1月22日はカレー記念日

カレー記念日

有名人 存命かしらと ググってる

1月22日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」④ 〜その恋は待ったなしだから、出会ったら走れ。

ƒvƒŠƒ“ƒg

 先日、友人ハルミがつぶやいておりました。「ダンナが最近、妙な特訓をして困っているのよね」

 

サントリーの新ジャンル「グラン・ドライ」のCMをご存じでしょうか。(なんだっけ? という方はこちらをクリック)

舞台は、高層ビルのオフィス。大きな窓の前にたたずむのは、背中に男の生きざまがにじみ出るスーツ姿の渡辺謙もとい、ハリウッドスター、ケン・ワタナービ。そのケン・ワタナービが肩越しにふりむきながらニヒルに一言「……リアリィ?」

 

「これって日本人が発音できる最高級のリアリィだよねっ、キレッキレのリアリィ〜だよねっ。リアリィの最初はリじゃなくてウだよね、ゥリアリイ〜〜?」

 

つって会話の途中でいちいち背中を向けリアリィリアリィ言っているダンナもどうかと思いますが、そんな話を愉快そうに話しているハルミに涙が出ちゃう、だって女の子だもん、じじょうくみこです。

 

友人紹介ルートでの出会いを求めるあまり、とんだ大失敗をしたことは前回お話しましたが、友の友友のダンナの友まで進んでもどうにもうまく事が運ばないので、ついには友の友のダンナの友というもはや知り合いってか他人?みたいなところまで進んできました。まあとりあえず網だけ張っとくかという気分でいたら、「いい人いるらしいって連絡きたよ」とまさかの朗報。

 

「55歳で広告代理店の男。けっこう遊んでるけど、いい?

いいわけないやろがっ

 

これはきっと他力本願な私に神様が「自分で動けや」と告げているに違いありません。とりあえず婚活サイトでも登録してみるかと思った矢先に、今度はふるさとにいる姉から連絡がきました。

 

「知ってた? 母さん、最近モテキなんだよ♪」

 

リアリぃ〜〜?

 

田舎に暮らす母は、どこから見ても立派な高齢者。父はすでに他界しているので、独居老人ぶりもすっかり板についてきました。若かりし頃は巨乳母性あふれるたたずまいで、仕事も育児もバリバリこなすたくましい母でしたが、仕事を引退した頃から次第に病気がちになり、やがて腎臓をわずらうと家にひきこもりがちに。食事制限で身はやせ細り、里帰りするたびに(枯れっぷりハンパない…)と悲しくなるばかり。

 

ああ、この人がいなくなったら私は本当にひとりぼっちになるんだなあ…と心細くなっていたのに、まさかのモテキ宣言!

 

母は2年ほど前から人工透析を受けるため、近所のクリニックに週3回通院しているのですが、そのクリニックでは毎回同じメンバーの患者が一緒に治療を受けるシステムになっているそうな。2日に1回顔を合わせるわけですから、当然ながら患者同士は親しくなっていきます。ふさぎがちがった母も同じ悩みを持つ茶飲み友達できて、表情がすっかり明るくなってひと安心。

 

というところまではよかったのですが、人間というのは厄介なもので、男女が同じ場所にいると、さまざまな「関係」が生まれるもの。

 

そう。

 

 

であります。

 

左4c

メンバーの1人である70オーバーのおじいさま、源さんが、何でもハイハイ話を聞いてくれる母をすっかり気に入ったというのです。源さんは妻に先立たれ、さびしい思いをしていたのでしょう。クリニックであからさまに母への好意を振りかざし、女同士でしゃべっているところを横入りしたり、母だけえこひいきをしたり、貢物を持ってきたりと、クリニック中に知れ渡るほどの猛烈アタックぶり。

 

そうなると、他の女性陣はいい気持ちがしないわけですわな。別にその源じいが好きじゃなくても、です。そのうちに源じいが母に近寄ると「ほらあ、じじょうさん、源さんからご指名よお〜〜〜〜」と女性陣にからかわれるように。

 

治療にいくはずが気づけばクリニックに行くのがストレス、というわけのわからない事態になり、とうとう母は源さんに「てか、あんたのこと好きじゃないし。迷惑」と言い放ったという話でありました。

 

それだけじゃありません。近所に住んでいるやもめ暮らしの徳さん75歳が、ひょんなことから母を気に入り、隙あらばプレゼントを持ってこようとしたり、食事に誘ってみたりと、すさまじいアピールぶり。

 

「嫌だって何度言っても来ちゃって困るのよ。私はもう男の人は、いいの

 

って何その魔性っぷり? 母親がそんなモテ女だったとは知らなかったわ、てか女ざかりの娘より高齢者の母のほうがモテてるって思ったら死にたくなるわ?

 

そんなこんなで戦う前から全身ズタボロな心境になっていたのですが、後日「ねえ例のカレシとどうなったのお〜〜?」とからかい半分で母に尋ねてみたら

 

「ああ、源さんね、亡くなったよ」

 

じぇ〜〜〜〜(‘ jjjjj ’)

 

源さんはある日急に体調を崩し、あっけなくこの世を去っていたのでありました。「こんなことなら、もう少し優しくしてあげればよかったわねえ」と母は若干しょげていましたが(つっても発言が魔性)、それにしても老人の恋のなんというはかなさよ。源さんにとって母が最後の恋だったかと思うと、強引すぎた熱さがやけに切ない。

 

待ったなしだなあ、これからの恋は。

 

私もぼやぼやしちゃいられない! と決意を新たにして、まずは婚活サイトで活動開始。何人かの男性とやりとりを始めたところなのですが、

 

毎日2回、朝と夜に無言で私のページに足あとを残していく「タケさん 74歳」の熱視線が気になり始めた今日この頃です…。

 

 

By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

バックナンバーはこちら↓

第1話:泣きじゃくる20代と、闊歩する70代の間で。

第2話:未来を思うと悲しくなるから、マツジュン。

第3話: 友のダンナを狙ったら、イバラの道が開けた夜。


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    今回も渾身の更新ありがとうございました。
    そうか、老人の恋って、本人の死によって、突然の最後が来る可能性が高いんですね。
    いつまでも生きてるわけじゃないんだよなーーー。(感慨深

    男の人はもういいの。。。とおっしゃるお母様の言葉もよくよくわかります。

    実は、渡辺謙氏、はね駒に出てこられた瞬間から、わたくしの心の恋人(心の夫)なので、今回の記事は
    最初からがっぷり食いついてしまいました。
    彼との最初の出会いは、娘に授乳中で、おっぱい丸出しで横目で見たテレビでした。

    ドキドキしたり、彼のもとへ走っていきたい衝動は、今後わたしに起こるのでしょうか。
    起こる気がしないな・・・。
    老人の恋は、体にいいような悪いような。。。なんかどちらともいえない感じですね。
    でも、ただ命を長らえるだけが幸せかというとそうでもないかもな。。。

    なんか煮え切らない独り言で、すみません。

    じじょうさん、そうです、待ったなしです。
    見る前に跳んでください。
    祈ってます!!

  • 花緒

    初めてコメントします。
    40代で結婚して4年目で、独身生活が長かったのでいつも親近感を持って読んでいます。
    毎回とっても面白いです♪
    今回のブログ、衝撃的でした!
    お母さまのモテっぷりが、うらやましいような、モテる女も苦労があるんだと思ったり、複雑です。
    じじょうくみこさんの婚活も応援しています!

  • 横浜レイコ

    好きでもない方からのアプローチは嬉しくないですねぇ・・。
    しかし老いてなおモテ期が来るなんて・・素敵ですね。
    くみこさんの婚活、目が離せません。見届けさせてください。
    タケさんも気になる~~

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    こんにちわ。今回みなさんコメントが熱いですね(^∇^)

    >>爽子さま
    いらっしゃいませ、コメントありがとうございます!!
    まさか「はね駒」とくるとは想像しておりませんでした(笑)
    謙さん、本当にファンが多いんですねえー。

    母の話を聞くと、人は年を取ると刹那に生きるのだなあーと実感しますよ。
    明日会えるとは限りませんからね。
    それだけに切ないし、厄介ですw

    >>花緒さま
    はじめまして、コメントありがとうございます!
    なんと、40代で結婚されたのですか!
    それはうらやましいっ。私も励みにがんばりますうー。

    いやあ母のモテっぷりは45年生きてて初めて知りましたよ。
    本人は本気で迷惑そうですが、
    「なんなら紹介しようか?」と言われた時に
    軽く舌打ちしたのは気づいてないと思います。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>横浜レイコさま
    こんにちわ♩今週もいらっしゃいませー。
    母は別として、老いてからの恋は楽しそうですよねえ。
    もう少しゆっくり時間をかけてくれれば
    母の気持ちも違った気がしますけど、そこは、ねええ( ̄▽ ̄)

    タケさん、ヤバ目です(爆)

  • はしーば

    一度目の結婚の際、結婚1年目にして夫との関係がどうにもこうにもうまくいかなくなり、悩みに悩んだ挙句、心理療法士の門を叩きました。
    先生の「○○さん、50、60になってからの恋も素敵ですよ〜」の言葉で開眼。その時既に42歳。
    今は結婚が三度目の夫と、二度目の結婚をして幸せです。
    人はいくつになっても恋はできます。そのエネルギーさえあれば。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>はしーばさま
    こんにちわ、コメントありがとうございます〜m(_ _)m
    にににに二度目の結婚・・!ささささ三度目の結婚のダンナさま・・・・!!!!
    すいません、めまいがして取り乱してしまいました失礼しました。

    そうですね、恋はいつでもしていたいですねえ。
    私もそこそこ恋はするんですけど、いかんせん連戦連敗でありまして(爆)
    どうやったら恋をつかめるのか、極意を教えていただきたいですっ。

  • シャー

    はしーばさんがおっしゃる通り、50でも60でも素敵な恋愛も結婚も可能だと思います(^_^)。私はサンフランシスコでサイコセラピーをしていますが、こちらは離婚が日常茶飯事で、(カップルセラピーは大繁盛です(^^;; )、結婚したら安泰ということがない反面、多くの人が、別居や離婚を機に、年齢にかかわらず、新しい出会いにオープンにのぞみます。清々しくも、心強くもあります。

    くみこさんの婚活も、ワクワク楽しみです!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>シャーさま
    こんにちわ、コメントありがとうございます〜(^_^)
    確かにアメリカは離婚が多いですよね。
    それがいいのかどうかはおいといて、出会いに対するガッツは見習いたいです!
    思えば就職についても、スタンスが似ているかもですね。

    いろんな方に応援されて、心強いやら気恥ずかしいやらですが
    (若干プレッシャーもw)
    ありがたいことでございます〜m(_ _)m

  • りこ

    こんかい

  • りこ

    私も、ガンバロー!!!って、気持ちになりました!ありがとうございます。
    やっぱり、自分のことは、自分で!
    私も、婚活ガンバロー!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>りこさま
    いらっしゃいませ、いつもコメントありがとうございます〜m(_ _)m
    自分のことは自分で!その言葉、私の心にも響きましたですっ。
    婚活されているのですか? 同士ですね♪
    合い言葉は「NO DANNA ,NO LIFE!」ですよ(^^)/

  • ジャスミン

    始めまして
    毎回歯切れの良い文章に、爽快感を感じています

    お母様の恋話 良いですねぇ

    私も高齢になったら「デイサービスとかで爺さん達にモテモテになって
    取り合いになったら楽しそ~♪」と思っていたので
    ますます、老後が楽しみになりました!

    婚活頑張ってくださいね~

    ちなみに私は40歳 バツイチ2児の母 内縁の旦那と暮らしています
    結婚はしたくないけど、男がいないと生きていけられませ~ん

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>ジャスミンさま
    はじめまして、コメントありがとうございます〜m(_ _)m
    ななな内縁の夫!うらやましいったらありゃしませんわっ。
    この際ね、籍入れるかどうかとか吹っ飛びますね、
    ええええもうなんだっていいですよ、タンナさえいれば(爆)

    ある意味人間は後期高齢者になってからが本当の勝負かもしれませんよ(*^_^*)
    老後を楽しみに生きてまいりましょう♪
    いやいや私は老後の前にダンナですダンナ!

  • シャー

    私も、45歳で、10年来のパートナーがいますが、結婚はしていません。彼にも二人の関係にもとても満足しています。

    くみこさん、その通り!友人やクライアントを見てみると、(高齢者までいかなくても)一般に、2度目、3度目のカップルの方が、お互いの関係に対する意識や満足度が高いように感じます:)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみ子 Post author

    >>シャーさま
    いやあ、みなさんすごいですねえ。。感服いたしました!
    とりあえず二度三度といわず、まずは一度!をめざしたいと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケット・クラッカー

カレー記念日 今週のおかわり!

あのダンス マネできないの 速すぎて

なんかすごい。

ページの上の一日

50代、男のメガネは

なぜ、作らないのだろう。または、どうして卒業生が弱くなっていくのか、という考察。

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

ミカスの今日の料理 昨日の料理

本当のことは経験してみないと分からない:はんたま

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

今週の「どうする?Over40」

「出前チチカカ湖」に作品を提供くださっている布絵作家・佐藤知津子さんの作品販売スタート!

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

石上斑山

猫No.75  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

石上斑山

猫No.75  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up