8月21日はカレー記念日

カレー記念日

荷物持つ 夫もいつしか 初老のおじさん

8月21日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」〜働く女子、見守る男子、暗躍するオバチャン。

ƒvƒŠƒ“ƒg 

若かりし頃、ある工務店の社長さんにビジネス成功術のような話をうかがったことがあります。若い職人さんを率いてユニークなサービスを発案し、実績を上げて注目されていた方だったのですが、話の途中で社長はこう私に問いかけてきました。

 

社長「男子社員の士気がどうしても上がらない。業績が滞っている。そんな時に現状を打破して作業効率を上げる秘策があるんだ。何だと思う?」

くみ「なんでしょう。給料を上げるとか? 即戦力のある人材を投入するとか?」

すると社長はニヤリと笑って、こう言いました。

「それはね、未経験の若い女の子を1人雇うことだ」

 

 

……この、どエロくそじじい

 

という心の声が漏れずに、取材をぶじ終えられたことを神に感謝しました。

 

要は「男は単純だから、未熟で手のかかる女の子が1人いるだけで、自分ががんばらなくてはと人一倍働く」という話。当時、まさにその未熟で手のかかる女子だった私は、バカにされたようで非常に腹立たしかった記憶があります。

 

あれから20年。あの時の社長の言葉は、なるほど確かに真実だったのだと思い至った、四十路ハケン社員じじょうくみこでございます。

 

あんなことこんなことそんなことがあって、珍獣男子に囲まれハケンOL生活を続けていた私ですが、実はエジマックスと入れ違いに数人の女子が異動してきておりました。付録を作る仕事は何かと特殊なテクがいるらしく、ここ数年メンバーはほとんど変わっていなかったといいます。部署にとっては久々の新人、しかも珍獣の中に女子投入という、まさかの仰天人事。

 

ここで色めきたった、2人の20代男子がおりました。

 

1人の名はサトゥ。大病院の院長の息子だとか、祖父は政治家だとか、なにかとセレブな噂が絶えない人物でしたが、長身モデル体型とノーブルな顔立ちとは裏腹に、恐ろしいほど小心な男子でありました。何をするにも念には念を押し、関係者という関係者に確認をし、確認したがゆえに「こっちを立てれば、あっちが立たず」状態に陥ってドツボにはまる負のスパイラル。

 

彼の無駄な動きにつきあうほうはたまったもんじゃないですが、その慎重さゆえに他の人が見過ごした小さなリスクを回避できたりもするので、社内の人間は「ちっちぇ」と小さくつぶやきつつも彼を温かく見守っておりました。

 

もう1人はガッタくん。やたら絵がうまかったり、やたらMacにくわしかったり、やたら持ってるアイテムがこじゃれているアート系男子であります。そして、なんといっても独創的な髪型の持ち主。独特のゆるふわ感で、基本的には風が強く吹いている状態。日替わりで驚くほど変わるそのフォルムを愛でるのが、私のひそかな楽しみでありました。

kurin

謎のシステム。

 

しかし草食男子的なルックスからは想像できないほど、彼は強烈なまでの九州男児でありました。「野菜などというヤワなものは絶対買わない」だの「男子たるもの台所には立たない」だの、「九州九州男(くす・くすお)と呼ばせてください」と呼びたいほどの前時代キャラ。女で、しかも年上の私に仕事を頼むのがイヤなのか、何でも1人でチャッチャとやってしまう男でもありました。

 

マイペースで人の意見を聞かないなところが共通するのか、この2人はどうも気が合う様子。夕方になるとツツーとどちらかの席に寄っていき、他の人には決して出さない甘い声で「ねえねえ今日飲みに行こうよお〜」「ダメ。今日残業だから」「いいじゃんちょっとぐらい〜ごはんだけでいいからさあ〜」「え〜どうしようかなあ〜」

 

ってなにそのイチャイチャ感? 好きなの? ねえ好き同士なの?

 

そんなラブラブな2人が、新人女子の指導を任されることになったのです。おいおい大丈夫かよと誰もが不安視しておりましたが、意外や意外、2人そろって思わぬ面倒見のよさを発揮。これまでのような短気を見せることもなく、まめまめしくお世話をしているのでありました。

 

あらやだ。男子ったら。

 

男子は「守り育てる」という役割を与えると、本当によく働くものですねえ。いやビックリしました。下心あるのかどうかしらんけど、いやないわけないけど、あってこその男と女だけど、それをうま〜いこと仕事で活かさない手はないよなあ、と思った次第。

 

そこで、第三の男に白羽の矢が当たりました。前回ミズシマと名付けられた男子であります。

 

waru4c

 

 

無口で無愛想なため、いまひとつキャラがつかめなかったミズシマですが、しばらくして彼は無類の格闘技好きだということが判明。格闘技好きの男子は気が優しい、と相場は決まっております(じじょくみ調べ)。

 

また、ミズシマが毎朝きまって紙に何か書いているのですが、こっそり覗いてみると、そこには1日のタスクリストがびっしり。そのリストは夜になると横線で消されていて、消されたタスクが多いほど機嫌がよいのです。さらに、どこかでトラブルが発生していると嬉々として駆けつけて「まずは今起きている問題を書き出しましょう。ふーむ、なるほどなるほど。ここがスムーズにいってないんですね。このタスクを解決するにはどうすればいいのかというと…」と問題点を整理して解決策を探ろうとします。

 

いつしか彼は 火消しのミズシマ と呼ばれるようになりました。

 

どうやらミズシマは自分にできるだけたくさんのタスクを与えて、それをクリアすることに無上の喜びを感じる男のようです。そこで私はある日、ミズシマにひとつの相談を持ちかけました。

 

く「今、キミさんとお仕事ご一緒されてますよね」

キミさんは、春に異動してきたしっかり者の中堅社員さんです。

ミ「ええ。それが何か」

く「実は彼女、つわりがひどくて困っているみたいなんですよ」

ミ「えっ」

く「キミさん最近業務が集中しているようなのですが、本人はがんばり屋さんだから自分がやらなきゃって気をはってるみたい。それに男子が多い部署だから、つわりのことを言い出しづらいようなんですよ。私が手伝いましょうかと言っても、大丈夫ですって断られてしまうので、私が手助けできるようにミズシマさん、彼女を説得してもらえないでしょうか…」

ミ「…そうなんですか。わかりました、それとなく話をしてみます」

 

火消しミズシマの目がキラリンと光ったのを、私は見逃しませんでした。

 

 

翌日。さっそくキミさんから声をかけられました。

 

「昨日ミズシマさんが『タタタスクがあふれてるって聞いたんですけど、大丈夫です、じじょうさんに入ってもらいましょう。ああいいですいいです皆まで言わなくても全部じじょうさんから聞いてますからっ!』って、すごい勢いでまくしたてて去っていったんですけど、あれ、何だったんでしょうね? まあ私としてはサポートに入ってもらえて本当に助かりますけど」

 

まったくもう。男子ったら。

 

かくして私は「事情をくんで仲をこっそり取り持つ」という、オバチャンOLならではの役割を発見することになったのであります。会社で働くのって、めんどくさい。でも、めんどくさいのが面白いってこともあるのだなあ、と新たな扉が開いたような気がする、じじょうくみこでありました。

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

バックナンバーはこちら

スポンサーリンク


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    ホンマ、オバチャンも若者も、いろんな役割がありますねー。恋チュン動画をしみじみと見てしまいましたわ^ ^
    火消しのミズシマ、いい^ ^
    もちろん影の司令塔じじょくみさまも^ ^

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>okosamaさま
    こんにちわー!いつもコメントありがとうございますっ(*^_^*)
    恋チュン動画、何度見ても楽しいですよねー♪私もついつい見てしまいます。
    火消しのミズシマ、なかなかいいキャラであります。
    男子を「かわいい」とか言ってる時点で終わってる感ありますが(泣)

  • はしーば

    くみこさん、こんにちは。

    『ミャンマーに出張に出かける度に頭髪が短くなってゆく謎』の男、ミズシマ。
    その謎が解き明かされることはないのでしょうか・・・
    またも気になるオトコの登場に悩まされる48歳のワタシ。

  • okosama

    いやー「かわいい」なんてのも余裕の言葉に聞こえちゃいますよ。仕事仲間を素早くプロファイルして対応する技、是非教えて欲しいです。
    40過ぎて仕事に就きましたが、なぜ雇われているか上司に尋ねた事があります。回答は「判断力とか調整力とか」。自覚が無かったので??て感じでした。オバチャンなんで知らず知らずやってたんでしょうね「事情を汲んで仲をこっそり取り持つ」

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>はしーばさま
    こんにちわ♪コメントいつもありがとうございます(*^_^*)
    ですよねですよね、気になりますよねそこ。
    ミズシマはほぼ坊主になった後ミャンマーに行かなくなってしまい、出家は直前回避となった模様。しかしなぜ短髪になったのか、いまも謎のままであります・・・

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>okosamaさま
    いやいや、気持ちの余裕はなくてもメンズの観察は欠かしませんよ(笑)
    プロファイルというよりは、むこうのキャラが強すぎてイヤでもインプットされる感じです。
    そして本当はいろいろ起きてるけど書いてないだけですw
    私も働いてみて「ああオバチャンってこんな風に暗躍してたんだ」と実感しました。なんとなくできちゃうんですよね。アメちゃん配るオバチャンの心情がなんとなくわかってきて、軽く衝撃を受けております。

  • どん底爺い

    崖っぷちレディーが求める男性って、どんな人なのだろうか…
    どこかの事業家紳士?それとも貧乏でも優しい系の人なのだろうか?
    どちらでもない還暦近いバカな私は孤独死しかないのだろうか?
    せめて果てる前に「話し相手」がほしいです。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>どん底爺いさま
    はじめまして、コメントありがとうございますm(_ _)m
    レディーなんて呼んでもらえて光栄でございます(照)

    とりあえず事業家紳士(いい響きですねえ〜♪)とは無縁のまま人生を終えそうですが
    貧乏への耐性には自信があります(笑)ので、優しい方は歓迎ですね。
    問題は、その優しさが内側のほうにこもっちゃって大変わかりづらい
    岩のような男性が多いというのが難点です(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

オバフォー、スタート。中島慶子さんの「ワクワクしたら着てみよう」、今週金曜から再開です!

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.4 脊髄反射的やりとり と 茄子の輝き

50代、男のメガネは

自分のことは自分でやります、ということ。

これ、買った!

眼鏡の跡を回避するもの買った!

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ミカスの今日の料理 昨日の料理

将軍様と私の昨今 : 鶏レバーの唐揚げ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~日傘②~

夫婦というレッスン

つばた夫妻は革命をやってたかも、という直観はあながちまちがいじゃなかった。

いどばた。

お化け屋敷は好きですか?

あの頃、アーカイブ

エピソード14★昭和40年代の引っ越し

KEIKOのでこぼこな日常

スマホで「聞く」読書

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.19】家庭的と言われるのが苦痛です。

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

ラジオブースから愛をこめて

ピクルス生活

昭和乙女研究所

夏はアルバイト!?

なんかすごい。

S.M.ソング

ただいま閉活中

(54)閉活総括~健康編

これ、入るかしら?

vol.40 ふくらんだ袖

四十路犬バカ日和

犬だって華麗に加齢!

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up