6月24日はカレー記念日

カレー記念日

すっきりと 目覚められたは いつの日か

6月24日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

レジェンドなんかにゃなれないが、四十路のイバラを突き進む。

 

みなさま、ソチオリンピックはご覧になりましたか?  

四十路すぎてめっきり夜ふかしができなくなった私は、観る気満々でテレビつける→気づけば沈没→目覚めたら結果出てて興ざめ…という負のスパイラル。もっぱらニュースとYoutubeでつまみ食いする程度でしたが、それにしても心に残るのはスキージャンパー、葛西紀明氏であります。

 

現在41歳の銀メダリスト、レジェンド葛西。オバフォー世代としてはその強靱な肉体と精神に興味を感じますが、しかしアテネ五輪の時に同じ41歳で同じ銀メダルをとったアーチェリーの山本博先生みたいに 中年の星 呼ばわりされませんよね、葛西選手。やっぱあの爽やかルックスだからかしら、なんて思ったんですけど。

 

yamamoto

中年の星ヒロシ・ヤマモーロ

 

 

それがですよ、どなたか葛西選手が銀メダルを獲った翌日のスポーツ新聞ご覧になりまして? 

銀メダル葛西が結婚宣言 橋本団長も応援 

kasai

メインの話題は結婚。

 

 悲願のメダルなのに、そっちか(笑)

葛西選手ってすごく落ち着いているイメージだったから、独身とは意外だったー。しかも橋本聖子のコメント「あそこまでいくと彼女はいると思うんだけど…」って何だよ「あそこまで」ってどこよ?

 

まあいつの世も気になるのは色恋沙汰ってことですかね。葛西さんには優しくておおらかな奥さんを見つけてほしいです。いつも冷たいところで戦ってるんだから。ま、私にはスポーツ選手の妻、ムリですけど。(およびでない)

 

そんなこんなで、久しぶりに婚活話など。過去の婚活はこちら↓

婚活フェアリーの、跳べない日々。

アウェイな私に恋を運ぶ、キヨちゃん。

男のメンタル、女のココロ、すれ違うからビールはジョッキで。

人は見た目が9割、ムサカが6割、オオクボカヨコは5割増し。

信長が 踊ったら、モンスター独男があらわれた。

この夢は果てない夢か、見果てぬ夢か。

 

 ***

 

葛西さんじゃないですけど、独身者としては他人の動向はやっぱり気になります。特に四十路から婚活を始めて、その道のりの厳しさを痛感したもので、同世代の人はどうしているのかなあ、うまくいっている人もいるのかなあ、そのへん知りたくてしょうがない。とはいえリアルライフでは婚活仲間がほとんどいないので、もっぱら情報はネット頼みです。

 

 

アラサーの婚活ブログはたくさんありますが、アラフォー、アラフィフでも婚活ブログを書いている人はちらほら。婚活ブログってわりとアフィリエイトがあからさまで、読んでてグエッとなるのですが、四十路以降は環境そのものが厳しいせいか、素直に感情を綴っている人が多い気がするんですよね。それを読んで「うんうん、わかる」「わーそれひどいなあ」「その人やめとき!」とか、勝手にツッコんだり励まされたり。

 

 

そうやって一方的にブログを読んでいる人が数名いたのですが、苦戦気味だった何人かが年明け早々そろってブログを閉鎖。別の人は「40すぎて婚活を始める人へ。肩の力を抜きましょう」と書いたのを最後に更新ストップ。1年ほど前に結婚相談所で彼氏を見つけてラブラブそうだった女子も、まさかのブレイクアップで婚活を再開。言葉すら交わしたことのない他人ながら、苦しい胸の内を想像してはひとりションボリ…。

 

そんな時でした。我が家に1枚のハガキが届いたのは。

 

 

「それほど高くも険しくもない山を、一歩ずつ

 足元を確かめながら、登ってきたような年でした

息が切れれば立ち止まり、ゆっくり整えてはまた歩き

発見と感動を重ねながら、少しずつ増えていく手応えと確信

いい一年でした」

 

 

結婚して新生活を始めた、サラさんからのたよりでした。

 

 

naninani

 

 

サラさんとの出会いは、本当にひょんなきっかけです。6年ほど前、遠い町で暮らすいとこから「ダンナが大学のOB・OGで自費出版の本を作った」という連絡が唐突に届いたのです。いとこのダンナが大学時代に所属していたゼミの卒業生の同人誌という、接点がないにもほどがあるその本は「制作費かかっちゃったんで買ってくれないかな」という、それだけの理由で私のもとに舞いこんできたのでした。

 

100%義理買いだったので興味をそそられるテーマは一切なく、でもせっかくなのでとパラパラページをめくっていたその本の執筆者のひとりがサラさんでした。堅苦しい内容が続く中、サラさんだけが自らの体験を素直に綴ったエッセイを寄稿していました。やりたいことが見つからず、旅ばかりしていた学生時代のこと。旅のはてに、地域に根ざした憩いの場を作りたいと思ったこと。夢を追う中でパートナーとの予期せぬ別れをして、長い間苦しんだこと。ようやく光が見えた時に、奇縁が重なってお店をオープンさせたこと。そこで出会った、さまざまな人とのやりとり。

 

音のない、とても静かな筆致でした。なのに私は彼女の言葉に激しく心揺さぶられ、寝ても覚めてもそのことが頭から離れず、数日後とうとう私は彼女の店に宛てて手紙を書くという暴挙に出たのです。(ギャーはずかちい〜〜!)

 

そこからサラさんとのつきあいが始まりました。

彼女とは一度も会ったことがありません。メールやチャットでしょっちゅう連絡取り合う仲でもありません。もっぱらお互いのブログで近況を確認しあうくらい。それでも彼女が綴る日々の出会いやふれあいに心和む自分がいて、知らない町で同世代の彼女が暮らしている、それだけでなんだか十分だったのでした。

 

そんなサラさんが、お店を閉じて「ふたり旅」に出たのはおととしのこと。

良縁に恵まれ、彼女は別の町で新生活を始めることになりました。彼女がパートナーを見つけたことは本当に嬉しくて、同世代で結婚する人が現れたことも大きな励みになりましたが、正直「ああ、またひとり向こう側へいってしまった」という思いにかられたこともまた事実。

 

結婚したらば、以後、疎遠 (←独女あるある)

 

ちっちぇーな自分。ちっちぇーよ。でもしょうがないもん寂しいんだもん。

 

そんなこんなでサラさんとも音信不通になっておりましたが、年明けに冒頭のハガキが届いた時、なんだかとても清々しい気持ちになったのです。戸惑いながらも力強く前進している彼女の姿を想像して、ああやっぱりこの人好きだわと、この人が幸せなのは嬉しいわと、素直にそんな風に思いまして「今こんなことを書いているんだよ」と返信がわりにこの連載のことを知らせました。すると、こんな返事が届いたのです。

 

「四十路独女のキモチは、わかるぅ~~~の連続です。まだ全く遠くへは来ていないので叫びがリアルに迫るというか、笑えずうーーーむ(-_-)と唸ることも。いや今のおぬしにはもはやわかるまい!という気持ちまでわかります。(あら、思ってない? 私は同調してくれる既婚者には何かしら思ってましたね(-“-)

 

出逢いがない、誰でもいいわけじゃない、自信もない、コンプレックスいっぱいなわりに変えられない、仕事は好き、ただ気持ちに誠実に、不器用に強く生きるしかなかったような私などは、全く紙一重のように思えます。もしかしたら今も、お店を続けていてもおかしくないと思うし。

 

そうそう、検証結果報告を。夫は43歳ですが、「40代独身には何かある」には1ポイント! でも、こちらにもすんなりと結婚できた人たちとは違う「何か」がある自覚は十分あるし。なので私の分も1ポイント! お互いに許容できる範囲も断然広がってたりするので、うまいことできてるなぁと妙に関心したり、人間的に尊敬することの方が圧倒的に多いので、男の深みは「40代から」にも1ポイント入れてやってください。そんな集計は無い?(-_-)

 

不器用でちょっと変わっていたりもするけれど、こころのやさしい、噛みしめれば味のある方が、まだまだ独身でいらっしゃる気がします。その中に、気の合う人がいる奇跡も、ちゃんとあるように思いますよ。だから、あんまり男前になっちゃだめですからね! まだまだオンナノコ! 目指せ、頭ポンポン(される方!)」

 

やだ、なんだろう泣ける(T_T)

 

四十路の道はイバラ道。好きになれる人に好きになってもらうなんて奇跡じゃないかと思ったりもしますが、こうしてめでたく夫婦になった人に「四十路の男って面白いよー」なんて言われるとなんか嬉しくなるじゃないですか。折しも同じ時期に、独女の友人がひとり入籍。もうひとりは彼氏と同居を開始。さらに婚活ブログを読んでいた人が最近、婚活サイトで知り合った方と結婚することになったと書いていました。おお、いいんじゃない? なんか流れ、きてるんじゃない?

 

じじょうくみこ、46歳。まだまだ絶賛、崖っぷち。

でもそんな崖にも春は来て、そろそろいい風吹くんじゃないかなオホホホホ 

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    こんばんは!

    まだわたくしが22,3歳だった頃、母がやさしくかつ真剣に
    「お母さんね、あんたが選んだ人ならヤクザでも文句は言わないよ」
    と、言いました。
    ど、どうして私がヤクザと???
    びっくりしましたが、そこまで親が譲歩してもなかなかに縁遠い娘でありました。

    結婚は妙な縁があって、出会って数ヶ月でしてしまいました。
    人生ってわかんないもんだなーと思いますです。

  • 花緒

    葛西選手、私もブログに書きたいと思っていました。
    結局書いていませんが(^^;
    今までフューチャーされていなかったんですね、お名前しか存じなくて、今年初めてお顔も拝見する事になりました。
    急にいろんな情報がわかりましたね。
    年齢とともに減量が難しくなり、3日間断食をすると言っていました。
    山本さんも41才でしたか、ずいぶん違いますね~。
    サラさんとの出会いステキです!
    最初にじじょくみさんのお手紙がうれしかったんだろうな~、気持ちが伝わったんですね!
    そして、私も晩婚で5年目なので、サラさんに共感します。
    同世代で未だに独身の女性の気持ちは、分かるつもりです。
    大海原の小島の崖に立っているような…。
    ところで熊谷真美さんが結婚されて、ノロケまくっているシーンを見ると、彼女の今までの人生はいったい何だったんだ?と思ったりもします(^^;
    芸能人も結婚するとちやほやされるけど、ずっと独身で頑張っている人をもっとねぎらうような事はないのかな~と思ったりします。
    難しいかな?

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>naoさま

    こんにちわ♪コメントありがとうございます〜(*^_^*)

    「お母さんね、男の人を愛せない人がいてもいいと思うの」
    と言ったうちの母とは違いますが(笑)
    たぶん方向性は同じかもしれません。お母さんの愛がしみますねー。

    naoさんは電撃婚だったんですか? う、うらやましー!
    電撃婚、憧れですうぅぅ。今やるならそれです。虎視眈々と狙ってます。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>花緒さま

    こんにちわー♪ コメントいつもありがとうございますm(_ _)m

    スポーツ選手は年を取ると減量に苦しむみたいですよねー。けがもなかなか治らないし。
    それにしてもオリンピック後すぐにレースに出ているし、試合数がすごいですよね。
    あれだけの数を常に第一線で戦うのって尋常な体力じゃないわー。

    それにしても、比べると当時の山本さんと葛西さんがとても同じ年と思えない(笑)
    でも山本さんは先生ということもありましたし、オッサン然としていたキャラでしたよね。
    あとは今が40すぎてもオッサンくさくならないのが当たり前みたいな時代になったのかも?

    熊谷真美さんの結婚、知りませんでした。ずいぶん年下のダンナさんなんですねー。
    なんとなくはしゃぐ気持ちはわかりますが(私なら絶対はしゃぐw)
    ちなみに独身者は税金もご祝儀も取られ放題、何の手当も割引きもない哀しい生き物です(泣)

  • 青緑

    じじょうさま、年初にも書きましたが、念を入れて応援しています。
    そのままを愛してくれる人が絶対現れます。入院先の看護師さんが、「なかなか彼ができない。どうしたらいいの。」と嘆いておられましたが、「男と結婚したければ、男がいるところに積極的に行くべき」とアドバイスさせていただきました。相手が年下だからと遠慮もダメですよ。わたし?(聞かれてないか)会社帰りの小汚い寿司屋で夫と出合いましたよ。旅人のような仕事であんまり一緒には住んでないですけど、たまに帰宅します。夫とは、ほんと縁ですね。
    じじょうさまの結婚式には祝電打つからね~!鉄道マンはどうなの…?(お節介か)

  • つまみ

    つまみ

    じじょくみさん、こんばんは。

    レジェンド葛西とキムタクは同い年だと聞いたような。
    ってことは、アテネ五輪のときの山本先生とキムタクも同い年ってことですね。
    ってことは、キムタクと同い年だというマツコ・デラックスとも、レジェンド葛西とアテネ山本は一緒なんですね。
    う~む、感慨深い。

    彼らの一回り上の(山本先生はあくまでも「アテネのとき」ですが)熊谷真実の近況、知りませんでした。
    18才下っすかあ。
    同世代としてまず「元気だな」という感想を抱くのはかなり間違っているとは思いますが、30数年前、紀伊國屋ホールで、つかさんの舞台の裏方を嬉々としてやっていたオーバーオール姿の新妻の彼女を間近で見ている身としては、隔世の感、しみじみです。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>青緑さま

    こんにちわ!お返事遅くなってしまってごめんなさい〜m(_ _)m
    いつも温かいお言葉、本当にありがとうございますううう〜〜〜。
    その青緑さまの「念」で私めに「縁」を授けてくださいませ〜〜(他力本願ダメすぎ)

    「男と結婚したければ、男がいるところに積極的に行くべき」
    胸にズドンと響きましたです。
    よく考えたら男は男でも珍獣しかいませんでした。
    友人にも「婚活とかちまちましてないで、黙ってひとりで飲み屋へ行け」と言われました。
    やっぱり大人の出会いは飲み食いベースですかね。小汚いとこ、得意です!

    てかダンナさん!「旅人のような夫」ってなんですか気になりすぎるんですけど!
    たまにしか帰ってこないダンナ・・・ああ理想、理想すぎるわそのライフスタイル・・・(妄想)

    私も鉄道好きの旅人でたまに帰ってくる(けどお金は置いていく)ダンナを捜したいと思います。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>つまみさま

    いや〜〜んコメントうれしいです♪

    キムタクとマツコとレジェンドとセンセ(当時)がタメですか。
    キムタクとマツコとペヨンジュンとホリエモンとレジェンドとセンセがタメですね。
    軽く胸やけしますね。46歳でよかった(なんでや)

    それにしても、つか妻だった頃の熊谷真美さんをご存じとは!そっちのほうがすごい〜!
    私の中では熊谷真美さんてテンションの高い、いつもコロコロ笑ってるかわいい女性、
    というイメージでした。お祭りとか率先してやりそう。
    ああいう女性はかわいく見えるのかしら。
    いつか、ちいさいオバアチャンになれたらやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

今週の「どうする?Over40」

「奮発した」という事実だけを残し、ルンバは空回り。

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

カレー記念日 今週のおかわり!

明日から 日が短くなる もう淋しい 

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

猫大表示&投稿詳細はこちら!

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up