4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

今週の「どうする?Over40」

年とともに「初対面でもうちとけられる」理由を考えてみた。おじさんが頑なな理由も。

 

 

ある年齢に達すると、女性たちは初対面でもうちとけておしゃべりするけど、男性たちはじーっと黙って座っていることが多いですよね。もう、これは常識みたいになっているし、私も、そんな風景をあちこちで見てきたので「そういうものなんだろうな」と思ってきました。

 

が、高校2年の娘の周囲にいる男の子たちを見ると、男同士、体を寄せあってふざけたり、互いの家に泊りに行って「おかんのご飯を食べさせてもらった」り、とにかく、いつでもいっしょにいたいという雰囲気。しかも、何時間いっしょにいても飽きない感じなんですよね。「そうかあ。たしかに男の人も学生時代は、こんな感じなんだよなあ。いつから変わるんだ?」と疑問に思うようになりました。

 

そんなとき、<いどばた。>「おばちゃんで良かった」と思うときは?のコメント欄でコーナー担当のCometさんが、「私は仕事で、初対面の方々が集まるイベントのお手伝いをすることがあるんですが、(女性も)20代、30代だと最初は皆さんよそよそしくてガードがある感じ、会場の雰囲気も硬いんですよね。それが40代、50代になってくると、皆さんにこにこフレンドリーで、最初から雰囲気がいい。60代、70代になると「前から知り合いだったの?」っていうぐらい、いきなり話がはずんでる(笑) 男性だと年齢に関係なく頑なな感じだから、やはりおばちゃん力なのだと思います!」と答えているのを見つけたのです。

 

 

あ。

 

 

と思いました。

 

 

そうだ。自分が大学生のころとか、ちょっと硬かったな。あのころ、女子たちが一斉に集まると何となく牽制しあう雰囲気があった。あれは、「美貌の格付け空間」だったからかもしれないな。暗黙のうちに、それぞれが「顔」「スタイル」「センス」「華やかさ」などなどをビミョーに男性目線でチェックしあって「自分と同じ世界の住人か否か」を判断していたような気がする。

 

 

女性にとっては歴史的にヒジョーに長い間、「最大の権力」であったところの「美貌」をめぐって動物的な戦いが行われていたってことだろうか。

 

 a1380_001347

 

 

それが、まあ、年をとるにしたがって「平等化」するんですよねー。美醜の差は、決してなくなることはありませんが、たとえば、うちの姉は80歳を超えても美しい岸惠子さんに対して「なんか、あの人、あんまり好きじゃない」と言うようになりました。「美しいことは認めるけれど、あの美しさ、そんなに大事?」「自分のまわりの同世代は恋愛もしているとかさ。もう、そんなのいいやって感じ」なんて言うのです。姉は64歳。岸惠子さんは姉にとっても大先輩の年齢ですが、それでも「維持されている美貌」に対して、一家言もつようになる。一言物申すようになる。異議を唱えるようになる。

 

 

「その美貌、いりますか?」と。

「しょせん、若い子に負けてますよね」と。

 

 

考えてみると、なんて大胆な問題提起でしょう。20代じゃ決して言えませんよ。「その美貌、いりますか?」と問うた瞬間に「いりますね。はい」とすごすご帰るしかないでしょう。

 

 

まるで平民が選挙権を得たような自己主張。問題提起。女性たちがある年齢以上になると到達してしまう同世代間デモクラシー。あらかじめもっていなかった人も、最初はもっていた人も、いつの間にか「権力」の座から滑り落ち、ここにこうして集っているのさ感。もう、みんな、平等さ。それが、「初対面でもすぐうちとける」の根っこの、根っこのところにあるような気がします。

 

 

それに比べて男性は、デモクラシーから階級社会に移行するんでしょうかね。高校時代の男子は、だーれも、なーんも、もってないからね。それ以降、いろいろ「持つ」ようになり、「持てるとモテる」ようになるから、いろいろややこしい。男性同士の初対面では、相手の「地位」が顔じゃわかりませんからね。目の前の人が本当のところ何をもっているのか。もっていないのか。自分よりもっているのか。もっていないのか。上なのか、下なのか。名刺を交換しない年齢になると、さらにわからない。気を許せないんじゃないのかなあ。勝手な想像だけども。

 

 

そんな具合に<いどばた。>のコメント欄を楽しみました(コメントも残しています)。みなさんもぜひ、遊びにいってみてください。今日は、メルマガも配信しました。テーマは「みんなファンデーションはどうしてる?&欲望をあぶりだす『言葉』」こちらからバックナンバーをご覧いただけます。無料で購読でき、いつでも簡単に解除できますから、気軽に登録いただければと思います。

 

ではでは、今週も「別冊 どうする?40」よろしくお願いしますです。

 

 ★カリーナの他の記事はこちらをどうぞ

 

 


今週の「どうする?Over40」 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Comet

    Comet

    私の荒っぽいコメントを、丁寧にすくい上げてくださって、ありがとうございます!
    階級社会にどっぷり浸かった男性は、定年後、初対面の相手との距離感(上下関係?)のとりかたがわからず、途方にくれることが多いですよね。NPO団体つくって自分で肩書きつけて名刺作ったり、自己紹介で「以前はこういう仕事をしてた」と延々語ったり。

    なんて、おやじのことは放っておいて(笑)

    以前、作家の沖藤典子さんが、外国にこういう言葉があるとおっしゃっていました。
    「40歳になったら、美人も不美人も同じ」
    「50歳になったら、学歴があってもなくても同じ」
    「60歳になったら、夫がいてもいなくても同じ」
    「70歳になったら、金があってもなくても同じ」

    元ネタを探してみたら韓国のジョークのようで
    「50歳になると、美人不美人の差がなくなる。60歳になると、学歴の差がなくなる。70歳になると、未婚既婚の違いがなくなる。80歳になると、お金のあるなしが問題でなくなる。90歳になると、生死の別があまりなくなる」

    年齢が10歳ずつズレてますが、ま、オオムネこういうことでなんでしょうね(^ ^)

  • ふみ

    すっごく、納得いきます。私は、55歳。若い時とは比べようもないくらい、日々、ラクになりました。とにかく笑顔さえあれば、なんとかなるだろうって感じでしょうか。 

    以前、男性の上司が「男は犬族だから、常に、自分の立ち位置を意識している。」と言った時は、目からウロコでした。その場には、その上司を筆頭に、4人の男性がいたのだけど、全員、反応はしないけど、それは事実なんだ!と言う空気感がありましたし、家に帰ってから、夫(日体大出のバリバリ体育会系)に、話したら、「当たり前だ」と、言われましたし。

    我ら、女性、猫族には、考えられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

呵々大笑

猫No.77  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

呵々大笑

猫No.77  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up