9月23日はカレー記念日

カレー記念日

読み切れない 車内ニュースが すぐ次へ

9月23日はカレー記念日

れみまる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

 エピソード10★大きな店から小さな店へ。

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしいエピソードをご紹介していきます。

【エピソード 10】

昭和30年代半ばに神戸の繁盛する料理屋の娘として生まれたアキコさん。祖父母と父母が切り盛りしたお店の盛衰と、アキコさんの目を通して見た家族のお話の後編です。

身内と、身内同様に気のおけない板さん・仲居さんだけのお店だった時代を経て、お店が会社組織に成長したその後の物語をお届けします。

昭和の初めの神戸のとある駅前に大繁盛をしていた一軒の料理屋がありました。家族で商ってきたお店は、昭和40年代半ばに大きな転換期を迎えます。周辺の再開発でお店が立ち退きを迫られることになったのは、アキコさんが小学校6年の時のことでした。

「隣の和菓子屋さんは立ち退きを早々に受け入れたようですが、うちは祖母が条件面でかなり粘ったんですね。そのため、今で言うところの地上げ業者みたいな人たちから嫌がらせも受けました。店の前の駐車スペースに大きな穴を掘られたりとか。

学校ではいろいろ言われました。お前んとこのばあちゃんはガメツイとか。私はおばあちゃん子でしたから悲しかった。初めて、あー寿司屋の子なんてイヤだ、恥ずかしいと思いました…」

 やがて店は道一本隔てた場所に移転し、いよいよ大規模な料理店へと変貌を遂げます。テーブル席、カウンター席、座敷席を備えた1階に加え、2階には100人からの宴会のできる大広間と個室。正面玄関とは別の場所に、持ち帰り寿司専門の窓口もできました。板さん、仲居さん、賄いのパートの人たちなど、多い時は20人からの従業員に身内も加わり、店は会社組織へと変わりました。


昭和40年代の神戸 (ブログ「神戸・日々あれこれ2」より)

「祖母の意向もあったんでしょう。そのタイミングで、別の仕事をしていた父の兄弟たちが全員、役員の名目で店に戻ってきました。お店はどんどん繁盛していったけど、私の好きだった、あの小さなお店の雰囲気が、その頃から少しずつ薄れていったような気がします」

高校生になるとアキコさんはバイトとして店で働き始めます。お金を巡る人間関係の歪みや、その中での母親の苦労などを目の当たりにして、自分にできることは何だろう…と思いあぐねた末、大学卒業後、アキコさんは三代目として店を継ぐことを決め、婿養子さんを迎えました。京都の料亭で修業を積んだ板前の夫新しいメニューを考え、時代に合った店づくりを目指しました。

 お店はそれなりに繁盛していましたが、似たような和食店が珍しくなくなってきたこと、大手和食チェーンの台頭など、周囲の環境は変わっていきました。しかしアキコさんのお店は、昔気質の祖母がずっと経営を握っていたこともあり、新しい和食店への方向性はなかなか見つけられません。

 そんな中、人間関係の軋轢を抱えながら決断の時がきました。アキコさん夫婦は両親と一緒に独立し、新しい店を立ち上げることにしたのです。昭和がまさに終わりを告げようとしていた頃でした。

新しいお店は4つのテーブル席とカウンター席だけ。家族の好きな花の名前を店名にしての再出発です。力を合わせてメニューを考え、おもてなしを工夫し、商売を回していく。大変だけれど、お客さんの喜ぶ顔が店づくりの力になりました。それはもしかしたら、アキコさんの祖父母が始めた最初の小さなお店の第一歩と同じだったかもしれません。

独立した店も畳んだ今、あらためて思い出すのは…とアキコさんは言います。

 「私が生まれた、あの小さいお店の時が一番楽しかった。日本全体もどんどん景気が良くなって、ふつうの家族が外で食事をすることが贅沢じゃなくなってきた。そんな時代の熱のようなものがあの店の空気を活気づけてくれていたと思います」

 アキコさんの記憶から消えないのは、暑い朝の「麦茶はったいこー!」という、外を歩く売り子の声でした。当時はまだ、麦茶やそば粉を行商で売りにきていた時代だったのです。祖母がその売り子さんから買った麦茶で、大きな大きな鍋で麦茶を沸かして冷やす。汗を拭き拭き暖簾をくぐってくれるお客さんへの心遣いでした。


麦茶 (楽天市場 松田園より)

「麦茶といえば、冷蔵庫の中で四角いプラスチックポットに入ってる。当時、ふつうのおうちはそんな感じでしたよね。私は麦茶と言えば大鍋(笑)。そんな記憶一つでも、ちょっと不思議で貴重な経験をいっぱいしてきた私の“お店人生”だったかもしれません」


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

クラウド・ファンディング、おすすめ返礼品のご紹介。

カレー記念日 今週のおかわり!

上出来だ 今日もひとつは やり遂げた

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陥没現場

猫No.67  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陥没現場

猫No.67  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up