方がいいんじゃね?」って思うんですよね。
    口には出さずに傍観してるけど。
    この場合「経験値」ではなく、「距離感」かな(^^;)

  • あ き ら

    嗚呼、杉村春子。 そりゃあ持って行きますよ。人生とはそういうもんでしょ、と思います。
    リメイクは観てませんが、そう言うセリフこそがあの映画のよさですよね。
    そこのところ切り取って読ませて下さって、ありがとうございます。

    この前、いろいろ逡巡しながら十何年ぶりに黒いスーツを買い直しました。
    分割払いです(苦笑)。 みなさんはどうなさってるのかな?

  • wasuregusa

    そうですか。
    あの映画の杉村春子は40代(設定)でしたか。。。
    それにしても、うーむ。悩ましい。。。
    杉村春子の紬のような、シャラリ サッパリ がなかなか身につきません。
    アタマの半分は合理性を支持しながら、もう半分がその合理性の足を引っ張る予感満々です。「言霊」じゃないけれど、自分の行動が未定のことを規定にしてしまいそうな憂いに縛られて、飛行機や新幹線の時間ギリギリ迷い倒す自分が目に浮かびます。「持っていく」or「おいていく」、決めるべきはそれだけなのに。おまけに「ちょっと兄さん、」と身近な誰かに聞いてみることもできない。。。どんくさいなぁ。どんくさい。むかしよりずいぶんましになったと思うんだけど、あと一息のところが乗り越えられない。40代後半にして、人生の経験値、いまだ40代に届かず、です。

  • Comet

    Comet Post author

    taketsumaさん
    コメントありがとうございます。
    「距離感」……わかります。
    特に冠婚葬祭となると、
    実家と婚家との微妙な違い(やや受け入れがたい)に
    胸がワサワサすることが多々アリ(^ ^;
    いつにもまして「距離」を感じますわー。

  • Comet

    Comet Post author

    あきらさん
    コメントありがとうございます。
    私も山田監督バージョンは観てないですが
    杉村春子を中島朋子が演ったというのには
    ややソソられています(笑)

    そういえば喪服、私も10数年前に買ったままだわー。
    買い替えるきっかけって難しいですよね。

  • Tomi*

    「東京物語」は観ていませんが、山田洋次監督の「東京家族」は観ました。
    中島朋子のドライな長女役、良かったですよ〜。
    キャストが皆はまり役で、台詞もとても自然でした。
    親の立場、子の立場、それぞれに感情移入できました。

    遠方の危篤の知らせには、喪服持って行きますよ〜。
    私も喪服は20年以上前に買ったきり。
    デザインが若くてもう着れません。
    買い替えのきっかけが掴めないまま、ヤフオクで落としたヨウジヤマモトの黒いジャケットとスカートを喪服代わりに着ています。

  • 爽子

    この状況なら、もちろん、持っていかなきゃ。。。と、思いますが、
    気軽に往復できる距離なら、おいて行くかなあ。

    自分の身に置き換えると、わたしもギリギリまで迷い倒す派。

    合理性とは対極な日常を送っております。

    ただ、そのわたしでも、喪服は日頃着ないような長いフレアーの入ったデザインにしています。
    なぜかというと、法事なんかの時に、正座に耐え切れず、ちょこちょこ足を崩しても、スカートに
    覆い隠されて目立たないように・・・。
    体重があると、足のしびれが半端ないんですよ。
    正座苦手だーーー。

  • Tompei

    「私が喪服を持って来たばかりに、着ることになってしまった」
    という思いに苛まれるのがイヤですごく迷いそうです。
    そんな私は喪服を新調できず、四半世紀前の年代物をまだ着ています。
    いいかげん買わなくちゃとは思うんですけど、3人の老親を
    抱えた身としては「買ったばかりに」が怖くて……。

  • Comet

    Comet Post author

    Tomiさん
    コメントありがとうございます。
    そうですか!喪服もヤフオクですか!
    しかもヨウジヤマモト。
    そういえば最近参列した葬儀では
    いわゆるブラックフォーマルではなく
    おしゃれな黒い服の方が多かったです。特に50代以上。
    この年代になると、若い頃買った喪服があわなくなって
    手持ちの黒服、という選択をする人が増えるのかな。
    この問題気になる……引き続きリサーチしてみようっと。

  • Comet

    Comet Post author

    爽子さん
    コメントありがとうございます。
    私も普段はパンツばかりですが、喪服だけはスカート派です。
    ゆるゆるワンピースで、脚もお腹もしめつけないやつ(^ ^)
    お焼香しようと立ち上がってすっころんで……
    という人がたまにいますが
    さすがにそういう場では、笑いをとりたくないですからねー。

  • Comet

    Comet Post author

    Tompeiさん
    コメントありがとうございます。
    わーかーるー。わーかーるー。
    喪服買うタイミングってホント難しい。
    法事のときに新調すればいいのかな。
    でも、そのときに誰か「そろそろ」な人がいると
    やっぱり躊躇しちゃいますよね。

  • Comet

    Comet Post author

    wasuregusaさん
    コメントありがとうございます。
    お返事遅くなってごめんなさい!
    自分のことになったら、私も迷うだろうなあ。
    杉村春子も気持ちでは「持っていったほうがいい」と決めてるんだけど
    最後のところで「自分のせい」になるのを巧みに避けてるんですよね。
    この微妙な言い回しに学ぶところアリ、かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

捨てちゃうの? : バターナッツかぼちゃのスープ

今週の「どうする?Over40」

これを現実と見定めて。バラ色の人生はなくても、よりよき明日はある。

これ、入るかしら?

無印 ONE SIZEのパンツ

カレー記念日 今週のおかわり!

寅さんて 知ってますか と訊くなんて

いどばた。

めまい体験について語りませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.18 書き出しが魅力的な短編集とかけて…

50代、男のメガネは

誰のために生きるのか。

黒ヤギ通信

冬のはじまり

四十路犬バカ日和

バースデー準備は入念に!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

差し色の法則

絵手紙オーライ!

金色のちいさき鳥のかたちして

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

これ、買った!

エアリズムの八分袖を買い込んだ!

OIRAKUのアニメ

第8回 GODZILLA

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

昭和乙女研究所

商店のドラマって多かったですね

ワクワクしたら着てみよう

寒い季節のブルーはクール!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

三者会談

猫No.24  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

三者会談

猫No.24  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up