2月22日はカレー記念日

カレー記念日

骨密度 抱きしめられると 心配だ

2月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、コスモス畑。ミクロとマクロのあいだ。

 

たろうの模擬試験の成績にのけぞる。( イナバウアーーー )

 

a1130_000355

 

のけぞった頭上に秋の空がある。

このまま吸い込まれてしまいたいような秋の空だ。

ああ、季節はいつのまにかもうすっかり秋なのだ。

 

 

「 秋の日はつるべおとし。ぼくの成績もつるべおとし。」 by まったりたろう

 

a1130_000355

 

こんなことを ココへ書いてもいいの?と念のため本人に聞く。

いいよ。書いてよ。だって面白いじゃないか、と本人は言う。

 

a1380_000763

 

むかし、曽野綾子さんの「太郎物語」を読んだことがある。

たしか、NHKの「夜の銀河テレビ小説」としてドラマにもなったはず。

太郎くんは………広岡瞬、だったかな。

 

a1380_000814

 

わたしはあの頃、中学生かそこらだったので、「太郎物語」の太郎くんの高校生活や大学生活を淡い期待まじりで読んでいた。太郎くんの大学受験は、たしかスムーズなものではなかったはずだけれど、比較的淡々と描かれていて「テレビばっかり見ている息子に腹を立ててテレビを庭に放り投げた親が、受験のときにはこれくらいクールなスタンスでいてくれるなら子どもはラクだな」と思った記憶がある。

 

今、親目線で「太郎物語」を読みたいと思うけれど、生憎手元にあの本がない。当時の曽野さんの心理はもとより、実在の「太郎さん」の当時のお気持ちも伺ってみたい気がするが、聞くだけ野暮な気もしている。(そもそもそんな機会は端からない)。

 

a1130_000355

 

「これはヤバイね」「うん、これはガチでヤバイ」。

たろうとは「ヤバイ」という言葉で会話をするけれど、

彼の「ヤバイ」とわたしの「ヤバイ」はきっと「合同」ではないはずだ。

「合同」でもなく「相似」でもなく、

たぶん「重なった三角定規」みたいなものなのだろうな。

重なっている部分はともかくとして、

重なっていない部分が、お互いいちばん「ヤバイ」よねぇ。。。

 

a1380_000814

 

状況は非常にヤバイ困難ですと、シュジンと自分のそれぞれの母にやんわりと報告する。

 「そんなの、うまくいかなくたってどうってことないわよ。とりあえずドンと当たってみればいいだけのこと」。

 「でも、なんとかなるんじゃない?だってまだ11月でしょ?なんとかなるんじゃないの?まだまだ……」。

 

a1130_000355

 

 「どうってことはない」という先達の鷹揚さに安堵したのもつかの間、あとに続く「でもまだなんとかなるんじゃない?」という言葉が、励ましというより懇願の色を帯びているので、高齢のおばあさんたちをこれ以上困らせてもいけない気がして、「そう、そうですよね!」と空元気で電話をきる。

 

a1380_000763

 

いずれにしろ

「ヤバイ!っていうか、もう完全に終わってる!でも面白くね?」とややこしいことを言う息子を 

全身全霊で守ってやらねばと思う。

それなのに

算数の問題でフリーズしている息子のアタマを「こんにゃろ~~!」と全力でシャッフルしたくなる。

 

a0960_000977

 

もしかしたら。出産のときの不安より、今わたしが感じている不安の方が大きいかも知れない。

 どちらも「ぬきさしならない」感じは同じだけれど、「ぬきさしならなさ」が目に見えない分だけ、今回の方がやっかいだ。

 高校、大学受験を控えたお母様方、そしてそれを乗り超えられた大先輩のお母様方が、はるか遠くにかすんで見える。

 

 a1380_000803

 

そのとき息子はどうするか。

そのときわたしはどうするか。

そのときシュジンはどうするか。

 いよいよ真剣に考えておかなければならいところまできている。

 

a1130_000355

 

そういえば。

 

以前のカリーナさんのブログ記事へ utaさんが「真剣であることと深刻であることは違う」とコメントされている   のを拝見したとき、わたしは吸い込まれるような感銘を受けたのだった。

 

a1380_000814

 

吸い込まれるといえば、

以前山形に住んでいたとき。ボタニカルアートの杉崎先生ご夫婦にとてもお世話になった。

 あるとき、植物画教室の課題は「コスモス」だった。先生はおっしゃった。

 「コスモスさ、虫眼鏡でよ~く見てください。

コスモスは花のなかにコスモスがあります」。

 

141309609813220657178

 

果たして、先生がおっしゃるとおり、「コスモス」の中には「コスモス」があった。

 

 

山形を離れて何年かした夏、実家近くのスーパーで「ロマネスコ」というお野菜を買った。

 これもコスモス構造だなと思って何かを見たら、こういうのを「フラクタル構造」と言うらしい。

 

image

 

あら??? ちょっと待てよ。

 

子どもの受験なんていうミクロのことを、あたかもマクロみたいに拡大鏡で見ようしているのはどこの誰???

 

a1380_000803

 

や~め~た!や~め~た! 深刻ぶるのは、もうや~め~た!!!♪

 

コスモスは今年もきれいに咲いていた。

 

だから来年も咲くだろう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    自分が真剣になれば済む、わけではないところが辛いですな~。。

    学生の頃家庭教師のアルバイトをしていて
    子どもよりも親が熱心な様子を笑っていました。
    本当にごめんなさいの気持ちです。

  • アメちゃん

    こんばんわ!

    フラクタル構造っていうんですかー。

    わたし、小学生のころだったか?理科の時間に、細胞の構造を習ったときに
    「細胞って、なんか宇宙とそっくり、、、」
    って思ったんですよね。
    核が真ん中にあって、そのまわりにミトコンドリアとかあって
    その構造が、太陽系や銀河系にそっくりだなーと。

    宇宙の中に人がいて、その人の中にまた宇宙があって
    ズーンズーンズーンと小さくなってく構造っていうか、、、
    これ、フラクタル構造ですね。

    人間だけじゃなくて、植物にもお野菜にも
    その中に宇宙が入ってるんだなぁ〜なんて分かると
    やーめた、やーめた、深刻ぶるのは、もうやーめた!
    って思いますね!

    ちなみに。
    「でも面白くね?」
    って、自分を客観視できるボク、わたしそーゆうの結構すきです。

  • テレジア

     ずっと以前の話。娘が中学受験のときに、お知り合いの方が塾の進学説明会に出られて、いろいろと現在の受験状況を仕入れていらっしゃいました。
     このあたりの田舎の受験でさえ、ここはこういう傾向だとか なんとかだ とかってのがあるらしく、
    私は頭痛がしそうでしたから、あ、もうやめた。と一切の情報から遮断しました。

     友人の中には、どうしても子どもが覚えられない、理科の月の動き?だったかを親が必死になって
    覚えたという輩もおりまして、その真剣さを笑えずにおりました。

     私たちの時代の「受験」は「戦争」と後ろにつくくらいですが、どうもいまどきは親の方が焦っているようで、本人たちは鷹揚というか、のんびりですよね。

     フラクタル構造ってのは、金子みすずさんの詩の中にも合ったような気がします。タイトル忘れましたけど。

  • okosama

    人間万事塞翁が馬(^^)

    中受の教材にありますか?

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    naoさま

    ありがとうございます!
    >自分が真剣になれば済む、わけではないところが辛いですな~。。
    ↑こうおしゃっていただいて。

    もう!ほんっと、辛いっす。

    そしてわたしも今土下座もんのきもちです。

    「○○年前、○○塾の受験ママのみなさま。
    ほんっとーーーーに申し訳ございませんでしたーーーーー!!!!!」

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    アメちゃんさま

    うわぁ~~、コレ↓すてき~~~!!
    >「細胞って、なんか宇宙とそっくり、、、」

    わたしは系統発生のところで思いました。
    「これって、人間の赤ちゃん(胎児)の成長過程といっしょじゃん」。

    ですから妊娠中
    「今はもう両生類くらいになってるのかな?」とか
    えぐいことを思ったりしてました。

    そんな親に育てられてしまった息子
    窮地に及んで「これって面白くね?」とか言う子になってしまい(>_< ) できることなら 魚類くらいからやり直したい親子です(>_<)

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    テレジアさん

    そうなんですよね。
    みなさん学校説明会、入試説明会…って
    当然のように出席されているんですよね。
    志望校模試、みたいなものも
    この時期はバンバン受けられてますしね。

    うちは…行ってません。
    なんだかもう
    いろんなものがここから遠すぎて。。。

    実家の母は能天気ですから
    「従兄の○○くんのところのボクは
    な~んにも準備しなかったけど○サールですってよ~」と
    全く役に立たないどころか有害な情報を平気でわたしに流しますし

    友人から聞くリアル体験情報には
    「もう完全に歯が立たない!」という確信を増すばかり。

    見るもの聞くものすべてが、
    わたしたち親子の上をブンブンブンブン………(笑)

    あ。おはなしくださった金子みすずさんの詩は
    もしかしたらこれ↓でしょうか?

    「蜂と神さま」

       蜂はお花のなかに、
      お花はお庭のなかに、
      お庭は土塀のなかに、
      土塀は町のなかに、
      町は日本の中に、
      日本は世界の中に、
      世界は神さまのなかに。
      そうして、そうして、神さまは、
      小ちゃな蜂のなかに。

    金子さんは山口は仙崎の方。
    輝く才能はどこにあっても花開くものですね。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    okosama さま

    今日、本人に聞いてみました。

    私「たろう、たろう、人間万事……この先を知ってる?」
    たろう「知ってるとも!人間、万事休す!!!」

    (;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.82 「よもじ猫」オープン&猫の日 に寄せて

50代、男のメガネは

魂を手渡したのかもしれない。

これ、買った!

高級コンデジ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

年相応 : いちごのバルサミコ酢和え

わたしをライブに連れてって♪

♪わたしがおばさんになっても・・・♪

今週の「どうする?Over40」

2月22日(木)、猫の日にはじまります。四文字熟語と猫のコラボ「よもじ猫」

黒ヤギ通信

憩いのひと時を~バレンタインのプチギフト

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

みんなのブローチコレクション~大人ガーリーなゆみるさんの場合

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No25】おみくじの凶が怖くてたまりません。

なんかすごい。

クリスマス飾りの謎

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

これ、入るかしら?

vol.45 ドラマの感想で失礼します

いどばた。

穴に落ちたことありますか?

四十路犬バカ日和

バンコクお犬さま環境調査 〜動物病院〜

絵手紙オーライ!

先生とのお別れ。。。

あの頃、アーカイブ

【エピソード19】主婦ミツコさんの幸せ生活      (昭和40年代)

KEIKOのでこぼこな日常

雪の日にはこんなことが…

昭和乙女研究所

お年玉でお買いもの

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

ラジオブースから愛をこめて

上司に捧ぐ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up