9月18日はカレー記念日

カレー記念日

なつかしの 歌番組が 待ち遠しい

9月18日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

今週の「どうする?Over40」

自分の地図をあてはめて人間関係を結ぶか、関係をもとに地図を描くか。それが問題だ。

 

結婚25年を記念して夫婦で旅行に行った友人A子が、帰国後、習い事の教室にお土産を持っていったそうです。そこは、生徒さんの年齢層が40代から80代までと広いらしいのですが、
最年長80代の生徒さんが「あら、あなた、海外旅行、行くのね」と意外そうに言ったんだとか。

 

A子は、「わたし、海外旅行には何回も言っているのに、そう見えないらしい。というか、わたしのことを『海外旅行なんて行ったことのないタイプ』と思いこんでいるみたいで、どうでもいいけど、それがなんか腹立つ!」「なんかあるごとに、『B美さん(有名企業の支社長の奥さん)ってすごいわよねえ~』って、わたしに何度も同意を求める。それもちょっと腹立つ!」と立腹していました。

 

なんか、わかる。その腹立たしさ、わかる。

 

いったい、いつ、その人が、自分に対してそんなイメージをもったのかわからないんだけども、その人のなかで「あなたはこういう人」ということになっていて、「いや、わたし、スポーツもしますよ」とか「私、旅行も行ってますよ」とか、念押しするように主張しても、なかなか、その情報がインプットされない。

 

その人のなかで、わたしのポジションは、なぜか揺るぎなく決まっていて、ときには、その人が「自分より上」と思っている人に対して「私たちから見たら、あなたってすごいわあ、ねえ~」
なんて「私たち」扱いされて、謙遜の巻き添えまで食う始末。助けてくれ。

 

わたしも、まれに、そういう人と出会うと「なぜ、こんなことになるのかな」と思ってきましたが、最近は、その理由がわかってきました。どうも、人には、「自分の地図や階層図を現実の人間や人間関係にあてはめるタイプ」と「現実の人間や人間関係によって自分の地図を描いていくタイプ」の2種類がいるんです。

 

前者の「自分の地図や階層図を現実の人間や人間関係にあてはめるタイプ」の人は、本人はまったく意識していないのでしょうが、こちら側に、ビミョーにその人より「上に置かれているか」「下に置かれているか」を感じさせるのが特長です。地図や階層図に記載される条件も非常にクリアなことが多く、多くの場合、学歴・容姿・職業・住環境(本人や夫、子ども、親戚まで含む)。以上。

 

ま、こんなことを言っていますが、「相手の地図や階層図上のベストポジションに描かれると気持ちよい」のも事実ですから、単にひがんでいるともいえるんですけどね。自分も地図を持っていないかというと持っているわけで。このへんが、人間の業というか、なんというか。

 

ただ、ひとつ、言えることは、「更新していない地図や階層図は、ゴミ同然」ということ。壁に
貼りっぱなしで日焼けして、自分以外のだれも判読できなくなったような地図を後生大事に頭に入れて、これから出会うあの人にも、この人にも、場合によっては娘の婿や、息子の嫁にもあてはめて自分や自分の家族を上に置いたり、下に置いたりして生きるなんて哀れすぎる。

 

下剋上は、時のつね。

 

地図を持ち歩くなら、常時、書き換えて「あら、あなた、いいわね!」と斬新な評価をしてみたい。そもそも地図は、未知の世界を旅するためにあるんだし。既知の世界を歩くなら、地図なんていらない。

 

 

★カリーナの他の記事はこちらをどうぞ

 

★コツコツと更新しているブログはこちらです

 

★本日10時に「別冊メルマガ★おしゃべり詰め合わせ」も配信しました!テーマは、「悩み深し!美容院選び&ヘアスタイルのオーダー方法」。こちらからバックナンバーがすべて読めます。登録&解除も簡単です♪

 

 

 


今週の「どうする?Over40」 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • サヴァラン

    サヴァラン

    あーもー、すっきりしたー!すっきりしたー!
    昨日出かけた地域の行事で
    「なんですか?これ?」という
    ヘンなお土産を持ち帰ったトコロでした。
    家に帰ってからもずっと
    「なんですか?あれ?」が続いてしまって
    現場にいたシュジンに
    「あれ、なんだと思う?」と訊ねたいのに
    「へ?あんなこと気にしてんの?」と
    思われたくなくて
    アタマの中がずっと「なんですか?」で一杯で
    困っておりました。
    カリーナさま。ありがとうございます!
    あーもー、すっきりした!すっきしりしたー!

  • サヴァラン

    サヴァラン

    そういえば。
    実家の車にカーナビがついたばかりの頃、
    父がどこへ行くにもそのナビを使おうとするので
    もんのすごくイライラしていたことを思い出しました。
    最寄り駅とか、最寄りの学校とか、
    しょっちゅう行ってるゴルフ場とか。。。
    何でそんな無駄なことすんねんーと
    アタマが沸騰しそうでした。
    そのナビ
    今はデータが古くて使えません。
    あ。しょーもないハナシですみませんm(__)m

  • いまねえ

    ・・・私もときどき、びっくりされることがあります。
    面と向かって「(家事とか)なにも出来ない人かと思った」と
    言われたことありまして。。子供の幼稚園時代の母親仲間さんに。。
    その時は私はあんぐりとしているばかりで
    一緒にいた友人のほうが怒ってましたが。。
    なんというか、イメージを作られてしまいやすい?のでしょうか??
    たいがい相手の下位に置かれるようでして、
    なにかの折りに、その人のイメージを覆す事があるようでして
    (もちろんそんな事、私の知ったことじゃないので何で
    スイッチが入ったのかはわかりませんが。。)
    そんなときの相手のリアクションで、初めて
    あら、私ってこの人の中では・・・な存在だったのねと気づくという。。

    思えば私も「先入観」という物差しで周囲の人々を見ている訳ですが
    自分の抱くイメージを覆されるのは楽しい。という気持ちもあり。
    良くも悪くもこちらが勝手に作り上げたイメージなので
    これは砂上の楼閣程度のもろさで当然、
    それでも手加減せずに小気味よく、
    ゴジラが東京の町並みを踏みつぶすが如くに
    うりゃうりゃっ、がおおお~と、つぶしてひっくり返してくれると
    逆にせいせいと小気味よくて好きです。

    もちろん、あまり印象の良くなかった人が
    反対に良くなる瞬間ということばかりでなく
    初めは良い印象だった人が一転して
    あらやだ、最悪・・!となることもあり得る訳ですが。

    どのみち、勝手な自分のシナリオで
    人を配役しても面白くはないですね。

    もちろん私自身相手を幻滅させている時もあると思うので
    なんというか、相手の表情が変わると
    なんとなく「え?イメージ違いました?・・すみませんね・・」
    って訳もなく申し訳ない気分に。。。
    ・・だから下位にみられてしまうのかしら?

    あー、私人間で良かったかも。。
    動物の世界で下位にみられたら生存も危ういかもしれない。。

  • 花緒

    あるある~な場面ですね!
    80代の女性が思っていた事を口に出してしまった事が問題ですね。
    あまり感じのいいセリフではないですね、とっさに出てしまったんでしょうけど。
    A子さんにはお気の毒ですが、今後、地図は更新されてると思いたいです。
    「私たち」扱いもしたりされたり、あります。
    そういう場合は「一緒にしちゃって失礼だけど(笑)」を付け足すのが礼儀ですよね。
    人は相手を低くみる傾向ってあるんでしょうか。
    それにしてもCarinaさんの人間観察や、心理について掘り下げる所が鋭くて感心します。
    深く考えさせられて、ありがたいです!
    日常のよくありがちな場面を独特の感性で追求するんだなぁ。
    私も無意識に地図を描いて更新しているんでしょうか。
    私もいまねえさん同様、先入観で見てしまいがちで、その印象が覆されるのは楽しいです!

  • 中島

    中島

    いつも思うんですが、カリーナさんって、心の底にある微妙な心理を文章にして示すのが上手いですね。モヤモヤしていたものがそうだったのか!とスッキリするんです。
    私の場合、悪い人じゃないのに何故だか反発を感じてしまう相手って自分の地図をあてはめてくるタイプの人です。
    自分もそうならないようにいつも柔軟な心で人間関係を築いて行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

今週の「どうする?Over40」

ここにしかない介護トークイベント「カイゴ・デトックス」京都開催のお知らせとご支援のお願い

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

カレー記念日 今週のおかわり!

腰痛を 見守るだけの 五十肩

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

隠密失敗

猫No.62  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

隠密失敗

猫No.62  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up