2月22日はカレー記念日

カレー記念日

骨密度 抱きしめられると 心配だ

2月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

ザビ家訪問!荒れる海のむこうで、えべっさんが笑った。

アラフィフにして独女生活に終止符を打ち、シマ島の五十路男子ザビエルことザビ男と結婚する決心をしたわたくし、じじょうくみこでございます。まずはザビ家のご両親に結婚のご報告をすべく、入念な試着の末に勝負ワンピースを選んだところで、前回のつづきです。

 

同じ敷地にいながらも、一度もお会いすることのなかった幻のザビパパ、ザビママ。ようやく会えるのだわと胸躍る一方、友人たちに「ご両親は賛成なの? 小さい村ほど嫁は子供生まないと…とかうるさそう」などと言われるたびに、心に不安が生まれておりました。子供についてはザビ男との間で話してありましたが、トウのたった嫁についてご両親がどう思っているのか、ザビ男に聞いても「大丈夫だよ」と答えにならない答えが返ってくるばかり。

 

こうなったら1日も早く面会して自分の目で確かめたい!と思うのですが、当時ザビ男とわたしはマックス仕事が忙しい時期で、そのうえ天気も荒れておりました。さんざんスケジュールを調整して日程を確保しても、その日に限って船が欠航したり、飛行機が満席だったり。そうやってスケジュールを何度も仕切りなおすうちに、まるで「お前はくるな」と言われているような心持ちになっておりました。

 

ザビ男もザビ男で、旅行のときには休みを微調整したり他のルートを考えたりしてギリギリまでがんばるのに、わたしの島行きについては「ムリしないほうがいい」とあっさり断念。あきらめ早すぎて「ちょ!もうちょっと粘ろうよ!」とキレそうになることもしばしばでありました。出発直前に季節はずれの台風が来たときなど、その日休むためにかなりムリをしていたので「1日前倒しすればなんとかいけるんじゃないかな?ね?ね?」と粘ってみると、天気図を見ながらザビ男がひとこと

 

「この日あきらめたことを感謝する日が来るであろう」

 

 

……神?

 

 

そんなこんなで蛇の生殺し状態がしばらく続き、緊張と不安で吐きそうになっていたところ、ザビ男とわたしの休みが合う奇跡的な1日が見つかりました。この日を逃すと、当分都合がつきそうもありません。「今度こそ絶対行くから! お父さんお母さんにちゃんと話しといて!」と釘をさし、その日が来るのを祈るような気持ちで待っておりました。

 

左4c

たのむから行かせて~

 

 

そして迎えた決戦前夜。

幸いなことに天候も荒れず、今度こそ渡れそうだとホッと胸をなでおろしながら、ザビ男と最後の打ち合わせをしました。

 

「ところで明日の段取りってどうなるのかな?」

「飛行機が着いた後の午前中のうちでいいんじゃない?」

「うん、それがいいかもね」

「昼の飛行機で母親が東京に行くし」

「え…?」

「体調を崩して急に病院に行くことになった」

「ええええ???」

 

結婚の挨拶は双方にとって、それなりに大事なイベントだと思っておりました。なのにわたしが行くのがわかっているのに、当日すれ違うようにお母さんが東京へ行くという。それほどの重病なら挨拶自体を延期したほうがいい気がするし、重病でないのに当日不在にするということなら何らかの意思を感じます。

 

「わたし、行かないほうがいい…?」と言うと「大丈夫だから。どっちみち飛行機は朝イチの便だから変更がきかないし、午前中は2人ともいるから。とりあえずおいでよ」とザビ男に言われ、モヤモヤした気持ちを抱えたまま、ひとまず島へ向かうことにしたのです。

 

 

aozora

 

決戦当日。

それまでの悪天候が嘘のように、その日は朝から気持ちのいい快晴。わたしの寿命をさんざん縮めてきた飛行機もまったく揺れず、初めて遊覧飛行気分で空の旅を楽しんだその先に、朝の光を浴びてキラキラと輝くシマ島がありました。

 

ぶじ上陸完了。例のワンピースに身を包み、ついに面会!であります。

 

母屋に上がると、ザビ男はスタスタと畳敷きの居間…ではなく台所に向かいました。四畳半ほどのダイニングには、テレビを見ているお父さんと、台所仕事をしているお母さんの姿が。いかにも日常の風景ですといった風情の2人の前にザビ男はどすっと座り、2人に席につくように促し、わたしには隣に座るように言いました。

 

どんな人だろう。怖い人かな、嫌われたらやだな、うまくやっていけるかな。それまで抱えてきたいろんな不安は、ザビパパ、ザビママを初めて見たときに一瞬にしてぶっ飛んでしまいました。なぜなら2人が、亡くなった母方の祖父母にそっくりだったからです。

 

じ、じいちゃんっ! ばあちゃーーんっ!ヽ(;▽;)ノ

 

あやうく抱きつくところでした。

 

一方、お父さんとお母さんの顔には「え、誰?」と書いてありました。

「どなた…?」

「この人は、じじょうくみこさん。今度、うちで一緒に暮らすから」

「暮らすって、ここにかい?」

「そうだよ」

「暮らすって、どういうことだい?」

「嫁さんになるってことだよ」

「嫁さんって、どういうことだい?」

「だーかーら、この人と結婚するってこと!

 

ひやああああああああああ

ザビ男が、ザビ男が初めて「結婚」って言ったああああ!!(照)

 

ひとり舞い上がっていたら、ザビママがわたしを見つめて喋り始めました。

 

「◎△%&#$**??@%&◇$!**@%&▼●&♪#!!#><◎△%&#$**@%&◇$**@%?&▼●&♪##><$&」

 

 

ほほうこれはまたなんとも

キレイさっぱりわからない

 

シマ島の方言はかなり強いと気づいていましたので、何かにつけて島民の会話に耳をそばだて、よしよしだいぶヒアリング力がついてきたぞと思っていたのですが、とんでもなかったです。ネイティブシニアの訛り、ハイレベルすぎてもはやどこからどこまでが単語なのかもわかりません。しかたないので満面の笑みでニコニコ聞くだけ聞いて、ザビ男にこっそり通訳してもらいました。どうやらどこに住んでいるのか、シマ島には何度か来ているのか、と聞いているとのこと。

 

わたしが返事をすると今度はお母さんのほうが、満面の笑みでニコニコ聞いて黙っています。するとザビ男がひっそりと「東京に住んでいて、島には何度か遊びにきているってよ」とお母さんに通訳したのです。どうやらザビママ、耳がお悪いようです。

 

くみ「(ニコニコニコ)」

ママ「(ニコニコニコニコ)」

くみ「(ニコニコニコニコニコ)」

ママ「(ニコニコニコニコニコニコ)」

 

笑顔で通じ合う奇跡のカンバセーション

 

 

何はともあれ、お母さんは重病ではなさそうでひと安心。糖尿病の持病があり、急に数値が悪くなったので診てもらうことにしたとのこと。でも、よくよく聞くと病気というより、通院を理由に実の娘(ザビ姉)のところに遊びに行きたい、というのが本音のようでした。

 

一方、ザビパパは膝がお悪いようですが、カクシャクとした立派なご老人という風情。標準語でいくつか質問をされたあと、お父さんはこう言いました。

 

「じじょうさん、島の暮らしは都会の暮らしとはまったく違います。厳しい暮らしに耐えられず、島を出たり入ったり腰の落ち着かない人も多いです。あなたがそこをきちんとわかっているのなら、私たちはあなたを歓迎します」

 

そう言うと、お父さんは「来客があるので、これで」と席をはずしてしまい、お母さんは飛行機で東京に行ってしまいました。

 

はい、パパママ挨拶、わずか10分で終了~~~ヽ(・∀・)ノ

 

 

ようやくミッション完遂して緊張が解けた、というよりも、パパママの態度を思い返すたび、不安がどんどんふくれあがっておりました。短い挨拶。そっけないお父さん。行ってしまったお母さん。わたし、この家に歓迎されていないのかもしれないなあ。いくらザビ男が味方になってくれるといっても、この小さな島で両親に歓迎されないのはかなりしんどいなあ…。

 

そんな風に悶々としていると、夕方になってザビパパから「お寿司を取ったからいらっしゃい。一緒に食べましょう」と連絡。既にワンピースも脱いでラフな格好でしたが、着替えるのもおかしいかと思い、そのままザビ男と母屋に行くことにしました。

 

すると朝と同じダイニングで、お父さんが笑顔で待ち構えていました。焼酎の水割りでちびちび晩酌するのが毎日の楽しみのようで、頬を赤らめたお父さんはニコニコ満面の笑み。お酒が入ったせいか朝よりずっと饒舌で、お寿司を食べながらいろんな話を聞かせてくれました。

 

「じじょうさん、私はね、今日は本当に嬉しくて嬉しくて。お母さんも同じ気持ちです。きっと今頃、娘にあなたのことを報告をしていると思いますよ。いきなりあなたを連れてきたときは本当にびっくりしたけれど、今日はね、えびす講といってね、とても縁起のいい日なんですよ。

 

神無月というけど、全国の神様が出雲に行ってしまうわけでしょ。神様がいない間は、えびす様が残って留守番するんですよ。だから、えびす様がひとりでさみしくならないように、ごはんをお供えするんです。そういう、とても大切な日に息子があなたを連れてきてくれて、こんなに嬉しいことはないですよ。

 

本当に、今日はいい日だ。嬉しい、嬉しい。嬉しくて嬉しくて、こんないい日はないですよ、なぜなら今日はえびす講といってね、神様が出雲に集まっているあいだにえびす様がね……」

 

と都合3回、同じ話がリフレインしましたが、酔った勢いとはいえお父さんがそんな風に喜んでくれていたことがわかって、ちょっと泣きそうになりました。あれだけ探し回ったワンピースはまったく活躍できなかったけど、思っていたようなちゃんとした挨拶もできなかったけど、お寿司をたらふく食べ、たくさん笑って、酒を酌み交わして、とてもいい夜でありました。

 

 

なお、ザビパパによるとわたしの訪問は知らされていなかったらしく、いわゆるドッキリ以外のなにものでもなかったようです。

 

dokkiri大成功~

 

そりゃビックリするわな。

 

ザビ男は「挨拶に来るからって事前にちゃんと話したんだよ」というので、パパママが失念したのか、伝達がうまくいかなかったのかはわかりませんが、もしもザビ男がわざわざお日柄のいいえびす講の日に合わせて日程を調整して、わたしがこの日に来るように仕向けていたとしたら、なるほど確かにこの選択に感謝する日が来たよ、アンタ神だよ!

 

 

ま、単なる偶然だと思うけどね(`・∀・´)

 

 

というわけで、とにもかくにも第一関門突破。ザビパパ、ザビママに認めてもらえて、ようやく「ああわたし結婚するんだ」という実感が湧いてきたのでありました。これでいよいよ島移住&入籍に向けて始動!ということになったのですが、ここからがまあーーー長かった…。そこらへんのことは次回、改めて。今しばらくおつきあいいただけると幸いですm(_ _)m

 

★はぐれくみこ純情編★

1.四十路婚活の厳しい現実、それでも春はやってくる…?

2.見た目よりも純情だから、信じやすくできてるの。

3.センセイ質問です、結婚する理由が見あたりません!

4.プロジェクトは暗礁に乗り上げたから、飛びます飛びます。

5.ポニーテールはふり向かない、けど鵺の鳴く夜はふり向きます

6.あんまり腰が重いので、彼を実家に連れて行った件。

7.都会か、島か。ひとりか、ふたりか。迫り来る決断のとき!

8.早すぎても遅すぎても具合が悪いから、ヴィレッジピープル。

 

★四十路ブライダル編★

1.愛の試着室③激闘編~友よ、見せてもらおうか、モビルスーツの性能とやらを。

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です(5月は休まず更新します)

スポンサーリンク


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • こりんご

    ザ、ザビ男さん、
    高齢の方に重要なことを伝えるときは、相手がこちらに注意を向けているときに真正面に座って、真っ直ぐ目を合わせて、少ない単語ではっきり伝えて下さい!(byケアマネ)
    くみさんはワンピースまで買って用意したんだからねっ。
    シマ島の場所はわかりませんが、以前担当した徳之島出身のご夫婦、認知症のご主人は完全なネイティブに戻ってしまい、奥様に通訳してもらいました。
    まだまだここからも色々あるんですね…!

  • マーキョン

    ザビパパがえびす講のお話されながら嬉しい、嬉しいと繰り返すご様子、読んでいるだけでも、ジーンと心が温まりました。

    いいご両親様で良かったですね。ご高齢でこれから大変なこともあるかもしれませんが、くみこさんならおもしろおかしく乗り切ってしまいそう!
    そして、きっとサビ様がひょうひょうと乗り切らせて下さる!

    すてきなファミリーの予感がします。

  • ももひめ

    くみこさん、本当に良かったですね(*^^*)
    お父様のお言葉、ホントに嬉しかったと思います。
    相手に受け入れてもらえたと感じたとき、ほんと幸せ感じます。

    今後も両家ごあいさつなど、イベント多く大変だと思います。
    くみこさんなら、上手にこなされるでしょうね。
    なんたって神!!もついてますから♪

  • はしーば

    うっかり電車の中で読んじゃったら、あらタイヘン、目から汗が・・
    ザビパパの、「嬉しい」の溢れ具合が尋常じゃない感じがビシビシ伝わってきました。
    ザビさんが産まれた時以来の感動だったんではないかしら?!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>こりんごさま
    こんにちはー!いつもコメント嬉しいです、ありがとうございますー( ´ ▽ ` )ノ

    こりんごさんはケアマネさんなんですか?
    認知症が進むとお国言葉に戻っちゃうって
    人の意識って不思議ですねえー。
    お父さんお母さんはじめ、これからは高齢者の方とのおつきあいが激増しますので
    いろいろ気をつけねばと思っています。
    わからないこと教えてくださいませ!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>マーキョンさま
    こんにちは♫毎回あたたかいコメントに心沁みておりますーありがとうございます(^_^)

    いや本当にね、心底ホッといたしましたよ。
    ザビ男は人間の機微みたいなものについて
    気が回らない男だということはわかっていましたが
    今回はかなり振り回されました…(^^;;

    高齢者との生活には不安もありますが
    なんとかうまくやっていけたらと思っております。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>ももひめさま
    こんにちはー!いつもコメントありがとうございます\(//∇//)\

    「相手に受け入れてもらえた喜び」
    まさに、まさにその通りですね!
    お父さんに「嬉しい」と言われた私が心底嬉しかったです。
    今まで感じたことのない幸福感でした。

    介護のことなど、心配なこともいっぱいですが
    自分なりに取り組んでいけたらと思っております。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま
    こんにちはー!いつもコメント嬉しいです、ありがとうございます\(//∇//)\

    なるほど、ザビパパ半世紀ぶりの感動でしたか(笑)
    まあお酒好きのザビパパにとっては
    晩酌相手ができたのが一番嬉しそうですが
    何はともあれ喜んでいただけてよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.82 「よもじ猫」オープン&猫の日 に寄せて

50代、男のメガネは

魂を手渡したのかもしれない。

これ、買った!

高級コンデジ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

年相応 : いちごのバルサミコ酢和え

わたしをライブに連れてって♪

♪わたしがおばさんになっても・・・♪

今週の「どうする?Over40」

2月22日(木)、猫の日にはじまります。四文字熟語と猫のコラボ「よもじ猫」

黒ヤギ通信

憩いのひと時を~バレンタインのプチギフト

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

みんなのブローチコレクション~大人ガーリーなゆみるさんの場合

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No25】おみくじの凶が怖くてたまりません。

なんかすごい。

クリスマス飾りの謎

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

これ、入るかしら?

vol.45 ドラマの感想で失礼します

いどばた。

穴に落ちたことありますか?

四十路犬バカ日和

バンコクお犬さま環境調査 〜動物病院〜

絵手紙オーライ!

先生とのお別れ。。。

あの頃、アーカイブ

【エピソード19】主婦ミツコさんの幸せ生活      (昭和40年代)

KEIKOのでこぼこな日常

雪の日にはこんなことが…

昭和乙女研究所

お年玉でお買いもの

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

ラジオブースから愛をこめて

上司に捧ぐ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up