12月12日はカレー記念日

カレー記念日

やることの リストに入れる リスト作り

12月12日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(4)〜更年期に○ミルク

 

台湾キャッチ

 

 

プリ子さんの「ただいま閉活中」を拝見し、プリ子さんと同じ歳の私は、「そうよね〜、閉活考えちゃうね〜」と共感しながら、ふと、「妊活」もまだ範疇なのだと気づいて、一人驚いてしまった私です。いやーこりゃ複雑。

 

さて、先日、ぼーっとテレビを見ていたら、
私、とあるCMに反応してしまいました。

 

「お水飲んでも太っちゃうの」

「生理の量も減ってきちゃった」

「どうにかならないかしら、この体型」

 

と口々におっしゃっている!

 

最後に

 

 「もしかして、私たち……
  更年期、もうすぐ来ちゃう?? 」

 

って。

さらりと、明るく、さわやかな日差しの中で更年期座談会。

 

 

なんのCMかというと、アラフォー世代に向けた「栄養粉ミルク」のCMでした。

 

 

商品紹介はさておき(回し者ではないので(笑))、
更年期について、こうやって明るく語り合ってる雰囲気のCMが日本でも流れてるといいなぁ、そうすると、女性の体の変化に関する話題の敷居が少し低くなって、友達同士でも相談しやすくなりそうな気がするなぁ、と思った次第です。

 

フォルモサレディーたちがいつも自分の体の変化について話をしているかというと、そうではないんですが、しかし、いろんなことを知っています(正しい情報かどうかは別として)。台湾の場合、新聞に必ず、日本のレベルとは桁違いの紙面割りがなされた健康コーナーがあります。週1のペースじゃなく、毎日ですよ!

 

そして、CMがあっけらかーんと流れる。
老若男女、目にするし耳にする。
「みんな体調の変化がくるんですよ。こんな感じで」と、自然に共有できるようになっているのかもしれません。なんとなく、日本より開かれた感じがします。

 

フォルモサレディーの底力は、情報量だけではありません。

 

彼女たち、自分がおいしいと思ったもの、いいと思ったものは、

 

 

お知らせせずにはいられない。

 

そして、

 

とことんまで人に勧める。

 

 

おしておして押しまくる!
違う意見がある人は、その持論をゴリゴリ押してくる!
その攻防はすごいものです。
ま、結局はどちらかの人が優勢になって、押されてしまった人は、その推薦商品を試すことになります。(商品をその場に持っている人が勝つ場合が多いかも。説得力とゴリ押し力が違います)
私はそもそも新しいサプリを試す勇気がないので、こうやって教えてもらうと楽なんですが、それでもこの押されようにはいつも腰が引けてしまいます。
(しかし、粉ミルクだけは未だに試したことがありません)

 

中華料理は「医食同源」の理念が根本にあって、そこに生活する人々もまた、医食同源を目指して生活しているのかと思いきや、意外なほどにサプリ大国な台湾だなーと思ったのでした。
いやいや、ミルクに栄養をプラスしてるんだから、これも「医食同源」のうちなのかしら?

 

それでは下次見!

 

————————————————————————————————

あずみさんのプロフィール:

長崎県出身、現在は台北在住。40代前半。
職業:あるときは日本語教師、またあるときは編集者、またまたあるときは主婦
家族:台湾人の旦那+台湾人の義父母、ノラ出身の猫3匹
環境適応能力を遺憾なく発揮し、ほぼ現地化完了(語学は除く)。
台湾レディー事情を地元民&日本人の目線からレポートしたいと思います。

 

うわあ。「生理の量も減ってきちゃった」・・・なんてコマーシャルはないですね、日本には。
あっけらかんとしていいなあ。出演している人もキレイ。
アラフォー向けの「粉ミルク」という発想も日本にはないかも(笑)どういうふうに効くのかな?

 

これまでのあずみさんの台湾レポートは→

 

 


フォルモサ(台湾)の女 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • サヴァラン

    サヴァラン

    うちの息子は3歳までフォローアップミルクというのを
    愛飲しておりました。
    今度はわたしが、40UPミルクを飲んでみたいです^^

  • あずみ

    サヴァランさん> 
    ぜひ!ともに試しませんか?! 
    大人用のミルクって、ほんと不思議な存在です。別に哺乳瓶で飲む必要がないのに、なぜか哺乳瓶まで想像してしまうアホな私です。

  • サヴァラン

    サヴァラン

    あずみさん>
    わたしも脳内イメージは哺乳瓶です!
    ぜひご一緒させてください!片手は腰で!

  • あずみ

    サヴァランさん>
    やっぱりミルクは哺乳瓶ですよね! 
    そして片手はもちろん腰で! そしてチューーーーーっと一気にまいりましょう! 

  • 爽子

    粉ミルクは、哺乳瓶でチューーーツと一気ですね。

    でも悲しいかな、私は、小学校で1年生の1年間だけ、悪夢の脱脂粉乳を体験した世代なのです。

    アルマイトのボコボコのお椀に、生ぬるいミルク。あれは嫌だったわ。思い出すと顔が曇ります。

    すごく効くのかしら。40UPミルク。50もだいぶ過ぎてますが、まだイケそうでしょうか。よろしければ、ご一緒させてください。

  • ミコ  

    あずみさん、初めまして。
    >おしておして押しまくる!
    に、つい「あるある」と反応してしまった台湾好きです。
    さすがに旅行で訪れるだけの自分に
    「40UPミルク」を押してくれるフォルモサレディはいませんでしたが・笑
    CMのあっけらかーんとオープンな感じと効果がありそうな雰囲気に、
    皆さんと同じく飲んでみたくなりました。
    スーパー等で(頂好あたりで)入手可でしたら、お土産にしたいです~~

  • あずみ

    爽子さま>
    コメントありがとうございます!
    40UPミルクの効果はわからないのですが、台湾には(いや、中華圏には)やたらめったら大人用の粉ミルクが多いんですよ。ぜひ哺乳瓶でご一緒に♪ チューーーーーーーーっとね。

  • あずみ

    ミコさま>
    コメントありがとうございます!
    頂好をご存知とは! 台湾ツウとお見受けしました。
    あの棚を素通りしてしまうのでよく見ていないですが、頂好にもあるはずです。あとはドラッグストアあたりに必ずあります。しかしね、ちびっ子用の粉ミルクサイズの缶なので、お土産にするのはかなりの勇気とスーツケースのスペースが必要ですよ。
    台湾、またいらしてくださいね〜♪

  • みち

    こんにちは、カリフォルニアのバークレーに在住のみちです。
    私の親しい台湾系の友人は、見た目は可愛らしく、とてもソフトなのですが、自分が良いと思ったものを人に勧める時は、あずみさんのおっしゃる通り、本当に力強いです(笑)。彼女自身、自分のことを、”natural marketer” (生まれながらの販売戦略担当者) と言っていますが。

    ところで、この辺りでは、ミルクは大人には良くないという認識が高くなっているので、アラフォー世代に向けた「栄養粉ミルク」には、びっくりしました。

  • あずみ

    みちさん>
    カリフォルニアにもnatural marketerがいましたか! その彼女、ご自分で認識してプライドをもってらっしゃるところがすばらしい!(勝手に想像)
    そういえば、かれこれ20年ほど前、べガスの空港だったとおもうけど、そこで台湾人の若い女性に(私も若かった汗)、「あなた日本から来たの?大変ね。これ食べて」と缶入りの「八宝粥」を渡されたことがありました。世界各地でnatural marketerが活躍しているんですねぇ。
    ところで粉ミルク、私も台湾や中国に住んで受けたカルチャーショックの一つなんですよ。不思議です。でもとてもポピュラーです。チューーーーーーーっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

50代、男のメガネは

ぜんぶ自分のなかにある。

これ、買った!

レンジでチン!の湯たんぽ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

カレー記念日 今週のおかわり!

楽しみは 日曜昼の のど自慢

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

これ、入るかしら?

vol.62 秋の買い足し

いどばた。

世界最強(怖)の動物は?

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

割壁警備

猫No.neko96  by カリーナ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

割壁警備

猫No.neko96  by カリーナ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up