8月19日はカレー記念日

カレー記念日

思い出は 苦いも甘いも てんこ盛り

8月19日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

2025年に大阪で二度目の万国博覧会が開催されます。一度目、1970年の大阪万博は、日本はもとより、アジアで初めて開かれた国際博覧会でした。1964年の東京オリンピックで勢いづいた戦後日本の経済成長のゴール地点とも言うべき「エキスポジャパン70」。月の石、人間洗濯機、電気自動車に動く歩道――「人類の進歩と調和」とはこういうことなのかと、日本中が「未来」をリアルに感じてワクワクしたものでした。実際に何度もエキスポ70を訪れたメイコさんのお話です。


(万博記念公園のサイトより)

●マイカーとお弁当

当時小学校6年生だったメイコさん。母親の実家が神戸にあったので、夏休みの間、祖母の家に長く滞在して、何度も万博会場に足を運びました。各国のパビリオンの展示や体験に胸を躍らせたのはもちろんですが、50年が経とうする今、むしろ懐かしく思い出すのは、万博会場でのちょっとした風景や小さなエピソードの数々なんだそうです。

「万博会場に向かうときは、母の実家に住む叔父がガイド役となってくれました。新しもの好きの叔父は、開催中それこそ数えきれないほど会場に通っていました。現地までは車です。運転手は、近くに住む別の叔父。まだマイカーのあふれていない時代でしたから、現地までの渋滞も駐車場の確保も、今ほど頭痛の種ではなかったんでしょうね」

メイコさんたちは、その家の従妹たちと一緒に連れて行ってもらいます。万博会場に出かける日の朝は、台所脇のちゃぶ台で、メイコさんの母親や叔母さんたちが、熱心におにぎりを握ります。ふつうの三角おむすびではなく、ご飯に具を詰めたものを、当時出始めたばかりのラップでくるんで巾着にして結ぶ。会場で食べるときに手が汚れないように、という工夫からでした。会場のレストランで食べるには長蛇の列を並ばなくてはいけない。一つでも多くのパビリオンを攻略するにはお弁当持参が一番。とはいえ、コンビニが世に登場するのはずっとずっと後の話。お出かけといえばお弁当持ちが、当たり前の時代でした。

● 万博の楽しみ方はいろいろ

「会場に出かけるとき、私は必ずメモ帳を持っていきました。この年の夏休みの自由研究は万博にしようと決めていたからです。でも現地に出かければ、パンフレットはもらえるし写真も撮れる。じゃあメモ帳は何で埋まっていったかと言うと…。外国人のサインなんです!」

メイコさんにとって、こんなにたくさんの外国の人たちを直に見るのは、生まれて初めて。各国のパビリオンのコンパニオンのお姉さんたちはもちろんのこと、すれ違って気さくに挨拶してくれる外国人観光客にもメモ帳を差し出す。サラサラっとサインをしてくれたら、こちらもサンキュウ!と笑顔。自分で思いついたことではなかった、とメイコさんは言います。きっと、周りにいる子どもたちもやっていたんだと思う、特別奇異な行動でもなかったんでしょうね、と。

「アメリカ館とかソ連館とか、大きなパビリオンは、並んで入るだけでもうクタクタ。なのでその合間合間に、小さなパビリオンを見て回るのがけっこう気楽で楽しかったですね。アフリカの国々のエリアに行くと、それぞれ独自のパビリオンではなくて、同じ造りをした小さな建物が並んでいるんです。〝ウガンダ〟っていう国を覚えたのもこのときでした。ウガンダ…その特徴のある響きが印象的でした。そこで売っていたおいしいコーヒーアイスクリーム(コーヒー味のアイスなんて食べたことなかったですから)と一緒に強く覚えています」


(万博記念公園のサイトより)

● 公式グッズは今も大切な宝物

アメリカ館の近くの売店で、叔父さんが買ってくれたキーホルダー。サングラスとマフラーをした、妙にカッコつけた犬の絵でした。数年後、中学になってピーナッツブックスにはまったメイコさんが、ふと思い出してあのときのキーホルダーを取り出してみたら、なんとそれはスヌーピーだった! 


メイコさんのお宝、万博グッズ

きれいに色付けされた、立体感のあるメダル。そろそろ日本でもブームになり始めたスヌーピーのキャラクターグッズとは比べ物にならないくらいゴージャスな公式グッズ。メイコさんの宝物になったのは言うまでもありません。

今のように、オンタイムで世界の情報がわかる時代ではなかった。だからこそ万博は、メイコさんにとって初めて「海外」をリアルに感じた、カルチャーショック連続の場所でした。二度目の万博。55年経って、海外旅行もネットも当たり前のこの時代、「会場で私たちは、何を見て驚くのかしら」と、いささか心配だったりもするメイコさんなのでした。


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    なつかしい!EXPO’70

    そうです、そうです。パビリオンのコンパニオンが初めて会った外国人でした。
    あと、月の石と宇宙服とたいそうな人出だったのだけは覚えています。

    外国のパビリオンと企業のパビリオンが混じっているのが、子ども心に不思議でしたが、博覧会って見本市みたいなものなんですね。と、今では理解してます。

    次の万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」でしたっけ?

    EXPO’70の記念切手がありましたよ^ ^

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    わわわ!
    okosamaさんもいらしたんですね、EXPO70。

    いいなあ。わたしはちょうど家でいろいろあって、
    親が余裕のない時代だったので、
    大阪まで連れて行ってもらう余裕はありませんでした。
    二学期が始まると、クラスの友達が何人も万博に行っていて、
    うらやましかったことを覚えています。

    私たちくらいの世代にとっては、
    行った人はもちろん、行けなかった人にとっても
    何かしら思い出の景色がありますね、EXPO70.

    切手、何となく見覚えがあります。
    つながってるところがすごい!
    今では値打ちものになってるんじゃないですか?
    okosamaさんお宝ですねー。

  • 匿名

    ああ。。メイコさんは同級生になるのですね。
    千葉の房総に住んでいた私には大阪はとっても遠いものでした。
    万博、行ってみたいなあと思いつつ、同級生の中でも
    出掛けてきたよという話はあまり聞かなかったかな。
    お土産を貰った記憶もない。。そんな話をしたら
    職場の上司(年下)は大阪生まれで幼稚園のころ親戚がくると
    万博へでかけていたからしまいには飽きた、などと言うので
    ちと、憎たらしく思ったものです。
    EXPO70、こんな言葉がとっても「未来的」に聞こえたものです。
    このころでしたか、ディスカバーJAPANなんてのもありましたね。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    匿名さん、コメントありがとうございます。
    新幹線があると言っても子どもにとっては、千葉と大阪は遠いですよね。
    テレビの中の出来事感がありましたよねー。
    実体験した人と、テレビで観ていた人、思い出し方が違うんでしょうね。
    と、思う、匿名さんと同じテレビ派のわたくしです。

    でも、あの頃の技術で月に行っちゃうって、
    なんか凄くないですか!?
    怖いもの知らずでしたねえ、人類は。
    なんてったって「未来的」ですもん。

  • いまねえ

    わわ。。またやってしまいました、
    ↑千葉育ちの匿名コメント、わたしです、
    いまねえです。
    最近コメントに名前を入力忘れが続いてます。
    カレー(加齢)が日々刻々と、濃く煮詰まっている感があります。。

  • ふくっぺ

    わあ、もう五十年ですか?私は九州から初めて飛行機に乗っていきました。全日空のフレンドシップ。あの昔のマークの…。それさえ新鮮で…。妹が小学館の本に紹介されていたパビリオンみどり館に行くことに。。。、事前情報なく、その映像技術に圧倒されました。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    おお、いまねえさんでしたか。
    カレーは煮詰めて、寝かせた方が絶対美味しい。
    日々刻々と美味しくなっているのですね。すてき!

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    ふくっぺさん、こんにちは。
    九州から飛行機! フレンドシップ!
    かっこいいなあ。
    わたしが初めて飛行機に乗ったのはいくつのときだろう?

    みどり館、ググってしまいました。
    アストロラマというすごい映像が観られたとか。
    「人類の進歩と調和」だったんですねえ、しみじみ。

  • 爽子

    爽子

    こんばんは〜。先週末スケッチ教室の野外スケッチで万博公園に行ってきました。
    こんなに広かったのか〜〜!とため息が出るほど広かったし、少しの距離に見えてても、結構到着まで骨が折れました。

    わたしが小学校五年生のときに万博があり、学校からも行きましたし、家からも何度も行きました。
    御堂筋線になればまっすぐでしたのでね。

    行列に並ぶのとすいてそうなパビリオンは抱き合わせでしたよね。
    アブダビ館を訪れたときのことです。
    わたしは、突然ふわりとお姫様抱っこされて、空中に浮いてしまいました。
    あまりの驚きに声すら出せず、びっくりまなこの先は、野性味溢れるアラブ人男性

    こんな不器用な子供でなければ、今頃アラブの大富豪の夫人になってた?^_^

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    やっぱりね〜、爽子さんはきっとすごくたくさん通っただろうなと思ってた。
    それでも、ワイルドなアラブ系男性のお姫様抱っこは衝撃的!
    可愛かったんでしょうねえ。

    写真は最近の太陽の塔ですか? かなりお地味でびっくり。
    岡本・芸術は爆発だ!・太郎先生はなんておっしゃるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

日々是LOVE古着

古着は暑い

黒ヤギ通信

足音

今週の「どうする?Over40」

ひきこもりがちな人間の「自家製セーフティネット」づくり。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.27 中島族讃歌

50代、男のメガネは

映像を作りたい、という言葉。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料夏祭り企画:突撃ミカスの晩(昼)ご飯 #1

カレー記念日 今週のおかわり!

聖子ちゃん ともに歩みし 40年

絵手紙オーライ!

微笑む仏

これ、買った!

ほっこりライトを買った!

OIRAKUのアニメ

第20回 氷菓/Free!他

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム

ワクワクしたら着てみよう

こんな時こそ好きなこと!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

大神降臨

猫No.23  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

大神降臨

猫No.23  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up