11月22日はカレー記念日

カレー記念日

「若返り」キャッチコピーにだまされて

11月22日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ、時々やさぐれ日記 〉 ああ、物欲。シュジンとワタシのあいだ

 

――— 46歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

 シュジンに物欲というものはない。シュジンにはまた見栄もない。

 

「 そうそう、自転車がダメになった」 先日、シュジンは言った。そりゃそうでしょうとも。何しろ自転車は10年前に買ったしろもの。油をさしたり、磨いたりというメンテナンスを一度もしないまま、毎日通勤に使っている。施錠だけは几帳面だが、その施錠は必要ないとわたしは思っている。

 

「 ダメになった?そりゃそうでしょう。買いましょう、新しいの。買いましょう、さてどのタイプがいいかな」誰の持ち物でもいい。「買い物」という行為に飢えているわたしの頭は、ちょっとこじゃれたヨーロピアンな自転車を既に数台思い描いて、にわかに浮き足立つ。

 

「いやいやいや。ダメになったのは後ろブレーキ。ブレーキパッドだけ交換すればあの自転車はまだまだ乗れる」

 

 

a1180_005778

 

 

そういえばシュジンの実家には、○○号とでも呼ぶべき昭和の自転車が未だにある。荷台もスタンドもおそろしく四角くて重そうな黒い自転車。「三丁目の夕日」的その自転車に80代のお義父さんが乗る姿を、わたしは実際には見たことはないが、さぞかししっくりとする光景だろう。

 

思うにシュジンの物に対する価値観は、彼の両親の昭和30年代的価値観がスライドしただけのいたってシンプルな価値観だ。昭和30年代、高度成長期前夜の価値観は、義両親の世代感覚としてならむべなるかなと納得はできる。

 

だがしかし、昭和39年生まれ、バブル期に青年期を過ごしたわたしと同じ世代のシュジンが、あの時代の空気からは微塵も影響を受けず、世代を超越したまま30年代的価値観の絶滅危惧種として現存している理由は何か。わたしは時折真剣に考える。

 

a1180_005777

 

シュジンは一人っ子である。そして一人っ子であることに特段の感覚はないと自分で言っている。それはすなわち、彼の両親が「一人っ子というのは○○だから」とか「一人っ子というのは○○になる傾向があるっていうから」という会話をせずに、親子三人の家庭を運営していた結果だと思われる。図らずも今のわが家も、小5の息子は「一人っ子」であるわけだが、この平成の「一人っ子」のことを昭和の「一人っ子」たるシュジンは少しも憂えてはいない。

 

二人の「一人っ子」を前に、深刻な憂いを抱えているのはわたし一人だけである。

 

a1180_005778

 

わたしにはまた、別の憂いが存在する。シュジンは未だに「工具」というものを持っていない。わたしの実家の父は、かなり立派な「工具」を持っていた。だからわたしは、家庭の中の「工」的場面というものはその家の男性の出番だと信じて疑わなかった。

 

以前、こんなことがあった。ご主人が教員をしている友人夫婦の引っ越しの手伝いに行ったとき、そこにはご主人の生徒さんが手伝いに来ていた。彼は名古屋では有名な私立の男子校の生徒であったのだけれど、いともやすやすと友人夫婦の古い借家のクーラーを撤去し、雨降る中で室外機の撤去作業までをやってのけた。教員であるご主人は彼に「お風呂に入って帰ってくれ。そうでないと君のお母さんが驚かれる」と言った。あれはなかなかに記憶に残るできごとだった。

 

さてモンダイはシュジンである。工具は持たないどころか、家の中のちょっとしたものの修理も彼には頼めない。蛍光灯の交換までが関の山だ。これでいいのか。

 

さらにモンダイは息子である。新しいジャムの蓋を開けるのでさえ「こういうことはお母さんが得意だ」とわたしにやってよこす父親に育てられて、息子はあの室外機の王子には育たない。( あの私立校にも程遠いのだけれど )

 

三代前から門外漢。親譲りの門外漢。わたしはひそかに歌っている。

 

a1180_005777

 

 

シュジンには物欲もなければ見栄もない。だからあのボロボロの自転車を自転車屋さんに持ち込んでもシュジンは恥ずかしくも何ともない。

 

シュジンには趣味も娯楽もない。Tシャツはおろか、プラモもおでんもお酒も、興味がない。それでも総じて穏やかに、日々淡々と情緒に起伏のない生活を送っている。

 

わたしには俗な欲望と邪念がある。シュジンとその両親を見ていると、わたしは我が身のよこしまさに気づかざるを得ず、よこしまはたてしまをも紡ぎ出し、はてはわたしオリジナルのタータンチェック柄の感情を織り出すに至る。

 

a1180_005778

 

週末、名古屋に出張で行っていたシュジンから帰り際に電話があった。                                    「何か買って帰るものある?」

 

わたしにはこの電話への準備があった。                                                  「シャネルのフレグランスの19番。どうしてもどうしても欲しいから小さいのを買ってきて」

 

こういう場合、わたしの主張は通ることになっている。                                            シャネルの19番が新幹線で手元に届く。鼻が、19番を吸い寄せている。

 

だがなぜか、電話に出たわたしは別の言葉を口走っていた。

 

「白河のひつまぶし3人分。わたしのは小さいのでいいから」

 

負けている。のまれている。ほぞをかんでいる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    うちのシュジンと真逆です。
    こだわりの中のこだわりにいるので、私が「適当に」見繕ったものはことごとく気に入らないのです。
    なので、近年自分で買ってもらうことにしました。

    そんな人といっしょに住んでると、どんどん毒気を抜かれてしまい、いろいろなことにこだわりというものがなくなってきています。
    どーーーでもいいやん!!と、自分の自由になるエリアは、逆方向に行くのに、加速が付いた状態です。

    しかし、そういったあらゆる放埒の結果、激太りしてしまいました。
    その結果、(多分)腰痛が出てきてしまいました。あたたた・・・
    友人がトリンプの骨盤ガードル「骨盤の気持ち」がきつくない割には、いいかんじだと言うので、これから買いに行ってきます。
    55年弱、ガードル付けてこなかったので、続くかなあ。ワンサイズ上を買おうと決めていますが。。。

  • okosama

    モノ・コトの骨格だけで十分という人々、おられますね。
    絶滅危惧種はサンクチュアリが必要です(笑)
    でも、工具はあって欲しい…。そこは私も憂いをともにいたします。
    そこで、その憂いをすこーし取り除くために、考えてみました。(余計なお世話)
    科学技術館×古い自転車×新しい工具×息子さん=メンテナンス王子の出来上がり!
    メンテナンス王子はいずれ室外機王子へと育つのです。
    科学技術館で自転車技術の変遷を見学し(○○号のような自転車もあるみたいです)、古い自転車に興味を向け、新しい工具でチャレンジ精神に火をつける。
    ブレーキを締め、リムをピカピカに磨けば、君もメンテナンス王子!(ほんまにそんなに上手くいくんかな)
    80年代のメンズ雑誌を思い出しますと。靴の手入れ、シャツのアイロンがけ、銀製品の手入れなど様々なメンテナンス特集がありました。(自転車はなかったかな?アウトドア系でした?)その現代思想を少し取り入れてはいかがでしょう。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    爽子さま ありがとうございます!
    美意識の高い旦那さま、
    世の中にはそういう旦那さまがいらっしゃるんですよね。(遠い目)
    いやしかし、「毒気が抜かれる」感じはわかる気がします。
    いやいやわたしの場合、毒が全身にまわり過ぎて
    自分の毒に感度が鈍化した状態、かも知れません。
    いずれにしろ、もうセンサーの針が振り切れて
    自分とシュジンのかみ合わなさを遠い目で見る境地、です。
    こういう地平に目をやるような心境が
    体重の増加を助長するという現象も、わかります。わかりすぎますー。
    わたしはトリンプのおそらく相当かたい部類のガードルを
    長年愛用しております。補正というより偽装。
    偽装はすでに常態化しておりますので
    このガードルがあってこその「われ」。
    これがないときは「われならぬわれ」、状態です。
    トリンプの「骨盤のきもち」って 秀逸なネーミングですね。
    骨盤のきもちとわたしのきもち、
    ゆったり、サポートしてくれるといいですね。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    okosama さま ありがとうございます!
    「モノ・コトの骨格だけで十分」という人種の存在。
    そうなんです。
    余計な「ヒレ」をためらいもなくトリミングできるトリマー力にあ然とします。
    「絶滅危惧種のサンクチュアリ」
    わたしはなんでこのクジを引き当てたのかと天を仰ぎます。
    「工具はあって欲しい…。そこは私も憂いをともにいたします」
    わたしの愚かな憂いをご理解いただいて感涙でございます。
    80年代、メンズ雑誌、ありましたよね。そうなんです。そうなんです。
    わたしは、「靴の手入れとシャツのアイロンがけなんて当たり前」という
    殿方を募集していたハズなのに…。
    100歩譲って、仮にそれをする習慣がない殿方でも
    そう仕向けるのはたやすいことだと思っていたのが運のつき。
    いやいやいや。
    靴は歩ければ十分、シャツは着られれば十分という人種に
    それを指導することは
    クジラを陸にあげるようなものだと理解するに至りました。
    かくなる上は
    息子をなんとか「メンテナンス王子」に無理やり仕立て上げ
    「三代前から無頓着」の因習を断ち切ることを画策しております。
    それにはやはり人間の生活文化の歴史に触れさせ、
    連綿と続く文化の端緒を紐解くことからかしら、と。
    いただいたアドヴァイスをもとに鼻息荒くいたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

カフェ小景・そうかい。キミたちは本日、お泊まりなんだね。

これ、買った!

プリオールヘアファンデーション買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

母岳大噴火 : スペアリブの煮込み

わたしをライブに連れてって♪

心の底に隠したライブに「行けない理由」

今週の「どうする?Over40」

明日から新連載「わたしをライブに連れていって♪」がはじまります。

黒ヤギ通信

冬とコタツと年賀状

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ネイル、どうしてますか?⑤~爪のケアしてますか?~

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.22】息子の帰省が苦痛です。

なんかすごい。

隣家の子ども

着まわせ!れこコレ

2wayの甘い罠

ただいま閉活中

(57)長年スタンバっていたアレ

これ、入るかしら?

vol.42 over40お食事会に着たワンピ

いどばた。

やめたいのにやめられないものは何ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.7 「小説の漫画化」についてのダブルスタンダードな見解

四十路犬バカ日和

バトー、海を渡る。

あの頃、アーカイブ

【エピソード17】元武士の息子の経済事情

KEIKOのでこぼこな日常

スポーツ観戦

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

ラジオブースから愛をこめて

私のカズオさん

ワクワクしたら着てみよう

まじですか?鈴木京香登場にワクワク〜♪

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up