7月19日はカレー記念日

カレー記念日

「わかりみが深い」と ついに言ってみた

7月19日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

これで最後だから。カフェ小景・ルノアール編1

 

image

 

午前十一時。
新宿駅近くにある喫茶ルノアールで二人の女がテーブルの上のコーヒーと紅茶を間に挟んで話している。
コーヒーを飲んでいる女は60歳前後。さっき「私の還暦の時には」と話しているのを聞いたので、おそらくそのくらい。紅茶を飲んでいる女はそれよりも年上に見える。

私はと言えば、本当は昨晩メール添付で入稿するはずだった原稿をまだ書き上げられずに、藁をもつかむ想いで朝一からルノアールの隅っこの席に陣取って、ノートPCのキーボードの上に指をおいたまま、ああでもないこうでもないと頭の中はフル稼働で、しかし、体は身じろぎもしないままでいたのだった。

その時の原稿のテーマは世界的な貿易をやっている商社のこれからの人材戦略。アベノミクスだのリーマンショックだのデリー駐在だのといった単語を転がしながら途方に暮れていたところに、隣の席から、「じゃあ、これが最後のお金ですからね」という声がした。

お金だけでも生々しいのに、最後のお金とはどういうことだろう、と私は隣の席を盗み見る。

紅茶を飲んでいた年輩の女が「最後のお金」の声の主らしい。紅茶と言えばイギリス。イギリスと言えばエリザベス女王ということで、この女を仮にリズと呼ぶことにする。コーヒーを飲んでいる少し若い方は(といっても60は越えている)は良子だ。なんだか中野良子が身を持ち崩したような見栄えだからだ。

リズの「これが最後のお金」という言葉に良子は驚いたように目を見開くのだが、それほど驚いてはいない。驚いたふりをしているだけ、ということがすぐにわかる。なぜなら、「最後」という言葉よりも、ちゃんとお金を持ってきてくれた、という喜びの方が勝ってしまっているからだ。

「最後って、どうしてなの、奥様」
「だって、あなた。このあいだも、これでおしまいだからっていったじゃない。それなのに、僅かしか経っていないのにまたお金がだなんて」
「でも、それは、本当にいい投資なのでお知らせした方がいいかと思って」
「私は、そういうの信じてないの。本当に」
「でも、この間、ちゃんと配当が振り込まれたでしょ」
「あれだって、いらないのよ。私は投資とかそういうの全く興味がないし、この会に友達を紹介するなんてこともできないの」
「でも…」
良子の話には「でも」が多い。
「でも、本当にあやしくないのよ。あやしくなんかないの」

そこで、必要以上に微笑むから、よけいにあやしいのだ、などとアドバイスするわけにもいかず、私は隣の席で二人の会話を聞いている。

「私はね」とリズが年上の余裕を発揮しながら、話し出す。
「私はね、あなたがすることに反対するつもりはないのよ。だけどね、お金を出して、お金が増えるのを待っている、なんていうことがビジネスだとか、仕事だとか呼ぶものには私には思えないのよ。わかる、あなた」
「……でも奥様、このビジネス……この会は、あなたもご存じの中村さんもやってらして…」
「人のことはどうでもいいの。私は嫌なの。だから、これを最後にしてちょうだい」
「…わかりました。じゃあ、あれね。配当が出たらまた、」
「いりません」
「え?」
「いらないの。配当もいらないの。このお金は手切れ金なの。もうね、あなたにも関わりたくないの」
「……ごめんなさい。でも、だったらどうして最初に」
「友達だと思っていたからよっ!」

ぴしゃりとリズが言って、良子がうなだれる。

「お友達だから断るのが悪いと思ったのよ。でも、それが間違っていたんだと思うの。だから、あなたを恨んだりしてないのよ。私が反省してるの」
「……」
「だから、これでね、最後にしてちょうだい」

リズはそういうと、テーブルの上に、自分の紅茶の代金を置いて出て行く。良子はその背中を見送って、リズの背中が見えなくなると、テーブルの上の封筒を手に取る。

やがて良子は封筒の中から数枚の一万円を取り出して、数えると自分の財布にしまい込んだ。そして、立ち上がると封筒をくしゃっと丸めて、テーブルの上に置いたまま席を後にするのだった。

私のパソコンには小さな「っ」という字が画面いっぱいに並んでいた。

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 青緑

    アベノミクスだのリーマンショックだのテリー伊藤だの(速読したらテリーかと思った)身じろぎもしないままの植松さん、こんにちは(笑)リズ&良子のお話で、お金のかかる友達は本当の友達ではないんじゃないかとふっと思いました。お金かけなくても楽しいのが本当の友達ですよ。ルノアールでそう思いながら、「っ」を押し続ける植松さん(どうしちゃったんだろう、この方さっきから停止したままじゃないの)とご婦人2人を眺め続けるアラ50青緑でありましたW(途中から想像です)

  • ami

    これは画面が「っ」でいっぱいになるくらい、コトのなりゆきを見守りたくなりますね〜

    リズさんは本当にこれが最後で、きれいさっぱり良子さんとお別れできたのでしょうか、、、?

    っっっ

  • nao

    リズ偉い!私だったらこんなにきちんと相手に話せるか自信がありません。
    リズが立ち去った後の良子の様子も、まるでドラマのようでした。
    こんなお話近くでされたら、もう耳がダンボで手元なんか上の空ですね。

    それにしても、誰が聞いているのかわからないルノアールw
    だんだん声の大きくなるお年頃なので、私も気をつけようと思いました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    青緑さん
    僕の知り合いは、山のようにたくさんの友達がいます。
    でも、すごく苦労してるんですよねえ。
    何のための友人だ、と思うのですが、
    彼の結婚式はその山のようなろくでもない友人たちが集まって、
    素晴らしい式になりました。

    うーん、難しい

  • uematsu

    uematsu Post author

    amiさん
    あの二人は、なんだかんだと、
    まだ続いていると思います(笑)

  • uematsu

    uematsu Post author

    ルノアールで、でっかい電話の声も聞こえてきたりしますが、
    新宿のルノアールで「いま東京駅なんだけど」なんて、
    嘘ついてるおっちゃんとか可愛いですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

カレー記念日 今週のおかわり!

孫の手を 借りたいときに 孫はナシ

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

50代、男のメガネは

社長はやっぱりえらいのだ。

これ、買った!

生ごみ乾燥機を買った!

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up