10月20日はカレー記念日

カレー記念日

老眼だ! そりゃ老眼だ! と強要す

10月20日はカレー記念日

うえまつ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用  ~ 写真の中の記憶。記憶の中の写真。

 

image

 

写真の中の記憶。記憶の中の写真。

 

子どもの頃の記憶というのは恐ろしいものだ。僕がまだ小学生の低学年の頃に見た、僕自身の写真アルバムのあるページが記憶の中にきれいに残っている。

 

僕が子どもの頃に見た、僕自身の写真アルバムということは、僕がこしらえたアルバムではない。母にはそういう趣味はないので、十中八九、父がこしらえたものに違いない写真アルバムである。

 

なぜ、そのアルバムを覚えているのかというと、どうもどこかの島へ向かっているフェリーの中で撮られた写真のようだったからである。まだ、幼稚園にあがるかどうかの僕がまぶしそうな顔をしながら、フェリーの甲板で遠くを指さしている写真だ。当時の僕は男の子のご多分に漏れず、乗り物が好きだったようで、フェリーや電車や車に乗るとうれしそうに笑っている写真が多くなる。

 

そのアルバムの、その見開きのページに貼ってあった数枚の写真はすべて、フェリーの上で撮られた写真で、だから全部が気持ちよく笑っている写真ばかりだった。子供心に、その気持ちよさそうな表情が印象深かったのだろう。たびたび、アルバムを引っ張り出してはそのページばかり眺めていた記憶がある。

 

そして、もう一つ覚えているのは、その中の一枚に父の手書きのコメントが添えられていたことだ。そこには『おとうちゃん、あれば?と聞いている』と書かれていた。

 

「おとうちゃん、あれはなに?」と僕がその時に聞いていたということだろう。ごく普通の言葉だからこそ、なぜ父がそのコメントを書き付けたのかがよくわからない。三歳程度の僕の写真をアルバムに貼り、コメントを書き付けた父は、当時まだ三十代になったばかりだったろう。もしかしたら、二十代か。

 

小学生だった僕がそのアルバムを見つけてからでも、すでに40年以上が過ぎたが、もうその真意を亡き父に聞くことは出来ない。そして、不思議なことにそのアルバム自体がない。実家のどこを見ても、僕が確かに記憶しているアルバムがないのだ。いくつかのアルバムは残されているし、あのアルバムにあった写真が貼られたものもあるのだが、「おとうちゃん、あれば?と聞いている」と書かれた写真が見あたらない。

 

もしかしたら、と今これを書いていて思ったのだが、父はあのコメントが突然恥ずかしくなったのではないだろうか。書かれたコメントそのものが恥ずかしいと言うよりは、それを書き付けた自分が恥ずかしくなって、アルバムからあの写真を剥がし、コメントを消してしまった。ということは考えられないだろうか。

 

かつてそのコメントを書いたときの自分よりも歳をとった息子に、読まれたくなくてコメントを消してしまったのではないか。そんな気がしてしかたがない。

 

「そんな写真があったよね」と母に聞いてみようと、一瞬思ったのだが、まあ、これはこれで、謎のまま、僕のなかの記憶のままでいいのではないかと、そのままにしている。

 

 

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • あ き ら

    ぼんやりしたままの方が、余計に心の残ってしまうということがありますね。記事を読ませていただいたワタシまでもが気にかかったままで忘れないような気すらします。アタマに思い浮かんだ、ご機嫌な植松少年の写真。お父さまが植松少年を愛おしく思っていらした上に今の植松さんがあるのだから、他はどうでもいいことでもあり。

    この前、じぶんちにふと思い出したことを書いたんです。事実なんていうものは嘘でないとしても、どこを切り取るかでまるで違うものになってしまう。もしかして物事に真偽の境など無いのではないか。もしも何か間違ったかたちで記憶を残してしまったとしても、誰に迷惑をかけるわけでなしとも思いました。

  • 花緒

    興味深く読ませていただきました。
    自分が思っていた事に似ているような感じでした。
    写真ではないので、ちょっと違うかもしれませんが…。
    3~4歳の頃、家族で出かけた時、急に都電に乗ろうという事になったみたいで、走っている都電を追いかけて、電車が駅に着いた時、父が追いつきました。
    その後母と姉と私も追いついて、電車に乗る事ができました。
    その話を今から何年か前に母に話したら、母は結婚前に通勤で都電を利用していた時の事しか覚えていませんでした。
    姉は、新宿に出かけるたびに、都電を見ては乗りたいと思っていた事しか覚えていませんでした。
    父はその時脳梗塞になっていたので聞けませんでした。
    私はたった一度だけ乗った事を覚えていたんでしょうか?
    と、自分の話をうえまつさんのブログのコメントに書いてしまいましたが(^^ゞ
    つまり、楽しかった思い出の光景を記憶しているという事は幸せなんだと思いますが、同時に他に共有している人がいないのが少し寂しいんです。
    でも、自分の中の思い出として大切にすればいいんですね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    あ き らさん
    もう、なにもはっきりさせない覚悟で生きていこうと思います(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    花緒さん
    ひとつのことを巡って、家族の記憶が食い違う、というのは、本当に面白いですよね。
    それをテーマにした小説を以前書いたことがありました。
    事実はひとつなのに、なぜ記憶が家族の人数分あるのか(笑)。
    いやはや、人間て面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

このマンガがなんかすごい。

第11回:マンガに見るフェミニズム

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.21】義母の嫌がらせにぐったりきています。

なんかすごい。

無限の想像力

50代、男のメガネは

やくざの筋が通るまで。

これ、買った!

落款のゴム印買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

妹のこと・外伝 : 揚げれんこん

今週の「どうする?Over40」

じじょうくみこさんの「崖のところで待ってます」再開!次の日曜から始まります。

黒ヤギ通信

忘れられない手紙~私の小さな応援団

これ、入るかしら?

vol.42 over40のロングヘア

いどばた。

暮らしの便利グッズ教えて

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.6 麗しき通俗小説界のニューカマーはなっちゃんだ!

着まわせ!れこコレ

ジャズフェスの秋

ただいま閉活中

(56)閉活総括~メンタル編

四十路犬バカ日和

療法食デビュー‼︎

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~必見!眉間のシワ撃退法~

あの頃、アーカイブ

【エピソード16】 50年前のペット事情

KEIKOのでこぼこな日常

あらら、こんなところにも…

ラジオブースから愛をこめて

サウンドストリート

昭和乙女研究所

ファンクラブ入っていましたか?

ワクワクしたら着てみよう

インラインで目力アップ~♪

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up