11月13日はカレー記念日

カレー記念日

失敗を したくはないが せなわからん

11月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

冬の秘密のスーツケースと、泣きじゃくる乙女の物語。

お寒うございます。冷え性の私には試練の季節であります。この冬は特に寒冷じんましんと寒暖差アレルギーがひどくて辛いのなんのって。両方とも四十路になって発症し、今年そういう名前だと初めて知ったのですが、要は気温差にカラダがついていけないために起こるトホホな症状。冬の間はひどい花粉症のような状態が続き、外気にあたるたびに手がミミズ腫れでぶんむくれる日々であります。

 

そんな冬なので、寒いところには行きたくない。できることなら布団にくるまって冬眠したい。今も「じじょくみ書かずに惰眠を貪ってしまおうか…」とブラックJKに誘惑されております。それでも受験真っ最中の姪っ子イカピーが勉強の合間にこの連載を読んでいるというので、叔母として「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…」と3回唱えてパソコンに向かっておる次第。

 

ちなみに本人に何て名前で書いたらいいかと聞いたら「じゃあイカピーで」と言うので、この名前になりました。なんともイカす姪っ子ですが、そもそも中学生にこの連載読ませるって教育上ダメじゃね?て話がなくもないオヴァンゲリオンくみこです。

 

逃げちゃダメな人地球代表

 

そんなこんなで冬は外出したくないのですが、否応なく正月はやって来るのでイヤでも旅に出ます。イヤイヤ言ってるわりにあちこち行ってるやんとツッこまれそうですが(くわしくは前回)、冬の旅はどうしても動きが鈍くなって、じっとしている率が高くなります。じっとしていると自然と周囲の人々が目に入ります。なので周囲をじっと観察します。そしてこの冬、私はある発見をしました。

 

いまどきの若者は荷物がデカい。

 

今年はどういうわけか新幹線の予約が全く取れず、戻りの新幹線で2時間以上タチンボという悲惨な目に遭いました。通路までいっぱいというありさまで、停車するたび人は減るどころか増える一方。足の踏み場もないほどの寿司詰めラッシュ状態が何時間も続くのかと思うとゲンナリしましたが、しばらくして「あら? ラッシュのわりには息苦しくないわ?」と気づいたのです。

 

足下は指先ひとつも動かせないくらいの密着度なのに、顔を上げるとやけに見晴らしがいい。息苦しくない理由は、デッキや通路を陣取っている若者たちのドデカいスーツケース。人間の1人や2人は入ってますよねってなサイズのスーツケースを持った若者があちこちに立っているではありませんか。

 

どう見たって20代前半です。そしてどう見たって海外旅行の出で立ちではありません(なんとなく空気でわかる)。てことは国内か、国内旅行なのか!?  その荷物でどんな秘境に行くつもりか???   20歳前後の子供を持つ友人から「私たちの世代はいかにバッグを小さく軽くするかってことに命賭けてたけど、今の子は全然そんなことしないのよね」とは聞いてはいたのですが、まさかここまでとは。国内ならたいていの物は現地調達できるこの時代に、若者の荷物はいったいいつからあんなに巨大化したのか。あんな荷物で邪魔くさくないのか、というのは昭和的な思考なのでしょうか。

 

きっとあの中には何か私の知らない世界が広がっているに違いない。ああ、できることなら1人ひとりに声をかけて、週刊宝石よろしく「あなたのオ○パイスーツケース見せてください」と秘密の花園を開示してほしい衝動にかられましたが、そこは大人なのでグッと我慢しました。大きなスーツケースで旅するお子様をお持ちのみなさま、知られざる中身をぜひ教えてください。

kininaru

誰か教えて気になりすぎる〜

 

一方。

闊歩する若者と違って、70代の冬は静かです。体調を崩さないよう、みなさん静かにお過ごしです。しかし暮らしは静かでも、心まで静かというわけではありません。むしろ心はなぜだか熱く燃えたぎっているようであります。

 

それは実家に帰ったときのこと。めっきり痩せてしまった母が室内で大層寒そうにしていたので、持ち帰っていた私のダウンベストをあげることにしました。母は喜んでそれを着て翌日の人工透析に行ったのですが、帰宅した母はなんだかションボリ元気がない。どうしたのかと思ったら、

 

「なんだか最近、仲間はずれにされちゃうのよねえ」

 

人工透析のため週3回クリニックに通う母ですが、クリニックでは毎回同じメンバーと一緒です。2日に1回会うので当然メンバー同士は親しくなるわけで、親しくなったらなったで人間いろいろあるわけで。それで母がメンバーのじいさんに言い寄られて超モテ期という話を以前書いたことがありましたが、どうやらあの事件を機に母はクリニックで微妙な立場になったようでした。なかでも同じ送迎バスに乗っているタマコさんというおばあちゃまから敵意をむき出しにされている様子。

 

「私がいろんな人の話を聞くもんだから、ある時『あなたって八方美人よね』って言われちゃったのよ」

 

母は長年接客商売をしていたので、人の話を聞くのは得意です。そして母が熱心に話を聞くふりして、実は全く聞いてないことを私は知っています。それでも老人の輪の中に何でもウンウンと黙って聞いてくれる母のような人がいたら、そりゃ人気者にもなりますわなあ。そして当然ながら、そういう母の存在を苦々しく思う女性もいるわけですわなあ。

 

「こないだも誕生日に花をもらった話をして『娘さんがいていいわね』なんて看護師さんに言われたから、そうね助かるわねって答えたの。そしたらいきなりタマコさんに『あなたのこと嫌い。もう話したくない!』って言われちゃって。帰りのバスの中でも誰も口を聞いてくれなくて、運転手さんが『じじょうさん、一体どうしたんですか』と心配してくれたくらいだったのよ」

 

何だその不穏な状況!? と驚きましたが、よくよく聞いてみると母はどうやら嬉しい、楽しい気持ちを素直に話してしまうようで、それを他のメンバーは「自慢ばかりしやがって…」と受け止めているらしいことが判明。ああ、なんだかそれって、身近で見たことのある風景だなあ。

左4c

ほら、SNSとかで、ねえ?

 

「みんな息子さんばかりで娘がいないから、私があれこれ娘にプレゼントしてもらえるのが悔しいみたい。ほら男ってそういうの気がつかないでしょ。タマコさんは息子さんと同居しているんだから、それだけでいいじゃないって私は思うんだけどねえ。でも後になってタマコさんから電話が来て、泣きながら『さっきはごめんなさい』って謝られちゃった」

 

……やだタマコったら乙女。かわゆすぎる!! 

 

娘からのプレゼントが嬉しくて、その嬉しさを無邪気に伝えてしまう独居老人の母。そんな母がうらやましくて、思わず感情を露わにしてしまう息子同居のタマコ。どちらもなんだか愛らしくて、ヒリヒリしていて、ちょっと泣きたくなってしまいました。

 

「今日もダウンベストを娘にもらったの、という話をしたらなんだか変な空気になっちゃって」

「…母さん、リア充アピールって知ってる?」

「り…??」

 

いやはや70代も大変であります。

 

思い起こせばこの連載の第1回は、泣きじゃくる20代と闊歩する70代のお話でした。今回は、はからずも闊歩する20代と泣きじゃくる70代のお話。そして間にはさまった四十路独女は、寒さにぶんむくれた手をさすりながら相も変わらず四十路の生き方を見つめてさまよっております。今年もがんばる。あとがんばれ受験生!

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

 

スポンサーリンク

 


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • さくら

    イカピーがんばれ!
    受験当日のこころえ。

    むずかしい、過去問で見たこともない問題は
    みんなもそう思っている。で、落ち着いてよく読むと、超やさしかったりする。

    マラソンでいえば、受験は
    トップ集団で走る必要なし。
    3番手ぐらいの集団にまじっていれば
    落ちない。

    むずかしい問題は、とばして
    解いていく。そこそことったなと思ったら
    飛ばした問題に取り組む。きもちに余裕があると
    すっと解けることあり。
    ただし、飛ばした問題は後ですぐ見つかるように
    おおげさにマークをつけておくこと。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>さくらさま
    こんにちわ、姪っ子に応援メッセージありがとうございます〜m(_ _)m
    おーいイカピー、読んでるかーい?
    さくらさまのアドバイス、学生時代に聞けてたらよかった・・・
    (難しい問題にひっかかって、後の問題解けきれないパターン 泣)

  • nao

    私の知っている若い男性は、実家に数日帰省するのに
    バスタオルからヘアドライヤー、日数分の着替えも持って行くようです。

    それと関係あるのか、その人は朝起きてから出かけるまで
    どう頑張っても2時間かかるそうです(笑

    実家に帰省したら、母のパンツをはいても平気だったわたくしには
    想像もつかない生態ですね!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>naoさま
    こんにちわーコメントありがとうございます♪
    私の友達の娘さんも、そんな感じみたいでした。環境を変えたくないのかな?
    でもこういう人とつきあうのは面倒くさそうですね。
    そんなことよりお母さんのパンツはいてるnaoさんのインパクトがすごすぎて疑問がぶっ飛びました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

捨てちゃうの? : バターナッツかぼちゃのスープ

今週の「どうする?Over40」

これを現実と見定めて。バラ色の人生はなくても、よりよき明日はある。

これ、入るかしら?

無印 ONE SIZEのパンツ

カレー記念日 今週のおかわり!

寅さんて 知ってますか と訊くなんて

いどばた。

めまい体験について語りませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.18 書き出しが魅力的な短編集とかけて…

50代、男のメガネは

誰のために生きるのか。

黒ヤギ通信

冬のはじまり

四十路犬バカ日和

バースデー準備は入念に!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

差し色の法則

絵手紙オーライ!

金色のちいさき鳥のかたちして

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

これ、買った!

エアリズムの八分袖を買い込んだ!

OIRAKUのアニメ

第8回 GODZILLA

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

昭和乙女研究所

商店のドラマって多かったですね

ワクワクしたら着てみよう

寒い季節のブルーはクール!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

大神降臨

猫No.23  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

大神降臨

猫No.23  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up