3月24日はカレー記念日

カレー記念日

いま何て? 二回は聞きたい 褒め言葉

3月24日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

プレオープン:シリトリアって何モノ?!

記憶はほんとに不思議です。

「時間」という篩(ふるい)にかけられて、
残るもの、消えていってしまうもの。
どこにその差があるんだろう。

大きな事件やそれにまつわる記憶は残ります。
そうかと言って、「どうして覚えているんだろう」と
思うようなささいな出来事やふとした光景も
意外にしっかり残っていたりします。

ferii

せっかく残ったそういう小さな記憶を大事にしたい。
普通の人の普通の人生の中に起きたさまざまな出来事を
拾い上げて、ほこりを払って、ちょっときれいな箱に入れて
たくさんの人に見てもらいたい。

少し前からロゴのバナーを貼ってていただいていた
わたしたちの会社・シリトリア
「キキノコ・プロジェクト」を立ち上げました。
文字通り「聞いて・残す」仕事です。

来月スタートする『あの頃アーカイブ』では、
シリトリアが仕事の中で出会った方々の
記憶のほんのひとかけらを
わたしたちの宝石箱から取り出して手のひらに乗せ、
「見て、見て、きれいでしょ?」と自慢しようと思っています。

……………………  ♪
さて、その前に、「有限会社シリトリア」のことを
聞いていただいてよろしいでしょうか。無名な会社の25年の歴史です。

シリトリアは、30代前半の、仕事で知り合った女子4人で
1991年に作りました(歴史だけはたっぷりある)。
歳の順でわたし、まゆぽが社長になりました。

当時、4人はそれぞれ別の仕事を持っていましたが、
何かを一緒にやってみたかったのです。

 バブルの残り火がまだ燻っていた時代、
女性雑誌の付録の冊子を編集したり、
日用雑貨品のネーミングを提案したり、
数年間はなんとなく仕事が舞い込んできました。

その後、シリトリアは長い冬眠に入ります。
メンバーはそれぞれの結婚、出産、介護、仕事に忙しく、
会社を存続させるための法人都民税7万円を払うだけの年が続きました。

みんな50代になったある日、社長としてわたしは提案しました。
このまま毎年7万円を払い続けてももったいない
(議員の海外視察や度々行われる都知事選で使われるだけ!)。

解散しよう。

解散のためにも手続きと費用が必要です。それも調べての提案でした。

ところが、メンバー2人から反対の声が上がりました。

会社つくるときに、誰も雇ってくれないおばちゃんになったときのための
セーフティーネットにしようという話をしたじゃない。
今やみんなすっかりおばちゃんになり、これからの仕事はまじ心配でしょ。

このときのために、今まで7万円を払ってきたんじゃない。
今こそシリトリアだよ! ここで潰してどうすんのっ!!

ポリシーのない社長はすぐ意見を変えます。

そ、そーだよね、
札幌に嫁に行き、音信不通になっているMちゃんのためにも
シリトリアを立派に育てなくちゃね。

2011年のことでした。

tamaki1

それから、シリトリアは再び活動を始めました。
昨年度の決算で、ひっさしぶりの黒字を出しました。
黒字のときの決算書類の書き方がわからないわたしたち、
適当に書いて申告しました。

先日、税務署さまから電話をいただきました。どっき〜ん。

「失礼ですが、慣れない初黒字での納税で、
かなりとまどわれたようですね(つまりかなり間違っている)」と。
納め忘れの税金もあるけれど、還付する税金もあるので
一度税務署に来て、説明を受けて修正してくださいとのことでした。

もちろん「喜んでうかがいます!」と答えましたとも。

そんな吹けば(吹かなくても)飛ぶような小さな会社です。

でも、普通の人に普通の出来事を話していただき、
そのときは『徹子の部屋』のゲストになったような気分になってもらって、
聞いたお話は大事に大事に残して、伝えたい人に伝えます。

この仕事は「自分たちのやりたいこと」
「ちょっとは世の中のためになりそうなこと」
「シリトリアのメンバーで楽しみながらできること」
「ちょこっとくらいは儲かること」という
自分たちの企業理念(かしら?)の実践となっています。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
次回からは、集めてきたわたしたちのアーカイブから
普通の人のちょっとしたお話をご紹介してまいりますので、
どうかどうかよろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク

 

 


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    「あの頃アーカイブ」のプレオープン、おめでとうございます!

    まゆぽさんと知り合ってからもう20年近くになりますが、シリトリアの存在も経緯もほとんど知らなくて、とても興味深く読みました。

    >会社つくるときに、誰も雇ってくれないおばちゃんになったときのための
    >セーフティーネットにしようという話をしたじゃない。

    いいわー、これ。ステキ。
    津村記久子さん言うところの「明日の自分を接待する」ならぬ、「明日の自分を救済する」精神って、これからの起業の、ひとつのモデルケースになるんじゃないでしょうか。
    っていうか、人出が必要になったら私のことも思い出してね(要するに就活コメント!?)。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    つまみさん、コメントありがとーう。

    こういうのやってみたいなあって最初に相談してから、
    数ヶ月、いつもいつも親身に相談に乗っていただき、
    本当にありがとうございました。
    つまみさんはもちろん、オバフォーの皆さんには感謝感謝です。

    それにしても、知り合って20年も経つの?!
    どひゃ〜だけど、いろいろ一緒に楽しい事ができたよね。
    これからもよろしく、です。

    シリトリアは先を読んでたところ、手前みそだけど、すごいよね!
    もっと人出(入?)が増えて、人手がいるようになったら、うれしいわあ。

    その際は、ぜひぜひご一緒に!

  • はらぷ

    はらぷ

    まゆぽさん、こんにちは。
    「あの頃アーカイブ」、わーい待ってました!

    シリトリアの成り立ち、セーフティーネットじぶんたちで作っちゃえ!って、軽やかでたくましくていいなあ。
    そして、「再起動しようよ」ってなったところがまたかっこいい。
    私は、会社の存続に法人都民税が7万円かかるということも知りませんでした。
    じぶんが会社を作るってことだって、そうだよ、あってぜんぜんおかしくない!と急に自由を手に入れた気分です。(作ってないのに笑)

    会社だから、ちゃんと「ちょっと儲かる」が目標に入ってるとこもいいー。

    そういえば、つまみさんのコメントを借りてしまうと、このov40だって、「明日の自分を救済する」に通じるような気がします。

    「普通の人の普通の人生の中に起きたさまざまな出来事」の記録、楽しみにしてます。
    「なんで俺こんな話しちゃったんだっけ?」っていうようなこともあるかも、とか!わくわく!

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    はらぷさ〜ん、こんにちは!

    コメントうれしくて、すぐにお返事するのがもったいなくて
    2日ほどあたためつつ、何回も読んでにんまりしてました(気持ち悪いヤツ)。

    会社って、それほど高いハードルではないです。
    専門家の手を借りなくても、なんとかなります。
    はらぷさんも作って作って! 株式会社栄夫ブックスとかいかがでしょう?

    みんなで好きなことして、「ちょっとずつ儲ける」って楽しいよ、絶対!

    頃アーへの応援もありがとうございます。
    そんなすごい話はないのですが、地味にこつことちまちまがんばりまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

いどばた。

一万円もらったら、どう使いますか?

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.67 極私的 年度末 絵本考

50代、男のメガネは

新宿のコーヒーショップで、小さな嘘を聞く。

これ、買った!

とにかく明るいアイツ、買った!

眉毛に取り組む。

お風呂に入る前、眉を描いている状態で整えます。(桜子)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

お国柄・その1 : オクラとささみの梅肉和え

今週の「どうする?Over40」

過去に出会う年ごろか。ブログで「すれ違う恋人」みたいになりました。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

なんかすごい。

東京の佃島

着まわせ!れこコレ

シンコクな話

ただいま閉活中

(50)身体は隠居を求めてる

これ、入るかしら?

vol.37 春は何を着よう…

四十路犬バカ日和

愛犬とはぐくむコトバ

あの頃、アーカイブ

エピソード9★朝を告げる寿司飯の匂い。

KEIKOのでこぼこな日常

幸せの黄色い道

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No14】お祭りが嫌いなのです。

ラジオブースから愛をこめて

「昭和ですよ」

昭和乙女研究所

『音楽の黄金時代』

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up