5月23日はカレー記念日

カレー記念日

染めようか  染めやめようか  乙女心

5月23日はカレー記念日

じじょうくみこ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

 

『キャッチャー・イン・ザ・ライブラリー

 &博の愛した数式』 完結編 後編

前編はこちらです → 

 

 

「誰かと思ったら、わがクリニックのかつてのお得意様じゃない。

元気?酒屋の野球少年。

あ、もう少年じゃないわね。元野球少年ね。

えーと、最後にうちに来たのはいつだっけ?」

「高校が決まったときだったから、5年前です」

元野球少年と呼ばれた男子はニコリともせずに言ったが、

どこかこの状況を楽しんでいるように見えた。

「そうか。もうそんなになるのね」

加代さんも、落ち込んでいたことがウソのように清々しい顔で言った。

Watering flowers

「あのときは『親に今までのお礼を言いに行けと言われて来た』って言ったら、

先生に診察室から追い出されました。

『自分の意志で来たんじゃないんなら帰れ』って」

「そうそう。でも『家に帰って親に事情を説明したら親にもすごく怒られた』

ってまた戻って来たのよね。

‥ご両親のことは本当に大変だったね」

博は黙ってふたりの顔を交互に見ていたが

この場に来た目的を思い出したらしく、言った。

「おかあさん、大丈夫なの?それより、なんでこんなところにいるんだよ。

た眠りに来たの?」

加代さんはすっかりいつものペースを取り戻し、自信満々な感じで答えた。

「順番に答えると

デトックスできたから大丈夫。

ここにいるのは息子のデートをのぞき見に来たついで。

今回は眠るためじゃなく泣きに来た、かな」

Carolina Jasmine Flowers

博はのけぞった。

「デート?なんで僕が先輩とデートなのさ」

「昨日、うれしそうに電話してたじゃない。

あのテンションはデートだと誤解するわよ」

「げっ!おかあさんが前に『あのタワーは夜景がきれいだ』って言ってたから、

先輩の送別会にふさわしいかと思ったんだよ」

「どうして元野球少年が先輩なのよ?

あんた、野球なんてやってないじゃん」

加代さんが不服そうに言った。

博は「同じ中学だもん。先輩でいいでしょ?」と言うと、

ふたりが、元野球少年がバイトをしている図書館で知り合ったこと、

博が『ライ麦畑でつかまえて』を返した際、カウンターにいた元野球少年が

「これ、面白かった?」と声をかけたことがきっかけで親しくなったこと、

を説明した。

Adult and Daughter (9-10) Holding Hands

元野球少年は

「ふだんは利用者に話しかけたりしないんだけど、

野崎訳の方のライ麦だったから、つい」

と照れくさそうに笑った。

加代さんが「ふうん。・・よくわかんないけどまあいいや。

でもなんで送別会なの?図書館を辞めちゃうの?」と聞くと、

博が即答した。自慢げに。

「先輩、野球をしにアメリカに行くんだよ」

Hand in Baseball Glove Catching Ball

 

元野球少年がどんな選手で、なぜ両親を亡くし、

どうして今、アメリカに行って野球をやろうとしているのか私にはわからない。

が、彼のなにかを乗り越えたような瞳は、

部外者をして「それはよかった」と思わせる力があった。

加代さんが言った。 

「それはよかった。・・でもお兄さんは寂しくなるわね」

「そもそもは兄が『店をたたんで前の会社に戻りたい』

と言ったのがきっかけなんです。

『そうなるとおまえは邪魔。どこかに行けよ』って」

「いいね、兄ちゃん。前からカッコイイと思ってたんだ」と加代さん。

「すげえ勝手ですよ。店で長いこと働いていたキヨノさんは

『長年、経理をごまかしてきた甲斐あって、

ジンバブエで一生遊んで暮らすぐらいの貯金はあるから

職にあぶれても平気』

とか訳のわからないことを言うし。みんなどうかしてます」

turbulence ahead

元野球少年はさほど困ってもいなさそうな顔でそう口にすると、

「夜景を見たんでそろそろ僕は帰ります」と言った。

でも、すぐにつけ加えた。

「ところで先生、とうさんとかあさんの告別式のときに

僕に言ったことを覚えてますか?」

加代さんは首をかしげた。

「僕はよく覚えています。

『つらいだろうけど、立ち止まっちゃダメ。

悲しんでも、弱音を吐いてもいい、でもいつかちゃんと動き出すこと。

ご両親は、悔やんだり泣いてるあなたより、

いつまでも前に進まないあなたを悲しむと思う』です。

・・大人は自分の発言に責任を持たないとね」

元野球少年はそう言うと、ペコリと頭を下げ出て行った。

博はニヤッとして「大人もいろいろ大変なんだね。まあ、がんばってよ」

と言うと野球少年の後に続いた。

加代さんはしばらく2人が出て行ったドアを見つめた後、

「どいつもこいつも偉そうに・・。

まるで過去の自分にまで説教されたみたいで二重にムカつくわね」

とつぶやいた。

Yellow Autumn Leaves On Trees

 

日常は続く。

加代さんのリサーチによれば、

博はその後、<数学研究会>の先輩(女子)にふられたらしい。

落ち込んだ博が図書館に行くと、

元野球少年を通して顔見知りになったオジサンが

博以上に浮かない顔をして、本棚の前にいた。

博が「こんにちは」とあいさつすると、オジサンは博を見て前置きもなしに

「私はね、人前でのスピーチというのがこの世でいちばん苦手なんですよ。

それなのに結婚式のスピーチをするはめになってしまって

気が重いったらありません。

もほら、私の仲間は案外たくさんいるようです」と言った。

博がオジサンの指さす棚を見ると、そこには

Man Reading Book and Sitting on Bookshelf in Library

さようなら!『あがり症』

すぐに役立つはじめての結婚スピーチ

『うまく言えない』がなくなる本

人前でビクビクオドオドせずに話せる本

人を動かすスピーチの極意

『あがり』を克服できる話し方

などというタイトルがずらっと並んでいた。

博が思わず

「やっぱり、大人になっても悩みは尽きないってことかあとつぶやくと、

オジサンはうなずきながら

「私も子どもの頃は、大人になれば悩みなんてなくなるのかと思っていました」

と言った。

そして自分を奮い立たせるように

「ところで、あいさつやスピーチの本って図書館の分類は809なんですね。

・・・歯を食(809)いしばって楽しいあいさつ

と行きますかね」と笑ったが、博にはカラ元気にしか見えなかったらしい。

乾杯

 

加代さんは元気だ。

あの日の涙については、その後、なんの情報も開示しようとはしない。

ただ、この前、私と映画を見に行った彼女は、

恋人同士の別れの場面を見て

「かけがえのない存在に対して自分の正直な気持ちを封印するほど

人生は長くないのに。・・バカかこの男」

ヒロインの恋人を罵倒しまくっていた。

 

 

とりあえず心配は要らないような気がする。

人になっても悩みは尽きないけれど、

大人は時として、それを生きる糧にもするから。

・・加代さんもたぶん、きっと。

 

『キャッチャー・イン・ザ・ライブラリー&博の愛した数式完結編』 終

 

文・月亭つまみ

イラスト・みーる(Special Thanks)

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる (DO BOOKS)

 

「あがり」を克服できる話し方

 

こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 回を重ねること3桁に突入♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

スポンサーリンク


ゾロメ女の図書館小説 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • uniumi55

    こんにちは。今回も楽しく読ませて頂きました。
    ライ麦〜の野球少年を絡ませてくる感じが、好きです。前作の登場人物のその後が、知れて、お得感に浸るような…。
    そういう問題では、ないですかね(~_~;)。
    うまく表現できないんですけど、つまみさんの作品は、爽やかで好きです。
    もっと、どんどん発表してほしいです(^-^)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    uniumi55さま
     
    わー!
    なんと申し上げてよいやらわからないくらい、うれしいです!
    やったー!
     
    爽やかと言っていただいたことも、こそばゆいけれどうれしい限りです。
    自分の汚さをフィクションで相殺しようとしている、のかも!?
     
    ありがとうございます。
    また機会がありましたら、あることないことのないことも発表させていただこうと思います。

  • 花蓮

    今更のコメントにお目を通されるかわからないのですが。
    私、このシリーズの大ファンでして、まだしつこ~く、再開&新作はないかと待ち望んでいます。他に色々お忙しいかと思いますが、片隅に熱烈なファンが待っているので、また書いて下さいませ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    花蓮さん!
    わー(´;ω;`)なんてうれしいお言葉!!
    お目汚しを恥ずかしげもなく公開して、若干の後悔もありましたが、そんな風に言っていただけると幸せです。
    あ~、うれしい。

    まだ何もプランはありませんが、なんか書いてみたい!と思ってしまいました。
    ありがとうございます。

  • 花蓮

    是非ぜひ是非!
    私はつまみさんの作品に出会えて幸せだったので、もっと沢山の方々を幸せにしちゃって欲しいです(^_^)v
    ⬅勿論私も♪

  • つまみ

    つまみ Post author

    花蓮さん、おはようございます。

    重ね重ね望外なお言葉、本当にありがとうございます!
    あまりに望外過ぎて、ギャアー(๑≧౪≦)ウギャーΣ(ノ≧ڡ≦)などととうろたえておりますです。
    (誉められ不慣れ(^^;))

  • sari

    全編を今日読ませていただきました。とてもよい読後感でした。ほろほろっとしました。またぜひ書いてください。

    図書館といえば、「世界の図書館」っていうすごい図鑑を見つけて、私は海外旅行の経験が比較的少ないわりにはそこに載っている3か所の図書館にいったことがあって、そういえば私が落ち着ける場所って図書館なのかーと思い至ったところでした。司書資格は教員資格との兼ね合いで半分くらい取り残したものの、今は小学校で読み聞かせのボランティアをしております。選書に苦労しております。老眼で本を読むのがつらい今日この頃でもあります(読者層の参考までに^^;)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sariさん、コメントが沁みます!ありがとうございます!!
    書いてからかなり時間が経って、読み返すこともなかったので自分でもいろいろ忘れていましたが、コメントをいただいて、読み返してみました(笑)。
    拙いし、盛り込み過ぎですが、自分なりに頑張って書いたよなあと懐かしい気持ちになりました。

    世界の図書館、同じ図鑑かどうかはわかりませんが、私も見たことがあります。
    世界にはいろんな、すごい図書館があるものだ、世界は広い!と思いました。

    今度ぜひ読み聞かせのおすすめ本を教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

更なる偏愛 : 大根と鶏もも肉の甘辛煮

今週の「どうする?Over40」

由緒ある温泉地にも見つけた「空き家問題」&メルマガ配信のお知らせ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ベースメイクを見直そう!①~大事なのはカバー力!

夫婦というレッスン

<第1回> 「人生フルーツ」を見て。

いどばた。

飼ってみたい動物はいますか?

なんかすごい。

神田祭に行く

50代、男のメガネは

淳之介さんのこと。

これ、買った!

ファセラのローション・ドゥース買った!

これ、入るかしら?

vol.39 若いってすばらしい

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

あの頃、アーカイブ

エピソード11★小僧のフサさん。

ゾロメ女の逆襲

【月刊 切実本屋】VOL.1 「中年だって生きている」

着まわせ!れこコレ

ポールデンウィーク

ただいま閉活中

(52)「若い女性の肉体」の価値

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.16】 話を盛るクセがあります。

KEIKOのでこぼこな日常

傘、ついてきてくれないかしら!

昭和乙女研究所

真似したアイドルはいましたか?

ラジオブースから愛をこめて

音の編集はたのし♪

四十路犬バカ日和

バトーと私の老いじたく

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up