9月29日はカレー記念日

カレー記念日

ぼっちご飯 マックス手抜きの お・も・て・な・し

9月29日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

今回はこの連載を担ってきた有限会社シリトリアのメンバーフル参戦です! と言っても3人だけど。12月だし、それぞれのクリスマスの思い出を語ります。

ほぼ3年間、『あの頃、アーカイブ』を連載できて、とても楽しかったです。読んでいただき、コメントをいただき、ありがとうございました。エピソードが貯まったら、また出戻らせてくださいねー。

● いとこたちと一緒のホームクリスマス

幼い頃、母親の兄弟がみんな近くに住んでいたのでクリスマスはいつもいとこたちと過ごしていました。祖母の家に集まり、親たちはハンカチなどささやかなプレゼントを交換。

私たち子どもには、お約束の〝お菓子の長靴〟です。お店で見かける同じお菓子でも、銀色の厚紙で作られたブーツの中に入っているだけでワクワク。中身のお菓子でとりわけ私が好きだったのは、歯磨きのようなアルミのチューブに入ったチョコレートペースト。今はもう駄菓子屋さんでも見かけないようなお菓子でしょうか。

(株)近商物産HPより

プレゼント交換が終わったら、ケーキを食べながら大人たちはおしゃべり。子どもたちはゲームをしたりトランプをしたり。やがてその家に住む一番年上の従姉が、戸棚からレコードプレーヤーをうやうやしく出してきます。レコードプレーヤーと言っても、今ならトイザらスに売っているおもちゃの方がよほど精巧、といった簡単な造りのものでした。

そこに当時のEP盤のレコードを置いて、従姉がそうっと針を落とします。プレーヤーの脇のスピーカーから聴こえてくるクリスマスソング。レコードのラベルもクリスマスらしく、「ジングルベル」はサンタの顔、「もろびとこぞりて」ならピンクのドレスを着た女の子の絵だったことを覚えています。

そうそう、「もろびとこぞりて」と言えば、この言葉、私はずいぶん大きくなるまで、何かの呪文だと思っていましたっけ。他の従姉たちはどうだったのでしょう。とにかく意味はわからないけれど、クリスマスになったら歌う楽しい呪文。「もーろびとーこぞーりーてー」――プレーヤーの上でグルグル回るピンクの女の子を見つめながら、従姉たちと一緒に大声で歌ったものでした。(れこりん)

テイチクレコードの『ジングルベル』

●サンタはいると確信した日

今から、うん十年前のクリスマスイブ、サンタさんからプレゼントが届く日。その日の夜、母と兄と夕食を食べ、子ども部屋に戻ると、夕食前にはなかったプレゼントがありました!

母はずっと台所にいたし、仕事で毎日遅い父はもちろん帰宅していません。サンタさんの存在をなんとなく疑い出していた10歳の私は、この時「サンタさんはやはりいた!」と確信しました。父は、それから1時間後にいつも通り帰宅、私が興奮して「サンタさんが来てくれたよ! 誰も部屋に入ってないのにプレゼントが置いてあったよ!!」と話すと、「えー」と驚いていました。

私は翌日学校でもそのことを話しまくり、友達と「やっぱりサンタさんいるんだね」と大盛り上がり。10歳なのに、みんな幼かった。現代ではありえない展開ですね。(今の子どもたちは何歳までサンタさんを信じているのでしょうか?)

あの時…。父がこっそり帰宅してプレゼントを置き、また家を出て、小芝居して1時間後に帰宅したのでした。まじめな父が、小芝居。今も昔も、親は子どもにサンタさんを信じてほしいのは変わらない気がします。

ところで、わが家のクリスマスケーキは、いつもアイスケーキでした。なぜだろう?(あきりん)

不二家のアイスケーキ

●猫たちがやって来た!

グッと時間を前に進めて、2000年、ミレニアムのクリスマスイブのこと。わが家にサンタクロースならぬ友人のお知り合い父子がやって来て、子猫を2匹プレゼントしてくれました。

Sさん父子は、数週間前にゴミ捨て場でみーみー鳴いている5匹の子猫を見つけました。自分たちで飼えるのは1匹。そこで友人ネットワークを活用して「子猫のもらい手大募集」をかけたところ、友人のC子がそれを聞きつけ、9月に猫を亡くしたわたしのことを思い出したのです。

C子「2匹はもらい手が決まり、オスの黒猫2匹とメスのキジ猫1匹が残ってるんだって。どうする?」

わたし「2匹引き受ける! どれでもいい!」

C子「Sさんもおうちが見たいって言うし、まゆぽも見て決めたいだろうから、連れて来てもらってお見合いしよう」

見てしまったら、どんな子でもいらないなんて言えるわけありません。Sさんがあげてもいいと思ってくれたら喜んでいただきます、と思いつつ、はいはい連れて来てと返事をして、クリスマスイブのお見合いが決定。

2匹はわが家でケージから出されるやいなや、ドドドドーッと全力疾走してどこかへ行ってしまい、しばらくするとどこからかまたドドドドーッと聞こえて、目の前を弾丸のように走り抜けていく猫らしき影が見えました。元気!

「しっぽの長いのからもらい手が決まり、1番短いのと2番目に短いのなんですが、いいですか?」とSさん。しっぽなんて長くても短くても渦巻いてても構いません!

「走れるくらい広いおうちでよかったです。安心しました」とSさんは決して広くないわが家でも喜んでくれ、2匹は無事にうちの子になりました。

それから19年。クリスマスイブにちなんで「てん(天)」と「くう(空)」と名付けた2匹のうちの1匹が今年、星になって天に帰りましたが、2匹はわが家の最高のクリスマスプレゼントです。(まゆぽ)

てん

有限会社シリトリアのHPはこちらから
★月亭つまみとまゆぽのブログ→「チチカカ湖でひと泳ぎ
★ついでにまゆぽの参加している読書会のブログ→「おもしろ本棚」よりみち編


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • いまねえ

    まゆぽさん
    最終回なのですね。楽しく読ませていただいていましたので
    さみしい思いがします。
    クリスマス、サンタクロース、懐かしい響きとなりました。
    お菓子の長靴は手に持った感触まで思い出されます。
    あれ?そういえば最近この長靴を見かけない。。
    (見かけないといえば七五三の千歳あめも店頭で見ないような。。)
    近所のスーパーはハロウィン後即、正月飾りを並べてたし。。
    子供たちを喜ばせようとしていたのはいつごろまでだったでしょうか。
    今ではクリスマスはお店でケーキやチキンを横目に、
    ジングルベルやワム!、山下達郎などがBGMに流れるのを聴いて
    ちょっとだけその余韻に浸る程度のものになりました。

    私の子供時代はケーキはバタークリームが主体だった記憶。
    最初に生クリームのものを食べたとき、その美味しさに驚きました。
    一度だけお付き合いで親がアイスケーキを買ってきましたが
    あれ、食べきらないとだめですよね?
    当時、我が家の冷凍庫なんて小さいものだったと思うので
    家族6人で必死に食べきったのかしら。。
    ぜひともまた、エピソードを紹介しに戻ってこられるのを
    心待ちにしています。
    初めて知ることもあるし、ああそうだよねと自らの記憶が
    結びつくこともあるし、いつまでも口の中で
    転がしながら味を楽しんでいたい飴玉のようなコーナーでした。
    ありがとうございました。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    いまねえさん、あまりにうれしいお言葉をいただき、
    まじ、泣きそうになっているまゆぽです。

    ああ、バタークリームのケーキ、食べていました、私も。
    「クリスマスケーキ」というだけでも、
    次々に普段は意識の水面下に沈んでいる記憶が
    炭酸水の泡のようにシュワシュワっと浮かび上がってきます。
    何しろ、過ごしてきた時間が半端なく長いもんで。

    そういう泡をカタチにして残しておきたくて
    始めた「あの頃アーカイブ」でした。

    すくい取れずに消えてしまう記憶の方がもちろん多いのですが、
    残したい気持ちと、残そうとするトライアルは継続していきます。

    また帰って来る気十分なので、その時はよろしくお願いします。

    いまねえさんに素敵なクリスマスが来ますように!

  • アメちゃん

    メリークリスマス!

    そうそう、クリスマスケーキはバタークリームでしたねぇ。
    うちは母がバタークリームは美味しくないからと
    ホールのじゃなくて、普通のショートケーキでした。
    夕食後に、そのショートケーキを食べて
    私はてっきり小学校のクリスマス会みたいに、家族で歌を歌ったり
    余興をするのかと思ってたんですよ。ゲームとか。
    ところが、母は(共働きで忙しかったので)さっさと台所で洗い物を始めたんで
    私は母の後ろ姿にむかって
    「歌とか歌わんの?」って聞いたら
    「歌?歌わんよ」
    って返されて。
    なので私は寂しく台所の柱にもたれて、一人で「トロイカ」を歌いましたよ。
    選曲がまた寂しいですね(笑)。マイナー調。
    クリスマスっていうと、この柱にもたれてトロイカを歌う姿が
    いっつも心に浮かびます。

    あ、そうそう。
    チューブに入ったチョコレートペースト!なつかしいです。食べてました。
    でも、食べるときに唇や歯に当たる金属の感じがちょっと苦手でした。

  • つまみ

    つまみ

    粋に、クリスマスにコメントを書こうと思っていたのですが、きっと、たぶん、ほぼ、ゼッタイ、忘れるので、覚えているうちに書くことにしました。

    クリスマスに洒落たイベントをするような家庭の子ではありませんでしたが、ケーキはなぜか隔年でアイスケーキで、その年はワクワクしながら食べたことは鮮明に覚えています。
    ツリーも、小ぶりのがあったような気がする…程度の記憶ですが、ある年、その飾り付けのシャリシャリした長いモール?みたいなのを、次兄がふざけて首にかけていたら、ケーキのロウソクの火がそこに移って、あわや大惨事(実際はすぐに消えた)で子供心にはトラウマで、あのシャリシャリが嫌いになりました。

    てんとくうのエピソード、なんだか泣いてしまう。
    私はかろうじて、その前のまゆぽさんのネコのことを知っているので、付き合いも長くなったものよ、と勝手に感慨に耽っています。

    私も、この連載が大好きだったので、お休みになるのは淋しいですが、この連載のおかげで「普通の人の、普通のエピソード」がいかに面白く貴重か、あらためて思い知ったので、復活を楽しみにしながら、培った視点で世の中を見ていきたいと思います。

    ありがとう。
    これからも、チチカカ湖、他でよろしく!

  • れこりん

    「あの頃アーカイブ」メンバーのれこりんです。つたない文章に、いつも温かいコメント、ありがとうございます。身近な人たちの何てことのないエピソードも、集まってみれば、それなりに「昭和」(ざっくり言うと)ならではの懐かしい風景ばかりでした。昭和のクリスマスも、「彼氏と過ごす」なんて感じより、圧倒的に家族で集うイベントでしたよね。(あ、それは自分がまだ子どもだったから!?)アイスケーキやチューブのチョコ、お菓子の長靴――甘く楽しく、ときに切ない思い出を、読んでくださった人たちと共有できたこと、嬉しく思います。またエピソードが出そろったら、この3人で再登場させていただきますね。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    つまみちゃん、コメントありがとう!

    確かに子どものいる家庭のクリスマスって、
    ドタバタが起きてわけわからなくなるイメージがあるなあ。
    喧嘩してツリーひっくり返したり、
    あっちのプレゼントの方がいいと泣き出したり。
    火がつくっていうのはかなりすごいけど。

    「あの頃アーカイブ」が始められて、ここまで続けられたのも、
    19%くらいつまみちゃんのアドバイスやフォローや励ましのおかげです。
    懲りずにまた始めたら、よろしくね。

    あ、その前にチチカカ湖リニューアル頑張ろうねー!

  • あきりん

    アメちゃんさん、コメントありがとうございます。

    『台所の柱にもたれて、一人で「トロイカ」を歌う~』、まさに「あの頃アーカイブ」です!。もうもうその情景が目に浮かび、普通の人の昭和の記憶だけれど、一人一人が温かく切ない大切な物語を持っていて、その物語を読む幸せを味あわせていただきました。

    皆さまの温かいお言葉やフォローのお陰で続けられた「あの頃アーカイブ」、感謝しかありません。長い間ありがとうございました。
    普通の人の普通のエピソードの貴重なこと&面白さをますます実感しているわたくしたち、また始めさせていただくことになったら、どうぞよろしくお願いします。

  • プリ子

    プリ子

    今更のコメントですみません、最終回が来るとは思っていませんでした~~ううう。
    普通の人の普通の話がどんなに大事か、どんな人にも大事な一生があるんだな、と、毎回毎回、想いを深くしながら読んでいました。
    正直、この会社に就職して、私も聞き取る仕事がしたい! と思ったぐらいです。
    そしてそして、最後に、てんちゃんとくうちゃんのお話。そういう由来のお名前だったんですね。
    じつは我が家にも、11月に子猫が二匹やってきました。その日のことを、こんなふうに思い出すときが来るのかな。
    またお会いできるのを楽しみにしてます!

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    プリ子さん、忘れた頃のコメント(失礼!)めちゃくちゃうれしくて、
    思いがけないお年玉をいただいた気分です。

    本当に、おっしゃる通り、普通の人の普通の人生の中に
    なんて多くの宝物が埋まっていることかと、
    それを掘り出す喜びに赤字が山になってもやめられないねえ、
    と思っております。

    そして、プリ子家に子猫がやって来たんですね!!!!!!
    ああ、会いたい、見たい、触りたいです!!!!!!!
    よもじ猫に登場するのを心待ちしています。

    いつも素晴らしい古着愛に圧倒される
    大好きな『日々是LOVE古着』、今年も楽しみにしていますねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

10月の在宅デトックス:長芋のソテー

今週の「どうする?Over40」

10年ごとに降臨する「おばあさん告知の神」と楽しい在宅デトックス

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

カレー記念日 今週のおかわり!

これからも 忘れられない あの人が

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第25回 明日はわからない

50代、男のメガネは

なら国際映画祭2020を振り返って。

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

猫耳東風

猫No.66  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

猫耳東風

猫No.66  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up