4月16日はカレー記念日

カレー記念日

マスク会食 脳トレ以上に難しい

4月16日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、旅行。シュジンとわたしのあいだ。

 

家族3人で旅行に行った。

 

旅行に行きたいとわたしはずっと言ってきた 。行こうと思えばいつでも行けるとシュジンもずっと言ってきた。「いつでも行ける?行こうと思えば?」。ここにまず溝がある。

 

 IMG_0833

 

まったり太郎のアブロードデビューは、どこがいいかと思案した。シュジンは西、と言った。わたしは東と言った。息子は「ではまず首都から」と言った。

 

わたしは学生旅行で一度、シュジンは少しの間だけ住んだことのある街。国会議事堂や大統領官邸、大きな博物館群のある表の顔と、多様な人種と貧富の差の混在するもうひとつの顔。広大なモールが中央に横たわる東海岸の街に目的地は決まった。

 

IMG_0128

 

旅程や宿泊などの面倒なことの一切はシュジンにまかせた。わたしが気を配ったのは三人分の衣類のパッキングと体調のことぐらいだ。

 

雪、あるいは桜。天気予報にかじりつき「寒さ」対策の方に重点を絞ったので、「かあちゃんのおしゃれ計画」は出発直前にスーツケースから追い出して出ることになった。

 

たどり着いたホテルは古かった。フロントスタッフは親切でアットホームだったけれど、室内の引き出しの金具は片方取れていた。事前にシュジンから聞いたキャピトルの裏という立地は間違いではなかったが、高速を挟んだ周辺の環境はまさに「裏」の様相だった。「地下鉄の駅が近くて観光に便利」と彼は言ったが、ひと気の少ない空地ばかりの15分の道のりは、シュジンには近くわたしには遠かった。

 

おもしろい。おもしろすぎる。これはまさにシュジン好みのホテルだ。

 

IMG_0023

 

旅行初日の移動を終えて、息子とシュジンはシャワーを浴びてベッドに入った。一旦灯りを落とした室内でお風呂のお湯は出なかった。フロントはメンテナンスをしているので30分待ってくれと言う。45分待ったところで水が出た。思ったとおりの赤い水だった。

 

おもしろい。想定内、だ。赤水が回復するのを待ちながらわたしはこの旅行をさらにおもしろくするプランを練った。

 

両方楽しむのだ。シュジン好みのホテルとわたし好みの両方を。わたしは自分の条件に合うホテルをネットで探した。

 

IMG_0744

 

結局4泊のうちの3泊目だけ、ホテルを移ることにした。すべてにつけ、「エコノミー」であることに快適と安息を感じるシュジンは、最終日の空港までの移動も往きと同じ乗合タクシーに決め、ホテルでのピックアップの予約も込みで往復割引を受けていた。すばらしい。すばらしい首尾の良さだと言っておこう。もともとの格安ホテルの部屋を4泊分残したまま、一泊だけは街の中心部へ夢を見に行くことにした。

 

4泊6日、移動日を除くなか3日間はとにかく歩きに歩いた。航空、自然史、アート… 博物館群はどれも圧巻だったけれど、航空、自然史…と足取り軽やかだった男子二人は、ナショナルアートギャラリーではやたらとソファーに腰かけていた。高い天井、すばらしい採光、広々した展示室内にこれでもかと終結した名画の数々。展示室をわたしが移動するたびに、男子二人はよろよろとソファーを移動する。26年前、絵画好きの友人と来た時はこんなではなかった。ああこれが我が家の現実だ。。。

 

IMG_0111

 

26年振りのリンカーンの巨像は、全くトシをとっていなかった。その足元にたむろするわたしたちを含めた観光客の雰囲気もあの頃のままだった。小5の息子は、旅行早々に自分のカメラが動かなくなったので、わたしのカメラを取り上げて目につくものに片っ端からシャッターを切った。

 

巨大なリンカーン。モールを走るリス。馬に乗った警官。カラフルなバス。ホットドッグとプレッツェルの屋台。。。

 

IMG_0267

 

3泊目、わたしが選んだホテルはホワイトハウス前のこじんまりとした美しい建物だった。飛び込みで見つけたホテルが思った以上に快適だったので、街の寒さもずっと歩き回ってきた足の疲れも吹き飛んだ。

 

ただ、カーテン越しに見える通りをはさんだ向かいのビルには、柱と柱の足元にホームレスの人影が夜通しあった。ビルの隣には大きな教会があったけれど大きな扉は固く閉ざされたまま。日中の気温は華氏39°。夜半から明け方は氷点下のはずだった。

 

朝5時半。月曜のビルに明かりが灯り、早朝のランナーが白い息で街を走り出す時間帯、彼らは家財の毛布を一枚ずつたたんで街のどこかに消えて行った。

 

IMG_0347

 

旅先のホテルの朝食がわたしはとても好きだ。素敵なダイニングでほんの数枚旅行記念になる写真が撮れるといいなと思ったら、そうはいかなかった。

 

「お願い。一枚でいいいから。おかあさんといい顔で写って」そう頼んだ息子は、シュジンがシャッターを切るたびにことごとく志村けんになった。ユリの花がフロアに良い香りを放つロビーでは、シュジンの写真の構図のまずさに腹が立った。3人で誰かに撮ってもらいましょうという誘いにもシュジンは気乗りのしない顔をした。

 

IMG_0524

 

前日のナショナルギャラリーでも。26年前とのビフォー&アフターにはならなかった。なぜなら、男子二人にわたしを写す気がまったく無かったから。

 

学生時代の旅行。同行の友人が写真にウルサイひとだった。

 

あのときの感覚が残っているからだろうか。息子の態度もシュジンの写真へのやる気のなさも、徐々に徐々にわたしに怒りのメーターをあげさせた。

 

IMG_0746

 

せっかく3人で来ているのに。おかあさんがあなた方と来るのはこれが最後かも知れないのに。名古屋で待っているおじいちゃんやおばあちゃんにも、「こんなに楽しい旅行でしたよ」っていい写真を見せたいのに。

 

まったく。あなたたちってひとは、いつだってこうです!おかあさんの気持がゼンゼンわかってな~~~い!!!

 

IMG_0745

 

素敵な部屋で怒りをぶちまけ、ホテルを出たわたしの気分は最悪だった。シュジンと息子は、そこだけアメリカナイズされたジェスチャーで「なに言ってんのかわかーんなーい」と肩をすくめてみせた。

 

シュジンはそこから赤水の根城に一泊分の荷物を置きに行き、正午、歴史博物館でわたしたちと合流することになった。

 

歩く。歩く。ぶんぶん歩く。ホワイトハウスを横目に歴史博物館まで数ブロック、自分でもわけのわからない怒りに駆られたわたしは息子を連れて大股で歩いた。大人気ないことは分かっている。でもぶんぶん歩く。

 

 IMG_0322

 

「坊主!元気出せ!」道の途中で工事現場のおじさんが、息子の肩を叩いた。

 

怒るかあちゃん。しょぼくれる息子。言葉は違えど人類みな兄弟。ワシントンDCの空は青く、空気は不思議なほど澄んでいた。

 

IMG_0735

 

この後も、シュジンと息子の態度に変化はなかった。カメラには息子が撮りためた大小さまざまなモノたちと、わたしが撮った父と子の写真がたくさん。

 

写っているもの。写っていないもの。映して…残したかったもの。。。

 

IMG_0676

 

映して残したかったものがわたしには本当はたくさんあった。

 

でももういい。息子がおじさんに「元気出せ!」と言われたことも、わたしが地下鉄で着ているものを「いいね」と言われたことも、本人が二度と訪れることはないと思っていたかつての学舎にシュジンが息子を連れて行ったことも(ここはカメラのバッテリー切れ)………すべて写真には残らない立体的な旅の記憶だ。

 

喜怒哀楽、まんべんなく感情を刺激してわたしたちの短い旅行は終わった。

 

シュジンはシュジンの楽しみ方をしたし、わたしはわたしの楽しみ方をした。アブロードデビューの息子は………、「アメリカはおもしろかったし、これがうちの両親だと思った」と言った。

 

 DSCF0088

 

 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • mity

    初めてコメントさせていただきます。mity です。
    楽しみにしていた家族旅行が、思うようにすすんでいかない、わかります!
    うちではすっかりあきらめました。同年代の話のわかる「女旅」を楽しむことにしました。
    中高年の女性団体って、いつもものすごく盛り上がってて楽しそうですよね~。
    今となっては、その気持ちめちゃめちゃ理解できるんです!
    男どもや、お子ちゃま相手では、所詮は無理なのかも。

    これからもどうぞよろしく~!

  • nao

    サヴァランさんの怒りが、すごくすごくわかります。

    夫と旅行する度に、収拾がつかないほど哀しいような怒りで一杯になって
    私はもう夫とは遠くの旅行は行きません(^^;)
    見たいものというかポイントも、歩くペースも
    旅行の目的すら違うんですもんね。。

    子どもの方は冷静に見てますね。
    息子さんの感想が的確で面白いです。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    mity さま はじめまして。
    コメントありがとうございます!

    家族旅行のままならなさ
    わかってくださって涙でございます!

    この感覚のズレ
    わたしの期待値が高いのが原因か
    はたまた男子たちの鈍さが原因か…。
    真相は藪の中ではありますが
    わたしも「あきらめ」をチョイスしようと思います!

    中高年女性グループの盛り上がり
    そうか。そうだったのかー。

    乙女心はやっぱり乙女にしかわからん!
    ということで
    どうぞこれからよろしくお願いいたします~!

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    nao さま
    コメントありがとうございます!

    nao さまもわかってくださいますか?
    ほんと
    見たいものも歩くペースもまったーく足並みが揃わない!
    「あ!これ!ちょっと待ってー」という一瞬を
    ことごとくスルーせざるをえない歯がゆさ味気なさ。

    これがわが家か
    これが我が家の実体かと思うと
    怒りのマグマがどくどくと―。

    でも
    ここ数日お米を研ぎながら思うようになりました。
    「美しい旅 美しい家族をするために
    家族をしてるワケじゃあないんだよねー」

    11歳の子どもが気づいているわたしたち夫婦のズレ感。
    49歳のシュジンがなぜ気づかんーーという怒りは…
    また別の機会に聞いて下さいますか?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

使ったよ バズるに続いて エモいまで

出前チチカカ湖

第167回 この妄想が好きだ。

なんかすごい。

わたしは人見知り

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up