6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」~フミさんとパリの恋人、あと子煩悩社長の本性について。

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

前回の「ワンピースをめぐる冒険、私の場合。」では、ワンピースに関するアドバイスとコーディネート提案をたくさんコメントいただき、本当にありがとうございました。アップ直後は「何やってんだ自分、穴があったら入りたいい〜〜(>_<)」とひとりヘコんでおりましたが、試着室という密室での秘め事がこんな形で広がっていくとは思っておりませんでした。いやはや面白かったです。

 

それにしてもワンピース。思っていた以上に手ごわいですね。ラインや丈のあんばいひとつで印象が全然違うってこともわかりましたし、ワンピースってどうも骨格で着るものらしいよ問題や、そもそもワンピースは単体で着るものなのかどうか問題下にジーンズやレギパンはいたらワンピってかチュニックですよね問題など新たな謎も噴出してきて、もはや海賊王になれる気がしないONE PIECEくみこです。

 

おしゃれって、本当にむずかしいですね。

おしゃれといえば、おフランスですよね。

 

 

 

 

左4c

はい?

 

 

ファッション話をしているうちに、古い記憶がよみがえってきたのです。

 

私がまだ20代だった頃、とある出版社に頻繁に出入りしていたことがありました。そこは社員数名の小さな出版社で、大手新聞社や出版社で働いていたベテラン編集者が集まって立ち上げたとかで、人数が少ないので忙しい時に私のような助っ人要員が呼ばれていたのです。要は50代~60代のむさい(失礼)オッサンばかりの職場だったわけですが、その中で唯一の女性社員として辣腕をふるっていたのが、フミさんでした。

 

フミさんは、当時おそらく50代半ばくらいだったと思います。仕事がとにかくテキパキ速くて無駄がなく、いつもダラダラ残業しているオジサンたちを尻目に、彼女はさっさとやることやって定時に帰っていました。そしてファッションは黒いパンツに白いシャツとか、黒いワンピースに黒いベレー帽とか、全てがモノトーン。メイクも黒柳徹子ばりのばっちりアイラインに、眉も黒々ぶっとく描かれ、白い肌とのコントラストはすさまじいものがありました。

 

こうやって書くと、ちょっと近寄りがたい感じがするかもしれませんが、小柄で丸顔のフミさんはモノトーンのファッションに違和感を覚えるくらいによく笑い、くるくる動く表情が何ともいえず愛らしいのです。オジサンたちの尻をたたいて働かせたかと思えば、時には愛猫の体調が悪いと目をうるませたり、「近くにできたパン屋さんがおいしくって!!」と少女のようにはしゃいだりして、オジサンたちを骨抜きにしておりました。

 

そんなフミさんがある時、大きな包みを持って会社に来たのです。「どうしたんですか、それ」と聞くと、「これ? 画材よ。これからアトリエに行くの」

 

どうやら彼女が残業をしないのは、仕事の後にアトリエで絵を描いているからだったのです。フミさんは早くに離婚して、女手ひとつで娘さんを育ててきたということでしたが、子育てが一段落したところで絵を習い始め、今では展覧会を開いたり、パリに通って絵の勉強をするほどのめり込んでいるんだとか。

 

「パリはいいわよお。フランスでは女性は年齢を重ねたほうが価値があるっていう考えだから。私も、むこうにボーイフレンドが3人いるの。うふふ」

 

オバさんのほうがモテるってホンマかいな、と当時の私は信じられない思いでしたが、その後しばらくしてフミさんは

 

「私、来月で辞めてパリに留学しまーす♪」

 

と会社でいきなり宣言して、本当にパリに単身留学してしまったのです。

 

娘さんが就職することになり、「これからは自分の好きなことに時間を使うんだ!」と決心して、善は急げ!とばかりに仕事を辞めてパリ留学。すごいなあ。かっこいいなあ。

 

数ヶ月後、会社に20代らしきボーイフレンドとのツーショット写真と、近況を伝える手紙がパリから届きました。パリライフを謳歌している様子が行間からびしばし伝わってきましたが、何より印象的だったのが写真の中のフミさんの姿。

 

あれだけ全身真っ黒だったフミさんのファッションに、青や赤の色あいが加わっていたのです。

 

思い通りに生きているように見えたけれど、あのモノトーンはフミさんなりの武装だったのかなあ、なんて思ったり。そして、子育ての先にこんな面白い人生が待っているのなら、結婚も悪くないかもな、なんて思ったりしたのでした。

 

 

naninani

だって楽しそうやし。

 

 

ちなみに。

 

その会社は40代半ばくらいの社長が経営しておりました。

この男が、まあ〜とにかく子煩悩で。飲み会のたびに「家族が大好きなんだよう〜♪家族のためならオレは死ねる!」などとシャウトして、周囲にウザがられるほどだったのです。とにかく私が今まで出会った中で、最強のマイホームパパでありました。こんなパパがいたら、家族も面白かろう(面倒くさいけど)などとも思っていたのですが。

 

7年後、社長が泥沼不倫の末に家族を捨てて失踪し、私を大いに失望させたことを最後にご報告しておきます。(こんなオチですいません)

 

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

バックナンバーはこちら


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    今週は、更新をコタツに入って待ち構えてました。
    人生いろいろですね^_^

    フミさん、頼もしい!
    素晴らしい、わたしも頑張っちゃおうか?て、思えてきます。
    実際は、コタツにぬくぬくしながら、iPhoneで、コメント打ってるんですが。笑

    私も、マイホームパパは怪しいとかねがね思っておりました。
    もう、こちらで書くのをはばかられるほど、マイホームパパの悪行の限りを存じております。
    友人のマイホームパパ数人、漏れなく悪いことしております。
    表立って、家族のために死ねる!発言をしている輩の発言は、白目剥いて、やり過ごしましょう。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>爽子さま
    こんにちわ〜♪コタツの中からありがとうございますm(_ _)m
    絵に描いたような冬の景色ですね。頭にみかんをのっけてますか?
    悪行の限りを尽くすマイホームパパ・・・ドス黒いですねえ(笑)
    別冊メンバーのサヴァランさんも「イクメンを自称する人に美魔女と同じニオイを感じる」とおっしゃっておられました。
    「オレって家庭的だぜアピール」は罠だということですね。ムキッ(←白目むいてるとこ)

  • ゆかっちょ

    YES!真のマイホームパパは、自らそれをアピールしませんよね。そもそも他人にアピールする意味も必要もないし。
    ・・・ま、世に散見される自称マイホームパパは置いといて。

    フミさん、素敵過ぎ~。彼女の中ではいろいろ抱えるものもあったでしょうけど、そうは見えない、見せないところが。
    じじょくみさんの周りには(男はともかく)、女性はとっても魅力的な方が多いような気がします。キヨちゃんとか、ビアンカさんとか、魔性系のお母様とか。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>ゆかっちょさま
    YES!コメントありがとうございました〜(*^_^*)
    友達が「最近、自称資産家という人からのスパムメールがすごい」とつぶやいてました。マイホームパパにしてもイクメンにしても資産家にしても、何かを自称するメンズは気をつけようと心に決めました。
    ま、私も自称じじょうくみこなんですけど(笑)
    この連載を書くまで、自分のまわりに素敵な先輩方がいっぱいいたってことを全く気づいてなかったんですよねー私。不思議なもんです。フミさん、ホント素敵でした。どうしてるのかなあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陥没現場

猫No.67  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陥没現場

猫No.67  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up