6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」〜女友だちが面白い時代になってきたから、新宿鮫。

ƒvƒŠƒ“ƒg

いやはや年末ですね。年末って疲れますね。今年のうちにやっとかなきゃいけないあれこれを、考えるだけでゲンナリします。そこに低気圧が来ちゃったりすると、何にもしてないのになーんか疲れてけだるくなって、気づくと

 

「ヘアジャム、ヘアジャムじゃない、ヘアジャムじゃない…」

 

とついつい唱えてしまう、マンダムくみこです。

 

 だるーい感じで「ヘアジャムじゃない」って言うとなんか落ち着きますのー。

 

松田翔太のギャッツビーCM、大好きです。思えば「あまちゃん」のミズタクといい、今年は松田兄弟にずいぶんと楽しませてもらいました。サンキュウ、優作。

 

ところでヘアジャムもいいけど、女子会もいいよねっ!

 

 

nani

なんだって?

 

 

 

ヘアジャムじゃない、ヘアジョムじゃない、ジョムじゃない、じょじない、女子会……

…………

………………。

 

 

もーーーしわけございません!!!

 

 

というわけで、今回は女子会のお話です(もう無理やり)

 

酒も酒宴も大好きですが、仕事がらみの飲み会はめっきり行かなくなりました。にぎやかさを楽しんだ20代、世界を広げたがった30代を経て、ある日突然「やーめた」と思っちゃった。突然花粉症を発症するみたいに、私の中の「社交キャパ」が飽和量に達した感じというのでしょうか。いろんな人といろんな場所で語らうのもいいけれど、これからは好きな人と好きなお店でゆっくり過ごしたい、そう思うようになりました。(まあカラダがついてこなくなったという話もある)

 

そんなこんなで最近、女子会が増えております。「“女子”はないっしょ」と友人の娘からツッコまれたので、正しくは「婦人会」でございます。やれ暑気払いだ、寒いから鍋会だ、誰それの誕生日だ、何もないけど打ち上げだと、何かと口実を作っては集まるようになりました。

 

「女の友情はもろい」とよく言われます。確かにそういうところ、あるかもしれません。彼氏ができれば縁遠くなり、結婚したらしたで外出しづらくなり、子供ができれば育児や家事に追われ、働いたら働いたで仕事に忙殺される。ちょっとした風向きひとつで、女同士はぷっつりと会わなくなる。少なくとも私のまわりはそうでした。

 

特に30代半ばからの10年は、人生で一番女友だちと疎遠だった時期じゃないかなと思います。結婚した人は環境が劇的に変わり、働く人は責任がどんどん増えていく。私の場合、一番うまくいかなくなったのが「既婚で子持ち」の友だちでした。結婚したての頃はまだよかったけど、次第にダンナや姑関係の話題が増えていき、そのうち子どもの教育問題が加わって、一方的に愚痴をまくしたてられて「アンタの愚痴を聞くためにここに来たんじゃないよ。私の話は聞こうと思わないわけ?」とブチきれたことが何度もありました。

 

毎年せっせと子供の写真だけを年賀状に載せてくる子に「私が知りたいのはアンタの今であって、アンタの子供じゃないんだけど?」なんてケンカになったり。「バリバリ働いて、自活しているあなたがうらやましい」などと言われて「うらやましいのはこっちだよ、子供もダンナも家もあるのにまだ欲しいの?」と心かき乱されたり。仕事のことしか話すことのない自分に、勝手におちこんだり。わかるんだよ、気持ち、お互いわかってると思うんです。それでも、それをヨシとできない時期が確かにあったんです。なんだったんだろうなあ、ヒリヒリしていたなあ、あの頃みんな。

 

そうこうするうちに自分にも新しい交友関係ができ、どんどん女友だちとは音信不通になっていきました。楽しいこともしんどいこともありながら、日々は慌ただしく過ぎていきましたが、心のどこかで「ああ、このまま縁が切れちゃうのかなあ、女友だちってやっぱりもろいのか…」なんてションボリしていたのでした。

 右4c

 

ところが四十路に突入した頃からでしょうか、にわかに女友だちとの関係が復活するようになったのです。

子供が手を離れて自由な時間ができたとか、家庭が落ち着いて外出しやすくなったとか、理由はたぶん人それぞれだと思いますが、5年10年、なかには20年!ぶりに関係が復活する人が続々と出てきたのです。しかも、久しぶりに会った女友だちは、なんだかずいぶん面白い人になっておりました。

 

おひとりさまの「さみしがり」をこじらせすぎて、ひとり居酒屋→ひとり焼き肉→ひとりカラオケ→ひとり旅→ひとり突撃田舎に泊まろうなどと、もはやどこに向かっているかわからないほど迷走する女

 

人もうらやむセレブマダムだったはずが、「人の裏の顔が見えないとなんか落ち着かない〜」と福祉事務所で働き出し、生活保護をどうにかせしめようとするドス黒い人々と丁々発止のやりとりを続けるダークサイドな女

 

昔は何をするにもダンナと一緒だったのに、ある日突然切手に目覚め、ダンナを置いてガシガシ出歩いては「老若男女に友だちができちゃうのお〜ん♪」とはしゃぐ趣味開眼女

 

「もう子ども作らないでいいと思ったら、性別関係ないかなーと思ってえ〜」とゴリゴリのゲイとつきあい始め、新宿二丁目に通いすぎて自分までオネエっぽくなってきたジェンダー越え女

 

まあこれは極端な例ですけども、会わない間にいろんな経験をして、カラダも心もちょっとくたびれて、若かりし頃の焦りや嫉妬も色あせて、うまくいったこともそうでないことも含めて互いの悲喜こもごもを愛でられるお年頃になったのかな、と思います。年取ってションボリすることも多いけど、こと女友だちに関しては中年からのほうがだんぜん面白い気がするなあ。オバチャンたちがいつも楽しそうなのは、こういうカラクリだったのか。

 

というわけで、先日も女友だち数名と忘年会をしてきました。メンバーの大半が東京の西側に住んでいることから「ウエストサイド婦人会」と称しておりますが、今回は最近はやりのワインバルで、爽やかイケメン店員さんにワインをつがれてゴキゲンに乾杯。

 

「ところで、みんな結構きてる? もうアガった?

「私まだー。イキそうでイケないの」

「私はそろそろイッちゃいそう

「私はシモよりびっちょり派だなあ。会議中とか汗びちょじゃない?」

「ヤダ、アンタ会社でびちゃびちゃになっちゃうの?」

 

って一体何の話題よって感じですけどね、イケメンも軽く失笑してましたねすいません

 

10年前はこのメンバーでこんなぶっちゃけトークができるなんて夢にも思わなかったですよ。年も取ってみるもんだ。

 でもそろそろ五十路も見えてきたことだし、今後は茶会や句会や薪能など、もちっと成熟した大人っぽい宴も催してまいりたいとも思いますが、とりあえずウエストサイド婦人会はメンバーの新宿転居を機に、来年からは

 

新宿鮫会

 

に生まれ変わる予定です。

 

不夜城で暴れてしまいそうで、来年が心配です。

 

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

バックナンバーはこちら


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    あー、楽しそう。新宿鮫会

  • きゃらめる

    バラエティ豊かな顔ぶれのお友だち。これからの人生の辞書から、退屈という言葉は抜け落ちるかもしれませんね。

  • 爽子

    なんと!一行目しか反映されてない。がっくし。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>爽子さま
    いらっしゃいませー(^∇^)
    ってコメント反映されてませんでした??
    あらーそれショックですね(~_~;)
    よろしければ再度トライしていただけるとうれしゅうございますーm(_ _)m

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>きゃらめるさま
    こんにちわーコメントありがとうございます♪
    いやほんとにね、こんなに面白い女たちになっているとは思いませんでしたが、特に、子供を産んで育て上げてからまた遊び始めた「再度デビュー女」はもう誰も止められませんよ!

  • 爽子

    くみこさま、お顔がコメント欄に出るようになったんですね。^_^嬉しいです。

    最近のことは、何につけてもすっかり覚えておけなくなりました。
    コメント、どんなこと書いてたんでしたっけ。
    再度デビュー女、というと、私たちのようなポジションの女ということになるんでしょうか、たしかに猛者ぞろいです。笑

    わたくしは、子沢山ですので、子供繋がりでいろいろな方と知り合いになることがあるんですが、体育会系のチーム繋がりの面白さは、ダントツです。
    毎回、笑い死にしそうになりながら、頭の端で、吉本や松竹の舞台に誰もがすぐ立てるのではないか、これ絶対お金とれるわ!と思ってしまうのです。

    そのメンバーで旅行したのですが、一人急に行けなくなって、私の友人が飛び入りしたんです。
    彼女は、私の顔を見るたびに、「一生の中で、一番笑った五日間やった。」と言います。まだ死んでないのに。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>爽子さま
    再コメありがとうございます〜(^∇^)
    みんなアイコンが出るようになったんですよ、他の方ものぞいてみてくださいませ♪
    ちなみに私のは「ワクワクしたら着てみよう」の中島慶子さまが、同一人物とは思えないほど美人に仕上げてくださいました!役得ー。
    再デビュー組、さすが勢いありますねー(笑)
    聞いているだけで楽しそう♪
    笑い死にする旅、私も行きたいですー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up