4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用 ~  父とのやりとり。

 

image

 

父とのやりとり。

 

 

6月の母の誕生日に父が亡くなった。

 

夜が明けて2、3時間持ちこたえて、まるで母の誕生日まで頑張ってから亡くなったかのように思われた。80歳だった。年齢だけを見ると仕方がないかな、とも思うのだけれど、亡くなる半月前まで大型スクーターに母を乗せて、あちらこちらを運転して回っていたことを考えると、
少し早いな、というのが正直なところ。実は親子の会話などまったく皆無だった不肖の息子としては、なんだか申し訳ないことをしたという気持ちが今になってわいてくる。

 

亡くなる前日、僕が病室を訪ねると、父は痛みのために苦しんでいた。苦しんではいたが、意識はあり、かろうじて会話もできる状態だった。僕が顔を出すと、父はわざと視線を外し、ちょっと見なかった振りをした(ように見えた)。母が「誰や?誰が来たかわかるか?」と声をかけると、父はせいいっぱい声を振り絞って「誰もおらへん!」と答えた。

 

僕は笑ってしまった。僕が高校生の頃から、僕と父の会話はなくなり、僕は実家にも寄りつかなかった。そして、結婚して子どもができて、ときおり実家に顔を出すようになっても、うちの嫁と子どもたちが話すばかりで、僕はほとんど会話をしない。そんな状態が続いていたので、父は自分の余命がもうないからと言って、急に僕に話しかけたり、甘えたりすることをよしとはせずに、頑張って見て見ぬ振りをしたのだと思う。

 

しかし、さすがに医者から「覚悟してください」と言われていた時期だけあって、母が再度強く「ほら!ちゃんと見てみなさい!ほら!誰がおるの??!」と耳元で声を上げると、観念したように、そして、振り絞るように「まさとや!」と声に出して、僕を一瞬見て、また目をそらしたのだった。

 

その様子は、病気になったからと言って、息子に弱みは見せないぞ、というふうにも見えたし、もう最後かもしれないんだから、お前の方から寄って来い!とイラついているようにも見えた。

 

そして、父は、僕とのその会話を最後に話せなくなり、その翌日、母の誕生日の朝日が登る前に息を引き取った。医者が予定していたよりも一週間以上も早かったので、父が亡くなる瞬間は誰もそばにいなかった。

 

宿泊していたホテルに「容体が急変しました」と電話があったのは午前3時30分ごろ。慌ててチェックアウトをしてタクシーに乗り込んだ。僕は薄っすらと白んできた空をタクシーの窓から見上げながら、父との最期のやりとりを思い出していた。道を間違えて、遠回りしている運転手の後ろの座席で、少しイライラしながら「あのやりとりが最後なんて」と思ったのだけれど、だったらどんなやり取りや僕と父らしかったのか、と思案すると、はっきりとした情景が浮かんでこない。

 

それでも、いま80年という年月を生きてきた肉親が逝こうとする瞬間が近いと思うと、逡巡が続く。同じような情景が浮かんでは消えて、やっと「あれはあれで、僕と父の最後の場面にふさわしかったのかもしれない」と思えたあたりで、父が最期の時を過ごした病院に到着した。

 

父がいた階にエレベータが止まると、看護師の様子や母の様子で、なにも聞かなくても父が逝ってしまったことはすぐにわかった。そこから、父のいる病室まで、急に足が重くなった。さっき考えたことを思い出し、なんとなく父は僕のことを怒りながら逝ったのではないかと思ってしまっていた。そんな思いを秘めた死に顔を見るのは嫌だ。そう思うと、余計に足が重くなった。

 

少し涙ぐんでいる母に促されて、病室に入り、父の顔を見て驚いた。ここしばらく、実家に帰った時にも見たことがなかったような穏やかな顔がそこにあった。眠っているときにも、もっと神経質そうな表情だった父が、すっかりいろんなものから解き放たれたように、穏やかな顔をしていた。こんな父の顔をどこかで見たことがある、と僕はそう思った。小学生だった頃の夏休みだ。電鉄会社に勤めていた父の仕事が非番で、平日の昼間に一緒に昼寝をしたことがあった。あの時の顔だった。確か、父はあの時、こんな顔をして眠っていたような気がする。

 

そう思うと、なんだか僕もあの頃の顔をして、父を見送ってやらなければという思いにとらわれたのだが、どんな顔をすればいいのか、わからないのだった。

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    今まさに医者から「覚悟してください」と言われる娘をやっていますが、父親は家族をかえりみず、30年近く全く会わない時間があったので、面会に行くたびにどんな顔をすればいいか、いまだに定まっていません。
     
    こんな状況とはいえ自分の父親への負の感情は雲散霧消してはおらず、それも抱えながらの変動相場制の毎日ですが、今回の植松さんの文章を読んで、もし父親の最期の顔が穏やかだったら、自分はいろいろと後悔するだろう、と気づきました。
     
    気づいたからといって、明日から父に急に、こってりと優しい娘をやるとも思えないわけですが、とりあえず今、昔の父親の、不機嫌じゃない表情を思い出そうとしてみています。
     
    それがなにかの糸口になるかどうかは、これまたわかりません(笑)。
     

  • うえまつ

    つまみさん
    人の親のことなら、とやかく言えるんですが、自分の親のことになるとねえ。
    ほんと、人間はややこしい。そして、アホでおもろいですね。
    他人事だから言いますが、出来るだけそばにいてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

謹賀新犬

猫No.1  by 爽子

猫大表示&投稿詳細はこちら!

謹賀新犬

猫No.1  by 爽子

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up