12月13日はカレー記念日

カレー記念日

ジブリはね シンプル順に 好みかも

12月13日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード26】結婚にまつわるエトセトラ

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

今回は何人かの方から聞いた結婚にまつわるエピソードをご紹介。大正時代の見合いの話、昭和の初めの嫁入り道具、戦後間もない頃の結婚のご挨拶、そしてバブル期の豪華結婚式など、結婚の様子も時代を映して変わっていきます。


・大正時代のお見合いは…

明治29年(1896年)生まれのエイさんのお見合いの話です。
お見合いは、大正5年(1916年)夏、エイさんの家で行われました。
見合い相手のヒデオさんは同じ職場に勤める友人と二人で来宅。
当時のお見合いの型の通り、エイさんは数回、お茶を運びました。
お昼になっても帰らずエイさんのお父さんと話し込んでいるので、
昼食を出したら、それも食べて、ようやく帰りました。

結婚してからその時のことをエイさんがヒデオさんに聞くと
「嫁さんを紹介してくれないから、いつまでも座っていたんだ。
見合いに行って、見合いをしないで帰ってきてしまった。
お茶や食事を持ってきた娘はいたが、女中だと思ってろくに見なかった」
と失礼なことを! 
エイさんは、「女中がちりめんの着物で出るもんですか!」と思ったそうです。

縁談は、お父さんがヒデオさんの人柄をすっかり気に入って、
めでたくまとまり、
63年間の長きにわたり、二人は仲睦まじく連れ添いました。

©Deskgram

 

・昭和初期、嫁入り道具に持たされたものは…

ユミさんの父方の大叔母であるヒサコさん(生きていたら100歳くらい)の話です。
ヒサコさんは近所の方の紹介で見合い結婚しました。
お相手は北関東の養蚕農家の長男坊ソウキチさん。
昭和14年(1939年)、ヒサコさんが20歳の時です。

ソウキチさんの家の辺りには川も湖も田んぼもなく、
周囲は一面の畑が広がっています。
農作業は江戸時代に開削された用水路の水に頼っていました。
水は貴重品です。大きな家の井戸まで水を汲みに行き、
重い桶を運んで家庭用に使っていたそうです。

水汲みは一般的に嫁の仕事。
ヒサコさんの両親はその重労働から娘を解放したいと考えました。
ソウキチさんちの庭に井戸を掘り、嫁入り道具としたのです。

井戸は長く家のみんなに愛され、
後年、ユミさんも、「おばちゃんの井戸」で手を洗ってから家に入るのが
決まりだったそうです。

 

・戦後間もない結婚の決め手は…

65年あまり前のこと、サナエさん(現在88歳)が結婚することになり、
お相手のお母さんがご挨拶にいらっしゃいました。
戦争は終わって数年経っていましたが、まだまだ日本は豊かではありません。
食糧事情もそれなりに厳しかった時代です。

手土産にいただいた箱を開けると、大きな卵がぎっしりと並んでいました。
それを見て、サナエさんのお母さんは「これなら大丈夫。
いい家にもらわれることになって良かった」と喜んだそうです。
昭和30年初め、卵をたくさん持ってこられるおうちはお大尽だった
というお話です。

©tenki.jp

 

・バブル時代の〝お嫁入り〟は…

ちょっと時代は下って、昭和50年代後半。
名古屋出身のヨウコさんは、実家から勧められたお見合いで、
大学卒業後すぐに結婚することに。
お相手は岐阜の出身。二人ともすでに東京暮らしでしたが、
なにせ実家は冠婚葬祭では絶対手を抜かない名古屋と岐阜。
結婚式はヨウコさんにとって想像を絶するハードな一日となりました。

早朝、まずは新郎の実家である岐阜に白無垢姿で出向きます。
ということは、お仕度は真夜中から始まっていました。
新郎のご親族への挨拶を済ませて、
その姿のまま、県をまたいで名古屋市内の式場へ。
披露宴では、色打掛け→着物→ドレス→着物と、
白無垢から数えて合計5回のお色直し。
お料理も引き出物も聞きしにまさる豪華さで、
列席した友人たちも驚くばかりでした。

東京で二人で始める結婚生活。
にもかかわらず、形はあくまで「嫁入り」。
早朝に白無垢で夫の実家に向かうという儀式がなにより
そのことを表していました。
長い一日を終え、無事、〝お嫁入り〟を果たしたヨウコさん。
クタクタながら、幸せいっぱいでした。

@かしいしょうAYA

 


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    ここ何年も、1話たりともまともに見ていなかった朝の連ドラですが、「まんぷく」は2回も見てしまっています。見ようとしているわけでもないのですが、生活環境(テレビがどこにあるか、とか)が変わるってそういうことかも。

    今回の記事は、四者四様、それぞれ連ドラの導入になりそうなエピソードだと思います、しみじみ、ほのぼの、ちゃくちゃく、しゃかしゃか、イメージするオノマトペは違っても。
    あれ、オノマトペの使い方、間違ってます?

    夫の父母のなれそめも人の紹介ですが、初めて義父が義母の家にひとりで行ったとき、界隈を歩いても家が見つからなかったそうです。
    諦めて、最後に、集落の入口の家に寄って、そこでわからなかったら帰ろうと思ったそうですが、その家がたまたま義母の親戚で、なんなく話が通じ、そのまま結婚の話も進んだそうなのですが、義父がその後言うには、最初に自分が界隈を回ったとき、なんかの木に登っている色の黒い若い女がいて、それが義母だったと。
    義母はそれをまっこうから否定します。「あたしは色黒なんかじゃなかった」。
    否定するのはそっち?

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    あはー。
    コメントありがとうございます。

    結婚って、どんな結婚にもエピソードありですねえ。
    やっぱり人生ドラマの一つの山場なんでしょうか。
    変なエピソードほど印象に残っていて、
    しかも当事者の記憶の仕方が違ってたりして楽しいです。

    「まんぷく」、私も観てます。
    テレビ観てる時間が著しく減少している日々の中で
    朝ごはん食べながら観ています。

    福子ちゃんはかわいいけど、
    母娘、3姉妹の似てなさっぷりがすごいなあ、と思いながら。

    4つのお話をオノマトペで端的にまとめてくれてうれしいわ。
    仕事で「ビジネスシーンでオノマトペを上手に使う講座」を提案して
    ボツになったとこでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.19 このたび、趣味がなくなりました。

50代、男のメガネは

『山の上の家/庄野潤三の本』を読んで

ミカスの今日の料理 昨日の料理

揺さぶられる : ブロッコリーのかにもどきあんかけ

わたしをライブに連れてって♪

ライブに行けるのに、映画に行けないのはなぜ?

今週の「どうする?Over40」

わたしたちのふるまいは、「憧れたもの、なりそこねたもの」のアーカイブ。

これ、入るかしら?

vol.53 訳もなくウキウキが若さなのかも…

カレー記念日 今週のおかわり!

変わらなきゃ じゃなくて自然に 変わるのよ

絵手紙オーライ!

あったかコレクション

黒ヤギ通信

新しいカレンダー

四十路犬バカ日和

僕、12歳になりました!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

巷で流行のマウンテンパーカーを買ってみたよ。

これ、買った!

試打もせずUT買った

OIRAKUのアニメ

第9回 BANANA FISH

昭和乙女研究所

お正月の着物

ワクワクしたら着てみよう

いろいろと工夫してみました ^^

いどばた。

上を見たり下を見たりしませんか

日々是LOVE古着

70年代の柄いろいろ

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File NO.33 タカハシとタナカの呪縛をなんとかしたい】

フォルモサで介護

記録、取るべし。

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

なんかすごい。

本を手渡す

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

逢魔之時

猫No.54  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

逢魔之時

猫No.54  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up