4月25日はカレー記念日

カレー記念日

どうしよう 何をしてても 落ち着かない

4月25日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

踊るマハラジャ、躍り出る。

みなさま、こんにちは。今年は春の訪れが早いようですが、どんな弥生をお過ごしでしょうか。三寒四温、こたえますね。花粉症、キツいですか。ちなみにわたくし寒暖差アレルギーにつき、冬じゅうひとりでくしゃみ鼻水カーニバル。真の花粉症シーズン開幕とともに症状がようやくおさまりまして、「じじょう、マスクやめるってよ」くみこでございます。

 

 

kahun

お悩みの方は花粉99.99%カットのこんなアイテムはいかがでしょう

 

 

 

さて。

春が来たので、そろそろマハラジャの話 でもいたしましょうか。

 

 

 

 

 

 

maharajaもちろんこっちのマハラジャではない

 

 

 

1年ほど前、結婚パーティを催すためにザビ男と祝宴会場を探していたら、なぜかシマ島のマハラジャの面接を受けるハメになった話を書いたことがありました。(記事はこちら→結婚するって、振り回されることなのね。そしてシマ島のマハラジャあらわる!

 

その結果、呼んでもないのに(!)パーティに参列することになり、むしろマハラジャ都合で(‼︎)祝宴日が決まり、当日はパーティで乾杯のあいさつをし、わたしの友人知人との謁見をこなし、2次会までしっかり参加して女子と親睦を深め、最後は一本締めで祝宴を閉じるという八面六臂の活躍を見せたマハラジャでありました。

 

 

 

 

 

maha

踊ったっていいじゃない、だってマハラジャだもの(まはを)

 

 

 

そしてわたしがシマ島にわたった後も、マハラジャは何かにつけて力を貸してくれたのであります。なにしろ我らがマハラジャ、島と本土を結ぶ船会社の支社長であり、島の流通を一手に担う運送会社の社長であり、シマ島の安全を守る消防団長であり、その他もろもろ役員の肩書きは数知れず。おまけに権力あるのに無類の世話好き、スイーツ好きというマハラジャ様、

 

 

 

「マハラジャ、ようかんどうぞ〜♪( ´▽`)」

「オッケー居酒屋の席取れたよー♪( ・ω≦)」

 

「マハラジャ、船が満席で乗れません〜(´Д` )」

「オッケー船取れたよー♪( ・ω≦)」

 

「マハラジャ、急いでいる荷物があるんですが明日届くでしょうか〜(´Д` )」

「オッケー明日は海荒れないよー♪( ・ω≦)」

 

 

 

ってヤダ波も止められるの?

 

 

 

donおいどん、ぽせいどん〜

 

 

そういうポセイドンなドンを持つザビ男なので、あれこれ恩恵を受けられるかわりにあれこれ呼びつけられて、厄介な雑用を申しつかるので痛し痒し。副作用が大きいのでめったにマハラジャパワーは利用しないことにしておりますが、何はともあれ島の陸海空を制しているマハラジャ様、「あとは天下取りだけですねー」なんつって冗談で話していたところ、

 

 

なんと就任したばかりの現シマ島村長が病気で退任するるらしい、という噂がまことしやかに囁かれるようになったのです。

 

 

 

しばらくたったある夜。

突然ガラガラと扉が開く音がしたので、こんな遅くに誰かと思えば玄関にマハラジャが(下僕の家に!)、夫人を連れて(下僕の家に!)、立っているではありませんか。そしてひとこと、

 

 

 

マハ「そういうこと」

 

 

…え?o(・_・)o

 

 

 

ザビ「はい」

 

 

…ええ??o(・_・= ・_・)o

 

 

 

 

うむ、とうなずいた後、マハラジャ夫妻は静かに扉を閉めて帰っていかれました。

 

 

 

あっけにとられて「…なに今の」と聞くと、「村長選に出馬するんだよ。ついてはくみちゃんと私に投票してくれってさ。あとは、いろいろよきにはからえってことでしょ」とザビ男。よもや「そういうこと」の一言にそんな情報量があるとは知りませんでしたが、こちらとしては「村長選あるの? マハラジャ出馬するの?? てかわたしも頭数に入ってるの???」と驚くばかりでありました。

 

 

それからしばらくして本当に村長選が公示され、マハラジャは正式に立候補を表明。小さな島でのトップ選挙は、村の名士だが政治経験はないマハラジャと、政治経験は豊富だが存在感薄めの現・副村長の一騎打ちとなりました。そしてシマ島ではいまだ透明人間状態のわたくし、じじょうくみこにとっては、これが島民としての初仕事となったのであります。

 

 

 

左4c

まさかまさかのマハ出馬

 

 

 

それからの島のざわつき感ったらなかったです。なにしろ小さな島の、小さな村。投票できるパイの数は限られています。そして島民と候補者はたいがい縁があるようで(ザビ男の場合は1人がボスで同じ町内会、もう1人が元ボスで親戚)、どちらについても角が立つというからややこしい。そのため表向きはいつもと変わらぬ日常の顔をしながらも、水面下では誰がどっちについた、誰はあっちに寝返った、という情報がバンバン飛び交っては戦況をジリジリと見つめているのでありました。

 

 

なにこの静かな緊張感こわい……(°_°)

 

 

ちなみに、どちらの味方でもないわたしは(てか勝手にカウントされるのはシャクなので)、政策をチェックしたり演説を聞いたりしたのですが、どちらの候補も「産業復興、観光強化、少子高齢化改善、光ケーブル導入、婚活応援、環境保全、雇用創出、移住者受入、交通網充実」と、これぜんぶ実現するには寿命たりないんじゃないですかねってほどの

 

 

 

mega

政策メガ盛り状態。

 

 

 

これでは吟味のしようがないぞ、どうしたもんかと悩んでいる間に選挙期間はあっという間にすぎ、いよいよ決戦の日がやってまいりました。

 

 

 

カモメ

 

 

 

前日までの下馬評では、政治経験のある副村長が優勢との報。村長が途中退任する混乱を考えれば、確かにそのほうがいろいろスムーズにいくかもしれません。しかし選挙活動では家族総動員で情に訴えた副村長チームに対し、マハラジャは本土からプロのウグイス嬢を呼び、わかりやすくてスマートな演説で猛烈アピール。「マハ、マハ、マハラジャでございます〜♪」と清らかに響くウグイス嬢の美人声と、マハラジャ自身の顔の広さで一発逆転を決める可能性も十分にありました。

 

 

とりあえずわたしにとっては、島で初めての選挙です。午前中は用事をこなしつつ出足の様子を見て、午後にゆっくり投票に行こうかなと考えていたのですが、朝から1時間ごとにピンポンパンポーン…と特別放送が島内で響きわたり、

 

 

「午前9時の投票率です。1丁目20%、2丁目32%、3丁目35%、みなさん投票にいきましょう」

「午前10時の投票率です。1丁目31%、2丁目45%、3丁目44%、みなさん投票にいきましょう」

「午前11時の投票率です。1丁目40%、2丁目58%、3丁目61%、みなさん投票にいきましょう」

 

 

 

って1丁目住民へのプレッシャーすごいんですけど(O_O)

 

 

 

あまりの圧力に耐え切れず、1丁目住民じじょくみ、あわてて選挙会場へ。すると場内は選挙管理員20名に投票者わたしひとり。視線を一身に浴びて緊張感マックス、震える手でどうにか用紙を書き込み、島の選挙は朝早く行かなきゃいけないということを痛いほど感じた選挙の日でありました。

 

 

そして、夜。

開票が始まって1時間ほどしたころ、ザビ男の携帯電話が鳴りました。

 

 

 

 

 

「マハ、勝った」

 

 

 

 

 

なんとーー!

 

 

 

 

マハラジャが、マハキングとなった瞬間でございました。

 

 

 

tenka

 

 

 

 

 

のちの発表によると、マハラジャと副村長の投票差はわずか20票。20票って! それでもザビ男に言わせると

 

 

「まあ前の村長は1票差で勝ったから、20票差なんて大差じゃない?」

 

 

 

1票の重み尋常じゃない……((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

ちなみにこの日の最終投票率は80%超えだったそうで。80パー…そんな数字、東京で見たこともありません。そして、票差わずかということはつまり票が割れているということで、票が割れるということはつまりいろんなことが決まらないということで、事実、マハラジャが政界に躍り出てからの議会は紛糾しているようで、ああ田舎の政治がなかなか動かないのはこういう理由かと理解した今日このごろ。

 

 

ちなみに島のじいちゃんばあちゃんに、どうやって投票者を選んだのか聞いてみたところ、

 

「あいつ(副村長)は普段まったく顔見せねえくせに、選挙のときだけ笑顔でかけよってきて、握手を迫ってきて気にくわねえ」

 

 

ああ島でお年寄りを敵に回すと致命的なのね、と痛感した冬の日。そして我が家はマハキング誕生によっていろんな恩恵にあずかれなくなり、内心ちぇっと思っているじじょうくみこでありました(器ちっちぇ)。

 

それではみなさま、また来週〜。

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週土曜日更新です(2〜4月限定)。

 

 

花粉にPM2.5に、いろんな火の粉も払ってくれる?オフィスにひとつ、いかがでしょう。

 

スポンサーリンク


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    早速選挙に遭遇できてよかったですね!
    田舎にとってアレはお祭りなのでしょう。
    ○○選挙で悪名高きA県出身ですが、当時は選挙権がなく
    独身の頃一時期住んだとある町で
    サツの飛び交う町議員選挙に遭遇したことがあります。
    投票率が高くて盛り上がる選挙、いいなぁ!
    落ちた副村長さんが気になりますが
    マハ政権で変わるシマ島もどうなるんでしょうね?
    楽しみです。

  • ジャスミン

    市会議員のウグイス嬢?(婆?)をしたことがありますhttp://ameblo.jp/grace-m/day-20150419.html
    人口11万人の市の議員選挙ですら、泥臭い話がテンコ盛り
    選挙事務所には近所のお年寄りが、お茶がてらやって来たり
    何かと盛り上がった選挙週間でした。

    じじょうさんの所は もっと盛り上がって熱い熱い選挙戦が繰り広げられるのですね
    投票率高いし 良いなぁ~ 羨ましいなぁ~

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>naoさま

    こんにちは!コメントありがとうございます~~(*´ω`)

    いやーほんとに、こんなに熱い選挙は初めてでございました。
    確かに、祭り感、ありましたありました!
    なるほどね~そりゃ盛り上がるわけだ(笑)

    マハ政権(笑)になって、議会はかなり荒れている模様です。
    厳しい船出のようですが、マハキングにはぜひともがんばっていただきたいです!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>ジャスミンさま

    こんにちは!いつもコメントありがとうございます~(^-^)

    ウグイス嬢!えーーーすごいーーー♪
    でも8時から20時までずっとしゃべり続けなんですか?ウグイス嬢って大変だなあ(-_-;)

    東京では単に投票するだけだったので選挙事務所に出入りするとかウグイス嬢とか
    完全に未知の世界です~~。見たいような、でも見ないほうが幸せかも?

    でもマハ政権になっても、今のところまで何も生活は変わっておりません(笑)

  • 花緒

    こんばんは!
    島の選挙すごいんですね!
    お疲れさまでした。
    いつも何かしらいろんな事が起きて大変だと思いますが、楽しそうでもありますね(^^*)
    じじょくみさんはいつも一所懸命に頑張ってて初々しいな~と、島の方々も思っていると思います。
    自然が多くていいなと思うのも外から見ているからでしょうね。
    子供の頃に島で過ごすのはいいのかな?

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>花緒さま

    こんにちは!コメントありがとうございます〜♪( ´▽`)

    みなさんが好意的に見てくれていたらいいんですけどねえ。
    なんか毎日あっぷあっぷで我ながら情けなや・・・(ー ー;)

    島で育った子供はうらやましいです。
    最高じゃないですかねえ。文字通り、子供はみんなの宝、という感じ。
    スーパーもほとんど子供の遊び場と化してますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

よく泣く子どもだった。

これ、買った!

花粉ブラシ付き布団払い買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

グルメなケア : たまごご飯

KEIKOのでこぼこな日常

魔法の杖ではありません

今週の「どうする?Over40」

堂々と自己PRできず半世紀越え。そして「やっかみかもしれませんが…」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お肌にハリを与えてくれるもの

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 27】人混みを上手に歩きたい。

なんかすごい。

まさみの帰る家

黒ヤギ通信

南極からの便り  風景印その2

これ、入るかしら?

vol.47 『もう悩まない!「素敵」になれる大人服のルール』読んでみました

ワクワクしたら着てみよう

ツイードジャケットコーデとメルカリと♪

いどばた。

たのしい誤変換コレクション♪

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.12 イッツ ア ワンダーワールド

絵手紙オーライ!

絵てがみ再び。

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

四十路犬バカ日和

バトーさまバンコクお輿入れ荷物

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up