7月19日はカレー記念日

カレー記念日

「わかりみが深い」と ついに言ってみた

7月19日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ただいま閉活中

(7)値札のない世界

あけましておめでとうございます。写真をもとに中島。さんが描いてくださった似顔絵を、カリーナ部長に「意外に美人(笑)」と評されたプリ子です。

見栄をはって写りのいい写真を選んだばっかりに。。。これでは、実物を見た人が「なーんだ(プププ)」になること必至じゃないか(真っ青)。最初っから正直な写りの写真にしておけばよかったぁぁぁ(頭を抱える)。カリーナ部長のブログに、松坂慶子は太って正解、という記事がありましたが、まさにそれです。見栄ははらないに限る。い、いやっ、自分、松坂慶子ちゃうしぃぃぃ(床を転がりまわる)。

…アホちゃうか。

 

新年一本目は似たような話題で。

ゲイの友人がいます。その業界(?)の人の例にもれず、とても社交的です。なので、彼が催す集まりに時々誘われます。(女性嫌いのゲイと、そうでないゲイがいるようで、彼は後者)

ちょっと前までは、そういう集まりでよく困惑しました。

だって、誰も私を見てないんだもん!!

…いや、別に、いつも誰かに注目されるほど素晴らしい私って言いたいんじゃないんですよ。全然違うんです。別に普段(=異性愛の人が多数派の場を一応そう呼びます)も別に注目されてません。

ただ、彼らにとって女性は「そういう対象」じゃないってことで、それが極端に言えば、もう「空気」みたいなもんなんです。たとえ不細工だろうが美人だろうが、それすらも問題外。話し相手としては面白がって話してくれるけど、その目は明らかに「そういう対象じゃない」と語っている。

逆に言えば、普段の職場でも、街中でも、友人関係でもが、じつは「そういう対象」として見る/見られることを前提にしていたということなんですねえ。そのことにむしろ驚きました。全くそんなこと意識してないつもりでも、じつはそれが大前提だったんです。異性に対してどう見られているか気にしたり、異性を「まあまあ」「好み」「全然」とか格付けしてたり、どこかの集まりに行って、ささっと品定めされているその瞬間を、察知していたのでした、自分。

だけど、ゲイの集まりでは、女性は「そういう対象」じゃない。一緒に行った友人(女性)Oが驚愕してました。「今日かわいい服着てきたのに、誰も見てない!」…私が見てますから。うんうん、その服かわいいよ。と、女子どうしで褒め合う。でも誰にも響かない。普段は、女子どうしで褒め合っているときだって、どこか、異性に見られているっていう前提がある。だけど、ここにはそれが無ーい!

 

それがですね。最近、こうした集まりのほうが、気が楽になってきました。

普段の場での自分の値段の暴落ぶりが激しいからです(ということを自分が気にしているからです)。

ちょっとした集まりでささっとした品定めされたときの「あ、おばさんか」というガッカリ感。おばさんとしてどう振る舞ったら感じよく思われるのか、飲み会の席でキャラが定まらない落ち着かなさ。ぬぉぉぉぉ。

1万円だった服が、値札に何度も二重線がひかれて、いまや1000円で売られているような悲しさ。そりゃもともと10万円じゃなかったけど、でもさー。

しかし、ゲイの集まりだと私にはそもそも値札がつかないのだ! どうせ値段が暴落するぐらいなら、最初から品物でないほうがよっぽど楽。20代のピチピチの若者に引け目を感じることもないし、「あ、おばさんか」とガッカリされることもない。10万円でも1万円でも1000円でも関係ない世界って、なんて素晴らしいんだろう。

 ブラボー、値札のない世界! (←なんら根本的解決になっていない)

 

こうした、「見た目がいいと思われたい」「女として現役でなくちゃいけない」という愚かな思いこみや煩悩を、手放す、のは無理かもしれないから、せめて手なずけたい。それこそが閉活の芯かもしれないです。私にとって。

 ——————————-
プリ子


ただいま閉活中 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    こんにちは

    今回も身にしみる話題ですね。

    自分がどんな値札をさげているかわからないけど
    人の値札はついつい見ているもんだなと気づきました。

    それにしても、女として見られたい煩悩を手放すのなんて厳しいです。

    大体、閉活中におしゃれに目覚めたのは
    老人ホームに訪問している理容師さんから
    女性も閉経後に、しっかりしたあごひげが生える人がいる
    と聞いてからなんです。
    おばあさんになるのは仕方ないとして
    おじいさんになるのはちょっとなー

    それも越えるとまた違った風景が見えてくるのでしょうか??

  • きゃらめる

    48歳。おばさんを自覚しだして8年。厚かましくも40までは、まだまだイケルと思ってた、イタい奴です。

    最近男女問わず若い方からの評価が、
    女としての値踏みではなく、
    側にいて居心地よい人か否かになってきた気がします。

    居心地よいと思ってくれた方からの視線はなんというか、いたわりの微笑み、みたいな?
    合わないとされた方からの視線は、通りすがりの人に対すると同じで、温かくも冷たくもない、風がするんと通り抜けてくような感じ。

    そういう年なのだけど、でも女をまだ卒業したくないというのが本音(笑)

    閉活って、深いですね(^-^;

  • プリ子

    プリ子 Post author

    nao さん、煩悩なかなか手放せないお仲間がいらしてうれしいです!
    あごひげが生えたおばあさんはどんな気持ちなんでしょう。
    感想を聞いてみたいです。
    「いっそ、おじいさんになっちゃったほうが気が楽ですか!?」
    なーんて。。。

  • プリ子

    プリ子 Post author

    きゃらめる さん、
    「居心地いい人」ですか~、しかも「いたわり」ですか~
    よく男の人が「女性にいい人って思われそれても、モテないってことだからうれしくない」
    みたいに言いますが、まさにそれですね!
    モテの希望が一切ないポジションって、、、これからはずっとそうなのかあ、、、
    イタい私には険しい道のりです。

  • 宮木

    こんにちは。
    私は昨年ゲイ友ができたばかりなのですが、彼らの「そういう対象じゃない」態度の洗礼を浴びたクチなので、すごくよく判ります。

    >逆に言えば、普段の職場でも、街中でも、友人関係でもが、じつは「そういう対象」として見る/見られることを前提にしていたということなんですねえ。そのことにむしろ驚きました。

    まったく同感!!

    でも、最近高齢者の婚活が盛んで、高齢者ストーカーというのも増えているという話ではありませんか。
    若者世代と混じれば、「女」じゃなくても、同世代ではずっと「女」なのかな?という気もするのですが・・・。
    どうでしょうか?

  • プリ子

    プリ子 Post author

    宮木さま、コメントありがとうございます!わかっていただけてうれしいです~
    老人ホームで恋のさやあてとか聞きますね、たしかに。50代のおじさまのなかにいると、ちょっと懐かしいチヤホヤ感がなくはないかも。漁場が小さくなる感じなんでしょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

カレー記念日 今週のおかわり!

孫の手を 借りたいときに 孫はナシ

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

50代、男のメガネは

社長はやっぱりえらいのだ。

これ、買った!

生ごみ乾燥機を買った!

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

先手必勝

猫No.34  by れこ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

先手必勝

猫No.34  by れこ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up