1月27日はカレー記念日

カレー記念日

ファンデーション 鼻から下は 塗ってません

1月27日はカレー記念日

リョーコ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

織田作之助は東京に殺されたのか。

 

image

 

織田作之助の小説は面白い。男と女の機微を描いているのに情に走らず、湿気ない。なのに、読み終えたときには、とても濃い人と人との立ち会ったような充実感がある。

 

昨年ドラマ化されて話題になった『夫婦善哉』にしても、いまの小説作法からするともったいないほどに出来事がスピーディーに羅列されていて、いちいち立ち止まらない。ここしばらく青空文庫で織田作之助の小説を読み返していて、改めてそのドラスティックな書きっぷりに驚いている。

 

そして、またいつもの、あの疑問が頭をもたげてくるのである。『夫婦善哉』のドラマ化の時にも感じたのだが、関西人である織田作之助が描いている小説世界は、関西以外ではどう受け入れられているのだろうか、という疑問だ。

 

確かに、大阪のお笑いが全国区となり、ゴールデンタイムのテレビ番組で関西弁を聞かないことのほうが少なくなっている昨今だが、ダウタウンの松本が嘆いていた通り、最後の最後、わかってもらえてない気がする、という気持ちがどこかにある。

 

その『わかってもらえていない気がする』と言っているものが本当にあるのかどうか、というところからわからないことだらけなのだが、どうしようもなく「関西なら言わずもがなのことを説明しないと伝わらない」のは事実だ。

 

そして、説明した時点でニュアンスの半分以上が失われていることもある。どんなに沖縄の文化がどれだけ好きでも、その根底にあるものは想像するしかない。だから、いくらTHE BOOMが『島唄』を歌っていても、なにか違和感を感じてしまう。どれだけちゃんと歌っても、よそ者として歌うしかない、という開き直りが彼らには感じられない違和感かもしれない。ライ・クーダーが沖縄で数ヵ月を過ごし、沖縄の音階で造り上げた『Going
Back to Okinawa』のほうが、よそ者感満載で好感が持てる。

 

話はそれたが、そんなことを考えていると、よく織田作之助が亡くなったとき、友人たちが『東京に殺された』と言ったという逸話があるが、それは違うという気がしてくる。織田作之助は東京に殺されたのではなく、大阪に殺されたのだ。大阪という色の濃い文化の中で培われたものが、東京で通じているように見えるのに、最終的には伝わっていないのではないか、という恐怖。それが織田作之助を怯えさせ、息の根を止めたのではないか。そんな風に思えてくる。

 

いま書いている話は、「そんなことはない、充分に伝わっている」とか「そんなことを言いだしたら、宮本輝の小説だって通じていないことになる」とか、いろんな自問自答がある。しかし、20年近く東京に住んでも、ときおり、ふと降りてくる疑問なので、そこにはきっと何かあるのだろうな、という気がする。もしかしたら、それが単なる大阪への郷愁であるおそれは充分にあるのだけれど。

 

 

 


植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    uematsuさん、こんにちは。

    織田作之助の小説は読んだことがないのですが、おっしゃっていることのニュアンスはわかるような気がします。
    いや、ちゃんとわかってはいないのかもしれませんが、自分なりに勝手に解釈して納得したりしています。

    私は津村記久子さんの小説が好きなのですが、津村さんは関西の人で、小説の舞台もほとんど関西です。
    ですから、知らない地名や描写がふんだんに出てくるわけですが、それだけでうっすらアウェイな感覚を覚えます。
    どこそこから電車に乗ってどっかに行った、と書かれていても、距離感やその街のイメージが湧かない、そのことが良くも悪くもやけにミステリアスなのです。

    他の地方都市が舞台の小説にはあまり感じないのですが、なぜか大阪付近のそれには感じます。

    大阪の文化は、イメージだけではなく現実になにかのバリアに覆われているのかもしれません。
    それは防護壁にもなるけれど障壁にもなって、外部と頻繁に行き来していると、実はすっごい負荷がかかってるのでは?と思ったりして。

  • uematsu

    uematsu Post author

    つまみさん
    津村記久子さんの小説を読んだことがなかったので、今度読んでみます。
    これは、関西人である僕にもよくわからないのですが、
    ああ、伝わっていないかもしれない、と思う瞬間は確かにあって、
    でも逆に、こっちだって東京特有の言い回しや考え方を受け取れていない可能性だってある。

    で、そこをあんまり深く考え始めると、いや、それは東京と大阪の話ではなく、
    人と人に必ずある差異の話になるのではないか、というところに行き着きます。
    そして、さらに、いやいや、やっぱり地域による特性みたいなものはあるはずだ、なんて思い直します。

    最終的には、人は平等には生まれついていないし、人は絶対にわかり合えないものなのだから、
    と言うところに落ちつけて、一人納得しようとするのですが、
    それはそれで、また、なんというのか……ゴニョゴニョ。

    というわけで、とりあえず、津村記久子さんを読んでみるところから始めます(笑)。

  • カリーナ

    カリーナ

    ども。カリーナです。
    植松さんにはメールでも書いたのにしつこくすみません。

    長崎に生まれて、京都・大阪でそれ以上の時間を過ごしています。

    関西弁とざっくり言っちゃっていいのかわからないのですが、
    この地域の言葉の豊饒さとものすごい洗練具合は、実は
    「くだけているように見せて、内面を見せない」ことに眼目が置かれ
    長い年月をかけて磨かれてきたように感じています。

    それを、一見、気さくに見える大阪のほうが
    京都の言葉以上に感じたりするのが
    自分でも不思議です。(ナニカアル)

    つまみさんのいう「バリア」は
    そんなところにも関係するんじゃないかなあーと思いました。
    一人ひとりの差異に結論づけられるのかもしれませんが、
    それよりこのあたりに踏みとどまっていろいろ話すの、面白いですよね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カリーナさん
    返信するのがすっかり遅くなりました。

    「くだけているように見せて、内面を見せない」ことに眼目が置かれている、

    というのは、ある意味あたっているかもしれませんね。
    個人的に東京での暮らしが長くなり、
    ある程度、東京の思考回路にも慣れてきた気がするのですが、
    東京は、特に男の場合は、「やせがまん」の文化だという気がします。
    仕事をしていても、白黒の決着がなかなかつかない。
    関西がいちがいに決断が早いとはいえないとは思いますが、
    それでも仕事については、「できるできない」「やるやらない」の決断は、
    早いという気がします。

    となると、内面を見せない、というのは、
    ニュアンスとしては、しっかりと本音で話すという大前提で、
    相手を傷つけないようにせめてオブラートに包もうという努力なのではないかと。
    そのあたりの言葉が豊かになり、
    逆に、他の地域から見るとわかりにくい、ということになるのかもしれませんね。

    言葉はエロか、悪口で豊かさがわかると僕は思っているのですが、
    大阪のケンカのときの言い回しで僕が、本当に怖いなあ、と思うのは、
    「なにしてくれてんねん!」という言い方です。

    「おまえ、なにしてんねん!」=「おまえ、なにしてんだ!」
    「妙なことしてるんとちゃうやろな!」=「妙なことしてんじゃねえだろうな!」
    「いてもたろか!」=「やってしまうぞ!」
    みたいに、だいたい、ケンカの時の言葉ってそのまま標準語にできるのですが、

    「おまえ、なにしてくれてんねん!」

    というのは、標準語に訳せない気がします。

    相手を威圧しながらも、相手がしたことを問いただし、
    しかも、「してくれている」という、
    普通の状況なら「〜してくれて、ありがとう」と続く文脈。
    優しく、丁寧に、しかも威圧する。
    こういう言い回しが、関西のケンカではわりによく登場します。

    長いわりにわかりにくくなってきたので、
    すべての誤解を怖れずに、このあたりで(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

マスク警察からのがれる。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

推しでアゲアゲ: かた焼きそば

今週の「どうする?Over40」

2021年最初の在宅デトックス。今週土曜日21時から。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケット・クラッカー

カレー記念日 今週のおかわり!

あのダンス マネできないの 速すぎて

なんかすごい。

ページの上の一日

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up